Ch. Smith Haut Lafitte Rouge
シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ

3.57

125件

Ch. Smith Haut Lafitte Rouge(シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • タバコの葉
  • ブルーベリー
  • 腐葉土
  • 紅茶
  • 木樽

基本情報

ワイン名Ch. Smith Haut Lafitte Rouge
生産地France > Bordeaux > Graves
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイルRed Wine

口コミ125

  • 4.0

    2019/11/19

    ユニオン グラン クリュ ド ボルドー 2016 から特に素晴らしいと感じたワインをピックアップ 頭一つ抜けてる感じ 流石の品質

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ
  • 2.5

    2019/09/24

    (2011)

    2011 シャトー・スミス・オー・ラフィット・ルージュ ペサック・レオニャン ボルドー/フランス TGIFワイン・その1 金曜日の夜は、山のような仕事を振り切って帰宅途中の乗り換え駅のデパ地下へ。 価格高騰のため、普段はまったく飲む機会がなくなってしまった格付けボルドーのテイスティングに滑り込みです(冷や汗) 着席と同時にラストオーダーを告げられ、考えるいとまもなく3杯のワインをオーダーしました。 今回は、ちゃんとしたレビューは諦め、感想としてスマホのメモのみアップします。 1杯目は、グラーブのグラン・クリュ格付けのこちら。 このシャトーのワインは赤・白・ロゼ…いろいろな機会にいただいていますが、すべてがおよそ失望とは無縁な高品質で、しかも感情に直接響くようなエモーショナルな味わいでした。 感想メモは以下の通り。 深いパープル エレガント 熟したブラックベリー きめ細かいタンニン バランスが良い 素晴らしい余韻 2011がどんなヴィンテージなのか? あまり知識がありませんが、少なくともこのワインに関しては素晴らしい味わいでした!

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2011)
  • 4.0

    2019/05/04

    Smith Haut Lafitte 2009年。この年は超別格のPP100点満点です。‼️

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ
  • 4.0

    2019/02/04

    (2008)

    リリース時に買ってたやつ。 シルキーな口当たりで芳醇~ すいすいはいってあっというまに空いた。 こうなってくれるなら、寝かせ甲斐があるってもの。 2009だったらまだ早かったりするのだろうな… ボルドー外れがつづいてたので、なんとなくホッとした (о´∀`о)

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2008)
  • 2.5

    2019/02/02

    同じヴィンテージのポンテ・カネと比較してみたい。 どちらも、PP100。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ
  • 4.5

    2019/01/27

    (2009)

    Smith Haut Lafite2009年。❣️ロバートパーカーいわく、Daniel and Florence Cathiardが所有するChateau Smith Haut Lafiteのビンテージで最高の傑作でRPポイント100点にしたそうです。青紫がかった色合いと、アカシアの花の豪華な香りが湧き立つ、ブルーベリーの味もする素晴らしいワインです。‼️

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2009)
  • 4.5

    2018/10/19

    (2009)

    Chateau Smith Haut Lafitte 2009.。税金が高いので日本の三倍で15万円する高額ワインです。❗️少し果実の香りがする魅惑のフルボディワインで、シャンパンを飲みながら起きるのを待ちます。パーカーポイントは100点満点の超絶ワインです。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2009)
  • 3.5

    2018/09/29

    嫁の母が送ってくれたお肉に合わせて、スミスオーラフィットの2006年です。 ワインも美味しかったですが、とにかく肉が絶品すぎました。。。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ
  • 3.5

    2018/08/12

    (2012)

    今宵はなんか…本当…! 小娘のクセにいいものをいただきました♥ スミスオーラフィット、vinicaの縁で…。。 ありがとうございました✨ 若いヴインテージでしたがとっても美味しかったです!

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2012)
  • 4.5

    2018/07/10

    (2009)

    Chateau Smith Haut Lafite 2009年。❣️ RP100点満点の絶品ぺサックレオニャンのワインです。評価に伴って非常に高額なワインです。この様な世界レベルで評価の高いワインを飲めるのはありがたい事です。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2009)
  • 3.5

    2018/07/05

    (2011)

    カシスやプラムにスパイスや鞣し革の豊かで複雑な香り アタックはほんのり甘くフルーティーだがリリースにかけてパワフルなタンニンとスパイシーさを感じる

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2011)
  • 3.5

    2018/04/21

    orageに持ち込み3本目、

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ
  • 4.5

    2018/04/10

    (2015)

    2015からシャトースミスオーラフィットはエチケットかわりましたね。 フランスから2本きました。 カティアール夫妻に感謝

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2015)
  • 3.0

    2018/02/11

    (1998)

    価格:14,000円(ボトル / ショップ)

    スミス・オー・ラフィット 果実味エレガントで、現オーナーになってから、美味しくなりましたね。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(1998)
  • 5.0

    2018/02/10

    (2009)

    Chateau Haut Lafitte 2009. PP100満点。? ❣️

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2009)
  • 5.0

    2018/02/08

    (2009)

    Chateau Smith Haut Lafitte 2009. ゴルフの後は、来週から始まる中国正月の前祝いを兼ねて豚の一頭バーベキュー。Dom Perignon の後は、ロバートパーカー ポイント100点満点シリーズ。一本目はグレイトイヤー2009年の スミット オ− ラフィットです。ルビー色が美しいワインです。❣️

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2009)
  • 5.0

    2018/01/28

    (1993)

    去年ボルドーにいきスミスオーラフィットに久しぶりにいったときのです。 やはりスミスオーラフィットは最高です。 久しぶりにカティアール夫妻にも会えたし最高でした。今年もボルドーいかねば。 1993のスミスオーラフィットを購入してきました。カティアール夫妻が初めてオーナーになり世に送り出したヴィンテージ。 ディレクターのデイビットも元気やったしね。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(1993)
  • 4.5

    2018/01/10

    (2009)

    Chateau Smith Haut Lafitte 2009年。この年の赤がPP100のスーパービンテージです。❣️ その他の年次の赤や白もそこそこの評価ですが、この年の赤だけ特別。従って愛好家は買いに走りましたので、価格は急騰しました。バンコクでは一本、15万円になっています。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2009)
  • 2.5

    2017/12/31

    (2002)

    こちらは、いたって普通なボルドー まだケバいね、

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2002)
  • 4.0

    2017/12/25

    (2012)

    もはや説明不要やね。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2012)
  • 3.0

    2017/12/11

    (2009)

    開くまで時間かかったけど しっかりずっしり! 少しまだはやきかなー すごいワインだった

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2009)
  • 4.0

    2017/12/03

    (2003)

    持ち寄りワイン会、どれも素晴らしいワインばかりだったのですが、やはり最後に頂いたこちらを載せないわけにはいきません。 ご存知グラーヴの特級畑、シャトー・スミス・オー・ラフィット(*´ω`*)Vintageは2003年。14年熟成ですが、まだまだ長期熟成のポテンシャルも感じられます。カベルネ主体の、いかにもフルボディな飲み口。文句なしで美味しいです。最高に贅沢な時間でした(´∀`*) 今月は毎週末どこかで忘年会です。笑 毎週色々な人たちと美味しいお酒を酌み交わす師走、酔っ払いすぎないように気をつけながら楽しみたいですね♪

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2003)
  • 4.5

    2017/12/02

    (2008)

    2時間ほどで開きだし。 2008、10年近くも前のものとは思えないほど若さも保ちながら。 非常に非常に、美味。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2008)
  • 4.0

    2017/11/28

    (2012)

    @徳岡。チェリーなどの赤系果実、タバコ、土、スパイス類などの複雑で強い香り。渋味はそれなりに。今飲んでも非常に美味しいが、まだまだ先があるのだと思う。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2012)
  • 4.5

    2017/09/20

    (1998)

    この前、久しぶりに飲んだボルドー右岸に感動して、また右岸が飲みたくなって、地区は違うけど98のスミス・オー・ラフィットを思い切って取り出しました。 たぶん14~15年ぐらい寝かせていたものです。 色合いはガーネット、淵にレンガ色も少し見えます。 軽くスワリングすると、グラスの中の香りが膨らみます。 カシス、リキュール、赤い花、なめし革、スパイス、杉や檜木の森林の中の香り・・・これは飲まずに複雑だけどエレガントな気体をズ~ッを吸っていたい。 でも、飲みましょう。余り重みは感じません。 タンニンがビロードの様に柔らかくまとまったピュアな液体が舌の上で波打ってます。 寄せては返す度に香りも膨らみ心地好く鼻から抜けて行きます。喉越しからアフターはワインがまだまだあるような存在感。 最後はコンサートのアンコールが終わった後のような感覚でした。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(1998)
  • 4.0

    2017/08/29

    (2012)

    シェフ会! 我が家で定期的にシェフ会で私から出したスミスオーラフィット! ボルドーにしたら若いけどやはりスミスオーラフィットは、素晴らしい! 私が昔スミスオーラフィットでワインについて学んだワイナリー! カティアール夫妻には大変世話なりました! 素晴らしいワインにみんな酔いしれ楽しい時間に! やはりフランス人シェフたちは、めちゃくちゃ喜びますね。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2012)
  • 4.5

    2017/07/07

    (2006)

    シャトー・スミス・オー・ラフィット 2009 、PP100結構なお値段です。❣️

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2006)
  • 3.5

    2017/07/06

    (2016)

    価格:13,000円(ボトル / ショップ)

    このエステートは砂利の多い高台の一区画に位置する。 72ヘクタールのうち55ヘクタールに葡萄の樹が植えられている。 ギュンツ(あるいはネブラスカ氷期)の時代にさかのぼる砂利で構成される土壌は、2つのユニークな特徴を持つ。 一つ目は、葡萄の樹の根が、水分とミネラル塩の層にある養分を求めて、6メートル以上地中に伸びるようにさせる、特に素晴らしい自然な水はけである。 二つ目は、表土が持つ小石が日光を反射する&ミラー効果で、これは葡萄が素晴らしく熟すのを助ける。 貴族のボスク家は、早くも1365年にここで葡萄栽培を始めた。 この敷地は、このエステートに現在の名前を付けたスコットランド人、ジョージ・スミスによって18世紀に購入された。 更に彼は邸宅を建設し、今では有名となった彼のワインを彼自身の船でイギリスに輸出した。 ボルドー市長であり熱心な葡萄栽培家兼ワイン生産者であったデュフル=デュベルジェ氏は、1842年彼の母からシャトー・スミス・オー・ラフィットを相続し、このワインに特級の格付けをもたらした。 スミス・オー・ラフィットの素晴らしい品質に感銘を受け、ルイ・エシェノエ社は 20世紀初頭までにこのワインを世界中に販売し、1958年このエステートを購入することを決めた。 エシェノエの時代が終わりを告げると、2,000個以 上の樽を貯蔵できる素晴らしい地下セラーの建設が有名であるが、このエステートに巨額の投資がされた。 1990年、ダニエル・カティアールはこの敷地に惚れ込み、素晴らしいスミス・ オー・ラフィットの伝統を更に高める固い意志を持ち、著名なオーナー達に名を連ねることとなった。 彼は最も近代的なワイン生産の技術と、大変古い伝統的な 方法を組み合わせた。 有機コンポスト、小さいオーク桶の復活、シュール・リーでの樽熟等である。 その素晴らしくエレガントな赤ワインと、白ワインの洗練されたブケの為に世界中で有名なスミス・オー・ラフィットは、惜しみなく注がれる特別なケアに値することは疑う余地が無い。 ベリー、カルダモン、タバコの香り。 タンニンはやや強い。 ミネラル。 美味しい。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2016)
  • 3.0

    2017/07/05

    (2016)

    価格:13,000円(ボトル / ショップ)

    ボルドープリムール試飲会にて。

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(2016)
  • 2.5

    2017/06/18

    (1978)

    長老ワイン会

    シャトー・スミス・オー・ラフィット ルージュ(1978)