Ch. Coutet Barsac
シャトー・クーテ バルサック

3.36

215件

Ch. Coutet Barsac(シャトー・クーテ バルサック)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 蜂蜜
  • アンズ
  • コンポート
  • 黄色い花
  • パイナップル
  • 黄桃
  • 干しアンズ
  • 洋梨

基本情報

ワイン名Ch. Coutet Barsac
生産地France > Bordeaux > Barsac
生産者
品種Sémillon (セミヨン), Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン), Muscadelle (ミュスカデル)
スタイルWhite Wine

口コミ215

  • 3.5

    2021/04/06

    (2008)

    シャトー・クーテ フォアグラテリーヌとブリオッシュ 最高 これはもう鉄板

    シャトー・クーテ バルサック(2008)
  • 3.5

    2021/03/21

    (2002)

    貴腐ワイン。大人のシロップですね。とろとろ幸せ。

    シャトー・クーテ バルサック(2002)
  • 3.0

    2021/02/26

    (2017)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    トロっとした甘口ワイン。蜂蜜と桃のシロップ漬け。

    シャトー・クーテ バルサック(2017)
  • 4.5

    2021/02/20

    (2008)

    スクールクラス会⑦ デザートは別腹というけどデザートワインも然り。もうアルコール分解酵素使い切ったはずなんだけど、これはしっかりいただいちゃいました。 お料理コースにデザートが付いていなかったのでメインのチキンソテーに合わせて飲んだら予想外にイケル。むしろこの組み合わせで提供するのアリかも。 この貴腐は甘いだけじゃなく、酸もあって後味がスッキリしてるから。 新発見!

    シャトー・クーテ バルサック(2008)
  • 4.0

    2021/02/13

    甘いものには甘いもの

    シャトー・クーテ バルサック
  • 3.5

    2020/12/30

    初めての貴腐ワイン

    シャトー・クーテ バルサック
  • 3.0

    2020/10/16

    (2008)

    オレンジがかった琥珀 粘性は強く輝きがある 蜂蜜、紅茶 パイナップルの香り アタックは濃厚な甘味 僅かな酸味がバランスを取っている 余韻は長く、すっきりした甘味

    シャトー・クーテ バルサック(2008)
  • 3.0

    2020/08/24

    (2002)

    シャトークーテ 2002 開けるのに苦労して…コルクがボロボロになってしまいました… こちらは、食後に物足りなくて、思いつきで開けてしまったワイン。 美味しかったのですが…なかなか飲むタイミングが無くて!実はこれ、まだ冷蔵庫に有ります…^^; これ開けたのは半年前なんですけど…。 誰か、まだ大丈夫か、教えて下さーい! だれもわからないか…(´・ω・`)ショボーン 今日にでも、飲んでみようかな… 備忘録〜

    シャトー・クーテ バルサック(2002)
  • 3.5

    2020/08/15

    (2008)

    Ch. Coutet Barsac 2008 シャトー・クーテ バルサック 『ヒ・ミツ非密のワイン会2』最後の1本は このワインバーでは、デザートは出ませんがデザートワインで〆ます。 さすがワインバー! たまに寿司が出ますが。 (><) 美味しいです。 甘さもスッキリ? すっかり呑みすぎでも、時間がゆったり? 空間もゆったり? で皆さん元気です。 さァ、帰ります。と言ったら二次会が‥‥

    シャトー・クーテ バルサック(2008)
  • 3.0

    2020/07/27

    (1999)

    ヴァンオクターヴさんワイン会 チーズケーキ、プラムのコンフィチュール

    シャトー・クーテ バルサック(1999)
  • 4.0

    2020/06/21

    (2006)

    甘いですけど飲みやすい〜貴腐ワイン 蜜とレーズンフラワー、あまあい デザートの大好きなババオラムと一緒に。 もう1つはフレンチトースト ハーブティで締め お茶請けが柿とバターだったのですが、柿実は苦手なのにこちら美味でした!バターのおかげ?

    シャトー・クーテ バルサック(2006)
  • 3.0

    2020/03/29

    (2004)

    <会社のお食事会⑧> コロナの影響で、友人ソムリエから予約困難なお店で予約が可能ということで、急遽会社のお食事会を開催させて頂きました。レストランは名古屋最高峰のモダンフレンチレストラン・レミニセンス✨ 久々の訪問です。 最後は、デザート3皿。 ①ブラッドオレンジのシャーベット →さっぱりするー。 ②苺 →焼苺とか初体験だったけど、こんなに甘みが増すなんて新発見✨ ③お茶菓子 →〜追憶〜シェフの子供の頃の思い出お菓子を再現! 今回も十分に楽しませて頂きました。 感謝♪

    シャトー・クーテ バルサック(2004)
  • 3.0

    2020/03/24

    (2004)

    大須で昼飲み~❗ 6杯目。 フランス 白 デザートワイン。 ソルティーヌ。

    シャトー・クーテ バルサック(2004)
  • 3.5

    2019/12/26

    (1999)

    【ワインバー 1人飲み】3/3 3杯目はまた今週のおすすめからソーテルヌ/バルザック、1999シャトー・クーテ。 色はかなり濃くなっています。 香味も若いソーテルヌのような甘くリッチなスタイルではなく、辛口ワインの趣も。 白ワインの辛口は熟成すると甘さを感じる味わいになり、甘口ワインは逆に辛くなるといわれますが、このクーテの味わいはそれに該当するものなのかどうか、熟成甘口ワインの経験値が乏しい私には判断出来ません。 ボトルに半分位の量でしたし、口開けが月曜日としたら、それに伴い酸化か進んだ可能性もあるでしょうか。 マスターが提供している訳なので問題はないとは思いますが。 ご馳走様でした。 出来たら予定通り年明けにも伺いたいと思います。 【その他】 リストには蒸留酒もあり、バルベーラやゲヴュルツのものに興味を惹かれたので、最後にグラッパ・ディ・バルベーラも。 バルベーラの香味は 感じられず、普通にグラッパでした。 ( ・∀・)  私には蒸留酒を評価するのはワイン以上に無理なようです。

    シャトー・クーテ バルサック(1999)
  • 3.5

    2019/11/25

    (2008)

    ドンペリ→ボルドー赤ときて、最後は貴腐ワインで祝いの宴を締めました。 貴腐ワインを自分で買うのは初めてですが、貴腐ワインがセラーの中に入ってるとなんだか通な気がしたりしなかったり(笑) 甘いんだけど、後味がスッキリ。 こういうところが他の甘口のものと違うのかな。あまり知らないのですが。

    シャトー・クーテ バルサック(2008)
  • 5.0

    2019/09/25

    美味しい〜 90年♡

    シャトー・クーテ バルサック
  • 3.5

    2019/06/05

    i家飲み、4か月でやっと飲み干した

    シャトー・クーテ バルサック
  • 3.5

    2019/05/21

    ファルグとの贅沢なソーテルヌ飲み比べ♡ 私は重厚なファルグの方が好みだけど、こっちの優雅な味わいにもメロメロ(๑´>᎑<)~♡

    シャトー・クーテ バルサック
  • 4.0

    2019/03/30

    (1997)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    後輩の誕生日という事で、たまたまその日に店で見つけた生まれ年のワインを抜栓。 濃い琥珀色が美しく、蜂蜜を思わせる複雑で豊かな甘みと香りを持ち、ブルーチーズと合わせるとこれはまさにマリアージュ。 やはり複雑さが肝の貴腐は古いものの方が良い様で、他の機会に2002年のクーテも飲んだがこの時程の感動は得られなかった。

    シャトー・クーテ バルサック(1997)
  • 4.0

    2019/01/06

    (1971)

    ワイン会のパーティーにて。 私の持ち込みのクーテ71年です。 抜栓が心配でしたがコルクが意外にしっかりしており、無事成功。濃い褐色で熱劣化のリスクを懸念してましたが何のその、素晴らしい雑味のない凝縮した糖蜜の美味さでこれならイケムに匹敵できそうでした。酔っぱらう前に飲んでおいてホント良かったです(笑) その他コルトンの赤など色々飲みましたが味の記憶が無く(爆)、相変わらずの状況でした。

    シャトー・クーテ バルサック(1971)
  • 3.5

    2018/12/13

    (2005)

    美味しい♡♡♡ 優しくエレガントですね✨ さすが(//∇//)

    シャトー・クーテ バルサック(2005)
  • 4.0

    2018/08/29

    (1987)

    30年以上前のバルザックの貴腐。ポテンシャルか半端ない。

    シャトー・クーテ バルサック(1987)
  • 3.0

    2018/08/12

    (2002)

    最後の最後まで写真撮ること忘れてました^^; 澱はほとんどありませんが、香はすでに沢庵臭。味はそこまで枯れていなかったのは救いでしたが。15年程ですでにピークを過ぎていたのは少し残念でしたがこれもワインですね。

    シャトー・クーテ バルサック(2002)
  • 3.0

    2018/08/06

    (2000)

    濃密♡ アプリコット( *´艸)♡

    シャトー・クーテ バルサック(2000)
  • 0.0

    2018/07/31

    (2003)

    今日のデザート。美味しい!

    シャトー・クーテ バルサック(2003)
  • 3.5

    2018/06/27

    (2002)

    抜栓2〜3日目。 開けたてはかなり甘かったとのことだが、今は落ち着いて良いバランスに。 綺麗な黄金色。香りは控え目。 微かに古酒っぽさ。 そんなに強い年ではないせいか、濃厚な感じは無く、ソーテルヌ・バルサックとしてはサラっと飲める印象。 飲みやすい分、複雑さに欠けるような気もしたが、久々の貴腐ワインなのでなんとも…

    シャトー・クーテ バルサック(2002)
  • 4.0

    2018/06/27

    (2004)

    ランチワイン会@Da Masa 最後は僕の持込み、 ソーテルヌのシャトー クーテ 2004 なかなかソーテルヌを開ける機会がなかったのですが、ようやくこいつの出番が来ました。 この位の人数でのデザートワインには持って来いかなーと。 そして、まさかの予期せぬナイスタイミングで親父からのサクランボが届きました。 からの、まさかのtoranosukeさん襲撃ツアーの始り!(>_<) バス停で作戦会議の様子。

    シャトー・クーテ バルサック(2004)
  • 3.5

    2018/06/26

    サトカイア会 @Da Masa 12 フィナーレ 楽しかったランチワイン会も終盤、最後を飾るのはMasaさまのソーテルヌ バルザック、Ch. クーテ 04〜アプリコットやドライマンゴーなどの艶やかで甘美な甘さ、ドルチェにもバッチリグー(死語)です♫ Masaさまのお父さまより届いたさくらんぼで、枝結び大会〜そういえば競いましたね青春時代、誰がキス上手かと…笑 この日のテクニシャン認定は3名でした‼︎(*^^*)✨ Masaさま、大変楽しくて美味しい会の企画ありがとうございました〜チョロチョロ落ち着きなくて申し訳ありません、次回は赤シャツ着させてくださいね♡

    シャトー・クーテ バルサック
  • 3.5

    2018/06/26

    (2004)

    11本目のワインはマサさんの持参、「2004 シャトー・クーテ」。 香りは熟したリンゴの蜜。 濃厚な味わいと甘さの中に、冷涼感を感じます。 とても品のある甘口ワイン。 あえてデザートワインを用意してくれるあたりに、マサさんの大人を感じますよね♪ 今回ご一緒できた皆さま。 本当にありがとうございました(^^)/

    シャトー・クーテ バルサック(2004)
  • 2.5

    2018/06/26

    (2004)

    2004 シャトー・クーテ ソーテルヌ・バルサック 1er クリュ バルサックAOC ボルドー/フランス サトカイア会@Da Masa11 土曜日は、西荻のスーパー・ソムリエのお店で持ち込みのワイン会に参加させていただきました。最後になる11番目のワインは、店主Da Masaさん持ち込み(持ち出し・笑)の極甘口ボルドー 。 「イタリアン・レストランなのにフランスワインですか⁇ 」Da Masaさんのセレクトに半ば呆れ、チャチャを入れながら、大好物の極甘口をいただきました。いや良いんです。バルサックは私も大好きです♡ メドックの格付けワインがあっと言う間に手の届かない存在になってしまったのに、ソーテルヌ(バルサック)の格付けワインはこの20年、値段が変わらないというより値下がり傾向にあります。 消費者の立場からはデフレ万歳(苦笑) いまのライフスタイルに合わないのは理解できますが、こんなに手のかかったワインが、こんな値段で良いのぉ? という、複雑な思いを持つこともしばしばあります。 西荻の巨匠も、きっとそのことに対しての異議申し立てとして、いや単にウヒウヒ喜んで(?)、このワインを選んだのでしょう。 ワインは、トロリとしたネクター! アプリコットのコンポート、ハチミツ、トースト、キャラメルの芳しい香りに綺麗な酸と凝縮された甘み‼︎ 黄金の雫をいただいているようでした。 バルサックの貴腐ワインはソーテルヌに較べて、明らかにスッキリさっぱりしているように思います。このクーテもやはり、濃厚な甘さの中に爽やかな余韻。 素晴らしいバルサックの一級格付けワインで、素晴らしい会の中締め。皆さま、お疲れでした。そして、ありがとうございましたm(_ _)m ※「大人の遠足・湾岸幕張弾丸ツアー!」編に続く

    シャトー・クーテ バルサック(2004)