Dom. de La Romanée Conti Romanée Conti
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ

4.26

187件

Dom. de La Romanée Conti Romanée Conti(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックチェリー
  • ラズベリー
  • ブルーベリー
  • 紅茶
  • バラ
  • なめし皮
  • ブラックベリー
  • 腐葉土

基本情報

ワイン名Dom. de La Romanée Conti Romanée Conti
生産地France > Bourgogne > Côte de Nuits > Vosne Romanée
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ187

  • 4.5

    2019/06/19

    (1923)

    「娯楽は 命あっての お話しです」 ー 吉高 由里子 ー 「わたし 定時で帰ります」が 地震で放送延期 でツイート

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1923)
  • 5.0

    2019/05/17

    (1970)

    ボスの記念の会にて。 コスパはもはや…の内容でした。 ただ、ヴィンテージもあるのか人生で最高のワインはこれではなく、アルマン・ルソーのシャンベルタン…ヴィンテージも覚えていないし写真もどこに行ったかわからない…あの記憶が美化されているのかロマネ・コンティの感動は想像を越えなかったものの、時間をかけながら味わい、浸った夜でした。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1970)
  • 5.0

    2019/03/26

    (1983)

    ロマネ・コンティ。生涯で2度目。 前回は、6年くらい前。 1974オフヴィンテージにもかかわらず、夢のような素晴らしい体験だった。 とあるホテルで、ソムリエにも5分の1くらいおすそ分け。 あとで知ったんだけど、ちょっとずつ、分けて料理人とか、ソムリエの卵とかが体験したそうな。 それだけ特別な1本。 明後日から旅に出るので、景気づけ第2弾。 言葉は要らない。 【追記】 後日他のワインのレビューで書いたことなので、ここにも。 1週間後でも、このロマネ・コンティのボトルは強烈な芳香を放ち続けていた。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1983)
  • 5.0

    2019/02/05

    (1981)

    DRCロマネコンティ81 ブラインドで出されましたが、師匠、、、グラスで気が付きますよー(^ ^) このワインを飲むのは人生2度目でした。15年くらい前にイケイケで早飲みしたので、味についてのまともな記憶がありません。俺、飲んだ事あるぜーという恥ずかしい自慢だけ(苦笑) 昨年度からワインに改めて向き合うようになり、ビニカを知り、ブルゴーニュの古酒もグランヴァンも多く飲みました。それ等の経験が全て今日のこの2本に集約されている気がします。 4名で実に冷静に楽しく飲みました。 まだまだ枯れていない若々しさがあり、私ですら偉大なワインだと理解できました。 熟成によりワインの要素の全てを感じる事が出来ました。ボルドーの1級のようであり、ブルゴーニュ各地のグランクリュのようでもあり。飲む側の経験値次第で無限の味わいを楽しめると思います。 私もラフィットやムートン、VR、GC、CMの今まで飲んだ色んなワインを思い出しました。それでいてRCの個性も感じます。 今まで飲んだ4.5評価のワインより上の評価と思いましたので5にします。 そもそも、このワインを飲む機会を頂けた事が幸せな事でした。昨日のワイン会で久し振りに私と一緒に飲んだ師匠が今日の食事で飲もうと思ったと聞きました。大変、光栄でした。 このワインを普段追っかける事は出来ませんので、また普通の生活の中で好きなワインを飲んでいきます。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1981)
  • 4.5

    2019/01/13

    ロマネ・コンティ1970年。 琥珀色の外観。 最初は少し閉じていたけど、椎茸、シガー、出汁、ドライハーブ等の熟成系の香りが拡がり始める。 好みの紅茶香はやや薄れて来ている。 老いたるとはいえ、味わいのバランス良さは素晴らしい! 少し枯れた果実みを補うリキュールの甘い印象、程好い酸味。重合した心地好いタンニン。 味わいの仕上げにかけて、焦げたニュアンスがえもいわれぬ余韻に導いてくれる♪ このワインは幸せな時間を噛み締めることができる!

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ
  • 5.0

    2018/12/30

    (2014)

    記念すべき、人生初ロマネコンティ。 投稿たまっていますが、こちらはライブで! DRCコンプリートの本日、とにかく香りが素晴らしく華やかで、シルキーで圧倒されました。 残り香まで最高です。ずっとずっと楽しんでいたい、名残惜しいー。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2014)
  • 5.0

    2018/11/23

    このタイミングで飲めることにただ感謝。オーナーによると暴れ馬がようやく…とのこと。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ
  • 5.0

    2018/10/26

    本日はRomanee Contiです。❣️

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ
  • 5.0

    2018/08/26

    (1985)

    Romance-Conti 1985。❣️世界最高峰のワインです。❗️

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1985)
  • 4.5

    2018/07/31

    (1989)

    少しはわかるようになってきた?荘厳な景色を垣間見る。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1989)
  • 5.0

    2018/05/18

    (1985)

    Romanee Conti 1985年。❣️ 評価の高いビンテージの様で、日本では6Lで3200万円という風にサイトでは言っています。 普通瓶8本分で換算しても1本でも超高額‼️ ラッキーで本当に有難いことです。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1985)
  • 5.0

    2018/04/25

    (1969)

    これは私が飲んだロマネではありません。‼️ タイの超お金持のお友達と軽井沢のセラーを見に行った時にあったものです。ドーンと数千本有るワインの中央に鎮座していました。聞きませんでしたが、印刷がハッキリしませんが、1950か60年代は2-300万円位でしょうね。⁉️ 友達の見る目は違って50年位前でこれ程ラベルが激しく破損しているので保存状態がどうかということになりまして、バンコクに戻ってから状態の良い自分の数百本有るロマネコンティの中から選んで飲んだ方が良いというgoodな話になりました。ラッキーです。 やはり持つべきものは良いお友達ですね。❣️

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1969)
  • 4.5

    2018/04/24

    (2002)

    DRCロマネコンティ2002 第2回 上本町でワインを飲む会

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2002)
  • 4.0

    2018/04/03

    (2003)

    少しおとなしい印象?完璧なバランス、広がりを感じるが、派手な華やかさではない。一生ものの思い出。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2003)
  • 5.0

    2018/01/07

    (1989)

    何も邪魔するものがない完璧なバランス タンニンしっかりしているがなめらか アルコールも感じる、酸は柔らかい 余韻ながくフルーツの感じ エレガント

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1989)
  • 5.0

    2018/01/01

    (2013)

    Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti 2013 いつでもContiは優しい。 香りにも味わいにも刺激がなく、柔らかい。 口に含んでも纏まりがあり、果実味やミネラルが豊富なのに刺激がなく、柔らかくて優しい。 あぁ〜、Contiは全てを持っているのに、強さを主張しない。 パーカーさんはこういうワインには満点を付けないと思う。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2013)
  • 5.0

    2017/11/19

    (2011)

    ホテルモリノのワイン会にて。真打登場、DRC ロマネコンティ11。 わずかにガーネットがかったルビー。深淵を覗きこんだような静かな中にラズベリーをはじめとしたたくさんのベリー。石鹸 革 墨 スーボワ。時間を置くと梅 キュウリ。とにかく要素の多いワイン。アタック滑らかでタンニンは優しく、酸は生き生きとしている。全開までは開かなかったように思うが、余韻がひたすら長い。食後のコーヒーを飲んでもまだ残る深い余韻。徳を積みました。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2011)
  • 5.0

    2017/11/19

    (2011)

    ロマネ・コンティ本当に香りが違います 飲めたことに感謝 ありがとーございます

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2011)
  • 5.0

    2017/11/05

    (1985)

    これは、Romanee Conti 1985年です。ロマネの1985年は超高額ワインでサザビーズなどのオークションアイテムになっています。日本では暫く前に250万円でしたが、今はどうでしょうか。 Romanee Conti一本の最高価格は10億円だそうですので、ワイン飲みにとっては夢とロマンが広がりますね。‼️

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1985)
  • 5.0

    2017/11/02

    (2004)

    ロマネ コンティ2004年。日本では100万円位だと思いますが、こちらでは300万円でも手に入らない。‼️そんなワインを飲めるワイン人生と友人に感謝しています。❣️❣️

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2004)
  • 4.5

    2017/10/10

    (2009)

    価格:30,000円(グラス / ショップ)

    抜栓したてでも違いははっきりわかりますね。 まだまだ変化していくのでしょうが・・ そこまで余韻が残る筈はありませんが、 翌日の昼でも「香りと味」がハッキリと思い出せました。 24時間後には流石に消えました(^_-)

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2009)
  • -

    2017/07/13

    (1945)

    新バージョンtest

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1945)
  • 4.0

    2017/06/16

    (1982)

    とっても美味しかったです。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1982)
  • -

    2017/04/01

    (2013)

    今日はエイプリルフール。 ロマネ、ロマネ、ロマネ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ エイプリルフール。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2013)
  • 5.0

    2017/03/29

    (1999)

    飲んだ瞬間に体全体に行き渡る感覚。魂が震える。ブラインドで飲んでみたかった。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1999)
  • 5.0

    2017/03/06

    (1987)

    87 ロマネコンティ。 素晴らしかった!!!!! とてもとても幸せ!!!!!

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1987)
  • 4.0

    2017/03/04

    (1998)

    ファインズのチャリティイベントにて

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1998)
  • 5.0

    2017/03/04

    (2003)

    香りの質が違います

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(2003)
  • 4.5

    2017/03/04

    (1998)

    完全な球体とはよく言ったもの

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1998)
  • 5.0

    2017/01/29

    (1990)

    1990年のロマネコンティのマグナム。日本では600万円以上はすると思う。1900年台前半の様なものが1000万円以上のコレクターアイテムとして有るが、1990年の通常ボトル物は既に25年経っているので充分に手応えがある。ワイン愛好家としては、一口だけでも飲みたい垂涎のロマネコンティでしょうね。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ(1990)