Ch. Mercian 長野メルロー
シャトー・メルシャン

3.09

265件

Ch. Mercian 長野メルロー(シャトー・メルシャン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • カシス
  • ブルーベリー
  • 木樽
  • プルーン
  • ブラックチェリー
  • レーズン
  • ラズベリー

基本情報

ワイン名Ch. Mercian 長野メルロー
生産地Japan > Nagano
生産者
品種Merlot (メルロ)
スタイルRed Wine

口コミ265

  • 4.0

    2021/04/20

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    上品な質感 熟れた果実 バランスよく いいなあとおもいました。やはりシャトーメルシャンは安定してますね。

    シャトー・メルシャン
  • 3.0

    2020/12/18

    (2017)

    長野メルロー、アロマはイモ科のクキのニュアンス と優しいベリー タンニンも優しく、余韻は長くまったりとした味わいがあります。 総じて良い感じです。 日本ワイン、色々飲んでみたくなりますねー!

    シャトー・メルシャン(2017)
  • 3.0

    2020/12/05

    シャトー・メルシャン 長野メルロー 2017 写真を振り返っていたら、テイスティングの勉強した時の写真がまだまだ沢山…。 赤ワインは、単一品種の、テストに出そうなものは割と苦手なものが多い中…コチラは、びっくりした日本のワインでした♪ 日本のワインは割とミディアムボディの軽め、余韻も短いのが多い中、コメントは残してませんが…日本もこんなにシッカリとしたメルローが作れるんだ(失礼な!(^_^;)って改めて日本のワインのレベルの高さを感じました(╹◡╹) 他、リキュールや酒精強化ワインも勉強しましたね〜小瓶の使いみちに迷ってます!^^; 折角なので…備忘録✨ 先日、バッチも届きました!(*´▽`*)♡

    シャトー・メルシャン
  • 3.5

    2020/09/21

    (2006)

    ワイン会への持ち込みワイン其の参! タンニンも溶けこんでいて、綺麗に熟成してました〜!

    シャトー・メルシャン(2006)
  • 4.0

    2020/08/29

    (2017)

    美味い!その一言。

    シャトー・メルシャン(2017)
  • 3.0

    2020/07/23

    (2016)

    シャトー メルシャン 長野メルロー 2016

    シャトー・メルシャン(2016)
  • 4.0

    2020/06/21

    (2012)

    婚礼の内祝でいただいた伊万里牛のロースで贅沢にしゃぶしゃぶ。長野メルローは塩尻市桔梗ケ原のメルローと上田市丸子地区の椀子(まりこ)ヴィンヤードのメルローをブレンドした日本を代表するワイン

    シャトー・メルシャン(2012)
  • 3.0

    2020/01/26

    (2016)

    椀子ワイナリーでテイスティングです。 長野メルローです。

    シャトー・メルシャン(2016)
  • 3.0

    2019/12/22

    (2016)

    山梨県 シャトーメルシャン 勝沼ワイナリー このワイン 一番いい香りがしてた。

    シャトー・メルシャン(2016)
  • 4.0

    2019/11/04

    (2008)

    LAからの逆輸入版。

    シャトー・メルシャン(2008)
  • 3.0

    2019/07/23

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    バニラの香り 花の香り そして樽の香りが口に広がる。 山梨のワイナリーに行ったときに テイスティングをして気に入って買った1本。 .クレソン モッツァレラチーズ 生ハムのサラダ .小鯛のカルパッチョ .豚肉と夏野菜のグリル .長茄子の蒸し焼き .盛り合わせプレート

    シャトー・メルシャン(2017)
  • 3.5

    2019/05/03

    (1998)

    メルシャン桔梗ヶ原にて試飲。1998年、20年前の長野メルローと桔梗ヶ原メルローの飲み比べ。試飲なので、エチケット撮影できず… ともにオレンジがかったルビー、粘性中程度。 カシス、ブラックベリー、ドライフラワーにコショウのようなスパイスさ。樽由来のバニラ。豊かな香りがします。 ドライで、豊かな酸と、緻密なタンニン。 全体的な印象は似ているけど、桔梗ヶ原メルロと飲み比べてみると、桔梗ヶ原のほうがやや果実味が豊かで、余韻はかなり長め。 ボルドー右岸のような印象で、かなりいい味がする。長野メルローは一本4000円くらいなので、これだけ熟成するのは珍しいとのこと(まぁそりゃそうだよね)。

    シャトー・メルシャン(1998)
  • 4.5

    2019/03/10

    (2016)

    日本を代表するメルローの赤ワイン!

    シャトー・メルシャン(2016)
  • 2.5

    2019/02/22

    (2016)

    ワインセミナー 今回はシャトーメルシャンさん 最後はメルロー 今回もいろいろ勉強になりました

    シャトー・メルシャン(2016)
  • 2.5

    2018/12/10

    なかなかいいです。

    シャトー・メルシャン
  • 3.5

    2018/12/06

    ウスケボーイズのワインを飲もう会⑫ メルシャン長野メルロー。 こちらは2015。 (ちなみに⑪のソレイユと同じで、次に飲む⑬の城戸さんも2015。) 果実味あふれ、タンニンと酸のバランスもいい。

    シャトー・メルシャン
  • 4.5

    2018/10/29

    (2011)

    『No.402 いい具合にほぐれてる』 今日は29日。いわゆる肉の日というやつである。こんな日には肉の塊でも食べたいなってことで、昨日安売りスーパーで買ったUSミートをステーキに。ちなみに妻のは国産牛。 量より質を...ということらしいが、なんとなくズルい気がするわけで。 そんな今夜の夕飯は... ・牛肉のステーキ・ブロッコリーとハーブポテト添え ・ケッパーコールスローサラダ ・ご飯と味噌汁 そして、今夜はシャトー・メルシャンの長野メルロー2011をお供にしようかと。購入してからしばらく忘れていて、つい先日見つけて、セラーに移して、早幾月...といった具合。どうなってるのか楽しみなのである。 そんなこんなで、まずは香りを...おぉ、決してグワーンっと香りが感じられるわけではないが、それでも黒果実系やレーズン、ほんの少しだがチョコレートっぽいニュアンスが感じられるわけで。そして一口...おおおっ、これは実に口当たりの良い滑らかな飲み心地。 香りよりも豊かさを感じる果実の味わい。そしてほんのりハーブ、ほんのりコーヒーガムのニュアンス。キュッとくる気持ちの良い酸味と渋味。 いろんな要素が一つの液体の中で中和している感じ。時間が経過して、味わいがこなれている...ってのはこういうことなのかなと思ったり。 お肉との相性はほんと抜群。なんも喧嘩せず、それぞれの良さを引き立てあってる感じ。何だかこういう感じは好きだな、すごく。 あくまで仮定の話だが、今のタイミングで開けたのは良かったかもしれない。これがもう少し早ければ、ここまで調和がとれてなかったような気がするのだ。 何はともあれ美味しかった!ごちそうさまでした。

    シャトー・メルシャン(2011)
  • 3.0

    2018/09/11

    (2014)

    怒涛のテイスティング。 長野メルロ。樽からのニュアンス、溶け込んだ緻密なタンニン。

    シャトー・メルシャン(2014)
  • 4.5

    2018/09/08

    価格に相応しい味わい。3000yen

    シャトー・メルシャン
  • 3.0

    2018/05/28

    (2015)

    価格:3,180円(ボトル / ショップ)

    印象は、程好い酸味。

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 3.5

    2018/05/24

    (2013)

    香りは控えめ 味わいのフルーツは、メルローらしいフルーツのジャム、ドライな木のニュアンス。 トーンは低めだか、柔らかい酸と、伸びやかなタンニン。

    シャトー・メルシャン(2013)
  • 3.5

    2018/05/15

    (2015)

    シャトーメルシャン長野メルロー2015 中程度のガーネット色 プラム.杉、バニラ,葉巻,カフェォレ,スーポア,腐葉土の香りのミディアムフル。バランスがとても良い。with 焼肉かいのみ タンニンが控え目なので赤身の肉に合うようだ。

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 3.5

    2018/05/07

    価格:950円(グラス / レストラン)

    平日休暇を利用して日比谷ミッドタウンに行ってみた。GW直後だから程よく空いてる。 休日はランチタイムで一時間以上待ちのレストランも5分で入れました。 典型的な日本のメルロ。仏のCFっぽいけど、よりカジュアル。 ニッポンのテロワールと冠したランチメニュー、本日は信州・長野。合わないワケがない!

    シャトー・メルシャン
  • 2.5

    2018/03/24

    (2015)

    フレッシュな感じでおいしい

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 3.0

    2018/03/09

    (2015)

    黒系果実の香り 先ほど飲んだボルドーの10年ものの古酒とニュアンスは同じだが、やはりフレッシュな印象。

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 3.0

    2018/03/01

    (2015)

    お値段でちゃってますが、お値段以上のおいしさです。

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 3.0

    2018/01/10

    (2015)

    今夜は悲しい出来事が。名古屋に来て、たまに立ち寄っていたワインショップが閉まっている。定休日じゃないのに連休明けだからかな、と後にする。食事をしながら調べていると、なんと年末に閉店したのだそうな…(TT) からの、八丁味噌のおでんをつつきながらシャトーメルシャン 長野メルロー。美味い。 だからといって、心の傷が癒されるわけでもないが、紛らわすには十分だ。他にも小布施オーディナリーSB、農民ロッソなど、いろいろ楽しみましたが、今日は終いだ。ポストはこれだけ。まぁ、そんな日もある。

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 2.5

    2017/12/06

    (2015)

    豚レバーカツレツと一緒に。もう少し寝かしたら香りがたったかな?

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 4.0

    2017/11/29

    (2015)

    価格:3,620円(ボトル / ショップ)

    軽井沢試飲会にて (8) シャトー・メルシャンのメルロ 100% 安曇野市と上田市のブドウをブレンドしているらしい。 一年間の樽熟成。 黒い果実の香り。ふくよかな味わいを中心にとてもバランスの良いワイン。 はぁ、長野県のメルロ好き。

    シャトー・メルシャン(2015)
  • 3.5

    2017/10/22

    (2015)

    10月の「日本ワイン研究会」 テーマは「メルロー」

    シャトー・メルシャン(2015)