Angiolino Maule Sassaia
アンジョリーノ・マウレ サッサイア

3.18

628件

Angiolino Maule Sassaia(アンジョリーノ・マウレ サッサイア)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 洋梨
  • グレープフルーツ
  • レモン
  • 石灰
  • 青リンゴ
  • 黄桃
  • 白い花
  • イースト

基本情報

ワイン名Angiolino Maule Sassaia
生産地Italy > Veneto
生産者
品種Garganega (ガルガーネガ)
スタイルWhite Wine

口コミ628

  • 4.5

    2021/09/29

    (2019)

    初めて飲んだキュベのサッサイア。美味しい、マシエリよりも熟成感があり濃厚。ただし税込み3000円程度とコスパの観点ではマシエリで満足かな。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.5

    2021/09/19

    (2017)

    マシエリ18年から1ヶ月もせずに、 アンジョリーノ先生に感銘を受けて、 足利はブーカもりやまさんにて単独で、 17年サッサイアをボトルオーダー。 マシエリより樽熟な分、まろやかでは あるものの、飲み心地はグビグビです。 自分自身における自然派ワインへの、 興味を語り尽くしてしまいました。。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2017)
  • 3.5

    2021/09/12

    (2019)

    魚卵あわせで 意外とよく合います

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 4.5

    2021/08/14

    (2019)

    マシエリの上級キュベ。 旨みの固まりで、無限に飲める。 あるだけ買いたい。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.0

    2021/07/22

    (2018)

    2杯目はサッサイア飲み比べ。先ずは普通の。飲みやすい。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2018)
  • 3.5

    2021/06/26

    (2019)

    ラ・ビアンカーラ サッサイア 2019 久々に朝飲みしようと思ってたのに急遽仕事で出動!マシエリを逃した天罰でしょうか( ̄^ ̄)帰宅後サッサと夕飯作りに取りかかる♪サッサとグラスを用意して、サッサとコルク抜いて、サッサイアをサッサと注ぐ♪そしてサッサとキッチン飲み(^^)そして、全然サッサな時間じゃない…夜22時に宴の開演となりました(笑) リンゴ、レモンの皮の香り。青い系のハーブ、酵母感、濡れた石のニュアンス。 グレフルに和柑橘が混じったような爽やかな酸味、ビールっぽい酵母感や苦味。思ってたよりドライで甘さはなくオレンジワインっぽい印象です。楠田サンのリースリングのような硬さのあるミネラル感。なんだろう…コントレックスで作ったポカリ(アクエ)でしょうか(笑)2日目分残すの忘れて気がついたら空に^^; 魚介類に合わせたいミネラリーさですがお供は ・鶏の香草パン粉焼き ・煮込まないラタトゥイユ ダイエッター7週目1/2まで体重落とせました(๑•̀ㅂ•́)و✧ この調子で行けば8月中旬頃には目標達成できそう♪別に水着を着る予定もないですけど( ̄▽ ̄;)ソモソモオヨゲナイシ!

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 2.5

    2021/06/06

    (2019)

    価格:1,800円(ボトル / ショップ)

    No699 外観は澄みきった薄イエロー、可憐な色合い 粘性はやや強く、細い筋がグラスに永く残る 香りは香ばしさ、牧草、コールタール、深い臭みがある 味わいはアタックは強く無く、ミネラル感と苦味、酸味は苦味を押し出す役割をしていて、主張せず、芯を感じる 日が経つにつれ、まろやかさがまし、ミネラル感が強くなってきた

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.0

    2021/06/04

    (2019)

    ポカリというのもわかる気がします。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 4.0

    2021/05/28

    (2019)

    思い出のサッサイア。遠野は遠い。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.0

    2021/05/19

    日本橋human natureにて。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 4.0

    2021/03/31

    やっぱり美味しい♪癒される☆

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 4.0

    2021/01/13

    (2019)

    『No.714 大地の恵みは大地の恵みで』   連休明け。ただただ憂鬱。カリヤカ家のメンツも早朝からゲンナリモード。まぁどうにか乗り切っていきましょう...っていけるか不安だわ。 夕方は役所の出張所へ印鑑証明やら住民票なんかをとりに。地味にこういうのは面倒なんだよなぁ。そして、妻に頼まれて夕飯のおかずを買って帰るわけで。 そんな今夜の夕飯は... ・天ぷら盛り合わせ ・里芋の煮っころがし山椒風味 ・ホタテとじゃがいものグリル ・ご飯と具沢山スープ 今日の天ぷらは海老、キス、椎茸、茄子、ピーマン、レンコン、ブロッコリー。大地の恵みがたくさんだ...まぁ一部海の幸があるけれど。そんな大地の恵みに合わせる今夜の一本は、イタリアのラビアンカーラのサッサイア2019年をお供に。サッサイアって、なんか僕の中では大地の恵みって感じがするもんで。 抜栓し、グラスに注ぐと、淡いレモンイエロー。これまた爽やかなレモンのような柑橘系の香り。ハーブやちょっとケミカルっぽいニュアンスを感じなくもないが。そして一口...やはりスッキリした飲み口はとても心地良い感じ。酸味や果実味、ミネラル感と後味のほろ苦さのバランスは実に絶妙。素直に美味しいと感じさせる辺りは流石の一言。 野菜類の天ぷらとの相性は言わずもがなな具合。飲んじゃ食べ飲んじゃ食べ...のメビウスの輪状態。スルスルルと入ってくるんだよなぁ。 前にちょっと寝かしていたヴィンテージを飲んだのだが、個人的には新しいヴィンテージをサクサクっと飲む方が好きかなと。この日みたいな野菜の天ぷらや、野菜のフライやグリルみたいな大地の恵みに合わせるのがやっぱいいなぁと実感したり。やっぱフレッシュさが売りだなぁと僕は思うわけで。 サッサイアやマシエリがあると、それだけでお腹がギューっと鳴りそう...そんなワインであって欲しいなと思ったり。 ごちそうさまでした!

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.5

    2021/01/04

    全く同じ樽からワインだが 酸化防止剤の量やボトル詰め日の違いだけでこんなにも違いがあるのが面白かった。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 3.5

    2020/12/21

    (2015)

    マグナム

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2015)
  • 3.0

    2020/11/21

    (2019)

    ちょっぴり炭酸を感じるような 少し濁ったイエロー 甘すぎず、辛すぎず

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.0

    2020/11/20

    vinicaで少し前に評判だったサッサイア✨やっと飲めました♡ なぜ評判だったのか、よく覚えていないのですが… 濃ゆい色合い、まさにビオな香り〜ザックリ!w アプリコットや紅茶?しっかり目な酸と果実のギュッとつまった感じ…品種はガルガーネガらしいのですが…この系統のワインは似たようなニュアンスで終わってしまう、私は、経験不足…なのかなぁ〜 この日は、イトヨリの失敗気味のアクアパッツァでした!コチラとは少し合わなかったかも…(^_^;) イトヨリって、よく知らなくて、、ぐぐったら次のキーワードが「まずい」、だったので少し焦りましたが、、淡白で臭みのない味わいでした♪ 4枚目の写真は最後のグラスに紛れ込んだ、黄色いモワモワ…なにこれ!(^^

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 3.5

    2020/11/20

    (2018)

    ゴムのような独特の香り 少しの粘性と滑らかな口当たり それとなくミネラルを感じた後、ぼんやりとした苦味がやってきます バランス感、といった印象です 翌日から美味しさが増して良い感じ

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2018)
  • 3.5

    2020/11/09

    アンジョリーノ マウレ サッサイア!良いワインですね・・。 やや濃い色調 リンゴジュースに近い。きれのある酸味、シャープな味わい、それでいて角が無く、全体のイメージとして優しく、伸びやかにまとまっている。海産物とのマリアージュは必然ですね。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 3.5

    2020/11/03

    (2019)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    サッサイアは初めて頂きます♪ レモンとかの柑橘の香りや金木犀の香り、あと少し煙のニュアンスがあります。口の中にサラーッと染み渡って、ミネラルと少しの苦味が感じられ、美味しいって声がつい出てしまいます☆ このガルガーネガという葡萄は美味しいですね(^^) そんな感じのワイン。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.0

    2020/10/25

    (2019)

    安定の美味しさ グビグビ系

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.5

    2020/10/15

    (2019)

    ノーマルver フレッシュ

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 2.5

    2020/10/14

    お店の10周年week! なんとサッサイアのマグナム10年モノ。 熟成ガルガーネガの官能的な仕上がりに酔いしれる♪ 黄金色の外観。 金柑、乾いたオレンジピール、ドライハーブの香り。 ふくよかに官能的に熟成した果実みが美味しい! ガルガーネガ品種がこんな熟成をするなんて、と感動する。 ピュアな酸味。 このバランスが大好き!

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 3.0

    2020/09/24

    (2019)

    Italia/Veneto/ Yellow pattern /Medium light/Bio wine 薄く濁りがかった小麦色 フローラルで瑞々しい洋梨とほんのりタイムなど香草を漬けたようなアロマ みずみずしさを感じる果実味と生の白い果実の皮のような旨味と苦味。まろやかな酸がバランスよく、より果実っぽさを引き立てる。 Finishの石灰やゴム感の風味が癖になるコクを感じさせる イタリア自然派を代表するアンジョリーノ マウレによる ラ ビアンカーラの象徴的な白サッサイア 完熟葡萄と野生酵母、SO2無し、シュールリーのビオワイン

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2019)
  • 3.0

    2020/08/23

    ひさしぶりのサッサイア つくりの変化?ヴィンテージの差? 味も色もpicoに寄ったように感じます 夏の身体に浸透します

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 3.5

    2020/07/24

    (2016)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    これも常温の夏を過ごさせてしまったサッサイア2017は少し麦わらのイエロー。 香りにやはり全く酸化やひねたニュアンスを感じない。揮発酸を感じるが素直で熟した果実。蜜林檎、洋梨、かりんジャムに石とぬか。(数日経つと揮発酸ーぬかは消える) 体に染み入る様なアタック。素直な果実味とMASIERIよりもまろやかな酸で優しさを感じる。中盤以降にわずかな揮発酸のニュアンス(これも数日で気にならなくなる)、まろやかなミネラル感。余韻には果実味と心地よい苦味が長く持続。 ラ・ビアンカーラのワインは自然派なのに常温保存可能かも。しかもコスパも良い。

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2016)
  • 2.5

    2020/07/05

    サッサイア2010年。 ヴェネト州のガルガーネガ比較♪ どちらもソアヴェとは全く異なるガルガーネガワイン。 オレンジなガルガーネガ。 ナチュールなタンニンが心地好い! このサッサイアマグナムは良い感じの熟成感。 10年間を経たドライな果実みが美味しい!

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 4.0

    2020/06/11

    大人のポカリスエット 久々のサッサイアはやっぱりポカリスエットだった。 スルスルではないけど、初夏の日の水分補給にはぴったりなミネラルと元気がみなぎる!

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 2.5

    2020/06/07

    (2018)

    2月28日 何度飲んでも好きになれない’18

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア(2018)
  • 4.0

    2020/05/08

    亜硫酸検出ゼロの完全無添加な2018✨ 全然関係ないのですが、桜満開で気持ちの良い天気だったのですが、空には何とも不思議な雲が浮かんでました( ˆ꒳​ˆ; )微妙~

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア
  • 3.0

    2020/05/08

    白 2018 僕のアナザースカイ、イタリア!な一本。 果実、鉱物的ミネラル、塩味、などが渾然一体となって渦巻く混沌が、何故こんなにも親しみ良く、それでいて美しいのだろうか。可能であれば週2で飲みたい。 The Kinks Something Else

    アンジョリーノ・マウレ サッサイア