Ch. Haut Bages Libéral
シャトー・オー・バージュ・リベラル

3.30

171件

Ch. Haut Bages Libéral(シャトー・オー・バージュ・リベラル)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • 木樽
  • レーズン
  • ブラックチェリー
  • プルーン
  • ドライフラワー
  • チョコレート

基本情報

ワイン名Ch. Haut Bages Libéral
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc > Pauillac
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ)
スタイルRed Wine

口コミ171

  • 3.5

    2019/06/11

    バランスがいい感じ。コスパもいいのでは

    シャトー・オー・バージュ・リベラル
  • 3.0

    2019/04/03

    (2012)

    ボルドー格付け61シャトー全制覇の旅 その3 この日のお題はポイヤックですが、全て第5級 3本目は若そうなルビー色。 シャトー・オー・バージュ・リベラル 2012年 ビオディナミに転換しているとのこと。 香りは、主観的には甘やかで、ジャムやレーズン。情野ソムリエは、腐葉土にセメダイン、赤いフルーツが溶け込んでいると。前者はあまり共感できず。 お味は渋甘、お安めのワインのような軽やかな飲みやすさ、時間経過とともに角がとれてまろやかに。情野ソムリエは、ドライでスレンダー、後味がフルーツで飲みやすく、御食事にあわせやすいと。 若干タイムラグがあるとはいえ、香りは自分の主観とソムリエの説明がかなり異なるワインでした。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2012)
  • 3.5

    2019/03/24

    (2013)

    2013

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2013)
  • 3.5

    2019/02/04

    香りもファーストアタックも上品な感じ。鼻に抜ける余韻が長い。今年話題のルビーチョコレートと合わせて◎

    シャトー・オー・バージュ・リベラル
  • 3.5

    2019/02/02

    (2013)

    凝縮した果実の旨味がたっぷり♡ 丸みがあり滑らか٩(๑•᎑•๑)۶♡*゜

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2013)
  • 3.0

    2019/01/20

    (1979)

    1979 陰気。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(1979)
  • 3.5

    2019/01/05

    (2015)

    間違えないです。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2015)
  • 3.5

    2018/12/16

    (2009)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    あぁー、やってもーたー! マラソン終わった高揚感からか、ちょっといいワイン開けよう、と思ってセラーを覗いたら、まだまだ若いワインが多かったのでこれをチョイス。 ボルトープリムールで買った1本。 と、書くと随分バブリーな感じだけど、何年も経ってから買うより得!という触れ込みで選んだけど、なにやら2009はグレートヴィンテージらしく、薄い財布から泣きながら買った初ポイヤック。 で、どんなワインかも覚えてなかったのだけど調べたらボルドー5級! ラトゥールの隣り畑だとか。 Chateau Haut-Bages Liberal もっと寝かしておくんだったー! ネットだと1万近くするぞ! むー! そのせいで、なんか、やたら美味しく感じてきた(*≧∀≦*) RP92なんだってさ。 今のところ、濃さもありつつ、瑞々しく、時折ミルクチョコ。 さて、これから、どう化けてくれる? 抜栓二日目 前日より酸味や渋みが抜け、より滑らかで丸みがある。 悪く言えば、個性が無い。 けど、瑞々しさは変わらず。 グラスに鼻を近づけると湿った森、黒系ベリー。 刻々と香りは変わる。 ハーブ、インク、シダーとかとか うん、それなりに美味しい。 けど、これ1万だったらゼッテー買わねぇー、ってか買えねーd( ̄  ̄)

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2009)
  • 4.0

    2018/10/09

    (2015)

    ボルドー ポイヤック カベソー70%、メルロー30% 2015年 S$82 黒系ベリー、大地香、ヴェジ香、檜っぽい木質香、スッとするメントール、仄かにバニラ。 バランス良くキレイにまとまってる感じ。 派手さはないけど芯がある。 中庸なベリー、若々しく主張するタンニン。 飲みにくい収斂味ではない。 酸が少し後から追ってきて全体をまとめる。 その酸を伴って、黒系ベリーとハーブやスパイス、樽由来のバニラが混ざった複雑な余韻。 広がりすぎず、かといって隙もない…クールで行き先の定まった余韻。 2日目には黒さ、濃さやグラファイトっぽいニュアンスが強まる。 骨格を感じさせる堂々たる佇まい。 果実味、酸、収斂味、奥行き、骨格、樽由来のニュアンス…全部バランス良く整ってる。 ブラインドで飲んで、「カベソーメインの左のワイン」と言われたらスッと受け取れる感じ。 実はあんまり格付けとかって興味なかったりするんですが、この子は「さすが~」って思っちゃいました! 今まで飲んだポイヤックでナンバーワンかも♪

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2015)
  • 2.5

    2018/06/14

    (2013)

    赤はもちろん2人とも好きなボルドー♡ 少し若いかなって思ってたけど、もうサイコーに美味しい! カベルネが主かな。 牛肉とフォアグラのパイ包み。 あとでカクテルとデザートも。 あぁ、ブヒブヒ。 61シャトー。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2013)
  • 3.5

    2018/05/20

    (2008)

    税込み3700円で購入。 ふわっと香る黒い果実と、樽、ミルクチョコレート、鉛筆の芯。アフターはチョコレートが続く。タンニン強めで少しだけ粗さがあるが美味しい。苦味があとひくかと思いきや香りが口の中で広がるので気にならない。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2008)
  • 3.0

    2018/03/30

    (2003)

    うまい‼︎正確には、3.2とか3.3かな。 2003年は、ボルドーあまり良い年では無い筈だけど…。 あまり特徴的な味わいは無いけど 全ての要素がこなれてて、まとまってる。 信長の野望 武将パラメーターでは、 滝川一益がパッと思いつきました。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2003)
  • 3.5

    2018/02/04

    (2009)

    シャトー・オー・バージュ・リベラル2009 今月の定例ワイン会は持ち寄り。 カベルネ・ソーヴィ二ヨン75%、メルロー25% タンニンが滑らかで優しい。酸が美味しい。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2009)
  • 3.5

    2018/01/18

    (2013)

    5本目♪元旦から幸せなボルドー!

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2013)
  • 3.5

    2018/01/06

    (2006)

    年末年始、家族が風邪で慌ただしかったのですが、やっとゆっくりお正月。 シャトー・オーバージュ・リベラル2006。 深い香り、滑らかな口当たり、しっかりした渋みを感じる。 カベルネ比率が高いこともあってがっしり系だけど、ほどよく時間を経て柔らかさを身につけたのかも。 今年も一年、いい年にしたいと思います。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2006)
  • 3.5

    2018/01/04

    (2009)

    ポイヤック5級。ヴィンテージは2009。美味しい。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2009)
  • 3.0

    2017/12/30

    (2014)

    香りは好み、タンニン多いためか苦みが後を引く

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2014)
  • 3.5

    2017/12/15

    (2013)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    果実味をたっぷり感じられる。コストコワインセレクションは秀逸。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2013)
  • 2.5

    2017/12/13

    (2014)

    青さとタンニンが目立つ なんかだめそう

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2014)
  • 3.0

    2017/11/12

    (2014)

    オーバージュ・リベラル、ポイヤック5級。 普通の年。 まだ、早いかな。 早いかも。 多分、もっと待つと、もっと色々な風合いが出るだろうと思われる。 が、悪いわけではない。 週末の家飲みで、しっとりと。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2014)
  • 3.0

    2017/11/12

    (1996)

    美味しいですね! 少し澱が感じるけど…

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(1996)
  • 2.5

    2017/10/17

    (2014)

    開けて4日目だそうです。かわりましたねー。昔はフランスワインっていうとすぐに酸っぱい感じのイメージです。最近はイタリアワインばかり好んで飲んでおりましたが、やはりさすがおフランスです。 料理は、昼からお店にいるので付け合わせ無しです。 本来はもっとゴージャスですよ。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2014)
  • 4.0

    2017/07/30

    (2009)

    10年早いけど好き。61シャトー31本目。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2009)
  • 3.0

    2017/07/27

    (2016)

    価格:6,000円(ボトル / ショップ)

    オー・バージュ・リベラルは、18世紀から続く歴史あるシャトーです。 所有する畑はポイヤックの南、バージュの丘に位置し、メインの区画は、なんとシャトー・ラトゥールの畑に隣接。 他の区画もシャトー・ピション・ラランドの隣や シャトー・グラン・ピュイ・ラコストの近くと、非常に立地条件に恵まれています。 1960年にシャトー・ポンテ・カネを所有していたクルーズ家に買い取られ、畑のブドウを全て植え替え、大々的な設備投資を行いました。 1975年以降、品質の高さをうかがわせる成功作を次々と生み出し、1983年にシャトー・シャス・スプリーンなどを経営しているヴィラー家に売却。 ヴィラー家が行った革新的な設備改造や、クルーズ家が植え替えたブドウの樹が円熟のときを迎え、より品質が向上したことで 近年評価が上がってきています。 良質なテロワールから生まれるワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、ブラックカラント風味の強い、 豊かな味わいの強靭で円熟したスタイル。 メドック格付け第五級の実力にふさわしい、味わい深いワインです。(エノテカ) ベリー、ブルーベリーの香り。 タンニンは強い。 凝縮感。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2016)
  • 3.5

    2017/07/05

    (2012)

    価格:~ 999円(グラス / ショップ)

    帰りに寄ったイオンで。 ちょっと酸味が強い気がしますが、ゆっくり飲むと落ち着くのかな。でも嫌な酸味じゃない。料理と一緒に飲むととても美味しそう。 余韻も長い。美味しいなぁ(^^)

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2012)
  • 3.0

    2017/06/26

    (2013)

    ロバートモンダヴィ、ナパのカベルネと比較。比較すると色彩は明るめ。酸味を強めに感じる。余韻長め。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2013)
  • 3.5

    2017/06/25

    (2002)

    スパイシーで黒いベリー香が良い。まだまだ若く固い。もう数年熟成させたら旨みが膨らむ期待感を持たせてくれる。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2002)
  • 3.5

    2017/06/09

    (2009)

    サラダとパスタが美味しくて

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2009)
  • 4.0

    2017/06/06

    (2007)

    濃いガーネット 香りのボリューム強い 黒系果実にドライフルーツ 第2アロマは焦げた木、杉、クローヴ、ダークチョコレート 第3アロマは野菜、レザー、マッシュルーム 野生的 アウトスタンディング❗️ 先生からどのワインが一番好きかと聞かれて、クラスのほとんど&私もサンテミリオンと答えたけど、クラスが終わる頃にはこちらの方が美味しくなってた(๑´ڡ`๑)

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2007)
  • 3.5

    2017/05/27

    (2013)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    しっかり系ポイヤック。酸味が豊かで、華やかな香り。

    シャトー・オー・バージュ・リベラル(2013)