Le Coste Bianco
レ・コステ ビアンコ

3.33

137件

Le Coste Bianco(レ・コステ ビアンコ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • レモン
  • 赤リンゴ
  • アンズ
  • 石灰
  • 青リンゴ
  • 杉

基本情報

ワイン名Le Coste Bianco
生産地Italy > Lazio
生産者
品種Procanico (プロカニコ), Greco (グレーコ), Verdello (ヴェルデッロ), Vermentino (ヴェルメンティーノ), Roscetto (ロシェット), Malvasia Toscana (マルヴァジーア・ トスカーナ), Ansonica (アンソニカ), Malvasia Puntinata (マルヴァジーア・プンティナータ)
スタイルWhite Wine

口コミ137

  • 4.0

    2022/07/03

    昨晩酔って開けたときに覚えてるのは少しだけバニラっぽさがあって今ふうでおいしいな〜って思ったこと 今日飲んでも酸がキュッと攻めてきて最高です

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.5

    2022/06/07

    セージのフリットが美味しい

    レ・コステ ビアンコ
  • 4.0

    2022/06/04

    何だか濁ってます それが美味しさのシルシか⁉️ 揮発酸と苦みのバランスが最高です 

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.5

    2021/12/04

    (2019)

    イタリア南部のラツィオ州、レ・コステ ビアンコ2019をグラスで。プロカーニコ、マルヴァジーア・ディ・カンディア、マルヴァジーア・トスカーナ、その他地ブドウというざっくり感。 色味はオレンジ、香りも見た目通りオレンジに青リンゴ、軽く樽香、紅茶、貝殻のミネラル感。 飲み口は中庸な重さでコクもあるが、同時にすっきりとした酸味が感じられ、ラストに軽くタンニンの苦味。 たぶんボトルの上の方の上澄み部分で頂いたと思うが、するすると自然に頂けるオレンジワイン。

    レ・コステ ビアンコ(2019)
  • 3.0

    2021/11/23

    美味しいやつの♪マーグナムー♪

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.0

    2021/06/25

    オレンジワイン?

    レ・コステ ビアンコ
  • 5.0

    2021/03/16

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    ビアンコ 2017 レ コステ プロカーニコ マルヴァジーア ヴェルメンティーノ 備忘録 とにかく好き もうそれだけ。それ以外なんもない。 ビアンコもビアンケットもロザートも ラッボッカテッロも 飲んだ事のあるレコステは 自分の”好き”のど真ん中にスポンとくる スペシャルなワインじゃないかもしれないけど とにかくこんな味わいが大好きです。 金目鯛の柑橘塩 & ハーブのオーブン焼き 豚バラじゃがいもローズマリー キウイ などといただきました。

    レ・コステ ビアンコ(2017)
  • -

    2020/11/14

    (2018)

    価格:3,740円(ボトル / ショップ)

    うかつにもビアンケットが売り切れてしまっていて、初めてのビアンコ ’18 ビアンケットと違い、まだまだ固く閉じこもっているような印象? 時間をかけて常温になって初めて魅力を発揮し始めるような感じ。 ワインって難しい、、 6日前に開けたススカールロッソ 香りも味も飛んでしまった… 本当にワインって難しいですね、、(笑)

    レ・コステ ビアンコ(2018)
  • 3.5

    2020/10/16

    My second wine that Ive had from Le Coste. First bottle was a 2015 Litrozzo Bianco that had volatile acidity that gave me shivers and nightmares. Having had the 2018 vintage Bianco. I can see why ppl go crazy for Le Coste wines. This wine is different. It’s skin contact wine that is well balanced and structured. with notes of kumquat and tangerine rind on the nose. oily mouthfeel with good longing bitterness and puckering acidity. good expression of an italian winemaker using 225l small French oak

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.0

    2020/09/06

    (2018)

    21本目に飲んだワインです。 Le Coste Bianco (レ・コステ ビアンコ)2018 白(オレンジ)ワインとなります。 品種 プロカーニコ、マルヴァジーア、ヴェルメンティーノ アルコール度数 12.5% 前回の投稿でコメントを下さった方々の影響でランブルスコ・ソルバーラやアリゴテを求めていきましたが、夏に入荷はないとの事で秋冬まで待ってくださいと言われ…(泣)リカーショップの店長さんにオススメされて購入しました。今回は2日に分けて飲んでいます。 注いだ時の色ですが、正確な色彩は表現出来ませんが、ゴールデンイエローやマリーゴールドに近しい色の中に透明感がある感じでした。 香りですが、初日は梅の香りがとても強く出ていました。(※梅は英語でJapanese apricotとの事で香りの中にapricotを入れています。)梅の要素が強いですが、スワリングせずに香りを確認すると微かにリンゴっぽい香りを感じました。2日目には土っぽい香りも出てきました。 味わいは、冷えた状態で酸味、タンニン、ミネラルっという順番で伝わり味の強さもこれに比例しておりました。バランスが良くて余韻も程よい長さ且つ、飲みやすいかったです。2日目になるとタンニンが強くなり、酸味とミネラルは落ち着いた印象でタンニンは腐葉土のような味わいで味の変化が複雑でいいなと感じました。 正直、タンニン大好き人間なので腐葉土っぽい味が出てきた時は感動を覚えました。飲んでいて楽しいワインです。

    レ・コステ ビアンコ(2018)
  • 4.5

    2020/03/17

    (2013)

    『No.629 結構なオリだけど、気にならないくらい美味いっ!』 本日、有給休暇。とはいえ遊ぶことなく、持病の定期検診、歯科医で仮歯をつけ、整体へ...と体のメンテナンス。あんまゆっくりできんかったけど、こんな日もないと体がもたんからなぁ。 ただ、全てが終わった頃には、さすがに疲れちゃって、夕飯作る元気がなく、さぼてんのカツを買って帰った次第。 そんな今夜の夕飯は... ・フライ盛り合わせ(さぼてん謹製) ・鶏刺し ・ご飯と味噌汁(キャベツと椎茸) 本日のフライ盛り合わせは、ミルフィーユカツ、エビフライ、牡蠣フライ、チーズ入りメンチカツといった具合。そして今夜は、イタリアのレ・コステのビアンコ2013年をお供に。久しぶりのレ・コステ。プロカニコ主体のこの一本。さてさてどんな味なのかなぁ。 コルクを抜き、グラスに注ぐ...え?何これ?オリ?今までオリのあるワインは数あれど、最初の一杯目から、白いオリがたっぷり...うーむ、まぁこういうものもありっちゃぁーおりか。液体の色合いは濃い黄金色...いわゆるオレンジワインの一つなのか。香りの方は、杏やオレンジのような果実の香り。 そして一口...おぉっ、力強くもどこかしらクールな味わい。やみくもに力強いわけではなく、力強さにクールさと奥行き、バランスの良い味わい。これは美味しいぞ! ドライフルーツの杏や蜂蜜レモン、どこかしら感じる紅茶やハーブのようなニュアンス。後味はうっすらとオレンジピール的なほろ苦さ。とにかくギッシリ詰まった旨味! ミルフィーユカツだと、塩やポン酢で食べるのに非常に良い相性。凝縮した旨味だからこそカツに合うのかな?カツもだけどレモン汁タルタルソースをたっぷり絡めたエビフライやカキフライにもしっかり合うのが嬉しいな。 魚介類なら生よりはフライやソテー、野菜類もローストやグリルみたいな軽くからしっかりまで火を通したものが良い相性なんだろうなぁ。 初めはグラスいっぱいに散りばめられたオリが気にならないでもなかったけど、飲み進めていくとそれが全然気にならなくなってきたら、もうこのトリコになっちゃうわけで。だって美味いもんなぁ...しみじみそう思っちゃう一本。 高次元でのバランスの良さ。レ・コステの底力をつくづく思い知らされたなぁ。ごちそうさまでした♬

    レ・コステ ビアンコ(2013)
  • 3.5

    2020/02/24

    イタリア 素晴らしいオレンジ色 ほれぼれしちゃう。 しっかり主張してくる ワイン 「わかったよーわかった」 受け止めて上げたいワイン。 もし、デートで飲まされたらイチコロだなぁー そして、ほたるいかのマリネを 合わせて正解!

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.0

    2020/01/13

    サンミイベント

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.5

    2020/01/12

    お次はレコステ。旨味が凝縮。タラ菊との相性もバッチリ。幸せ過ぎ。

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.5

    2020/01/04

    オレンジピーーール! 干したあんずみたいな凝縮された旨味と酸味が癖になりそう。

    レ・コステ ビアンコ
  • 4.5

    2019/10/04

    酸っぱ~美味しい(*´﹃`*)

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.0

    2019/08/30

    (2016)

    イタリア、ラッツィオ州のレ コステのフラッグシップワイン、レ コステ。 気持ち良く濁ったナチュールワイン。 オレンジピール、シナモン、白胡椒の香り。自然と鼻腔をくすぐる刺激。 落ち付きつつ長い余韻を形成する果実み。 ワインの存在感、凝縮感が素晴らしい! いつまでも飲んでいたいのでボトルで頂いた♪

    レ・コステ ビアンコ(2016)
  • 2.5

    2019/07/21

    オレンジワイン??

    レ・コステ ビアンコ
  • 4.5

    2019/03/09

    いい香り! マグナムボトルで。

    レ・コステ ビアンコ
  • 4.5

    2018/11/24

    やっと開けられました〜 昨日ですけど。 レ・コステ ビアンコ 2016 プロカーニコ・マルヴァジーア ヴェルメンティーノ 少し濁りの入ったアメ色✨ オレンジワインでした? ボトルの底に黒い影だったり、 細かな何かがフワフワと浮遊しているように見えます。 抜栓直後は豆っぽい感じから始まり、 辛味大根・アプリコット・ジンジャー・柑橘系や ミネラルもしっかりのアロマ! 前回いただきました、 ビアンケットのような漬物臭は殆ど感じられず。 味わいは、 キュンキュンするような切なくなるような酸と、 癖になりそうなグリップを持つタンニンと 凝縮した旨味♪ からのぉぉぉ〜 ジェーソンさんの仰る、 オレンジピールな苦味がしっかりと感じられます! うんうんうん(*›◡︎‹*) グレフルぢゃないんです! オレンジピールなんです! これは素晴らしいです奥さん❤︎ 2日目の本日も変わらずのオレンジピール♡ チキンと野菜のクリーム煮にも ピッタリでーす⭐︎ 初日は先日ピノピノさんにいただいた マロングラッセと一緒にいただきましたがお互いの 甘さが引かれて良かったです♪ (ピノピノさ〜ん、ごちそうサマでした✨) ところで、 昨日から始まったブラックフライデー! ワイン10%引きでした。 (試飲はせずにひたすら声出し。) その横でウイスキーのマネキンさんが、 やたら良く売ると思ったら、 まぁーっ、イケメン(・・;) 見られてるこっちが恥ずかしくなるくらいです(笑) 奥様方の目が♡だしぃ〜(´>∀︎<`*)ウレルワケダワ! 聞けば農学部の学生さんで、 醸造学も学んでいるとのことでした。 「ドイツは飲酒年齢低いので、 ドイツにいる時は16歳で飲んでました。 酔っ払って犬の掘った穴によくハマっていました。」 なーんてオバさんに教えてくれます。 水耕栽培の研究をしているらしく、 将来は社団法人を立ち上げるとかなんとか..... 「んまぁー!偉いのねぇ!!!!」 最後は 「ボク、インスタならやってますよ♪」 繋がっとけー! 姪っ子の将来のお婿さん候補見ぃーっけぇ(爆) 勝手なオババカ丸出し(๑°艸°๑)

    レ・コステ ビアンコ
  • 4.0

    2018/11/11

    (2016)

    大分濃いめのオレンジ色。 開けたては小豆臭、酸味強めのオレンジピールの香り。 浸透してくるオレンジの旨味。オレンジの旨味ってなんやねんと言われそうですが(笑) 3時間経過やっぱりオレンジピール、でもオレンジの果肉感のある果実の香りが強くでてきました。薄いコアントローの香りみたいな感じ。 程よく熟したオレンジの酸味。濃縮された果実のお出汁(そんなの無いけど)が強く出ていて濃い!!厚みを感じさせてくれます。こ、、これは、、アミノ酸の固まりや!!! ふと、あれこれって本当にワインなの?という疑念が本気で生じます(笑)オレンジとばかり書いてますしね… 酸味の中の柔らかいあんずの甘みが心地よいです。 初めはビアンケットと変わらないかなと思ってましたが三時間で超えてきました。旨味の濃縮感と強めの酸味、それをカバーする甘みがとても心地よいです。アルコール感は感じません。無限に飲めます。 ハーブやジンジャー感はビアンケットの方が強かったかな? 迂闊に最後まで勢いよく注いでしまったら最後の写真の感じに(笑) レ・コスト、好きだー!ヒロさーん!!

    レ・コステ ビアンコ(2016)
  • 4.0

    2018/06/02

    せつない海辺

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.5

    2018/05/10

    (2015)

    価格:500円(グラス / ショップ)

    いわゆるオレンジワインで、心がウキウキするような風味。後味の刺激が「回復系」と呼ぶのに相応しい。キュッとするようなタンニンを感じる。奥の方にちらりとニスのようなニュアンスがある。エネルギッシュで元気をもらえる。辛口のジンジャーエールを飲んだときのような喉奥の刺激がある。

    レ・コステ ビアンコ(2015)
  • 3.5

    2018/03/20

    (2016)

    レ・コステ・ビアンコ2016、最新のヴィンテージかな、ラツィオのヴァンナチュールといえばこれは外せない。プロカニコとマルヴァージァのセパージュ。 以前に飲んだ2010のバックヴィンテージよりもいい!もっと素直に身体に入ってくる。長熟させないとしても落ち着かせるために少し置くのはいいと思うけれど、このヴィンテージはいま飲みたい感じがする。さすがはレコステ(^^)

    レ・コステ ビアンコ(2016)
  • 5.0

    2018/02/23

    レ・コステ「ビアンコ」2015 ラツィオ。 プロカーニコ、マルヴァージア。 うーん♪ 旨いな〜 大好きだな〜 (///∇///) ヴァンナチュールだー このセパージュは絶対王者だな ・・カツレツ(輸入牛) シーザーサラダ ドンピシャのマリアージュですょん。

    レ・コステ ビアンコ
  • 4.0

    2018/02/12

    美味い!癒されるな~

    レ・コステ ビアンコ
  • 4.0

    2018/02/07

    泣くほど旨いぜレコステさん

    レ・コステ ビアンコ
  • 5.0

    2018/02/01

    褐色を帯びたイエロー 粘性はやや強い アプリコット、リンゴジャム、花の蜜、 経験不足でこれ以上表現できません。とてもいろいろな要素が混ざり、美味しい。

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.0

    2018/01/14

    試飲会4本目はレコステビアンコ。おー、濃い。渋味の奥に豆感が。厚みのある白。

    レ・コステ ビアンコ
  • 3.5

    2017/12/21

    (2010)

    ラツィオのヴァンナチュール、レ・コステ・ビアンコ2010です。バックヴィンテージに出会えて幸せです。開けてすぐは微かに発泡。ナチュールのこういうのがいいんですよね。で、数日後の最期の一杯。 ノンフィルターは当然ですが、色が問題なんです。まるで泥水(笑)こんな色のワインは今まで飲んだことはありません(笑)最初はきれいなイエローだったのが、ベージュに…^^; ブロカニコとマルヴァジーアで、結構酸っぱめです。やっぱりイタリアは品種が多くて大変ですね。今回はビニカにモンブランのアイコンが見つからず、改めてボタンの少なさを感じました(笑)

    レ・コステ ビアンコ(2010)