Ch. Lanessan
シャトー・ラネッサン

3.08

1124件

Ch. Lanessan(シャトー・ラネッサン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • カシス
  • プルーン
  • 木樽
  • ブルーベリー
  • ブラックチェリー
  • レーズン
  • ドライフラワー

基本情報

ワイン名Ch. Lanessan
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイルRed Wine

口コミ1124

  • 3.5

    2024/05/18

    (1999)

    備忘録 とあるBARにて château lanessan1999 マスターの技術がエグすぎる 自分が注ぐと硬く閉じてそっぽを向いてしまうがマスターが注ぐと何故か花開き果実味すら感じさせる タンニンの重さも歴然 高度に発達した技術は魔法と区別がつかない 普段飲んでるワインももっともっと輝きを引き出せる それを初めて実感した瞬間

    シャトー・ラネッサン(1999)
  • 3.0

    2024/04/22

    (2020)

    フランスはボルドー地方オー・メドック地区、シャトー・ラネッサン2020をグラスで。カベルネ・ソーヴィニヨン54%、メルロー36%、プティ・ヴェルド10%。 色味はガーネット、香りはブラックベリーのバランスにカシスのニュアンス、シダー、ロースト感ある樽香。 飲み口は重めの口当たり、ふくよかな果実味にバランスよいさわやかな酸味、タンニンは厚みあり。

    シャトー・ラネッサン(2020)
  • 3.0

    2024/04/02

    (2011)

    価格:2,728円(ボトル / ショップ)

    ベリー系の華やかな香りに期待を抱くもの、一口飲んでみると、なんだか無、そして淡い酸味。味覚の狂いを疑うほど無風。ブショネではないと思うのだが、飲み頃を過ぎてしまったのか?開けたばかりでまだ寝ているのか?もしすると濃厚ローヌ系が続いていたので価値観が偏っている?などと逡巡し、とりあえず1日寝かせる。2日目、ほぼ変わらず。きつい。3日目、半ば諦めつつ飲んでみると、少し甘味や細かなタンニン、ミネラル感が出てきた!けっこうかかるのね!しかし、開き始めたとはいえ、地味で控えめな味わいであることは変わらず。上品さ、バランスの良さは素敵なので、そういう方向性のワインなのかもしれない。でも飲み続けていると、この繊細な立ち振る舞いがクセになってきた。やっぱりワインは1本飲み切らないと分からないものだ。むずかった。

    シャトー・ラネッサン(2011)
  • 4.0

    2024/03/26

    (2013)

    1日遅れのバースデー赤は愛しのラネッサン! 色はガーネット。 香りはカシス、バニラ、プラム、ブラックベリー、チェリー。 味は例年から見ると軽めでかなりドライで落ち着いた印象の丸いタンニンと果実味、柔らかい酸味が引き締めてくれて優しいボルドー。 喉から体に染み渡る〜 パワフル感は控えめな新しい一面のラネッサン! 投稿してから気付きましたが、20歳のビンテージなんですな。 1日明けてものすごく良くなったような。。。

    シャトー・ラネッサン(2013)
  • 3.5

    2024/03/14

    (2018)

    梅田の人気カジュアルフレンチにて。チーズのサブレとグリーンマスタードソースの冷製ローストビーフにフランスのボルドーを合わせる。非常によく合う。こちらの店は、低価格ながらしっかりフレンチしているメニューだ。ワインとのマリアージュを考えている。もちろん低価格のため、肉質等に不満はあるが、カジュアル利用なら十分。ただこのワインは、メニューに合わせるのにオススメとあったロッシーニには合わない。ソースがお互いスパイシーなので喧嘩する。サブレには、抜群に合う。このサブレを買って帰りたいくらいだ。

    シャトー・ラネッサン(2018)
  • 2.5

    2024/03/05

    (2005)

    アプリを始める前に飲んだワイン。日付けは飲んだ日、または写真を撮った日。

    シャトー・ラネッサン(2005)
  • 3.5

    2024/03/02

    (2017)

    価格:2,250円(ボトル / ショップ)

    ★3.6 バタバタしてて、更新できませんでしたので、一か月くらい前のものを遡ってポスト。 ネットで、間違って2本買ってしまいました。。 少し前に飲んだ時と同じ印象で、安定しておいしいです。

    シャトー・ラネッサン(2017)
  • 3.0

    2024/02/24

    (2011)

    リピートワイン! 久々のラネッサン!

    シャトー・ラネッサン(2011)
  • 3.0

    2024/02/17

    ラネッサン2016年 コスパ高いです。 エチケットがなあ。

    シャトー・ラネッサン
  • 3.5

    2024/01/26

    南港病院打上げ カメキチ・ビストロ 050-5890-0465 大阪府大阪市中央区鎗屋町1-3-13 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27004963/ パンも美味しかった Bondir c・ke 070-3963-2381 大阪府大阪市北区松ケ枝町8-3 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27127172/

    シャトー・ラネッサン
  • 2.5

    2024/01/20

    (2013)

    2-2-3-3.5:10.5 二次会はホテル部屋飲み お勧めのファミマの焼き鳥を肴に♫ インクや黒果実の芳ばしい香り スヤッとした飲み心地にグラスが進む 気持ちも昂り1人ではしゃぎ過ぎた夜会

    シャトー・ラネッサン(2013)
  • 3.5

    2024/01/03

    (2014)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    新年1本目ということで大好きラネッサン! 色はガーネット。 香りは結構ボリュームあってチェリー、ブラックベリー、カシス、樽、チョコに奥に胡椒、プルーン。 味はややドライ、程よい果実味、いつもよりは酸味はしっかりめ、タンニンはしっかりだけどなめらかでバランス良く美味しい〜 14年、他の年と比べるとちょっと物足りない感があるようなないような。 ただ、コスパは素晴らしいし美味しいのは間違い無いです!

    シャトー・ラネッサン(2014)
  • 3.0

    2023/12/25

    抜栓直後のグラスにはカスタードやクリームがふわりと。 エキス感の有るタンニンとフルーツ的な酸味は二つが結びつき一つの味わいとなる。 少々のコーティング感、タンニンの旨味の後味。3.1 花、樽、クリーム、チェリー、干し葡萄、ブルーベリーやベリー系、酸味の強い柑橘、蜜など。 [本日の料理] 芳々亭さんの味噌もつ鍋は今回ミックスホルモン、チーズなど。

    シャトー・ラネッサン
  • 3.5

    2023/09/12

    (2009)

    松江市のワインバーにて。こちらのお店はイタリアやフランスのちょっと時を経たものが多いとのこと。 こちらは2009年のもの。2003年のワイン(こっちは名前分からず)と飲み比べ。フルーティな感じとブランデーのような熟成香。キャラメルっぽさも。2003なんの方はキノコっぽい感じもあり、色も茶色っぽい。いつも若いワインばかりなので、気持ちは新鮮になりました。

    シャトー・ラネッサン(2009)
  • 3.5

    2023/08/06

    (2017)

    価格:2,250円(ボトル / ショップ)

    ★3.7 黒ベリー、プルーン 樽、腐葉土 カカオ 重めのアタック ボルドーらしいドライな味わいですが、酸味が少しある分果実味を感じました。 後味にはカカオっぽさがあります。 安定感のあるおいしさです。 間違って2本買ってたので、もう一本はしばらく寝かしときます(´ཀ` )

    シャトー・ラネッサン(2017)
  • 4.0

    2023/07/30

    東急町田

    シャトー・ラネッサン
  • 4.0

    2023/07/04

    (2015)

    ワイン好きな人をお招きしたのでご挨拶ワイン〜 半月くらい前なので備忘録として。 安心と信頼のラネッサンの美味しさでいつも感謝ですね。

    シャトー・ラネッサン(2015)
  • 3.0

    2023/06/25

    (2012)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    ナスキロ焼きにあう〜

    シャトー・ラネッサン(2012)
  • 4.0

    2023/05/19

    (2016)

    新めのラネッサン〜( 'ω') 色は濃くて暗いルビー。 香りはブラックベリー、カシス、樽、プラム、かすかにブルーベリー。 味は程よい重さと果実味に優しい酸味となめらかめでボリュームのあるタンニンでバランス良いおいしさ〜 良いボルドー( ˘ω˘ )

    シャトー・ラネッサン(2016)
  • 3.0

    2023/04/19

    (1999)

    すっかり間隔を空けてしまいました。 前回の続きです。 赤ワインはボルドー サンジュリアンに近いプチ・シャトー ラネッサン1999です。 レンガ色がかった外観で古酒とわかります。強く濃い色というよりは薄い印象。(ココ、ブラインドを外しポイント) 黒系果実も香りますが、熟成香がプンプン。干し肉、スパイス、スーボワ、うーん!アーシー!ドライトマトのニュアンス(ココもブラインド外しポイント)も。味わいは酸もあり、タンニンもありますが、そこまでのインパクトはありません。 中程度の外観とドライトマトの香り。私の外し方にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、サンジョベーゼに舵を切りました(*゚∀゚*) 稚拙な分析は見事に砕かれました。かわいそうな私をナイスで優しいフォローをしてくれるイケメン店主さま♡ ブラインドなんて嫌いです!さぁ!食べましょう!! リクエストした生ハムやチーズ、メインは鹿のパイ包み、デザートはブリオッシュまるごとサバラン!もうコレは追いシャンしかありません✨ 美味しかったー♡ すぐにリピートしたくなる大好きなお店で、美味しく楽しい時間を過ごしました(^^)

    シャトー・ラネッサン(1999)
  • 3.5

    2023/03/05

    (2017)

    口当たりのいい酸味 まろやかなタンニン ブラックベリーとかのジャム 美味しい

    シャトー・ラネッサン(2017)
  • 3.5

    2023/02/24

    酸っぱいチェリー、木質、ピーチの様な柔らかさ、黒胡椒を優しく、ユリの花粉や柔らかい花。 全体的にサラリとした質感、口内を薄くコーティングし程良い刺激感のタンニンに馴染んだ程良い丸みの有る酸味に少々蜜感が有る甘味が二つの間を繋ぐ。3.4 [本日の料理] 久しぶりのおにきゅ٩( 'ω' )و 他にはチーズなど。

    シャトー・ラネッサン
  • 3.0

    2023/02/14

    (2015)

    7月か8月にオープンして 12月に閉店してしまったフレスコ… 長野の中小規模ワイナリーの 品揃えが良かったので けっこう頻繁に行ってたのに 残念… (。ŏ﹏ŏ) ワインに関しては #概要欄にて

    シャトー・ラネッサン(2015)
  • 3.0

    2023/02/09

    (2013)

    今回は「たまやま、たまボル」 たまにはやまやでボルドー(笑)  2013シャトー・ラネッサン  コルクはDIAMでしたが、数字記載なし。 セパージュとしては透明感があり、赤みも窺えて熟成している印象。 香りは繊細というか控えめに黒系果実、シダー、樽等。 味わいはミディアムボディで極めてドライ。 経年で収斂性は感じませんが、元々豊富ではなさそうな果実味も削ぎ落とされて享楽的なところが少なくストイックな印象。 グラスの残り香には微かに紹興酒のようなニュアンスがあり、お手頃ながら積極的にリピートしたいワインではない感じです。 とは言いつつ、平日に飲んでしまったのでグラス2杯程に押さえて3~4日かけて飲みたいと思います。 【2/9 2日目】 少し甘さが出てきて初日よりも良い感じでした。 グラス2杯程もう1日置いてみます。 【2/10 3日目】 最後のグラス2杯。 3日目にして少し酸味が出てきました。 酸性人には悪くないですね。 それ以外はあまり変わらず、澱もありますが気になる程ではなく、最後まで飲み干せました。 ドライで素っ気ない印象ですが、スカスカというのとも違いますし、それがこのワインの個性なのでしょう。 【ショップ情報】 オー・メドックのキュサック-フォール-メドックという小さい町に広がる22ヘクタールの自社畑は、1793年から200年以上ずっと変わらずデルボ-ブテイエ家が所有しています。ワインはクリュ・ブルジョワ級に格付けされています。 シャトー・ラネッサンは色々な意味で衝撃的で、通常、男性社会と思われているワイン業界の中では珍しく、2009年からPaz Espejo女史がディレクターとして牽引しています。現在、ラネッサンはモダンで最新鋭の設備を整えつつも、シャトーに踏み入れた瞬間、伝統が染み渡っていて、また新たな未来へと踏み出していることを確信できます。今日、シャトー・ラトゥールを含め、オー・メドックの多くのシャトーが多国籍企業や保険会社の所有となっているなか、このくらいの規模でずっと変わらずに一家が所有するというのは稀有なものとなってきました。 これはワインの品質にも如実に表れ、ラネッサンのワインはチームや一家の情熱や活力の証となっています。 「ラネッサンの本当にラッキーなことに群を抜きんでたテロワールを持っているのです」とシャトー・ラネッサンのディレクター、Paz Espejo女史がいう通り、畑はサン・ジュリアン格付第二級シャトー・グリュオ・ラローズと目と鼻の先にあるほど、メドック格付シャトーに囲まれた場所にあり、その品質もクリュ・ブルジョワの中では秀逸です。 品種(栽培比率) カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー35%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン1% 【その他】 先日の朝焼け。 またサンピラー(太陽柱)っぽくなりましたが、この前のような見事なサンピラーにはなりませんでした。 先週の日曜に購入したスイーツ。

    シャトー・ラネッサン(2013)
  • 4.0

    2023/02/02

    自宅飲み、 ザ、ボルドーという感じのワインでした。

    シャトー・ラネッサン
  • 3.0

    2023/01/25

    (2015)

    価格:2,728円(ボトル / ショップ)

    カシス、プラム、シダー、樽 王道ボルドーの味わい 繊細さはないが、わかりやすいボルドーを飲みたいときには価格も手頃でオススメできる

    シャトー・ラネッサン(2015)
  • 3.5

    2023/01/09

    シャトー・ラネッサン 2008年

    シャトー・ラネッサン
  • 3.0

    2023/01/03

    栓はDIAM 香りはベリー系メイン しっかりした香り 味は甘味はあまりなく、酸味が程よくしっかりしている バニラの風味も少しある しっかりした味わいだが重くはなく、バランスがいい

    シャトー・ラネッサン
  • 4.0

    2022/12/24

    (2009)

    3本目! 大好きラネッサン! しかもワインにハマるきっかけになった2009でビンテージも合わせてみました。 5年ぶりかな? 色はガーネット。 香りは黒系果実、樽、干し葡萄、少し青さも。 味はドライで程よい果実味、タンニン、酸味で美味しい。。。 やっぱりボルドーが好きというか安心。。。 味わい、コスパどれをとってもバランスいい!とりあえず手持ちにしたくなる安心の1本。

    シャトー・ラネッサン(2009)
  • 2.0

    2022/11/15

    (2007)

    古い花の香り。テイスティングしてもらった方が良かったのかな。 味わいはいろいろバランスが取れているのだとは思う。

    シャトー・ラネッサン(2007)