Ch. Rieussec
シャトー・リューセック

3.56

296件

Ch. Rieussec(シャトー・リューセック)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 蜂蜜
  • コンポート
  • アンズ
  • 黄桃
  • 干しアンズ
  • 黄色い花
  • 白い花
  • パイナップル

基本情報

ワイン名Ch. Rieussec
生産地France > Bordeaux > Sauternes
生産者
品種Sémillon (セミヨン), Muscadelle (ミュスカデル), Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン)
スタイルWhite Wine

口コミ296

  • 3.0

    2021/04/07

    (2007)

    ☆3.2

    シャトー・リューセック(2007)
  • 4.0

    2021/03/20

    (2001)

    近年飲んだ貴腐ワインの中ではこれがいちばんいいね。凝縮感、余韻の長さ、存在感がスゴイ

    シャトー・リューセック(2001)
  • 4.0

    2021/03/16

    (1990)

    飲めて感動。こんなに余韻がながいのか。。

    シャトー・リューセック(1990)
  • 3.0

    2021/03/10

    (2005)

    物価の優等生ともいえる貴腐ワイン、ボルドー、ブルゴーニュ共総じて値上がりが激しい中、20年前からほとんど変わっていないのは気のせいか? 特にリューセックはリーズナブルで気に入ってます。

    シャトー・リューセック(2005)
  • 3.5

    2021/01/09

    (1997)

    良い塩梅の熟成。

    シャトー・リューセック(1997)
  • 4.0

    2020/12/10

    ブランデーやレーズンやアンズの香り、リンゴっぽさもある。 初日は砂糖水を飲んでるようだったが翌日化けた。 蜜のような甘さに塩味、それに苦味を感じる。重々しいしっかりとした印象。若干のスパイシーさもあり妖艶。 特に塩っぽいのが印象的、体調のせいだろうか。 少し高めの温度の方が美味しい。 蔦が生い茂った大きな古い屋敷が浮かぶ。

    シャトー・リューセック
  • 3.5

    2020/11/29

    (2000)

    この日の会のラスト、リューセックの2000年ハーフです。ソーテルヌとしては弱いヴィンテージのためか色合いは熟成が進んでましたが、南国系果実のニュアンス余韻が残る味わいはデザートのクリームとマッチしていました。

    シャトー・リューセック(2000)
  • 5.0

    2020/11/01

    (1990)

    グラスに移すと写真より、明るい色だが、比較的暗めの黄金。杏、スイカズラ、少量のスパイス。まだ熟成出来るが、今でもしっかりとした熟成を感じ、メキメキと香り立ち、複雑な余韻を残していく。焼き菓子によく合う。

    シャトー・リューセック(1990)
  • 3.5

    2020/10/28

    (1996)

    貴腐ワイン舐めててすみませんの一杯。 飲みすぎて具合が悪くなる事に…。

    シャトー・リューセック(1996)
  • 4.0

    2020/10/25

    (2015)

    ソーテルヌ シャトーリューセック2015 セミヨン、SB、ミュスカデ 秋の夜長に読書しながらチーズとともに 杏子、コンポートに蜂蜜の甘い香り 甘口なのでゆっくりゆっくり飲むつもりが甘ったるすぎずに口にまとわりつく感じもなく美味しく思わずグビグビ飲んでしまった。 こりゃあ美味しい!

    シャトー・リューセック(2015)
  • 3.5

    2020/10/09

    シャトー リューセック ソーテルヌ 2010年 秋の夜長に。

    シャトー・リューセック
  • 5.0

    2020/09/23

    めちゃおいしい!!! ずっと飲めるワイン

    シャトー・リューセック
  • 4.0

    2020/08/31

    (1999)

    ☆4.2

    シャトー・リューセック(1999)
  • 3.5

    2020/07/20

    美味しいです(*´∇`*)♡

    シャトー・リューセック
  • 2.5

    2020/06/29

    (1984)

    軽くブショネ。 熟成の仕方もあまりよろしくなく、ダメージあり。 けど、元の素晴らしさは感じられる。

    シャトー・リューセック(1984)
  • 4.5

    2020/06/19

    甘い 貴腐ワイン ブルーチーズのアイスと合わせたら最高においしい

    シャトー・リューセック
  • 4.0

    2020/06/13

    熟成して色は、とても濃く鮮やかな琥珀色、べっ甲色。 とても滑らかで、凝縮されたアプリコット。

    シャトー・リューセック
  • 4.0

    2020/04/30

    (2004)

    まとまりがあり、端正な印象を受ける

    シャトー・リューセック(2004)
  • 3.0

    2020/02/16

    (1997)

    ソーテルヌ シャトーリューセック 1997。 色味は大分濃く熟成したソーテルヌらしい色。 粘性もトロトロ。香りはソーテルヌらしいセメダインの中に蜂蜜的な甘さ。 味わいは思ったよりも若い。甘みと苦味が同居していてまだまだ先がありそうな若さ。葡萄のフレッシュさを97で感じるなんて貴腐ワインは深い。

    シャトー・リューセック(1997)
  • 4.0

    2020/01/10

    (2010)

    初めてのソーテルヌワイン。残ったのでお土産に持たせてもらいました。甘くてデザートのようで、ワインの見方がコペルニクス的転回を迎えました。思えばこの頃からワインを好きになったように思います。

    シャトー・リューセック(2010)
  • 3.5

    2019/12/24

    開けて2か月で空きました

    シャトー・リューセック
  • 4.5

    2019/12/09

    (2006)

    初めてのソーテルヌですが、イケムに次ぐ評価らしいリューセックを・・・うーん、貴族的な味わいとでも言うべきなのかこれは素晴らしい❗ フルボトルの極甘口ワインなので2週間くらいかけて飲みきりましたが、最後まで良かった。 そして貴腐ワインは同じくリューセックの1989年(30年物!)を・・・さらにはあのイケムの95年もストックしてあるのでいつ飲むか楽しみです❗

    シャトー・リューセック(2006)
  • 5.0

    2019/12/08

    (2003)

    たまげた〜❣️

    シャトー・リューセック(2003)
  • 3.5

    2019/07/20

    (2005)

    Chateau Rieussec 2005 2杯目はフォアグラ・カナールに合わせて甘口のワイン。 焦がしたキャラメルの風味が強いです。 酸も綺麗ですが、イケムの様なサラッとした風味ではなく、力強い感じです。 バルザックではなく、ソーテルヌですが、イケムやスデュイローではない!と答えましたが、それ以上は、、、分かりまへんがな、、、 答えはChateau Rieussec。 あぁ〜、、、何ヶ月か前に飲んでいるし、、、 確かに答えを見ればイメージと合います。。。 これはビシッと当てたかったあ、、、

    シャトー・リューセック(2005)
  • 3.5

    2019/07/19

    家飲み、3か月で開けた。

    シャトー・リューセック
  • 3.0

    2019/06/10

    (2007)

    蜂蜜。

    シャトー・リューセック(2007)
  • 3.5

    2019/06/08

    (2005)

    西麻布Agentにて、シュラスコ食べ放題の帰りだったので帰り際に1杯 最後のひと絞りだったのですごく美味しかった! 2005年

    シャトー・リューセック(2005)
  • 3.5

    2019/06/02

    (1982)

    熟成を経て悪い年でも悪くない。 甘さには素直に騙されてしまう。

    シャトー・リューセック(1982)
  • 3.5

    2019/05/15

    (2009)

    フランス ソーテルヌ セミヨン92%、ソーヴィニョン・ブラン6%、ミュスカデル2% 2009年 ※ハーフボトル 柑橘果実の砂糖付けやマロングラッセの様な甘露な香り。 マーマレードのジャムにハーブやセメダインの様な香りも。 口に含むと粘性が高く、杏やカリンのジャムやメロンのようなギュッと密度の高い甘やかさ。 それに蜂蜜が乗ってる感じ。 酸は…低め。 まさにパンに塗るジャムの様な雰囲気。 余韻まで一貫してこの隙の無い甘露さが続く一方で、メントール系?の爽やかさも並走してる感じ。 これはアルコールっぽさから? 人生初の(たぶん)ソーテルヌ!! まるでシロップ!なこのニュアンスは初体験でした。 おぉぉ…と思える素晴らしい経験になりました(^ ^) 一方で、セメダインの様なアルコール香がちょっと気になったので、これってまだまだ早すぎたって事!? 奥が深いですね~♪

    シャトー・リューセック(2009)
  • 4.0

    2019/05/04

    (2001)

    Chateau Rieussec 2001 更に6本目の白サンセール、これは当てた! 7本目の赤、なんだか忘れたぁ!、がありましたが、写真時忘れぇ! で、8本目がコレ。 焦がしたキャラメルの味わい。 ラタフィア?って答えたら、、、 なかなか良いお味でしたぁ。。。

    シャトー・リューセック(2001)