Sassicaia
サッシカイア

3.64

902件

Sassicaia(サッシカイア)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • カシス
  • 木樽
  • プルーン
  • ブルーベリー
  • スミレ
  • ブラックチェリー
  • レーズン

基本情報

ワイン名Sassicaia
生産地Italy > Toscana
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイルRed Wine

口コミ902

  • 4.5

    2022/01/14

    江川さん来福〜♬ 2本目は、江川さんがいらっしゃるからと後輩くんよりお持ち込みして下さりました✨サッシカイア2016 シャンパーニュを飲みながら抜栓しておりました。 ブラックベリーにカシス、タンニンも柔らかくシルキー✨さすがスーパータスカン!エレガントです♡ ご家族の大切なヴィンテージをありがとうございました(^^) 2軒目は大好きなバーをご紹介✨からの3軒目で本当の〆は赤ワインでした(笑)美味しく楽しい時間ありがとうございました♡また集いましょう^ ^

    サッシカイア
  • 4.5

    2022/01/12

    (2016)

    福岡Love ♪支部長&後輩と楽しむ会 いやぁなんと言っても博多はよかと︎⤴︎ ⤴︎ そして本日の本命ワイン サッシカイア 2016 WA100点のフランボワーズにカシスの素晴らしい アロマ柔らかく品の良い甘みのある味わいに ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・ ホントにいい後輩を持って幸せ✨✨ 〆シャンでボランジェを1本開けましたが、ボトル撮り忘れ (*^^*ゞ

    サッシカイア(2016)
  • 4.0

    2022/01/11

    (2016)

    お師匠来福。 ワイン仲間と食事行くので来ないかお誘いを頂き、ご相伴に預かる。 なんとお店はミシュランで星一つ獲得してる「田無羅」。 ※人生初ミシュラン… 一本持込させて頂けるとのことで師匠と相談。 サッシカイアがいいってことで。P.P100を獲得の2016年物。 いやはや。 韓国料理恐るべし。 量じゃなくて質なんだと痛感。一品一品、噛めば噛むほど美味い。そしてワインにばっちり合う。 2016ってまだ早いのかなって勝手に思ってたけど全然。 後半、更に咲いたけれどその頃にはほぼ空。美味しいとこうなっちゃうもんだ笑 二軒目でも美味しいシャンパンカクテル飲んだり、恐ろしいワインをテイスティングさせて頂いたり。三軒目でも三人でもう一本開けちゃったり、かなり飲んだけれど、最高に楽しかった。 師匠に感謝。 福岡の支部長(?)にも感謝。 く〜!娘に残してるもう一本が楽しみだ!!

    サッシカイア(2016)
  • 4.0

    2022/01/05

    (1993)

    テヌータ・サン・グイード、サッシカイア、1993vt.です。 相変わらず美味しいですねぇ。 夏に2014年をいただきましたが、それより21年古いボトル。 いただいて思ったことは、サッシカイアは若くても美味しいワインだと思いました。 複雑な要素の一体感は、2014でも備わっていましたが、1993年になると一体感に円熟感が重なり、酸味が薄れてきている感じ。シルキーなタンニンも更にシルキーに。 主張すれども矩を超えず。古酒らしい感覚が備わる。 しょっちゅうのように頂くものではありませんが、たまに頂くと、やはり幸せになります。

    サッシカイア(1993)
  • 3.5

    2022/01/04

    まだバニラ香が気になる若々しい味わい。 抜栓後ちょっと置いておけばよかったのかもしれないが、正月の実家で開けたら一瞬で無くなった…

    サッシカイア
  • 3.5

    2021/12/07

    (2017)

    やっぱり美味しい

    サッシカイア(2017)
  • 3.5

    2021/11/14

    (2018)

    サッシカイアビンテージ違い飲み比べ@エノテカ 16年、17年に比べて一番若いビンテージだからか、一番酸味がきつくパワフルな印象。時間が経つと少し酸味は落ち着くものの、果実味や渋みにはフレッシュさが残る。 一連して思うのは、あれ、そういえばカベルネソーヴィニヨン飲んでたんだなあと...カベルネソーヴィニヨンの印象が全然違う。イタリアのスーパータスカン、普段飲むことできない上に、飲み比べまでできてとても貴重な体験でした。

    サッシカイア(2018)
  • 3.5

    2021/11/14

    (2017)

    サッシカイアビンテージ違い飲み比べ@エノテカ こちらは16年、18年に比べて一番香りが弱いと感じた。飲んだ感じは他と同じで若々しいフレッシュな酸味。ただ少し他よりも果実味や渋味が抜けているような気がした。 ただ時間が経っても変化が少なかったのこのビンテージ。

    サッシカイア(2017)
  • 4.0

    2021/11/14

    (2016)

    サッシカイアビンテージ違い飲み比べ@エノテカ 17年、18年に比べて一番バランスがとれていて旨いと感じた。サーブ直後は他と遜色ないほどの香りと若々しい酸味。どっしりとしたタンニンはなくともほどよい渋み。そしてスムースで飲みやすさもある。スワリングしながら少し経つと印象が変わる。ただ酸化してへたったわけでなく、熟成が進んだような風味。

    サッシカイア(2016)
  • 4.0

    2021/11/08

    (2014)

    サッシカイア 2014年 ラベンダー、苺、フランボワーズ、ミント、スパイス、レザーなどの複雑な味が絡み合う。 シルキーで滑らかなタンニン、続く余韻♡ 時間が経つほどに柔らかくエレガントに✨ ステーキ食べに行ったらまさかの満席、気を取りなおしてイタリアレストランへ♪ リストみるもイタリアワインが未知の世界、唯一知ってて飲んでみたかったこちらのボトルは運命かも! ポルチーニのパスタや鹿のローストと一緒に(^^)

    サッシカイア(2014)
  • 4.0

    2021/10/31

    (2002)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(グラス / ショップ)

    オレンジがかったガーネット。香りはドライいちじくやドライフラワー、タバコのニュアンスもあり。味わいは柔らかくタンニンも滑らか。 2002年と難しい年で尚且つハーフボトルなのでピークは越えていると思いましたが、まだ大丈夫でした。

    サッシカイア(2002)
  • 4.5

    2021/10/30

    (2002)

    ボルゲリサッシカイア。ワインショップで2日前に抜栓されたものを試飲。圧倒するようなドライフルーツ、ドライフラワーのような香り、こなれたタンニンと落ち着いた果実味、美味しかったです。

    サッシカイア(2002)
  • 4.0

    2021/10/23

    (2018)

    特別に背伸びして購入。抜栓直後は酸味が強かったのですが、1時間後位に開いてきました。バランスがいいです。おいしいです。

    サッシカイア(2018)
  • 4.0

    2021/10/10

    SASSICAIA 2014 Bolgheri Sassicaia ワイン会 in クアラルンプール Sion wine & dinning bar 長かった行動制限令も緩和され街にも少しずつ活気が戻って来ました。そんな中、マレーのワインLoverが集まっての久々のワイン会が開催されました。有難い事に私の送別会も兼ねているとの事でございました。 2本目は私が持ち込みの一本、スーパトスカンのサッシカイア。Vintageは今一つらしくお手頃価格で入手した一本ですが、ボルドーStyle というよりむしろエレガント。酸味もシャープですが、何処か柔らかさも感じます。料理はマレーシアNo.1(!!)のイタリアンレストラン「Sion」。料理に合わせお薦めのワインをサーブしてくれるのがこの店のスタイルですが、今日は全部持ち込みでしたwww(いつも、スイマセン)

    サッシカイア
  • 4.0

    2021/10/03

    (2014)

    3本目は、外飲み久しぶりに調子付いてきました。テヌータ・サン・グイード、サッシカイア、2014vt.です。 いわずと知れた、元祖スーパータスカンですが、とうとうお初にいただきます。 オーナーであったマリオ・インチーザ侯爵は、無類のワイン好きで、ボルドーワインを好んで飲んでいたが、WW2の影響でフランスからのワインは滞ってしまった。かくなる上は、ラフィット・ロートシルトから苗木を入手し、自己消費用に葡萄を育て、ワインを造り始めた。これがサッシカイアの始まり。 サッシ=石、カイア=~な場所という言葉通り、石ころだらけの場所で葡萄づくりが始まった。このハウスワインがやがて美味しいと有名になり、1970年代から世界に向けて販売が始まったといわれています。 まだまだ熟成するであろう14年ですが、ソムリエ曰く「こいつはすぐに開きますよ」との言葉に、すでに3人で2本を空けて豪気になっている我がグループは、「いてまえ」とばかりに抜栓を要求。 あぁ、やっぱり素晴らしい。 甘酸っぱい黒系果実に、複雑なブーケが一体になっている。 口腔を満たすさまざまな要素の一体感。大きな球体を感じます。 豊富な果実味は、やや酸味が強めですが、鋭さのかけらも無く、キレイにまとまっている。さらに豊富なタンニンはまさにキメ細やかなビロードのようにまとわりついて、シームレスに長い長い余韻へと。 素晴らしいの一言です。 

    サッシカイア(2014)
  • 3.5

    2021/08/13

    (2011)

    親が来福。 夜ご飯は水炊きだってのにワインが飲みたいって熱望され、組み合わせもへったくれもない。 何が合うかセラーと睨めっこして、ぶっちゃけどれがいいかわかんないから飲みたいのをチョイス。 SASSICAIA 2011 P.P100の2016は楽しみでしかなく、そもそもサッシカイアって美味いの?から買った2011。 飲みやすい〜 蟹が入ったトマトベースのパスタと合わせたい。 水炊きには合わんで豆チーズ取り出して呑んだ。 ご馳走さま。

    サッシカイア(2011)
  • 4.5

    2021/08/06

    (1982)

    デキャンタに入れて2時間ほど掛けて堪能しました。 最初は開いておらず、ぶどうの濃厚なジャムみたいな味わい。舌と唇が、萎むような渋さ。1時間ほど経過し、シャープで武骨な、香りに変わり、最後はスッキリと飲みやすい形に収まりました。まるで、長い年月の中で纏ったかすみが晴れるような味の変化でした。

    サッシカイア(1982)
  • 4.0

    2021/07/09

    (1995)

    エレガントなカベルネソービニオン

    サッシカイア(1995)
  • 4.5

    2021/06/28

    (1990)

    最後のイタリアンは、サッシカイア1990を頂きました。スーパー・タスカンが出始めの頃、1990年はグレート・ヴィンテージで、オルネライアやサンマルコ、ティニャネロにソライアなど随分と頂いておりました。 30年以上の歳月を感じさせないヘルシーな落ち着いたガーネット。 開けたてですが、プルーンやレーズン、アルコールのアロマに黒果実が覆われている感じでしたが、段々と落ち着いた黒果実にアース、ハーブや薬草系の香りが広がり始めます。 少しミートのニュアンス感じる果実味にペッパー等が香り、細かく程よい酸味からタニックな印象の全体感。余韻は素晴らしく長く、一瞬良く熟成したブルネッロを思わせるような風味も感じます。 段々とボルドーの右岸の様なテクスチャーに変化し、バランスが整い、後はもうただただこのワインを楽しむだけの至福の時間でした。 昔サザビーズNYのサッシカイア・テイスティングで、MWセレナ・サトクリフ女史とジャコモ・タキス氏と共にレジェンダリーなサッシカイア1985年や、同じ1990年等をテイスティングした時を思い出させてくれる素晴らしいサッシカイア1990年でございました。

    サッシカイア(1990)
  • 4.0

    2021/06/02

    (2013)

    価格:18,800円(ボトル / ショップ)

    デキャンタージュして1時間半して飲んだが、デキャンタージュする必要が無かったかもしれないくらい抜栓直後から甘く、美味しそうで、早く飲みたくなるような香りがしてた。カシスの果実味、甘み、綺麗に溶け込んだタンニン(まだ8年なのに!?)。敷居の高い複雑味ではなく、誰が飲んでも美味しい親しみやすさの向こうにさらに奥深さも持ってる感じ。

    サッシカイア(2013)
  • 3.5

    2021/04/23

    (2017)

    日本橋三越イタリア展にて

    サッシカイア(2017)
  • 3.5

    2021/04/12

    あまり良くない年みたいですけど全然いける。

    サッシカイア
  • 3.5

    2021/04/12

    (2014)

    お久しぶりのサッシカイア 2014年 昔は硬いイメージでしたが、最近は若くても滑らかで、柔らかく、美味しくいただける印象。 翌日のお味のつもりが、するすると。 熱海でオーシャンビュー都心から30分、近いながらの非日常。

    サッシカイア(2014)
  • 3.5

    2021/03/27

    サッシカイアと、更にセカンド、サードを飲みました。間違いなく美味しい。至福の時間でした。

    サッシカイア
  • 4.0

    2021/02/20

    orageに持ち込み、いい熟成しているが、新鮮な果実味あり、ボルドーより飲みやすく、価格も高騰してない。オーパスワンよりこちらをとります。

    サッシカイア
  • 3.5

    2021/01/30

    (2017)

    いつもの正月エノテカおみくじワイン。15.16をスキップしてるのがセコいw

    サッシカイア(2017)
  • 4.0

    2021/01/29

    (2008)

    「ミシュランの ワインアドヴォケイト 買収はワインと料理の 消費者 双方に 利益をもたらすだろう 」 ー ロバート・パーカー ー 2019年5月 パーカー氏は WA社を退職 評論家を引退 2019年11月 ミシュラン ガイド は ワインアドヴォケイトを 完全 子会社下に~ ミシュランは 今回の買収で 食とワインを一体で 展開することを目指す

    サッシカイア(2008)
  • 4.5

    2020/12/31

    (2009)

    大晦日の今日はmeryLさんの連鎖でサッシカイアの2009を♫ 皆様良いお年をお迎え下さい(*^^*)

    サッシカイア(2009)
  • 4.0

    2020/12/31

    (2015)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    半年前、比較的お手頃価格のお店で売り切れになりそうで緊急購入したサッシカイア2015 。 サッシカイア、やはり他に比べて香りが抜群に素晴らしい。抜栓直後でも、鼻の穴から脳点に突き刺さる位のインパクトが印象的でした。 飲み始めて2時間位経ちましたが、まだまだポテンシャルがあるというのか、タンニンがしっかり。酸味、ボディのバランスが素晴らしいと思います。 でも、今夜の個人的な印象は、同じ2015ならオルネライアの方が衝撃的だったかも。香りの強烈さ、余韻の長さ、後半の味わい深さでオルネライア2015を飲んだ時に比べると物足りない。 今年はトスカーナ、特にボルゲリ実力者の深掘りに挑戦しました。まだまだ未熟、来年もコロナで家飲み中心となりそうなので、Vinicaでさらに知識を身につけたい思います。

    サッシカイア(2015)
  • 4.0

    2020/12/30

    (2009)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    「サッシカイア 2009」 ドラピエの飲み比べの後に飲んだサッシカイア♫ 丁度一年前に飲んだ思い出のワインです♪ 2009とは思えないフレッシュで1年前と同じ美味しさでした❣ 子供が同じ地域の同じ品種を開けて、また飲み比べしたのでヒルトまで飲めませんでしたが楽しめた夜でした♫ ホールのケーキを荷物が多かっので(言い訳)カートから落としてしまい少し崩れてしまいましたがお味に問題なく美味しく食べられました❣ 音楽はベタ過ぎる ラスト・クリスマス♫

    サッシカイア(2009)