Dom. Hudelot Baillet Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Rouge
ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ

3.20

84件

Dom. Hudelot Baillet Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Rouge(ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • スミレ
  • 木樽
  • ブラックベリー
  • バラ
  • ブラックチェリー
  • イチゴ
  • ブルーベリー

基本情報

ワイン名Dom. Hudelot Baillet Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Rouge
生産地France > Bourgogne > Côte de Nuits
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ84

  • 2.5

    2020/08/02

    2018いいなぁ。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ
  • 3.0

    2020/07/25

    (2018)

    価格:3,990円(ボトル / ショップ)

    ユドロ バイエの’18 オート コート ド ニュイ 某ワインショプで「一瞬ルーミエ」とコメントされており、釣られて買ったこちらを。 煮詰めた果実、薔薇やハーブの香り。 黒糖のようなニュアンスなど時間が経つと複雑さが出てきた。 良年を思わせる濃密な果実味。 しっかりした酸にバシッと効いたミネラル。 濃い目だが味の乗りも良くバランス良い。 時間が経った時の香りに「おっ」という雰囲気もあり、結構楽しめたが、過度な期待は禁物かも?

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2018)
  • 3.0

    2020/01/10

    ブルゴーニュ ワイン会

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ
  • 2.5

    2019/12/20

    (2017)

    ラズベリーやプラム、スミレの花の香り。しっかりした酸とミネラル、ドライな印象。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2017)
  • 3.5

    2019/10/20

    (2017)

    勉強会 ① ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ 2017 ② ジャン・シャルル・リオン ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ 2017 ③ イヴォン・エ・シャンタル ・コンタ・グランジュ マランジュ・ルージュ 2017 ④ ドメーヌ・ジャフラン ニュイ・サン・ジョルジュ 2006 ⑤ ラ・クレマ ソノマコースト ピノ・ノワー ル 2016 この日は 全てピノ・ノワール の試飲、オート・コート・ド・ニュイが二本、あと2017年のものが 三本、自分の中で 色々比較しながら 飲み比べてみました。 果実味と酸がしっかりしてた ①が好みで 以前飲んだ事のある ヴァンサン・ルグーにも 似た印象。 ④は 抜栓時、コルク上部に黒いシミ?カビ? 嫌な予感通り 状態不良。 香りが飛んで スカスカな味わい...軽く吹いたのかも(^^;)

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2017)
  • 4.0

    2019/03/13

    (2013)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    春はあけぼの。 …昔、強かった横綱。 ……なんのこっちゃ。 後から南風を連れてくる雨が何度か通り過ぎたこの季節。 花の蕾も膨らみ、ありとあらゆる生命が冬の眠りから目覚めようとしているのを感じます。 春は別れと出会いの季節。 卒業、入学、就職、転勤…。 様々な人生が運命の糸で交錯し、彩られる季節。 そんな季節にbacchanaleは…。 ベルトの穴をひとつ緩めました(T ^ T) さて…。 ユドロ バイエのオート コート ド ニュイ。ヴィンテージは2013年。色は鮮やかなルビー。グラスからは落ち着いた赤い果実の香り。飲んでみると、フランボワーズを中心とする優しいベリーの香り。少し薔薇のニュアンスも。柔らかくもしっかりとした果実感とそこに優しく寄り添う酸。程良く溶け込んだタンニン。ほんの少し、樽がある感じが心地よく、葡萄を邪魔することなく、上手く纏まっている感じです。最初の一杯目から最後まで、楽しめたワインでした。 最後から2枚目の写真は中野駅から高円寺方面に歩いて5分程の所にある、囲桃園跨線橋(かこいももぞのこせんきょう)から中野方面を見たもの。清少納言が見ていたあけぼのとは、だいぶ趣が異なるかもしれません。 近所の公園では沈丁花の香りが漂ってました。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2013)
  • 3.5

    2019/03/02

    (2014)

    ユドロバイエ オート・コート・ド・ニュイ 2014 ^_−☆ 好きな造り手さんの1人(^^) ここのオートコートはリリース直後酸が強くドライ(個人の主観)なため、2年放置して抜栓♪ ラズベリーやプラム、時間経過で少し梅紫蘇系の香り。スミレ、キノコ、腐葉土。ココナッツのニュアンス。 レジオナルクラスでは、オートコートよりACブル派でしたがこれ飲んで見直しちゃいました♡落ち着きはじめていて、甘味と酸のバランスも良く美味♪上品で心地良い果実味(^^)

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2014)
  • 3.5

    2019/02/27

    (2010)

    家飲み ユドロ・バイエ オート・コート・ド・ニュイ 2010 赤系果実のトーンの高い香り。かなり期待して飲みましたが、酸がややピーキーで甘味が不足している感じ。明日以降に期待。 2日目、酸が落ち着いてきて、滋味のある甘味が出てきて美味しくなってきた。 3日目も期待してみよう。落ちてないて良いけれど。 3日目 さすがに、香りは落ち着いてきたけど、味わいは丸味と旨味が出てきて美味しかった。3.5に修正。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2010)
  • 3.5

    2018/09/24

    あと少し!

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ
  • 3.0

    2018/07/19

    (2015)

    いまでも充分美味しくて親しみやすけど、 楽しみはもう少し後でも良いかも。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2015)
  • 2.5

    2018/05/17

    (2010)

    ACブルゴーニュ。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2010)
  • 2.5

    2018/03/25

    (2015)

    香りの広がりはあまり無く食事中にちょうどよい感じ。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2015)
  • 3.5

    2018/03/23

    (2015)

    Domaine Hudelot-Baillet Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Rouge 2015 若いので、なかなか強く感じましたが、メインのお肉はラムチョイスなので、意外とよかったかも。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2015)
  • 3.5

    2018/03/13

    (2015)

    甘い蠱惑的な香り 赤系よりプラムジャムとか 雑味なく、酸も穏やか お値段リーズナブルでびっくりしましたー

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2015)
  • 3.0

    2018/02/14

    (2015)

    2015。ACブルよりドライな印象。フルーティーさよりも、土のニュアンスやミネラリーで堅牢な感じ。 ACブルとは性格が違い少し面食らいました。 3日目はかなりまろやかになり、ようやくベリー系の香りが出てきました。 こちらも少し置いた方が良いかな。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2015)
  • 4.0

    2017/11/11

    (2012)

    非常飲みやすく、フルーティーな香りと味わい

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2012)
  • 3.5

    2017/11/10

    (2014)

    価格:3,500円(ボトル / ショップ)

    ユドロ・バイエ!(^^)/ ブルゴーニュ・オート コート・ド・ニュイ・ルージュ 2014 ユドロ・バイエ シャンボール・ミュジニーの 新エース候補として 人気のユドロ・バイエ 今回は入門編オート・コートです ベリー系は赤×黒のバランス良く バラの香り、ミネラル&土のニュアンス 冷涼さがありながら どこか暖かみも感じられる そこがオート・コートの所以かな 次はシャンボール・ミュジニーを 飲んでみたいですね(*´ω`*)

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2014)
  • 4.0

    2017/10/30

    (2013)

    ユドロバイエ 、オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ2013。 好きなドメーヌです。 穏やかな酸と上品な果実味。 柔らかなタンニンと鰹節の旨味。 苺やチェリー、スミレ、腐葉土のニュアンスもあります。 食事の一時間前に抜詮。 呑み始めからボトルが空くまで、幸せな二時間でした。 休日にゆっくり呑みたい、穏やかで優しいワインですね。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2013)
  • 2.5

    2017/08/25

    (2014)

    ユドロノエラではなくユドロバイエ。 色は正統派ガーネット。しっかりとした濃い色合い。 香りはベリーとウッド、結構ウッドを感じる。 味もベリーの甘さとウッドのタンニン。酸味は意外と少なめ。後味はタンニンの渋みと舌触り。 ちょっと単調なようにも思うが、3000円のブルゴーニュとしてはパワーを感じて悪くない。明日どんな変化になるか楽しみだ。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2014)
  • 3.5

    2017/08/20

    (2015)

    2015 おうち飲みのワインもぼちぼちと。。。 先日いただいたACブルが良かったのでオートコートも。まだ締まってはいますが、こちらの方が大きく凝縮感がある。好みの1本(^O^)/

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2015)
  • 3.5

    2017/08/05

    (2014)

    ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルージュ 2014 ドメーヌ ユドロ バイエ ♡ 土用の丑に食べ損ねた鰻をやっと食べました(๑´ڡ`๑)♡ ホントはお米の上に載せたかったのですが…炭水化物は控えてるので、なぜかカイワレ大根の上に(≧∇≦) 最近飲んでもアップしそこねてたブルピノと合わせました♪これはお花畑香るのキレイ系ブルピノ✿好きなタイプ♡ まとめてアップ♪♡つづき 最後の写真は、頂きもののポートワイン♡ これもセラーに保存するのかな?•́ω•̀)??

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2014)
  • 4.0

    2017/06/13

    (2013)

    濃いめのルビー色。熟した赤ベリーの果実感が一気に広がり、アーモンドやナッツ、土っぽさ。 口の中で果実味がスーッと染み込み、若干スパイシー。好みな酸味☆ 優しく長い余韻にフワフワ(^^)♫ 明日はどう変化してるかな。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2013)
  • 3.0

    2017/05/17

    (2014)

    価格:3,500円(ボトル / ショップ)

    本日の一本。 ユドロ バイエ ブルゴーニュ オート コート ドニュイ 2014。 錦織選手ナイスゲームでしたね! テニスにはブルゴーニュが合います。 ちょい還元的。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2014)
  • 3.5

    2017/05/13

    (2014)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    久しぶりのブルゴーニュです。 はじめからもう香水です。一口目から、蜜が漂う甘やかさと、それに釣り合う酸とタンニンのバランスが心地よくて、これぞピノ。このクラスでこのクオリティならあえて村を持ってこなくても十分楽しめます。中盤から、初期の濃厚な蜜感は薄れて、濃さと渋みが立つ少し角の立つような飲みにくさを感じていたら、最後はめちゃめちゃありましたよ、澱の塊が。ブルゴーニュでもあるんですね。 前に・・・2012年でしたがここの村を飲んだ時には無かったと記憶しているので、余計に驚きでした。 今回はマグロカツに合わせましたが、ポン酢タレのそれとの相性抜群で、やはり、蜜のニュアンスがあるブルゴーニュの赤はこういった和食との相性の良さが再確認出来ました。 また、カツオのタタキに関しては、生しょう(生姜はローズマリーに似た要素があるので)を効かせて、ゆずポンと合わせると魚の臭みが消えて、たたきの焼けた部分が引き立ちそれが樽感とよく合い、こちらも楽しめました。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2014)
  • 4.0

    2017/03/24

    (2013)

    シャンボール村における唯一のオート・コート区画、レ・トープのぶどうを使っているキュヴェです。 ちなみに約5haのこの畑を所有しているのはユドロ・バイエを除けばローラン・ルーミエだけとのこと… チェリーやラズベリーを想わせる赤系果実の香り、ちょっと土っぽいニュアンスも感じます。 村名シャンボールこそさもありなんと想わせる程の優雅でエレガントなスタイルのワインです。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2013)
  • 3.0

    2017/02/10

    (2013)

    ユドロバイエのオートコート2013年。オートコートでも作り手が良いと十分美味しいです。ピノの果実味が広がる。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2013)
  • -

    2017/01/18

    (2012)

    抜栓直後はガチガチ…。 二時間弱経つと柔らかくなって、素晴らしい香り味わい☆

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2012)
  • 3.5

    2016/10/16

    (2014)

    ともかく濃いめのワインを…と、最初は求めていましたが、今ではすっかりピノ・ノワール派とも言える位、ピノ・ノワール大好きです。 専門的なことは分かりませんが、あっさりしてて、繊細で 薄っぺらくないワインがいいです。濃いだけじゃダメなのが最近わかりました\(^-^)/

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2014)
  • 2.5

    2016/09/25

    (2013)

    2日に分けて飲んでみたけど、共通するのは、かなり酸味が強い。2013年はこういう年なのかな? 香りはそこそこだけど、こんなもんなのか?まだ開いていないのか?うーん…判断に迷う。果実味も薄い。やはり閉じてるのだろうか? 赤身肉とマリアージュすれば、流石に美味しいけど、値段なりといえばそうとも言える。 ブルゴーニュは好きだし、好きな生産者だけど安いラインナップがこんなもんなら、同価格帯ならカリフォルニア、アンダーソンバレーのピノの方が美味しいと思う。なんとも判断の難しい一本だった。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2013)
  • 2.5

    2016/07/08

    (2013)

    ユドロバイエ お初、だったかと← タンニンガンガンがお好きではない生産者さんらしく。 こちらもそれがよく表れてる薄うま系でした。 桑の実のような酸味のあるベリー。 ほんのり動物感。 滑らかで控えめのタンニン。柔らかだけどふくよかな酸。消極的な果実味。 果実味の消極感がややバランスを欠いていたのが残念。

    ドメーヌ・ユドロ・バイエ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ(2013)