Ch. Calon Ségur
シャトー・カロン・セギュール

3.49

1239件

Ch. Calon Ségur(シャトー・カロン・セギュール)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • カシス
  • 木樽
  • プルーン
  • チョコレート
  • ブルーベリー
  • ブラックチェリー
  • ドライフラワー

基本情報

ワイン名Ch. Calon Ségur
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc > Saint Estèphe
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Merlot (メルロ)
スタイルRed Wine

口コミ1239

  • 4.5

    2022/01/17

    (2005)

    沢山の蝋燭の滑らかな優しい灯りが照らすカテドラルの静けさ そこにはアルフォンス・ミュシャによって描かれた 人々が神に祈る姿を映したステンドグラス 心落ち着かせ カロンを口に運ぶ 光を透さない程深いルビー/パープル色、縁はくすんだオレンジを帯び、立ち上るアロマは大地の香り、スモーク、モカ、カシス、チェリー 時間とともに上質で甘い果実の香りに包まれる シャトー・カロン・セギュール 2005 円やかな果実味、キメ細やかに溶け込んだタンニン、長く続く余韻 、エレガンスとはこのようなものの為に存在る言葉だろう ケーキに挿した『1』と『7』のキャンドルは 結婚17周年を示し、優しく小さな灯りをカボコと二人 フッと吹き消す (そぅ ホテル客室内の煙感知器が作動しないか少しびびりながら速やかに 笑) このケーキは子供たちがサプライズで用意してくれたもの 南瓜が予約したホテルを 息子が自分のiPhoneで調べ ホテルのパティシエ特製のケーキを予約し 娘(妹)と折半して払ってくれたのだ 子供たちにお金を出させるのは如何なものかとは思うが、折角の気持ち、そしてお年玉リッチな今だから、素直に甘えようかと思う

    シャトー・カロン・セギュール(2005)
  • 4.0

    2021/12/31

    年越しワインとして楽しみました。

    シャトー・カロン・セギュール
  • 4.0

    2021/12/23

    はぁ❣️美味しいです✨✨✨ 幸せ以外の言葉が見つからない時間。 お変わりラムも。 パンや野菜は見向きもせず笑ひたすらお肉を食べました⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾笑

    シャトー・カロン・セギュール
  • 5.0

    2021/12/21

    とてもいい香りきれいに混ざりあった香り。ボルドーワインらしさのあるエレガントな香り。 ベリーと樽由来の厚みを伴った香りが印象的。アルコールっぽさというかアルコールに色んなものが溶けて香りとして上がってきている感じ。かなり丸い香り。 味わいもエレガント、熟成しており派手さはないが今が一番美味しいときだと思う。 丸い酸はばっせん直後は感じたがしばらくするとこれもまたしっかりと混ざり合って至極の味わい。 キレイに混ざりあった味わいが高貴な振る舞いを見せる。シロップのような滑らかさと甘さも強くはないが感じる。 とにかくきれいにこなれている印象。 もうエレガントという言葉が本当に似合うワイン。 さらに時間が経つとビターチョコの香りが少し顔を出してくる。レーズンやプルーンのような香りも見える。 味わいはより濃厚になるがエレガントさは失われることはない。 んーとても美味しい。このワインに感謝。

    シャトー・カロン・セギュール
  • 4.0

    2021/12/19

    カロンセギュール1998 熟成進んでいるがタンニンは強い 樽、熟成、葡萄バランスいい 旨い たかむら

    シャトー・カロン・セギュール
  • 3.5

    2021/12/18

    (1992)

    よく無事でいてくれました、ありがとうございます、熟成良い感じです、美味しゅうございました。情けない事になってしまいましたが、カロン・セギュールにあやかり、想いを。エターナル虫。

    シャトー・カロン・セギュール(1992)
  • 4.0

    2021/11/27

    2000年2本ある内の一本を抜栓。飲み頃に差し掛かってるかも。86もあるのでそっちも楽しみ(^^)

    シャトー・カロン・セギュール
  • 3.5

    2021/11/16

    (2017)

    ラベルがこんなになってしまい、早々に飲むことにしました。

    シャトー・カロン・セギュール(2017)
  • 3.0

    2021/11/11

    (2004)

    シャトー・カロン・セギュール、2004vt.です。 今年、セカンドのマルキ・ド・カロン、サードのサンテステフ・ド・カロンをいただき、久しぶりのドメーヌのフラッグシップ・キュヴェです。 濃いルビー。ややくぐもった感じの色調。 ブラックチェリー、カシスの甘みが消えかかった香り、土っぽい香りに甘さの少ない葉巻きたばこ。 やや角張ったストラクチャーを感じる。 ハートのエチケットに似合わない、強いイメージ。 チェリーの軽い甘酸っぱいミディアムのアタック、香りから想像した以上に、サラリとしたイメージ。適度な酸味があり、タンニンも少なくはない。 ただ、良く言えばエレガントなスタイルだが、鼻腔を抜けるタフな香りとのギャップが、やや大きく感じる。ピークを超えたような味わい。 もう少し凝縮感のある味わいを期待したが、夏に雨が多かった年のためか、少し大人しめの陰性の雰囲気。 これを楽しめるようになるまでには、まだ僕の経験が浅いということなのでしょう。

    シャトー・カロン・セギュール(2004)
  • 3.5

    2021/10/12

    ボディー軽め、3級シャトーはこんなもの。

    シャトー・カロン・セギュール
  • 2.5

    2021/09/26

    (2001)

    子供の生誕VTのカロンセギュール。 期待が大き過ぎで評価は辛め。

    シャトー・カロン・セギュール(2001)
  • 4.0

    2021/09/20

    カロンセギュール2000年。良い感じの熟成です。まだまだタンニンがあっていけちゃいそうだけど、最初の飲み頃ですね。サンテステフらしいハーブや杉っぽいニュアンスと甘美な果実味のバランスが良くて、詰まっていてとても美味しい。さすがです。

    シャトー・カロン・セギュール
  • 3.5

    2021/08/28

    (2018)

    カロンセギュール安心して飲めるサンテフテフのボルドー!ですネ^_^ 昔購入した時に比べて、ほとんど2倍の価格ですが、日本の購買力がどんどん低下しているのですネ! 日本が貧しくなっているのが、実感として分かりますね!

    シャトー・カロン・セギュール(2018)
  • 4.0

    2021/08/11

    (2006)

    Chateau Calon Segur2006 ハートのラベルはワイン名にもなっている、セギュール侯爵に由来します。 18世紀、第1級のラフィット、ラトゥール、ムートンまで所有し、“ぶどう畑の王子”と呼ばれたセギュール侯。 しかし、とりわけカロンを愛し、「私はラフィットやラトゥールを造るが、心はカロンにある」と語りました。 この言葉から、ラベルにハートが描かれるようになったとされています。

    シャトー・カロン・セギュール(2006)
  • 3.0

    2021/07/04

    (2012)

    静か。上質。 やっと氷が溶け始めた。腐葉土はまだ。

    シャトー・カロン・セギュール(2012)
  • 3.0

    2021/06/27

    (1994)

    いい感じに熟れたカロン・セギュールです。これも、頂き物。まぁ、輸送した日に飲みましたので、タンニンが突出しておりました。1ヶ月、もし、休ませて飲んだならと思わずにはいられないワインでした。香りは鰹節とかそういうニュアンスが出ていて、しかしながら健全な香りを保ちつつ。。いや、やっぱりもったいなかったかなぁ。

    シャトー・カロン・セギュール(1994)
  • 4.5

    2021/06/26

    (2018)

    価格:19,800円(ボトル / ショップ)

    【セラー保管】

    シャトー・カロン・セギュール(2018)
  • 4.5

    2021/06/13

    美味しかったんだけど、もう気持ちコクがあっても良かった

    シャトー・カロン・セギュール
  • 3.0

    2021/05/23

    (2017)

    お客様持ち込みでテイスティングで頂いたカロンセギュ-ル。もうちょい開いてから飲んだら美味しいよね?絶対!って思いながらも大切に頂きました。

    シャトー・カロン・セギュール(2017)
  • 3.0

    2021/05/05

    (2008)

    5年ほど前に抜栓さした際は硬すぎて。 そこからは大きく進展。 メチャ美味い。と思えないのは瓶ムラなのかもっと年月が必要なだけのか良く判らない。 経験不足。という可能性がいちばん高いのかも。

    シャトー・カロン・セギュール(2008)
  • 3.5

    2021/04/24

    タマヤのラストはカロンセギュールの2014。子羊のパイ包みマリアカラス風には、やはりボルドーを、ということでソムリエに選んでもらいました。 最近のボルドーは早飲みいけちゃうのですね。早めに抜栓してゆっくり開かせてもらいました。やっぱカロンは美味しいですね。前に飲んだ2009はとんでも無く美味しかったですが、2014もなかなかです。サンテステフの中でも近づきやすいし、近年品質上がっているような気がします。そして、パイ包みとのマリアージュが何より素晴らしかったです。

    シャトー・カロン・セギュール
  • 3.5

    2021/04/21

    128  2017 若い エノテカ

    シャトー・カロン・セギュール
  • 4.5

    2021/04/18

    とても素晴らしいワインでした^_^

    シャトー・カロン・セギュール
  • 4.0

    2021/04/17

    ラストはカロンセギュール2014です。 若々しいながらもソムリエの調整で、どんどん開いてくる。 最近のカロンは作り方が変わって少し柔らかくなってるよう。 開いてからは強靭なタンニンが丸くなり、ボルドーならではのこのエレガントさが最高ですね。 クラシカルな子羊とフォアグラのパイ包み、ペリグーソースのマリアカラス風には抜群でした!

    シャトー・カロン・セギュール
  • 3.0

    2021/04/17

    (2005)

    2005はとても良いビンテージ。 確かに旨いが高いよなぁ~!┐('~`;)┌

    シャトー・カロン・セギュール(2005)
  • 4.0

    2021/04/13

    (1996)

    価格:20,000円(ボトル / ショップ)

    結婚記念日(銀婚)につきカロン・セギュール1996を開けました❗ カロンのファーストははじめて飲ます。 いままで飲んだワインで、一番古いヴィンテージかな。 前日抜栓・昼前からデキャンタージュ。 香りが凄いです。 妻が、フィニッシュに『ガツン』と来ると表現します。 かわいいラベルに反して男性的と言われるカロンを的確に捉えてる妻がすごいです。_(^^;)ゞ

    シャトー・カロン・セギュール(1996)
  • 3.5

    2021/04/04

    (2011)

    焦げたカシスのような香りから 甘い香りに変わり タンニンが強く渋い感じ。 余韻が強く残る印象✨

    シャトー・カロン・セギュール(2011)
  • 3.5

    2021/04/02

    90 10000 2011 銀座の徳岡がやってた所 05辺りはまだまだギチっとしている印象だったけど、11年は開いてました(*゚∀゚*)ウヒョ 味はちょとエキス薄く感じました 店にいた外国人とエキスパート目指してるお2人さんと楽しい試飲出来ました♪ 都内いる間、沢山の人に色々教えてもらえて 、昔住んでた時と全然違う印象^ ^ 楽しかったー! ノリいいし、親切やーん 今の八重洲口ってこんなライトアップなんやー

    シャトー・カロン・セギュール
  • 4.0

    2021/03/13

    (2007)

    上品で優雅な香りは、ドライフルーツやドライフラワーなどを思わせる。徐々にスパイス香も現れてくる。バランスの良い味わい。熟成のピークはさらに数年後かと思われます。超長期熟成タイプ。

    シャトー・カロン・セギュール(2007)
  • 3.5

    2021/02/20

    (2008)

    今は昔 街々に酒の安売り店があり、お米やビールを売っていました そこで私はドンペリやらこのカロンさんやらと出会い、友人と金を出しあって少し味見してみたのです 確かドンペリもカロンさんも8~9,000円くらい? 今考えると本物?とも思うのですが、確かに美味かった記憶が カロンさんは、それ以来久しぶりに飲みました 2008のわりには若々しく、少しもったいないことをしました やはりワインを複数飲む時は物語をつくってクライマックスまで持って行かねばと反省

    シャトー・カロン・セギュール(2008)