Calera Central Coast Pinot Noir
カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール

3.23

570件

Calera Central Coast Pinot Noir(カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • イチゴ
  • ブラックチェリー
  • プルーン
  • 木樽
  • ブラックベリー
  • ブルーベリー
  • イチゴジャム

基本情報

ワイン名Calera Central Coast Pinot Noir
生産地USA > California
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ570

  • 3.5

    2022/01/14

    (2018)

    安定のおいしさ。 ラズベリー、野苺、樽etc

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2018)
  • 2.5

    2022/01/13

    カレラ ピノノワール セントラルコースト2018 フルーティです。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール
  • 3.5

    2022/01/11

    (2015)

    価格:2,189円(ボトル / ショップ)

    開けてすぐにベリー系の熟成した果実の香りと豊かな樽香など複雑な香り。 果実味が豊富で少しジャミーな感じだが、美しい酸味と熟成した感じの果実味もある。 パワフルだけど、とても上品みたいなイメージ。 2時間以上ゆっくり飲んでいると、後半は少し豊かな香りはしぼんで少し青っぽい香りもあって酸味が目立つようになった。 上位の物はさらにすごいんだろうなー いつか飲んでみたいなと思った。 とにかく香りが素晴らしくて熟成感もあり非常に満足感の高いワインだった。 美味しかった。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2015)
  • 3.5

    2021/12/05

    (2018)

    価格:3,938円(ボトル / ショップ)

    ラズベリー、イチゴ、バラ、樽香 いつ飲んでも美味しいカリピノ 食事とも合わせやすい

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2018)
  • 3.0

    2021/12/02

    過去アップ 和食のお店で

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール
  • 3.0

    2021/11/08

    (2016)

    カレラ セントラル コースト ピノノワール 2016 想像していたよりは明るめの赤色。’16年のものだがグラスの縁はやや茶色みを帯び始めている。 赤系ベリーやチェリーだが熟れた甘みというよりは少々早摘みのような甘酸っぱい味わい。 やはりややジャミーめな様相のあるピノノワールで、ややハーブというか、青っぽさがある。あとはやや土っぽいか? 円やかな酸と予想より落ち着きのある丸いタンニン、ほどよい甘み。スパイシーさもある。ポールラトーと比べるとやや青くさい感じではあるが、より複雑性にとんでいるように思われる。 ポールラトーもそうだが、果実味に寄せているのがカリピノかと思っていたが、これはかなり果実味おとなしめの部類であり、優れたテクスチャを備えていると感じられた。少しアルコール感があるのが引っかかるところだが、2日目はもっとよくなっていそう。もう何年か熟成させたらもっとよかったかもしれない。 上級キュヴェも飲んでみたいですね。 上級キュヴェはカリフォルニアのロマネコンティなのだろうが、個人的には格下のキュヴェのみで判断するのは申し訳ないが、ポールラトー(カリフォルニアのラ・ターシュ)のほうが果実味によってはいるものの、よりブルピノ感がするので好き笑 ブリの照り焼きとは合わなくはないけど…ってマリアージュ。カンパチの刺身も普通… 鯨の味噌焼きがバッチグーの組み合わせでした 2日目になったらさらに円熟になり、カリピノらしい果実味が滲み出てまいりました。 茶色み帯び始めてると思ったが、スワリングすると赤みが増し始めた。不思議だね

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2016)
  • 4.0

    2021/11/06

    アメリカのピノは飲みやすい、ブルゴーニュみたいに気難しくなくチリやオーストラリアのピノより上品。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール
  • 3.5

    2021/11/05

    (2018)

    とてもメジャーなカリピノ。3000円くらい。カリフォルニアのロマネコンティと言われてるそうたが、実に濃いフルーティなカリピノ。ブルゴーニュ要素どこ…?ピノのわりに濃い色、強い赤果実。いちご等赤ベリー、男梅、チェリー、土やキノコ、樽。アルコール感はやや強め。渋味や酸味は抑えめで優しい。暖かいところで穏やかに育てられた感のある骨太で優しいピノ。コノスル20バレルにちょっと似てるけど少し大人しめ。5000円だと躊躇うけど3000円ならアリアリ

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2018)
  • 4.0

    2021/11/05

    (2017)

    澄んだルビー さらっとした 若々しい イチゴ、紅茶 第一アロマが強い やや強いアタック ソフトな甘み、シルキーなタンニン 力強い酸味が残る 余韻はやや長い エレガントで余韻の長いワイン 追記 酸味はアルコールの勘違い

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.0

    2021/11/05

    (2017)

    みずみずしく、ドライな印象。 渋みが持続する。後半にフワッとバニラ香。土。 透き通ったガーネット。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.0

    2021/11/02

    (2017)

    ベリー系の甘い香りと余韻。飲みやすい赤ワインです。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 4.5

    2021/10/27

    (2017)

    前回なヤラバレーのピノとセット買いしたので味わいの比較をしてみたくて開栓しましたが、開栓してすぐにもう全然違いました。 色味は透き通った綺麗なガーネット、ちょっと土っぽい香りにふわりとした優しいベリー、口に含んだ瞬間の果実味は穏やかで酸味も穏やかに感じられる。こくというか深みを感じる味わい。喉を通る時、喉のあたりで良く熟した果実味を感じた。不思議。 飲み進めるにつれ、ふくよかで豊かな果実味が増してきました。Goooooood(〃^ー^〃) 2日目、熟した果実を口いっぱいに感じます。開栓初日より濃厚に感じます。(〃^ー^〃)

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2021/10/22

    (2018)

    赤系ベリーの甘い香り。 少しアルコール強い感じもあるが、それ以上に美味しさが勝って、気付けば空けてしまってた。 あた買います。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2018)
  • 3.5

    2021/09/28

    (2016)

    久しぶりにカレラ。 やっぱり美味しい。安定の旨さ。 エレガントって感じではないけど、間違いなく美味しいワインですね。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2016)
  • 4.0

    2021/09/18

    ベリー系の甘い香り、たっぷりの果実味に綺麗な酸、スパイスの風味もありただただ美味しい。 変な癖がない優等生。良いです。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール
  • 3.0

    2021/09/11

    (2017)

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール2017 Alc14.5% ピノ・ノワール世界探訪シリーズその② いつもは飲まない産地のピノ・ノワールを飲んでみよう企画。 今まで飲んだ記憶のないカリフォルニア、ピノ・ノワール。 色合いは深みのあるルビー色。香りはバニラのような甘い香り、口に含むとラズベリーやスミレとしっかりしたタンニンを感じます。酸もしっかりあるので好みの味わい。美味しく頂きました。 ただ私にはアルコールがちょっと強く感じました。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.0

    2021/09/03

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    力強いピノ。程よい樽香。果実味たっぷり。 華やか。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.0

    2021/08/30

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    今の自分の経験値ではブルピノは難しいのでカリピノ、チリピノで経験値を稼ぐことに! 皆さんが飲まれているだけあって美味しいワイン✨しっかりしたベリーの香り。これ位のほうが今の自分には合ってる。 暇だったので自分でローストビーフを作ってみた。味はまずまずだけど薄く切れない(ーー;) なるほど作るより切る技術が必要な料理なのか…

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 4.0

    2021/08/24

    (2017)

    3.9点 香りは赤いベリーを中心にムスクなどのスパイシーさを纏っている。少々野生的な感じ。かと言ってワイルドかと言うとそうでもなくセクシーさを感じる。 味わいも濃いめではあるが落ち着いている。軽い酸味が芯となって妖艶な果実味を感じる。酸味と果実味がうまく融合している感じ。余韻も長く楽しめる。総じてセクシーな印象。ごくごく裏に隠れた苦味が甘ったるさを感じさせず飽きない。 中性的な印象、だがセクシーなワイン。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2021/08/22

    (2017)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    コスパ含めて最高 力強い果実味、香り ホールフーズではピノだけ中々見つからずヒューストンでようやく見つけた。 二日目も充分美味い。 けど一日目が、好き。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 4.0

    2021/08/12

    (2017)

    安定の美味しさですね♪

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 4.0

    2021/08/01

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    甘味と渋みのバランスが取れたワイン。決して重くはない。ほんのりバニラ香もあり、コスパ良い美味しいワイン。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 4.0

    2021/07/25

    (2017)

    カリフォルニア産、3500円、ピノノワール。 渋み押さえてて、ベリーの香り。バランス良く、飲みやすい。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2021/07/23

    (2017)

    開けた瞬間、そしてグラスに注いだ瞬間から華やかな香り。やはりジェンセン等畑ごとのシリーズと比べてしまうと奥深さに欠けてしまう印象があるけれど、充分な果実味と華やかさ、程よい酸味とのバランスがさすがカレラ。ワインだけでも満足できるパフォーマンス。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2021/06/27

    (2017)

    とっても飲みやすいピノ・ロワール 。ベリー系の香り、長い余韻。何気なく合わせてみた苺のタルトとのペアリングが最高だった。また飲みたい。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2021/06/27

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール 2017 初のグランピングにBBQといえばアメリカ的なノリで持ち込みしました!!今年1番楽しい時間!! 度数が14.5%ですが、飲み飽きしない柔らかい飲み口 1人で開けられました(*^^*)

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール
  • 4.0

    2021/06/26

    (2017)

    価格:3,900円(ボトル / ショップ)

    ラズベリー、バラ 上質なブルゴーニュと比べると香りはおとなしいが、口当たりはよく十分な余韻がありコスパの良いワイン

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 5.0

    2021/06/18

    (2017)

    赤い果実の魅惑的な甘やかさの中に野生味も感じます。昔、初めて飲んだ時は衝撃を受けました。カリフォルニアのピノノワールの金字塔。セントラルコーストでも、素晴らしい品質のワインです。

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 4.0

    2021/06/14

    (2017)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    最高! カレラはどれも最高! 予算内ならジャケ買いですね!

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)
  • 3.0

    2021/06/13

    (2017)

    Ⓜ︎point82点。気温27℃ 曇り fruits 透き通るようなワインレッド。 ハーバリーで赤黒いジャーミーな香り。 香り同様滑らかないタンニンと果実味。 まさにカリフォルニアのピノノワールって感じです! 樽も効いて美味いっすねー チョコにも合う! 3000円以内なら◎

    カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール(2017)