Aurélien & Charlotte Houillon Côtes du Rhône Tonneaux 2017
オーレリアン・エ・シャルロット・ウイヨン コート・デュ・ローヌ トノー

4.00

1件

Aurélien & Charlotte Houillon Côtes du Rhône Tonneaux 2017(オーレリアン・エ・シャルロット・ウイヨン コート・デュ・ローヌ トノー)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックチェリー
  • イチゴ
  • プルーン
  • レーズン
  • イチゴジャム
  • スミレ

基本情報

ワイン名Aurélien & Charlotte Houillon Côtes du Rhône Tonneaux 2017
生産地France > Côtes du Rhône
生産者
品種Grenache (グルナッシュ), Syrah (シラー)
スタイルRed Wine

口コミ1

  • 4.0

    2020/04/12

    (2017)

    ピエール・オヴェルノワの後継者エマニュエル・ウイヨンの弟とその奥さんがローヌで造るワイン。 オーレリアン&シャルロット・ウイヨン オヴェルノワの教えを受けているので、系譜と言っても良いですよね(^^) 旨味の波。 めちゃくちゃ美味しい✨ エチケットも葡萄の枝や果梗から出来ているのが凄い。 インポーターのコメントに美味しさの全てが(笑) ↓ 除梗した葡萄をステンレスタンクで12週間マセラシオン。フリーランとプレスジュースを使用し、樽で8ヶ月熟成。 深いガーネット色。グレナデンや赤いりんご、カシスやレーズンなどの赤や黒系の果実がミックスされたような香りが感じられます。オーレリアンのワインは全体的に酸が綺麗に残っており、瑞々しくすっと流れるような飲み口で、そのうえ緻密なエキスがしっかりと広がり余韻にも長く続きます。フリーランとプレスの両方を使い樽で8ヶ月熟成していることから複雑な様子や骨格の強さも加わり、明るさをもつカンヌに比べ、甘さは控えめで若い果実味と奥行きの両方が感じられる落ち着いた雰囲気です。ピンと張りのある綺麗な酸が流れの中心となり、果実味と共に雑みがなく上品な印象を感じさせながら滑らかに広がっていきます。南のワインですがパワフルなのもではなく冷涼感が感じられ、味わいや要素、エキス分はとても密度が高く、控えめながらグルナッシュ由来の甘さや風味の記憶が残っており、南の雰囲気は綺麗に表現されています。アフターにコクとカカオのようなビターな風味が感じられ充実感のある足跡を残します。

    オーレリアン・エ・シャルロット・ウイヨン コート・デュ・ローヌ トノー(2017)