Robert Groffier Père & Fils Bourgogne Pinot Noir
ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール

3.28

163件

Robert Groffier Père & Fils Bourgogne Pinot Noir(ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • ブラックベリー
  • イチゴ
  • ブラックチェリー
  • バラ
  • ブルーベリー
  • スミレ
  • なめし皮

基本情報

ワイン名Robert Groffier Père & Fils Bourgogne Pinot Noir
生産地France > Bourgogne
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ163

  • 4.0

    2020/10/25

    (2005)

    素直に美味しい。素晴らしい。 個人的には裾モノまで貯蔵しておくスペースないのが哀しい。 親善試合で前半0-2。後半はテキトーにボール回されてそのまま負けた気分。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2005)
  • 3.5

    2020/09/26

    (2017)

    午前〜2時〜♪ではないですが、始めようか定点観測。ということで(?) グロフィエ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2017 今年の4月初旬依頼半年ぶり4回目ですが、だいぶよいですね。 青さもなく果実味も豊か、酸味もタンニンもキツくなく心地よい余韻も長め。もちろん複雑味はないですが、美味し〜コレ! もう少し置いたほうが果実味が広がるかな…などと思いつつ、今充分美味しいです。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/09/04

    (2018)

    飲むと決めたら飲むんだぜ、俺は。 という訳でグロフィエブルゴーニュ。素晴らしい、予想どおりの憎いヤツ。ヴィンテージの割に派手さはないけど、しっかり芯の通った本物のワインだ。ズバリこういうワインが好き。 ボンヌマールが雲の上に行ってしまったのも納得。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2018)
  • 3.0

    2020/08/27

    (2018)

    価格:5,980円(ボトル / ショップ)

    グロフィエの’18 ブルゴーニュ ルージュ 濃い紫の色調同様の赤黒果実、鉄や鉛筆の芯などの香り。奥の方に薔薇の凝縮した香りも感じる。2日目は、この香りが前に出てきて黒蜜のような甘さも混ざり香りの複雑さアップ。 果実はジューシーで甘く、酸は綺麗に伸びるが、少し物足りない。粒子の細かいタンニンに口の中がビッシリと覆われる。余韻は複雑で長く、エステルのニュアンスを伴う。 まだ硬い印象で少し寝かせたいところ。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2018)
  • 3.5

    2020/08/16

    (2018)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    楽しい楽しい夏休み♪ 本日で終わりです… GWに何処も行かなかっただなんて、記憶にない位でしたが、夏休みまで自宅待機とは〜 ロベールグロフィエさん追悼で、アムルーズを数本買った際に、一緒に買った18年ブルゴーニュ ルージュ。 勿論、紫色がかった若い液色。 18年らしく、ジューシーで甘い果実。スパイスに、インクも混じる濃い目の香り。しかし、タンニンは細やかで滑らか。酸もきちんと出ていて、冷涼感もあり、バランス良い味わい。 クラスの割に?リリースの早いグロフィエですが、このタイミングでも流石の味わいです。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2018)
  • 3.5

    2020/08/02

    セブンで六千円ちょっと。  ACブルゴーニュで一番美味しいと思った。 香りもしっかり華やか。 ピノにしては、色も濃く、タンニンも強い。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール
  • 3.5

    2020/07/25

    (2018)

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィスの18ブルゴーニュ・ピノ・ノワール フランス、ブルゴーニュ ピノ・ノワール 紫がかった明るい赤、縁は青っぽい紫。赤黒系果実の甘い香り、スパイスや木の枝の香り、インクのニュアンス、次第に黒糖や薔薇の香りがして来た。しっかりした果実味、程良い酸味、滑らかなタンニン。 先日はグロフィエを開けました(^^) 広域でもとても美味しいので、いつかアムルーズをボトルで飲むのが夢です♫ 最後の写真はしばらく前にランチで食べたブリのカマ焼き(^^) まさかカマが2個も出てくるとは思わなかったので驚きました(笑)

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2018)
  • 3.0

    2020/07/18

    (2018)

    ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ・ルージュ 2018 追悼…というタイミングでもないですが、2018を入手したので。 ブルゴーニュの2018赤は初の一本。 前評判としては暑い年ながら2015より酸も感じられる、素晴らしいヴィンテージ…とのことですが。 このタイミングでは早すぎてなんともでしょうか。2017の同じタイミング以上に固い印象です。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2018)
  • 2.5

    2020/06/30

    シェ・アキにて家族ランチ✨

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール
  • 3.5

    2020/06/28

    (2016)

    まず最初に言いたいのがブルゴーニュのピノは2016年ヴィンテージが物凄く好みだと言うこと。その上グロフィエは高温発酵+2ヶ月間ステンレス熟成とぼくが1番好きなスタイル ACブルゴーニュなのにクオリティは村名レベル。デゾネビセイのジュブレ村名を思い出す フローラルでチョーキーなフィニッシュ。やはりすごく好み。他のヴィンテージで醸造方が変わればここまで自分好みではなくなるだろうな ☆3.8 ロベールグロフィエ追悼記念でたまたま持っていたACブルゴーニュを抜栓。ご冥福をお祈りします。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)
  • 3.5

    2020/06/27

    広域でも美味しいです。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール
  • 3.5

    2020/06/15

    (2007)

    Robert Groffier Père & Fils Bourgogne Pinot Noir 2007 ロバート グロフィエ ブルゴーニュ ピノ・ノワール 美味しくいただきました。 大好きな枯れが来ています。 いい加減なステーキに。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2007)
  • 3.5

    2020/06/01

    (2017)

    川杉さんBD

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/05/29

    (2016)

    ブルゴーニュ広域 ピノ・ノワール 2016年 S$79 (91-12) クランベリーやアセロラ、紫蘇、大地香、皮革、仄かにスパイス。 口に含むと、香りのイメージよりもノーマルな(ナチュラル系ではない)、チャーミングな酸が小気味良いアタック。 小さい粒の赤系ベリーの甘酸っぱさと、複雑な大地のニュアンスのコンビネーション。 収斂味は既に溶け込んでいて気にならず、背伸びせずその内面を惜しみなくさらけ出してる感じ。 ノイズの無くて焦点が定まってる、、集中感が感じられるクリーンなエキス。 甘味と言うより旨味が充実してる中間。 余韻まで大地感と旨味感が続いて長く残り、真ん中の重心を保ったままフィニッシュ。 大柄なイメージでは無いですけど、バランス良く纏まっていてもう既に開いてます。 正直、一口目は「やや没個性的かなぁ..」だったのが、飲み進めるうちに「あ〜コレコレ!」って。 派手さはないけどブルピノ王道のど真ん中を表現してる感じ?? ACブルにしてはやっぱりお高いので、、、次は違う子を選んじゃいそうですけど、こじんまりながらこの集中感とバランス感は印象的でした! 初日が良かった♪

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)
  • 3.5

    2020/05/24

    (2016)

    TGIFのルージュはドメーヌ・ロベール・グロフィエ・ブルゴーニュ・ルージュ2016年を頂きました。久しぶりのグロフィエ、しかも近年のものはすっかりご無沙汰でした。 紫掛かったしっかり目の、綺麗なルビー色。 少しタイトなノーズは、ミックスド・ベリーにバイオレット、少しのスパイスなどの透明感のあるアロマ。 しっかりと果実の凝縮感を感じるミディアム・ボディのエントリーは、柔らかくエレガント。口の中で広がるストロベリーやラズベリー等の美しい液体感。 ミッド・パレットからじわじわと来る複雑味やブラッディな酸味とタンニン。 このピュア果実でジャムを作りたいと思いながら、あっという間にフィニッシュしてしまいました。 16年の赤果実、とても綺麗だと思います。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)
  • 3.0

    2020/04/09

    (2017)

    抜栓してすぐはビオ臭というのか、酵母の香りというのかわからないけどそんな雰囲気の香り。 たぶん、自然酵母で発酵が行われるとこんな香りになるのか?”こことあるシリーズピノ・ノワール”や”タキザワワイナリー旅路スパークリングロゼ”も同じような香りがした気がする。 味は酸味がしっかりある。繊細できれいなタンニン。 開けて時間があまり経たないときれいだけど、薄いというかスケールの小さいような印象。 vacu vinで栓をして翌日へ。赤い果実や花の香りが上品に。 果実味も出て来て、美味しく、嫌味の無い美しいバランスになった。 紹介されているネットのページを色々見ると、自然酵母で発酵が行われ、無清澄、無濾過で瓶詰めされるらしい。 ブルゴーニュ・ルージュは新樽を使用しておらず、モレ・サン・ドニ村とヴージョの村の葡萄らしい。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/04/04

    (2017)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    グロフィエ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2017 毎週末のように行っているショップも営業自粛。予定より早いですが昨年の10月以来の定点観測3本目です。昨年の2回と比べ果実味の甘さが前面に出ている印象です。もちろんまだ酸味タンニンも主張は強いですがバランスよく既に美味しいかと思います。 2017はやはり早くから美味しいヴィンテージなのかも…美味しいは美味しいですが

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/03/29

    (2017)

    2017 AC Bourgogne の会

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 2.5

    2019/12/17

    (2016)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    ■テイスティングノート ・還元香キツめ(納豆) ・2日目はローヤルゼリー感 ・ミネラル感は強く感じられる ・VVの凝縮感も強く感じられるので、醸造過程だけが残念 ■テクニカル ・フレンチオークのバリック12ヶ月 &ステンレスタンク2ヵ月 ・アルコール度数 13% ・クロ・ヴージョの真下に位置する1.4haの区画。樹齢は平均45年。非常にフローラルで、赤系・黒系果実が混ざり合い、微かにレザーを感じるアロマ。完熟した赤系ベリーの甘みに活き活きとした酸が調和し、ややチョーキーなミネラルを感じるフィニッシュにつながる。 ■ネゴシアンについて

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)
  • 3.5

    2019/11/22

    ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2017 少ししか購入しなかったことを大後悔。 レジオナルにしては高いけど、これなら納得して飲める。投稿が溜まってしまったうえに、飲んだときのインスピレーションのメモを無くしてしまった。 とても美味しかったことは鮮明に覚えていました。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール
  • 3.5

    2019/10/31

    (2017)

    グロフィエ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2017 定点観測。黒果実の甘苦さが先に立つのは広域も同じで、複雑さ華やかさはないものの、記憶を反芻することはでき幸せな気持ちにのれますね。 兼業主夫(笑)も木曜になると疲れが出るので手抜きして、お子様大好きナポリタンとともに。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 4.0

    2019/07/14

    (2015)

    価格:12,000円(ボトル / レストラン)

    ロベール グロフィエ ブルゴーニュルージュ2015 こちらはボトルで♪ フランボワーズなどの赤いベリー系にスミレの香り。 土やスパイスの感じも^ ^ ブルゴーニュルージュにして驚きの複雑味とエレガンスさ! クロ・ド・ヴージョすぐ下の区画とモレ・サンドニの平均樹齢50年にもなる区画のブドウを使用とのこと。 なるほど〜! お料理は和牛と帆立のトウチ炒め。 トウチっていう中国の味噌っぽい調味料が案外合う〜! 飲み終わったシメはあんかけ揚げそば♪

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.5

    2019/07/13

    AOCブルピノですが、大変上品に仕立てられてます。作り手が良いとこうなる、というお手本、、。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール
  • 3.5

    2019/07/06

    (2014)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    最近17年がどんどん出回ってるのを見て飲みたくなり開けてみました。 グロフィエのブルピノ14年。 今まであまり経験のない、重厚で密度の高い味わい。広域でここまでパワフルとは、流石です。 2日目は少し明るく、赤果実とアミノ酸の旨味が前面に。 リリース直後に即完売もうなずけます。 17年のジュヴレを奮発して買ってみようか、めちゃ悩んでます。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2014)
  • 3.5

    2019/06/30

    (2015)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    Robert Groffier Pere & Fils Bourgogne PN 2015 創作和食のお店で… 赤はこちらのワインに☆☆ ボトムラインでも素晴らしい味わい(^^) バランスの良さとタンニンのなめらかさが特徴でしょうか。ベリーにチェリーな香り、チョコのニュアンスも。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.0

    2019/05/06

    (2017)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2017 2017ヴィンテージは初。ACブルゴーニュとは思えない固さというか厚みで、苺・木苺の香りは表に出て、黒果実系の香りも奥まって感じられます。非常に青々しく甘さはまだまだ控え目で酸味は強く、タンニンも刺々しいですが味の要素が多くよいタイミングで飲めばかなり美味しいと想像できます。 お値段もACブルゴーニュとしてはかなり高いですが、質も高いかと…しかしもう少し取っつき易くてもよいような気も。 広域でこれだと村名以上は何年後が飲み頃なんでしょうね…

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2019/04/30

    安定の旨さ。開けたてはバニラ、果実的な香りだったのが、一時間くらいすると、ジャム、紅茶、土、革っぽい香りに。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール
  • 3.0

    2019/04/26

    (2014)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    一足早く、今日の午後からGW♪ 7日までの11連休の予定です〜 本日のワインは、ロベールグロフィエACブル 14年。 まだ若い紫の混じる液色。甘酸っぱいベリーの香りに、モレっぽい土、スパイス。酸とミネラルもしっかりあるエレガントスタイル。ACブルとは思えないワインです! 次の投稿は、平成最後のワインです〜何を飲みましょうかねぇ〜

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2014)
  • 4.0

    2019/03/03

    (2010)

    グロフィエのブルゴーニュ・ルージュ10です。 もう、なかったはずがひょっこり・・・エチケットがカビたりしています。 淵が少しオレンジがかったクリアなガーネット。 まだ、ピュアな赤系果実を感じながら柔らかい舌触り。 奥からほんのり紅茶、酸もタンニンも穏やかです。古樽が良いバランスですね。 お供はカツオのお刺身。赤身にある酸のニュアンスとピノの組み合わせがとても美味しいです。 この日は朝から良いお天気、奥さんと朝スタバにいってきました。 お城の公園内にあって気持ちの良いところです。栗鼠がいたりします。 カップのデザインももう春ですね。

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2010)
  • 3.5

    2018/11/11

    (2016)

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィスの16ブルゴーニュ・ピノ・ノワール フランス、ブルゴーニュ ピノ・ノワール 紫がかった明るい赤、縁は青っぽい紫。赤黒系果実、インク、火薬、皮製品、腐葉土の香り、徐々に黒糖やスパイスのコクのある香りがして来た。フレッシュな果実味と程良い酸味、滑らかなタンニン。とてもバランスが良い。旨味とスパイスの余韻。 今夜は一度ボトルで飲んでみたかった、グロフィエのブルゴーニュ・ピノ・ノワールを開けました(^^) これは美味しいですね〜♫ 以前グラスでアムルーズを飲みとても美味しかったですが、今回の広域を飲んで、その他の畑の物も飲んでみたくなりました(*^^*)

    ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)