Nicolas Joly Clos de la Coulée de Serrant
ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン

3.47

274件

Nicolas Joly Clos de la Coulée de Serrant(ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 蜂蜜
  • アンズ
  • 干しアンズ
  • コンポート
  • 洋梨
  • カリン
  • 赤リンゴ
  • 黄色い花

基本情報

ワイン名Nicolas Joly Clos de la Coulée de Serrant
生産地France > Val de Loire > Anjou&Saumur > Savenniéres
生産者
品種Chenin Blanc (シュナン・ブラン)
スタイルWhite Wine

口コミ274

  • 4.0

    2020/06/01

    (2000)

    川杉さんBD

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2000)
  • -

    2020/02/10

    (1981)

    1981サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(ニコラ・ジョリー) ビオディナミの先駆者として有名なニコラ・ジョリーですが、下記の【その他】の通り、1981年からビオディナミ農法を取り入れ、1984年からすべての畑でビオディナミを導入との事なので、恐らくビオディナミの導入前か試験的に一部に導入していた頃のクーレ・ド・セランという事で、ある意味貴重な珍品。 生きていれば、ですが。(^_^;))) キャップシールを開けた瞬間、「これは手遅れだな」とそっと閉じたくなりました。(^_^;))) グランヴァンには似つかわしくない短いコルクが寿命をとっくに過ぎて気密性が失われてしまったようです。 ボロボロになりそうなコルクを何とか抜き、注いで見るとご覧の色合い。 艶があってきれいに見えますけど。 香りは紹興酒。 味わいも紹興酒風ながら、程よく酸味があり、ほんのり甘さも感じます。 すぐに捨てようかなと思いましたが、思い直して半分程いただきました。 瓶口からは蜂蜜のような甘くて良い香りがしますので、注いでみますが、やっぱり紹興酒!の繰り返し(>_<) このコルクで、ビオディナミに転換する前で畑の状態も良くなかったという年代ですが、飲めなくもないのはやはり良い畑なのではないかなと思いました。 (‐人‐)ナムナム こんな事もあろうかと待たせているアリゴテ子ちゃんにチェンジ!(笑) 【その他】 インポーター情報です。 ドメーヌ・ニコラ・ジョリー(クーレ・ド・セラン)はロワールを代表する生産者にてビオディナミ栽培の先駆けとも言える偉大な生産者。 現当主ニコラ・ジョリーはボルドー大学で醸造学を学び、ドメーヌを引き継ぎます。しかし当初の結果は芳しいものではなく、新たなアプローチを考える必要が出てきました。その時に出会ったのがルドルフ・シュタイナーのビオディナミ農法に関する著書です。ニコラ・ジョリーは1981年からビオディナミ農法を取り入れ、1984年には全ての畑でビオディナミ栽培を開始。 当初はビオディナミ栽培がメジャーではなく周囲の生産者たちからは懐疑的な目を向けられましたがニコラは献身的にビオディナミ栽培を続け今日の評価を獲得する事に成功します。 メイユール・ヴァン・ド・フランスで2ツ星を獲得しているサヴニエール、ひいてはロワールを代表する生産者ニコラ・ジョリーは今日も娘ヴィルジニーとともに精力的にワイン造りを行っています。 若いうちはそのテロワール、醸造方法から硬質なキャラクターで、長いエアレーションを必要とする長期熟成向けワインとして知られていますが、近年以前よりは少し柔らかい酒質へと変化しています。 クレ・ド・セランについて ニコラ・ジョリーの代名詞とも言えるクレ・ド・セランは12世紀シトー派によって植樹された由緒ある単一区画で、複数の所有者を経て1962年にジョリー家のモノポールとなりました。 食通の王キュルノンスキーにはフランス5大白ワインとも言われたクレ・ド・セランですが、遂にAOCサヴニエール・クレ・ド・セランから単一のAOCクレ・ド・セランへと昇格。フランスでもシャトー・グリエやロマネ・コンティなどと並び、数少ない単独所有のアペラシオンとなりました。 南〜南東向きの急斜面にある7haの区画。表土は20〜40cmと薄く、母岩は赤いスレート土壌で、平均樹齢35〜40年で最高樹齢は80年を超す古樹のシュナン・ブランが栽培されています。収量は20〜25hl/haに制限。 一部の区画は馬で、それ以外は手作業で耕作を行っています。 (終わり) クーレ・ド・セランはフランス五大白ワインの一つとの事。 食通の王と称されたフランスの料理評論家キャルノンスキーが1930年代に提唱したもので、 ・モンラッシェ ・シャトー・ディケム ・シャトー・グリエ ・サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン ・シャトー・シャロン と各地からバランス良く選んでいる印象ですね。 【その他 2】 ビノームのピノ・ノワール到着。 Johannes Brahms様がビゾと同じとおっしゃるので楽しみです。 (^_^) 【その他 3】 昨夜作ったチーズインハンバーグ。 焼きたては肉汁ブシャーッ!(笑)で自分としては上手く出来ました。 フォリスのピノ・ノワールの濃厚さにはマッチしていました。(^_^)v 【その他4】 せっかくの4連休。 昨日、ローカル放送で県内のパスタのお店特集で見たお店でランチしようとネットで定休日ではない事を確認して出掛けたのですが、臨時休業?(>_<) 仕方なく丸亀製麺で冷たいぶっかけのランチでした。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(1981)
  • 5.0

    2019/12/27

    Clos de la Culee de Serran 89 初の80年代! 美味しいですね。 かりん、ハチミツのニュアンス やや酸味があり 前日抜栓したものでもまだまだポテンシャルが感じられました。 やはり美味しいですね。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
  • 3.5

    2019/12/04

    (1999)

    スクールのメンバーで忘年会。 白の最後はクーレドセランの99。 今まで飲んだクーレドセランの中では一番オールドかも。 熟成香中心で果実はマルメロのハチミツ漬けのような感じ。カラメルやメープルなどメイラード系の甘い香りが強い。 味わいは辛口で酸がいきいきした印象。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(1999)
  • 3.5

    2019/11/05

    (2003)

    ラグビー決勝見ながらワイン会。 次はなんとクーレド セラン!  思わぬ登場でテンションマックス! 冷やしめからスタートして温度が上がるとどんどん複雑に。 ヴーヴレも良かったけど複雑さと凝縮感では叶わないな~

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2003)
  • 3.5

    2019/10/20

    (2001)

    台風の日の忘備録 熟成古酒のクーレ ド セラン2001 友人共に飲む。 やや経年の酸化のニュアンスが見られるが非常に美味しかった。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2001)
  • 3.0

    2019/09/29

    (2002)

    ホームグランドで恒例6人会、誕生日祝い兼ねて。 私は珍しく白持参。クーレドセラン2002。まさに飲み頃でした。ニコラジョリー、熟成すると味わいも素敵に変化。 この会の話を1番楽しんでるのかまだソムリエの三輪さんかも^_^。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2002)
  • 4.5

    2019/09/17

    クレドセラン03 以前のんだ15年も美味しかったですが、こちらも! 03年は難しい年だったらしいですがさすがニコラジョリー、パワーのあるワイン。年代によって味が全く違うのも特徴ですね

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
  • 4.5

    2019/06/17

    (2016)

    抜栓してから3時間、まだまだまだまだ

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2016)
  • 4.5

    2019/06/12

    ニコラ・ジョリー サヴィニエール クロ ド ラクレドセラン 順番が前後しますが祝100ポスト目なので!! 自分が持ち込んだワインクレドセラン、1日前に抜栓して置いておきました。 ビオワインといえばこのニコラジョリーで、さすがビオ、生命力の強いワインでした。 香りがものすごく良いです、シュナン好きな方にはぜひ飲んでもらいたいですね。 5大白ワインの1つと言えるだけの味わいでした!

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
  • 2.5

    2019/03/11

    月曜日の午前中、クレー・ド・セランを訪問して何種類か試飲させてもらいました。 ニコラ・ジョリーさんが出て来てくれて、暫しお話をしました。 (殆ど通訳さんを介して聞いてばかりだったけど) でも、ここはとても綺麗なところで、本当に楽しかったです。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
  • 3.0

    2019/01/19

    (2016)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン 2016年 ニコラ・ジョリー 750ml (フランス ロワール サヴニエール・クレ・ド・セラン 白ワイン) フランスはロワール産辛口白ワイン ロワールでもサヴニエールAOC最高峰のひとつ!世界の10大白ワインに選ばれ、R.パーカー氏が「ロワールのモンラッシェ」と絶賛した白ワイン!ビオディナミ農法の教祖であり提唱者のニコラ・ジョリー!RVF誌2019年版は2016VTが二ツ星でクープ・ド・クールのハートマーク付き!アシェット2019年版も二ツ星で画像付きでクープ・ド・クール!ベタンヌ&ドゥソーヴ2019年版も三ツ星!フランスワイン三大評価誌で高評価!!ビオディナミ農法の教祖的存在のニコラ・ジョリーNo.1ワインのグレイトヴィンテージ2016年 参考文献

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2016)
  • 4.5

    2018/12/24

    (2015)

    価格:9,800円(ボトル / ショップ)

    しっかりとした黄色味がかった色から想像できる通り、ドライアプリコットやミュスカデのようなかおりがふんわりと。甘すぎずやさしく、ボディはしっかりながらもキリリとした酸でスッキリとした後味

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2015)
  • 3.5

    2018/12/20

    (2014)

    3日後飲みたい

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2014)
  • 4.0

    2018/12/12

    (2004)

    やっぱりすごいワインですな。 スキのない緻密な液体ながらとっても自然体。 まだまだ先もありそう。素晴らしい。 結婚記念日に結婚した年のワインを。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2004)
  • 4.5

    2018/11/28

    (2004)

    Nicolas Joly Clos de la Coulée de Serrant 2004 リリース直後に購入してセラーで寝ていたワイン。 ビオでも有名なニコラ・ジョリーはどんな熟成を見せるのでしょうか? 酸化したリンゴジュースの様な色合い。 ミネラルやブランデー、蜂蜜や紅茶の香り。 口にすると少し荒さのあるミネラルにウイスキーやポートワインの甘さ、ドライフルーツやナッツの風味。 素晴らしい熟成。 じっくりと味わうと涙目ものの感動です! 偉大なローヌの白ワインの様でもあり、これがシュナン・ブラン!そしてクーレドセランと思わせる味わい。 白猫ホッサー様が召し上がったらどんな風に感じられるのでしょうか? まだセラーに同じワインがありますよ!ホッサーさん!

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2004)
  • 5.0

    2018/11/23

    いつも、違う感動がある。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
  • 4.5

    2018/10/29

    (2015)

    クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン2015、ニコラ・ジョリー シュナン・ブラン100% ニコラ・ジョリー。。。 ロワールのモンラッシェ♥️ ビオディナミの伝道師(変態爺い)。。。 勉強に来たマダムルロワを知らなかった人。。。 ルロワがお土産に持ってきたルロワのフルラインナップを『あ~そうですか~』とまるでひよこ饅頭のようにその辺に置いた人((笑)) 雑味のないピュアなハチミツの味わい 作り手の情熱大陸が伝わってきます!(*^^*)

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2015)
  • 4.0

    2018/10/10

    クロ デ ラ クーレドセランの垂直会。 1991年からの10ヴィンテージ比較飲み。 濃い外観、淡い外観。 冷涼感、業務した果実み、ソーテルヌのような香り、ミネラル感…。 エレガントで心地好い余韻を造り出す酸味、花梨の香りや凝縮した果実み等のベースがありつつ、ヴィンテージ毎の違いを表現しあいながら騒いで飲むのが、超楽しい♪ 想定した以上のヴィンテージの個性。それぞれが持つ満足できる出張♪ 若いクーレドセランでは期待仕切れなかった熟成変化に全員大満足♪ 素晴らしい垂直会でした!

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
  • 3.0

    2018/09/28

    (2015)

    ニコラ・ジョリーのクーレ ド セラン2015年。 早飲みタイプのワインではないが、ヴィンテージが良かったので飲んでみた。 複雑で奥深いレイヤーの香りが気持ちいい! 舌の上に拡がる心地好いビオの味わい。 パワフルな生命力がある。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2015)
  • 2.5

    2018/08/24

    (2015)

    あさみん、ダヤマオ、ハダ

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2015)
  • 3.5

    2018/07/22

    (2005)

    先のベルジュリーと同じ2005ヴィンテージで飲み比べ。最初は温度が低かったのでわかりずらかったのですが、温度が上がるとこちらの方がビオ感が出ている感じ?とにかく南アのシュナンブランとは全く違う世界感がありました。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2005)
  • 3.0

    2018/07/17

    先週ですが、ワイン会に行ってきました! 今回は白ワイン、同じブドウ品種を2種類づづブランドです。最初はロワール、ロワールといえばシュナンブラン✨おまけにはこの優しさはビオだよねと、ニコラジョリーみんな大正解‼️ クロ ド ラ クーレ ド セランはモノポールなんですね♡とーっても開いていて温度も少し高めで香りも良くて美味しいです、2杯目は温度を落としてニクい演出で大満足。 最後の写真は、16日鷹の祭典に行ってきました(^^)お祭り騒ぎの打線爆発‼️おまけにコカコーラシートで、最後にマッチとハイタッチ♡間近で見るとカッコイイ〜〜(≧∇≦)

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン
  • 3.5

    2018/06/03

    (2015)

    Clos de la Coulee de Serrant 2015 我が家のCoulee de Serrantはかなり古いので、こんなに若いCoulee de Serrantを飲むのは久しぶりだ。 15のためか?やはり果実味豊かで硬くなく、ミネラルや酸がきつくない。 軽めではあるが既に柔らかく飲みやすい。 魚はソースに魚醤を使っているが、シュナン・ブランの柔らかい甘さが良く寄り添う。 フカヒレと蟹の煮込みの旨味の強い濃厚な味わいにも合う。 更に熟成したシュナン・ブランならより合う?と感じた。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2015)
  • 3.0

    2018/04/12

    (2007)

    伝道師...

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2007)
  • 4.0

    2018/04/12

    (2010)

    だいぶ前に飲んだヤツだけど かなり美味しかった記憶が! 結構な衝撃だったな~♪

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2010)
  • 4.0

    2018/01/13

    (2013)

    アタックは柔らかい。中間からしっかりとした酸、厚みのあるミネラル、塩味。カリン、蜜、ジャスミンティー、ジンジャー…様々な要素があり、とても複雑。 長い余韻。 面積7hのクレ ド セランの畑。ニコラ・ジョリー氏の言葉「美味しいワインである前に、その土地固有の繊細さを表現した本物のワインでなくてはならない」

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2013)
  • 3.5

    2017/12/23

    (2013)

    銀座のフレンチ。クリスマス特別メニュー。素晴らしいです。

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(2013)
  • 3.5

    2017/12/21

    (1997)

    三宮の夜その3、気を取り直して当方の持ち込み二本目、ロワールの奇才、ニコラジョリーのフラッグシップ、クロドラクーレドセラン97年です。こちらでブラインド攻撃を仕掛けます。(顛末は先方投稿にて(笑)) 意外に激しいブリザードでもなく、素直に楽しめる白でした。 まさか次にあの化け物が出るかとは思いませんでしたが(爆)

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(1997)
  • 4.0

    2017/12/21

    (1997)

    くれぺんさんと白ニャンコ部隊 ジビエオンパレード✨

    ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン(1997)