Dom. Leflaive Meursault 1er Cru Sous le dos d'Ane写真(ワイン) by 白猫ホッサー

Like!:92

LLLLLL

REVIEWS

ワインDom. Leflaive Meursault 1er Cru Sous le dos d'Ane(2009)
評価

3.5

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
詳細
シチュエーション
飲んだ日2019-08-17
飲んだ場所レストラン
買った日
買った場所
購入単位
価格帯
価格
インポーター

COMMENTS

白猫ホッサー

これはとある国で起こったお話です。 え○嬢はとある国の裕福な家に生まれました ところがえ○嬢に魔法使いの妖精の存在や動物たちとお話しできることを教えてくれた優しい母は若くして亡くなり、商人だった父は2人の娘を持った未亡人と再婚してすぐに病いに倒れえ○嬢には継母と2人の意地悪な姉たちに召使いのように扱われる日々が待っていたのでした。 部屋は屋根裏部屋で寒い夜は暖をとるために消えた暖炉の前で寝ることもあって姉たちに「灰かぶり」シンダーとあだ名されえ○嬢はシンデレムと呼ばれるようになったのです ある日その国の王子は結婚相手を舞踏会で選ぶとおふれがでました。 城で舞踏会が開かれ、姉たちは着飾って出ていきましたが、シンデレムにはドレスがなかったのです… ここは夙川のフレンチB 今夜の舞踏会の会場です。 テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン・ミレジメ2006 こ、ここのシャンパーニュは! 若かりし頃の私の舞踏会(結婚式)でふるまったもの! ちなみに結婚は何度でもして良いかと 私も1回目の舞踏会の時はドンペリでしたっけ(^-^;) トーストっぽいシャルドネ系の若干の甘み スッキリ系のコクとミネラルあってスターターには最適です(^o^) tomokazu泡王子の持ち込み 王子のファーストダンスが決まります(^o^) ブルーノ・パイヤール ル・メニル・ブラン・ド・ブラン・グラン・クリュ・ブリュット1990 フフフ、これはシャルドネ70%やな(^o^) え?ブランドブラン(^-^;) 最初シェリーぽい熟成で余韻にブリオッシュ!の甘味 徐々に黒糖じんわりまさにシャンパーニュの熟成! 素晴らしい! yamawaki猿岩石泡男爵の持ち込み ダンスフロアに華やかな光が差し込みます ドメーヌ・ルフレーヴ ムルソー1erCruスール・ド・ダーヌ2009年 そしてファースト白はSatoko Kamura九州方面白猫会支部長兼青鰓会幹部の持ち込み(^o^) この畑からはかつてドメーヌ・ルフレーヴ唯一の赤としてピノ・ノワールが植えられ「ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌ」の名で出されていました それを土壌学者の甘言に乗った前当主アンヌ・クロード・ルフレーヴが95年からピノ・ノワールを引っこ抜いてシャルドネへの植え替えを始めたのです。ブラニーのスー・ル・ド・ダーヌはムルソー側の1erCruとなり結果ルフレーヴ唯一の赤であったブラニーはドメーヌ唯一のムルソー1erCruとして初Vt.2000年からリリース。 以前同Vtを飲んだこともあってトロトロのタルタルを期待しましたが… スッキリ系のコクと旨味まるで新味系ムルソーそのもの(^-^;) 少しぬけてるのか閉店ガラガラお休みでしょうか? ルフレーヴは時々これがあるので難しいです(>_<) でも温度とともに香り立つ芳醇なラムネ香熟成香は素晴らしく流石にルフレーヴ、熟成の谷間でしょうがすごいポテンシャルです(^o^) 料理は 鳥胸肉のムース トマトのガスパッチョのシャーベット 水ナス・魚ヨコワなどひいて ボリューミーな夏らしい前菜 どんどん進む舞踏会 さて主役のシンデレムは間に合うのでしょうか? 続く(^o^)

白猫ホッサー

L

98の赤は飲みましたが、白は経験ありません。 赤をとって置いてVINICAで「マボロシー!」と言ってみたかったですね。(笑)

chambertin89@X-BLACK

L

chambertin89@XXX指定さん、 基本的に同じ畑ですからねえ ピノ・ノワールをシャルドネにってね 代わりに言ってあげますね 良い マボロシーーーーーーーッ!汁を お飲みです でルフレーヴってビオディナミですからねぇ97年から完全移行 やっぱり自然派とは呼ばれてませんが実は結構不安定なところがありますね、どうしても(>_<)

白猫ホッサー

L

確かにムルソーの代名詞的なトロトロ感は無く、 10年経っても瑞々しさを感じたぐらいでした! '09良い年だからいつでも万全の体制ではなく休眠 を繰り返し熟成するのだと学びました(*^^*) 飲み頃ムルソーや同じヴィンテージの畑違いなど を飲みたいですね〜〜✨白道精進します♡

Satoko Kamura

L

Satoko Kamura九州方面白猫会支部長兼青鰓会最高幹部、 いやいやルフレーヴのムルソー09年、えもいえぬ香りに抑制気味な果実味の甘味とひきたつミネラル感ととてもポテンシャル高い一本でした(^o^) ただ私なんかは同Vt.のルフレーヴのムルソーの本当の凄さを知っているのでちょっと閉じ気味で固さを感じた次第です。 ルフレーヴの実力はこんなものではなく半端ない美味しさです。 おそらくはいわゆる熟成の谷間でしょうがそれでもこれだけの味わい、いや参りました(>_<) 流石にルフレーヴです。 良い白汁を勉強させていただきました

白猫ホッサー

白猫ホッサー
白猫ホッサー

OTHER POSTS

  • L
  • L
  • L
  • L
  • L
  • L