De Wetshof Bateleur Chardonnay写真(ワイン) by iri2618

Like!:91

LLLLL

REVIEWS

ワインDe Wetshof Bateleur Chardonnay(2016)
評価

2.5

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
詳細
シチュエーション
飲んだ日2021-04-11
飲んだ場所自宅
買った日
買った場所CAVE de L NAOTAKA
購入単位
価格帯
価格
インポーター都光

COMMENTS

iri2618

2016 デ・ウェホフ バトラー シャルドネ ロバートソン・ヴァレー ウェスタン・ケープ/南アフリカ 日曜日のワイン。ウェホフ祭りの5本目、これが最後のワインです。 連れ合いと2人で観はじめた「愛の不時着」もエピソード16、最終回まできました。 よく練られた脚本で、韓国と北朝鮮の現実を上手く生かした不可能設定や登場人物のわかりやすいキャラの造形&割り振り、細かい伏線とその回収、カメオ出演を含む絶妙なキャスティングなどなど、ツボを押さえた演出と併せて楽しませてもらいました。 この夜、ドラマを観ながらいただいた「バトラー」も、実に盛り沢山な魅力をまとったワインでした。 まず瓶が重いですね(笑) 見た目は普通ですが、ズッシリと持ちごたえがあり、クロージャーの、全長50mmの天然コルクも上質で「中身」への期待を唆られます。 外観は照りの強い黄金色。透明度&輝度も申し分なく、ゴージャスな見た目です。 ラルムはぼってりしたタイプでグラス越しの景色が涙色に滲み、粘性は非常に高そう。 パイナップル、パッションフルーツを思わせるトロピカルフルーツ香がグラスからこぼれますが、香りの基調は黄桃や花梨、杏といった黄色い果実です。 グレープフルーツや小夏のような苦みを含んだ柑橘も盛大に香ります。 順不同に、黄色い花、蜂蜜、生姜、カスタードクリーム、焦がしバター、麦わらといったイエロー〜ライトブラウン系の色彩を帯びた香気がカラーパレットを満たして、大胆な筆使いで嗅覚を塗りつぶす感じ。 ワインを口に含むと、先ず、舌をコーティングするような、非常に滑らかで緻密なツルツルした質感に驚かされます。 味覚的には豊富な酸と苦味、そして塩味がつくるがっしりした骨組みががあり、そこに香り通りの果実の旨みやナッツ系の香ばしさが乗り、さらに赤林檎や蜂蜜の「蜜感」が加わります。 飲み進めていくにつれて口の中に小さな「塔」が組み上がっていくような、不思議な立体感のある味わいです♪ 余韻は蜜のトーンが支配し、微かな塩味や心地よい苦みが彩りとなって、長く長くそして長く続き、優しくフェイドアウトしていきます。 いやあ、美味しいですね。 ドライ且つ芳醇、重厚感がありながら軽やかさを感じる酒質は、やや高めの室温に近い辺りで本領発揮となるようで、セラーや冷蔵庫から出したら、抜栓して温度が上がるのを待つかデカンタージュするのが良さそうです。 セット買いしたデ・ウエホフのシャルドネシリーズもこれにて大団円ですが、締め括りにいただいたバトラーは「祭り」の掉尾を飾るに相応しい、堂々たる千両役者ぶりでした。

iri2618

L

これは美味しそうですね〜✨ 気になります(^^)! 温度を上げつつ、ゆっくり楽しむと いろいろな側面に出会えそうですね♪

ほろ苦ココア

L

ほろ苦ココアさん こちらはシャルドネ専門のワイナリーなんですが、レスカというミッドレンジのアイテムを除いた4種類のアソートセットで上から下まで飲んでみました。このバトラーは最上級のワインになりますが、同一線上の味わいながら他とはまったく異なる次元のクォリティで、その差に唖然としました? ちなみにバトラーとは、タロットカードの「魔術師」のことみたいですね♪ 本当にマジカルなワインだと思います(苦笑)

iri2618

iri2618
iri2618

OTHER POSTS

  • L
  • L
  • L
  • L
  • L
  • L