Ch. Montrose写真(ワイン) by Marcassin

Like!:68

LL

REVIEWS

ワインCh. Montrose(1989)
評価

4.5

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
詳細
シチュエーション
飲んだ日2021-03-09
飲んだ場所
買った日
買った場所
購入単位
価格帯
価格
インポーター

COMMENTS

Marcassin

少人数での久しぶりのワイン会。 ルージュ・フライト3本目は、シャトー・モンローズ1989年を頂きました。 1950年代、そして61年以降の傑出した出来のモンローズは、この89年と90年。 90年は本当に素晴らしい思い出ですが、89年は早くも9ヶ月振りの再訪です。 こちらも頂く前に2時間のデキャンタージュを行いました。 少しブリック・レッドなニュアンスを感じるダークなガーネット色。 色調同様にダーク・フルーツの層厚めな果実にシーダーなどを感じますが、とてもタイトなアロマの印象。 凄い黒果実の凝縮感。甘い果実味ながらもとても硬くタンニンも詰まり、ボディの大部分を締めていますが、余韻に香るベルガモットの香りなど素晴らしい要素が満載。とにかく深遠なワインで中々底辺まで見せてくれず、皆の関心はオー・ブリオンへ。 会の終わりにエルミタージュ同様に残りを頂戴し持ち帰り、翌日頂いてみましたら、大変素晴らしい変化を遂げておりました。昨年6月にも‘89モンローズ頂いていますが、そちらのボトルはとても前向きだった様に思います。ただ未だ本当の飲み頃は先の様に感じられました。 オー・ブリオンもモンローズも、オーナー・地域とも違いますが、同じ支配人。モンローズは90年の方がもてはやされているかもしれませんし、そういう意味でとても偶然且つ興味深い飲み比べでもありました。

Marcassin

L

Marcassin大先生、こんにちは。 これまた凄いワイン! 確かに硬くて開かないワインの代表! 89にして2時間前に抜栓、デキャンタージュ! えぇ〜ワイン会でんなぁ〜! やはり、Marcassin大先生はスケールが違いまんな?

Katsuyuki Tanaka

L

Katsuyuki Tanaka大先生 ありがとうございます。 モンローズと言えば1990年と言う感じでしたが、久しぶりに89年を頂いてみますと、隠れたポテンシャルをとても感じてしまいます。 何も計画制の無いテーマで取り敢えずフランス・ワインでという事で持ち寄るのですが、さらっとこう言うワインが出て来てしまうのです。 本当にワインのご縁に感謝ですね。

Marcassin

L

Marcassin様、 2年ほど前に同じくch.モンローズ'89をいただきましたが、2時間前のデキャンタージュとは‼︎ あの日は、ワイン会の始まりにそれぞれ自分の持ち込みワインをデキャンタしただけでした。 すごい美味しかったことしか覚えていませんが、オフヴィンテージ認定などして‥ 駄舌です。 (//∇//) まだまだワインの可能性を開ききれなかったかもと思うと恥ずかしいです。 \(//∇//)\

aiaisarusaru

L

aiaisarusaruさま ありがとうございます。 デキャンタージュも確たるものがなく、だいたいこんな感じかなぁと限られた状態の中でするしかございませんね。 ワインは同じケースの中でもボトルの差がとても出ると思います。 でも結果美味しく頂けたのなら全て良しだと思います。 ’89年のボルドーと申しますとシャトー・オー・ブリオンがとても素晴らしいと思います。自分にとって全ての五感全てを奮い立たせてくれた少ないワインの中の筆頭格です。 本当に私達はギリギリで良い時代にワインを飲み始めたと痛感する今日この頃です。

Marcassin

L

Marcassin様、 私も'89のオーブリオンを10年以上前、多分震災の前だと思いますが、いただきました。 ワインを預けてあるNワインの主人が、興奮の面持ちで、「この前呑んだ'89のオーブリオンがものすごく美味しかったから、絶対呑んだ方が良いよ」とおっしゃられたので、さっそく最上位様とアンジェさんで頂きました。 素晴らしく美味しくて、翌日Nワインさんに報告したことを思い出します。   ワインは、いつも出会いです。 感謝しかありません。

aiaisarusaru

L

aiaisarusaruさま さすがお飲みになられていたのですね‘89オー・ブリオンを。 私は今迄3度程頂いて来ておりますが、あんなに凄いワインですが、閉じている事が一度もなく、毎回正にヘブン状態です。’89年はアッサンブラージュで85%がカベルネ・ソーヴィニヨンと言う普段の約倍の割合で、残りがメルローという殆どポイヤックみたいなワインですね。 そしてあの‘89年はいつになったら飲み頃になるのか想像も付かない素晴らしいモンスターでもあります。 ご夫婦で沢山の思い出に残るワインを飲まれて来て、とても素敵だと思います。

Marcassin

L

こちらも亀レスですが昨年白猫様対決で持って行ったモンローズ90は抜栓したお店の方から恐縮気味にデカンタージュ不要ですと言われたので本当かいな、と思いましたが満開の薔薇でした(笑) モンローズの双璧と云われる89と90はそれぞれキャラクターがかなり異なるようですね~。

くれぺん

L

くれぺんさま ありがとうございます。 私も昔‘90のモンローズを頂いた時はデキャンタージュしませんでしたが、最初から全開だった感じが致します。 今回の’89ですが、デキャンタージュ2時間致しましたが、そこにあるけど、少し遠い感じがして、会の最中はあまり開いてくれなかった感じが致します。でも翌日はクラシックな感じを堪能させて頂きました。 本当におっしゃる様にこの2つのヴィンテージはとても違うキャラクターだと思います。

Marcassin

Marcassin
Marcassin

OTHER POSTS

  • L
  • L
  • L
  • L
  • L
  • L