Champagne Charles Tibert Brut Grand Cru Mailly写真(ワイン) by iri2618

Like!:92

LLLLLL

REVIEWS

ワインChampagne Charles Tibert Brut Grand Cru Mailly
評価

2.5

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
詳細
シチュエーション
飲んだ日2021-04-04
飲んだ場所自宅
買った日
買った場所CAVE de L NAOTAKA
購入単位
価格帯
価格
インポーター都光

COMMENTS

iri2618

NV シャルル・ティベール ブリュット グラン・クリュ マイィ モンターニュ・ド・ランス シャンパーニュ/フランス 日曜日に抜栓したワイン。 「いまさら」ですが、最近、連れ合いと2人でNetflixの「愛の不時着」を観始めました(笑) 日曜日は、私の所属している某団体の決算報告に向けた最終的な打ち合わせがあり、ヒーヒー言いながら仕上げた書類が無事承認されました。 後は監査を受け、総会で可決されれば新年度が動き出すことになります。 夕方までかかった打ち合わせの後、自宅近くのバカ安居酒屋で静岡おでんやモツ焼きの晩ごはんを食べ、帰宅後に「不時着」を観ながら開けたワインがこちら。 ちなみにこのワインは、熟成ミュスカデとバロナークのAOCリムー赤、コールドストリーム・ヒルズのピノ・ノワールと合わせた4本に、さらにロゼシャンパーニュのおまけ付き9800円(+税・送料無料)という「持ってけドロボー!」セットの中の1本(笑) キャップシールやミュズレは極々普通、エチケットのデザインも高級感を狙いながらそれほど上手くいかなかった印象で、ヴィジュアル的には何の面白みもありません(苦笑) 抜栓時のガス圧も普通でトキメキはありませんが、中身はなかなかのものでした! シャルドネ50%、ピノノワール50%という品種構成で、外観は輝きが強く透明度の高いゴールド。 泡立ちはキメが非常に細かく、初速に勢いがあります。 グラスはイタレッセのリチャード・ユリーン オプティマムを選択しています。 このグラス、丈夫なマシンメイドなので、実際にカチンとやる乾杯や、香りや味わいの特徴を「尖らせる」傾向が強いため、酔っ払ってからシャンパーニュを飲むのに適していると思います。 香りは、熟した赤リンゴ、ブリオッシュ、ジュニパーベリー、レモンタルト、柚子の皮、蜂蜜、サンダルウッドなどなど、密度が高く複雑でゴージャスです。 口に含むと、当たりの柔らかな泡の刺激。滑らかでコクがあり、ボディの強さやしなやかさを感じるテクスチャは官能的。 バックラベルによればドサージュは8gr/l。しかし、その割にはしっかりと甘さを感じます。 柔らかいのに効きめの強い酸が印象的ですが、味わいの中心にあるのは果実感ではなく、はっきりした塩味と苦味を伴う鋭角的なミネラル。これがこのワインのコアのように思いました。 舌を絡め取るような感じの、芯の強い味わいで、余韻が長いですね♪ これで1本あたり2000円未満というのは、実にお買い得でした。 しかし安さもさることながら、まったく知らない生産者との素晴らしい出会いが嬉しいもの。こういう「未知との遭遇」も、セットならではの醍醐味ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

iri2618

iri2618
iri2618

OTHER POSTS

  • L
  • L
  • L
  • L
  • L
  • L