Curly Flat Pinot Noir The Curly写真(ワイン) by Lara

Like!:18

REVIEWS

ワインCurly Flat Pinot Noir The Curly(2013)
評価

4.5

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
    詳細
    シチュエーション
    飲んだ日2019-09-09
    飲んだ場所
    買った日
    買った場所
    購入単位
    価格帯
    価格
    インポーター

    COMMENTS

    Lara

    Curly Flat The Curly Pinot Noir 2013 - Macedon, VIC, Australia (screwcap; 13.7% alc.)

    Lara

    L

    もうこれは何というか、私が求めている要素を全て持っている感じです(^.^)♡。まだ若干若かさがありますが、開放されてどんどん綺麗になっていくところがまたnice❣️ 外しませんね、か〜り〜xx♡

    Lara

    L

    (補足情報です) Curly Flatでは、2010年に「The Curlyプロジェクト」が開始され、そのコンセプトとは、酒造の工程に変化を加えることで同じワインから違った表情を引き出すことのようです。つまり、The Curlyの冠がついたワインは、葡萄を変えてないため、いわゆるリザーブ・ワインではないことをワイナリーの方々は強調していました。 ということは、飲む側によってThe Curlyがよかったり、通常のCurlyの方が好みだったりするわけですね。 この2013のThe Curlyの特徴は、100% “新しい” French oakを使用していることと、100% “whole bunch”(全房発酵)であることのようです。(それと、樽にかかる費用で値段も若干高く設定しています。)そもそも2013年は、Macedon地区では稀に見る優良の年、リッチで風味豊かなワインが特徴で、通常のCurlyもきっと美味しいと思います。けれどwhole bunchラブな私は、豊満なピノよりも、スパイスの効いた落ち着いたピノの方が好きかな(^^)♡

    Lara

    L

    2013のウィリアムズ・クロッシングを飲んで初めてカーリー・フラットのことを知りましたが、それがとてもセカンド・ラインのワインとは信じられないレベルのワインでした。2013年はマセドンにとって素晴らしい年だったのですね! ザ・カーリーを入手するのは難しそうですが、せめて普通のカーリー・フラットと出会いたいものです(๑˃̵ᴗ˂̵)

    iri2618

    L

    iri2618様 過去ポスト読ませていただきました。 ベタ褒めですねー!なんか嬉しいです(^^)✨ そういえば、iriさまオススメのゲヴェルツ、今週末に届く予定です。何と合わせたら良いですかねぇ…楽しみです!

    Lara

    L

    オーストラリアのピノは未経験ですがとても良さそうで気になります(^○^)

    wataru_

    L

    wataru_様 私が言うのもあれですが、偏見なしで美味しいですよー✨ (ちなみにNew WorldのピノはNZやオレゴンも好きです♪) Ausのピノを初めて試されるのなら、(上のiri2618様もお勧めされている)Curly Flatのセカンド Williams Crossingがその年の特徴が分かりやすくて良いと思います!

    Lara

    L

    Laraさん バーンワルトのナチュールですね! 私が飲んだことのあるゲヴュルツの中では、いちばんドライでフローラルでスパイシーなワインでした。とてもお料理に合わせやすいワインだと思います。私が合わせたのは、白桃とモッツァレラに生ハムを乗せたナマモモモツでした。レモン風味のオリーブオイルとバルサミコを回しかけ、黒胡椒を粗くガリガリ挽いてトッピングにしましたが、堪らない相性でした♡ 桃に限らず、フルーツを使ったお料理全般、例えば白身魚のカルパッチョとグレープフルーツを組み合わせたものなども美味しくいただけそうですよ‼︎ 香りの傾向からはタイやベトナム、インド系のスパイシーな料理も合いますね♪ 甘みがあまりないので、辛すぎるものは避けて、ほどほどな刺激のタンドリーチキンやビリヤニなども良さそうです。とにかく香りが面白いので、いろいろ試してみたくなるワインです(๑˃̵ᴗ˂̵)

    iri2618

    Lara
    Lara

    OTHER POSTS

    • L
    • L
    • L
    • L
    • L
    • L