Quattro Passi Appassimento Rosso
クワトロ・パッシ アパッシメント ロッソ

3.00

3件

Quattro Passi Appassimento Rosso(クワトロ・パッシ アパッシメント ロッソ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • プルーン
  • ブラックチェリー
  • ブラックベリー
  • シナモン
  • レーズン
  • イチゴジャム

基本情報

ワイン名Quattro Passi Appassimento Rosso
生産地Italy > Veneto
生産者
品種Corvina (コルヴィーナ), Rondinella (ロンディネッラ), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ)
スタイルRed Wine

口コミ3

  • 3.5

    2022/10/23

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    イタリアはヴェネト州産コルヴィーナ(35%)、ロンディネッラ(35%)、メルロ(15%)、カベルネ・ソーヴィニォン(15%)品種の赤ワイン。税込み約¥2.8k- 葡萄感満載のパープルレッド。レーズン効いたマル〜イ甘さで酸を包み込む粘性の果実味がたまらない。味よしコスパ良し。チキン皮めパリパリにソテーで美味しくいただく。濃い目味の料理にも負けない力強い赤ワイン。 コーヒー園で働く褐色の肌に真っ白な歯が光るひとなつっこい笑顔のファーマー・マッチョ。スレンダーながらも筋肉えくぼはガッシガシ。ボトルはボテっとしてっけどねー。 ◆コルヴィーナ【Corvina】 コルヴィーナは主にヴェネト州ヴィローナ県で栽培される黒ブドウ品種。また『コルヴィーナ・ヴェロネーゼ』とも呼ばれることがある。ヴァルポリチェッラD.O.C. またアッパッシメントして生産されるアマローネとレチョート※に欠かせない品種。濃い赤色、程よい酸味、軽いタンニンが特徴的。 ※ レチョート、パッシートは陰干しする手法、もしくは陰干ししたワインに使われる単語だが、アパッシメントは基本、陰干しする手法としてのみ使われる単語。 パッシートは収穫後の葡萄を陰干しして造るワインのこと。ヴェネト州のもので甘口はレチョート、辛口はアマローネと呼ばれている。 ◆ロンディネッラ【Rondinella】 イタリア原産の黒ぶどう品種。ヴェネトで多く栽培され、程よい酸とタンニンがあり混醸用として用いられる。ヴァルポリッチェラやアマローネなどに使用される。 ●「APPASSIMENTO(アパッシメント)」 イタリアワインの製法のひとつ。収穫したブドウを陰干しして水分をとばすと、レーズンのようにしわしわになる。このとき、ブドウは糖度や旨味がギュッと凝縮されている状態。それを絞って醸造すると、濃厚で非常にリッチなワインに仕上がる。 〜「アパッシメント」と「アマローネ」の違い〜 イタリア・ヴェネト州のヴェローナにあるヴァルポリチェッラでで作られる房選び・粒選びされた葡萄を「アパッシメント(陰干し)」して造られたのが 「アマローネ」。 当然品種も製法も決められている。  ・陰干し期間:3-6ヶ月  ・熟成:2年以上の樽熟成+6ヶ月以上の瓶熟成  ・葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、   モリナーラの3種の使用必須 シャンパーニュで作られた物しか「シャンパン」と呼べない様にヴァルポリチェッラでアパッシメント された葡萄を使い、決められた製法、品種で造られたものだけが『アマローネ』と称される。 ◆メルロ【Merlot】 フランスのボルドーを原産地とする赤ワイン用ぶどう品種。同じボルドーの代表的なぶどう品種であるカベルネ・ソーヴィニョンに比べると、色はやや朱色を帯びており、香りはカベルネ・ソーヴィニョンがヴァイオレットやブルーベリーのような、フローラルな香りがするのに対し、メルローはプルーンのような、熟した黒い果物の香りがすると言われている。 味は、カベルネ・ソーヴィニョンほど、酸味やタンニンは強くなく、芳醇でまろやかな味わい。

    クワトロ・パッシ アパッシメント ロッソ
  • 3.0

    2021/12/24

    クワトロ・パッシ アパッシメント ロッソ
  • 2.5

    2021/12/11

    (2016)

    クワトロ・パッシ アパッシメント ロッソ(2016)