Quarisa Johnny Q Nouveau Red Blend 2022
クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー

2.88

12件

Quarisa Johnny Q Nouveau Red Blend 2022(クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • ブラックチェリー
  • イチゴ
  • ラズベリー
  • ブルーベリー
  • プルーン
  • 紅茶
  • サフラン

基本情報

ワイン名Quarisa Johnny Q Nouveau Red Blend 2022
生産地Australia
生産者
品種-
スタイルRed Wine

口コミ12

  • 2.5

    2023/01/14

    (2022)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    オーストラリアのヌーボーということで買ってみた フランスのヌーボーよりは 赤ワインっぽい

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー(2022)
  • 3.5

    2022/12/18

    (2022)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    成城石井がボージョレが円安で高過ぎるために、代わりに打ち出したオーストラリアの新酒。シラー主体でアサンブラージュしたワインで甘み酸味渋みがいい感じのバランス。香りもいい。へたなボージョレよりは絶対美味しい。

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー(2022)
  • 2.5

    2022/12/10

    (2022)

    価格:1,980円(ボトル / ショップ)

    ガイアの夜明けで紹介していた、オーストリアのヌーボーを試す。カリフォルニアのジンファンデルのような甘味と、舌の奥でメルローのような重厚さも感じ、香りはガメイっぽいイチゴジャム感も。複雑さというか、混ぜたwという感じがする。バランスは悪くなくて飲みやすいんだけども。

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー(2022)
  • 2.5

    2022/11/30

    (2022)

    実家で恒例BBQに持参した成城石井のオーストラリアヌーヴォー2022 出汁感溢れる

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー(2022)
  • 3.0

    2022/11/29

    (2022)

    ビジネス番組で成城石井の特集があって注目。円安と燃料高でボジョレーヌーボーの高騰が予想されたため、成城石井のバイヤーが試飲を重ねてオーストラリアから調達とのことで期待。 結果。 一口でわかるよシラーズやん!ガメイのボジョレーヌーボーとは違いすぎる。シラーズ抜きで、ピノだけで作ったらまだガメイに近かったかも。 高騰でボジョレーヌーボーが買えない成城石井の顧客のための代替じゃなかったのか? 来年のためにオーストラリアでガメイを作付けしたほうがいいでしょう。

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー(2022)
  • 3.0

    2022/11/27

    ガイアの夜明けかなんかで成城石井のバイヤーに密着してて、オーストラリアからたくさん輸入したと聞いたのですぐ買いに行くなど。ミーハー。今年はボージョレ・ヌーボー盛り上がらないなあ円安だしなあと思っていたところなので、こっちにしてみた。ボージョレはいつもなんかがっかり、な印象(友人曰くあれは行事食だから旨いかどうかではない御屠蘇だと思え、だそうだが)オーストラリアのヌーボー美味しいじゃないですか。なんかこう、わかりやすい(笑)複雑で繊細なのようわからんので、こういうわかりやすく旨いの好きです。

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー
  • 2.5

    2022/11/10

    新酒らしいフレッシュ感を残しつつも、 ほどよい熟成を経てまろやかさ加わった味わい

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー
  • 2.5

    2023/02/04

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー
  • 3.0

    2022/12/18

    (2022)

    価格:2,189円(ボトル / ショップ)

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー(2022)
  • 3.5

    2022/12/17

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー
  • 3.5

    2022/12/12

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー
  • 3.0

    2022/12/05

    (2022)

    クアリサ ジョニー・キュー ヌーヴォー(2022)