Prunotto Barolo
プルノット バローロ

3.23

339件

Prunotto Barolo(プルノット バローロ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • ブラックチェリー
  • ラズベリー
  • スミレ
  • プルーン
  • イチゴ
  • ブルーベリー
  • バラ

基本情報

ワイン名Prunotto Barolo
生産地Italy > Piemonte
生産者
品種Nebbiolo (ネッビオーロ)
スタイルRed Wine

口コミ339

  • 3.5

    2022/10/10

    (2016)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    リピートです。 華やかな香り。強めのインパクト。 口に含むと溢れんばかりにフワッと香りが広がり、長い余韻に浸れます。 やはり王者バローロ。貫禄さえ感じます。

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.5

    2022/09/09

    抜栓直後のグラスには、いちごジャムの香りがふんわりと溜まりその後もチョコレート、ベリー、ジャム、狐色のパン、などグラスに鼻を沈ませるのが楽しい。 色味的にはガーネットとルビーの中間位では有るが光の具合によってはオレンジ色を感じる。 軽やかながら滑らかな舌ざわりと一緒に広がる甘味、 舌へ優しい浸透力のタンニンに溶け合った酸味。 少量のイースト、カカオパウダー、花ぽさ、さくらんぼ、柑橘ぽいニュアンス、ピーチ、垂れた頃白胡椒など。3.7 抜栓直後の若い輝きを見て一瞬これは自分の好みでは無いと思った事をここで反省致します(笑)。 料理は、涼しくなって来たので久しぶりに焼き肉と 一口ステーキをジュウジュウ♪、万願寺とうがらしを焼き焼き、またまた食べれたトウモロコシ、枝豆など。チーズも買ったけどもう満腹でしゅ。

    プルノット バローロ
  • 4.0

    2022/09/02

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    パローロ。淡い赤紫色。こんな色の赤ワインは初めて。口当たりはまろやかで余韻もあり。上品な味わいでホント美味しい。

    プルノット バローロ
  • 3.0

    2022/08/30

    (2015)

    プルノット バローロ 2015 ピエモンテ ネッビオーロ。ブラックチェリー・ベリー、薔薇、スパイス、プラム、干し肉、紅茶っぽさも少し。タンニンや酸も落ち着いていました。時間を置きすぎると、少し果実味など味わいが落ちるかなという印象もありましたが、美味しくお料理と合わせて頂きました。

    プルノット バローロ(2015)
  • 4.0

    2022/04/25

    非の打ちどころのない味。同じ所のバルバレスコは酸っぱくてイマイチだったけど、こちらはめちゃくちゃ美味しい。

    プルノット バローロ
  • 3.5

    2022/03/30

    (2017)

    プルノットのバローロ2017 香水を思わせる華やかな香り。しっかりしてはいるけれども伸びの良いタンニンが後を引くというか〆てくれる。 うれしーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

    プルノット バローロ(2017)
  • 4.5

    2022/03/13

    とてもバランスが良いエレガントなワインです。果実味がまずあって、あとからタンニンやさしいコクが余韻に残ります。

    プルノット バローロ
  • 4.0

    2022/01/19

    (2016)

    価格:7,150円(ボトル / ショップ)

    時間と共に変わる香りが素晴らしい ネッビオーロ100% 淡い赤が魅力的

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.5

    2021/12/18

    (2016)

    デキャンタした後の香りの強さ、飲んだ後の余韻の長さがとても印象的。渋み、苦味を感じながら楽しんでます。

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.5

    2021/12/05

    チャーミングだなぁ。珍しく2日かけて飲みました。そしたら、よりなめらかで、大人っぽくなっていました。これ美味しいなぁ。香りもいいし

    プルノット バローロ
  • 4.0

    2021/11/22

    (2016)

    いい夫婦の日に開けたバローロ、もうちょっと甘い方がよかっただろうか(笑) でも私は美味しい!!

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.0

    2021/10/24

    (2016)

    未だ控えめながら冷涼で薄く広がりのある香り 円やかで上品な口当たり 穏やかで柔らかな果実味が主体 細く長い後味の中に仄かな渋味と酸味 プルノット(Prunotto)は1923年にランゲ・ワイン協同組合をアルフレッド・プルノットが買い取り創立。 ピエモンテにおいてクリュの概念を初めて導入した生産者とのこと。 イタリア旅行をした際にレストランで頂いた初めてのバローロがプルノットの2011で、とても印象に残っていました。 数年経ち少なからずワインの見識も深まった現在、どのように感じるか不安も有りましたが、美味しく頂けました。 リストランテのようなお店では無かったと思いますが、コース料理の出るお店だったので、サーブも良かったのかもしれません。2011の方が優しく広がりのある味わいだったように思います。思い込みかもしれませんが。 バローロ・ブッシアもいつか頂いてみたいです。 2016, 抜栓直後から, セラーで12℃

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.0

    2021/09/12

    久しぶりのバローロ。 淡い赤の見た目通り、飲み口もスムース。 物足りなさも感じますが、これはこれで良いかな。

    プルノット バローロ
  • 4.5

    2021/07/17

    2016のバローロとバルバレスコの飲み比べ。 エレガントさとまろやかさを兼ね備え美味だった。 ただ、正直に言ってバローロとバルバレスコの味の違いについてはまったく分からなかった(汗)

    プルノット バローロ
  • 3.0

    2021/07/16

    (2016)

    お呼ばれ会。路線違うけど、せっかくなんで御相伴。お肉にバローロ。あー、やっぱ美味いなぁ。肉はだんだんどれ食べても同じに感じてきたけどw バローロは上品だけど縁取りにオレンジが見られなかった。

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.0

    2021/07/02

    (2016)

    良い香りを感じる一本。まだ若かったですねぇ 美味しい一本でした

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.0

    2021/05/25

    (2016)

    バローロ 2016年 プルノット Eテカさんのトレジャーハンティング5等?だったかな。 ガーネットからチェリーやイチゴ、バローロのイメージとしては若干軽目なのかな? 我が愛するJuventusがリーグ最終節で勝利&CL出場権手に入れました㊗️ 最高です幸せ〜✨まぁいろいろあってまだ不確定ですが(笑) また現地で応援したいです♪

    プルノット バローロ(2016)
  • 4.0

    2021/05/23

    (2016)

    「1.3%」 エノテカのワインくじ、「トレジャーハンティング」で4回続けて5等が当たる確率を計算してみました。 学生時代は理数系ながらあまり得意ではないので、正しいかどうかは不明ですが。(笑) 因みに、今回の赤コースの総数2354本のみで計算しましたが、白泡コースは1800本でしたので、厳密に計算するともう少し確率は上がりそうです。 まあ2%以上という事はなさそうですので、改めて計算する気にはなりませんけど。 因みに特賞か1等が当たる確率は7/2354=0.29% 2等までだと14/2354=0.59% なので、豪華ワインが当たる確率よりは高いですが、100回に約1回なのであまりなさそうな確率ですね。 今日は先日のエノテカ、トレジャーハンティングの赤コースで5等として当たったこちらを。 プルノット 2016バローロ ネッビオーロはいくつか投稿していますが、バローロをVINICAに投稿するのは初めて。 思いの外、淡いルビーレッド。 赤い花(スミレ、薔薇)や赤いベリーの香り。 最初、少し酸味が控え目なピノ・ノワールみたいな香りのように思いました。 味わいも重くなく、酸味が弱いピノ・ノワールのようで、若いけれどそれなりに楽しめる印象。 アフターに乾いたタンニンは感じますし、しなやかでいて芯は強そうなのでまだこれからのワインである事は確かだと思いますが。 半分残して明後日のお楽しみに。 来週は事情により水・木が休みなので、月曜は休肝日で、火曜日は休日前で飲みます。(笑) 中1日置いた方が、このワインをより楽しめるかも知れない、というのもあります。 【5/25 2日目】 中1日置いてやや熟成感あるドライフルーツ、ドライフラワーのニュアンスも少し。 滑らかさが増して収斂性が少なくなり、良い感じです。(^_^) 【ショップ情報】 現在、アンティノリが経営しているプルノット。 プルノットの畑が位置しているのはランゲの中心地、バルバレスコやバローロから等間隔のアルバに流れるタナロ川の右岸。この土地はピエモンテの中でも最も美味しいワインを造ることで有名な場所とも言われており、近代的な設備を所有しています。土壌はマグネシウムやマンガンなどのミネラルが豊富な石灰質の泥灰土壌。約50haの畑はランゲとモンフェッラートの小さな区画に分かれており、ドルチェット・ダルバやバルベラ・ダルバ、ネッビオーロなどこの土地の伝統的なブドウ品種を栽培しています。 こちらのバローロに使用されているピエモンテの象徴的なブドウであるネッビオーロは、ときに「野獣のようなブドウ」とも言われ、酸がきつくタンニンが非常に強い、強烈な個性を持った難しいブドウ。しかしプルノットのワインは、いずれもモダンでスマートに仕上がっています。嗅いだ瞬間くらっとするようなバラやスミレのアロマと、鮮烈で凛とした美しい酸。飲む者を手招きするようなオープンな雰囲気、それでいて長命を予感させる分厚い構成があります。特にバローロは「力強さ」を表現した層の厚いワイン。歴史あるワイナリーにアンティノリ流の魔法をかけた、スタイリッシュでエレガントなワインを造り続けています。 【その他】 本日到着したワイン3本と昨日行きつけのショップで購入したシャンパーニュ。

    プルノット バローロ(2016)
  • 4.0

    2021/05/05

    (2016)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    昼からバローロ。 GW最終日&自宅隔離最終日のランチ。 Barolo Prunotto 2016 明るいルビー色、ネッビオーロの色合いです。 チェリー、ラズベリー、レザー、 タバコ、腐葉土、スパイス。 抜き栓後、暫く時間をおきました。 酸味とタンニン感が好みのバランス。 全体的に柔らかめでバローロというより バルバレスコに近い感じです。 まだまだ若いバローロですが 美味しゅうございます。 牛肉と野菜のピリ辛オイスターソース炒めを 作ってランチ。 妻推薦のコンビニスィーツで〆。 開放まで後11時間!!!

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.5

    2021/04/03

    (2012)

    ジャムっぽい感じ。 美味しいですね!

    プルノット バローロ(2012)
  • 3.5

    2021/03/04

    (2012)

    たまには北もいいね(*´∀`)ノ

    プルノット バローロ(2012)
  • 4.0

    2021/02/27

    (2016)

    価格:5,005円(ボトル / ショップ)

    エノテカオンラインイタリア赤ワイン5本セット30%オフ、2回目発注。

    プルノット バローロ(2016)
  • 4.0

    2021/02/18

    (2016)

    価格:5,005円(ボトル / ショップ)

    エノテカオンラインイタリア赤ワイン5本セット30%オフ。

    プルノット バローロ(2016)
  • 3.5

    2021/01/02

    (2016)

    華やかな香り。開くまで少し時間はかかりますが、開いた後はタンニンが滑らかになり、スパイシーなパンチと酸味がいいバランス。 焼き肉、ステーキなどと相性が良いかと思います。

    プルノット バローロ(2016)
  • 5.0

    2020/12/31

    (2016)

    フルーティ、変化する余韻

    プルノット バローロ(2016)
  • 4.0

    2020/12/13

    (2015)

    ヴィンテージ違えど変わらずやっぱり美味しい!

    プルノット バローロ(2015)
  • 4.0

    2020/12/05

    有楽町、エノテカ、ワイン検定後、祝杯。 バローロ、色は薄いが、タンニンは強い。

    プルノット バローロ
  • 3.5

    2020/11/13

    (2015)

    2015と若いけど香りが立っている、早飲みも出きるバローロ。イチゴ&ラズベリーの香り、柔らかな飲み心地。分かりやすく美味しい。色合いは若干アンバー。王と言うよりは女性的な優しい印象。 と思っていたら、数日冷蔵庫保管後にグッと重くなった。皮、ブラウンシュガー、薬草を感じる。貫禄あります。まだまだ若かったのね。

    プルノット バローロ(2015)
  • 3.0

    2020/09/28

    (2015)

    イチゴの香りがグラスから 外観は澄んだオレンジがかった赤 スムースな飲み心地、みずみずしい果実味、ビロードのようなタンニンが印象的 優しいと思いきやちゃんと味わうとしっかりした酸味と苦みが現れる 後に鼻の奥に梨のような香り 少し冷やして飲むととても喉越しが良い

    プルノット バローロ(2015)
  • 3.0

    2020/08/13

    (2015)

    初めてのバローロ! 先入観でタンニンは非常に強いと思っていましが、熟成のおかげなのか飲みやすいです。

    プルノット バローロ(2015)