Montevecchio Rosso
モンテベッキオ ロッソ

3.13

8件

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • ブラックチェリー
  • ラズベリー
  • プルーン
  • インク
  • アルコール
  • レーズン
  • ドライフラワー

基本情報

ワイン名Montevecchio Rosso
生産地Australia > Victoria
生産者
品種Lagrein (ラグレイン), Nero d'Avola (ネロ・ダーヴォラ), Negro Amaro (ネーグロアマーロ), Sagrantino (サグランティーノ)
スタイルRed wine

口コミ8

  • 2.0

    2018/01/13

    (2016)

    薄くてそこまで好みではなかった

    モンテベッキオ ロッソ(2016)
  • 4.0

    2017/12/19

    (2015)

    価格:2,950円(ボトル / ショップ)

    このワインはすごい。オーストラリアならではの発想。アリアニコにネロダーヴォラ、ラグレイン、ネグラマーロなどイタリア品種をブレンドしているわけですがイタリアでこのブレンドはありえないから最近やたらイタリア品種を植えるオーストラリアならではのワイン。 香りも味わいもイタリアとしか思えない。オーストラリア独特のユーカリの香りはなく、余韻に甘さが出ずにイタリア特有の甘酸っぱさが残る。 これは国の特徴より品種の個性が強いことを表します。こんなワインがブラインドで出ても絶対にイタリアと言うでしょう。 そして、やはり自分としてはアリアニコが好きなんだと再認識。

    モンテベッキオ ロッソ(2015)
  • 4.0

    2017/08/29

    (2015)

    このワインを何も言わずに飲んでオーストラリアと答えられる人はよほどオーストラリアに精通している人でしょうね。 自分なら間違いなくイタリアと答えます。イタリアにもオーストラリアにも特有の国に共通する香りがあるのに、このワインにはイタリア独特の香りすらある。 アリアニコのなせる業か。 タンニンはかなり強い。でもオーストラリアのミント香はありません。不思議なワインです。そして美味しい。 こんなのがブラインドで出てくると試験は大変でしょうね〜。

    モンテベッキオ ロッソ(2015)
  • 2.5

    2017/08/03

    (2016)

    頂き物。ANAのビジネスクラスでサービスされているものらしい。赤系果実味、酸味を中心としたまぁ飲みやすいバランスタイプ。機内で出されるものならこんなもんなんだろなという感じでしかない。

    モンテベッキオ ロッソ(2016)
  • 3.0

    2017/03/21

    (2016)

    モンテベッキオ ロッソ(2016)
  • 3.0

    2017/02/10

    (2016)

    モンテベッキオ ロッソ(2016)
  • 3.0

    2016/11/26

    (2016)

    モンテベッキオ ロッソ(2016)
  • 3.5

    2016/10/19

    (2016)

    モンテベッキオ ロッソ(2016)