Marc Kreydenweiss Andlau Riesling
マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング

3.16

184件

Marc Kreydenweiss Andlau Riesling(マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 青リンゴ
  • グレープフルーツ
  • 白い花
  • レモン
  • 赤リンゴ
  • マスカット
  • 洋梨
  • オレンジ

基本情報

ワイン名Marc Kreydenweiss Andlau Riesling
生産地France > Alsace
生産者
品種Riesling (リースリング)
スタイルWhite Wine

口コミ184

  • 3.0

    2021/08/08

    (2018)

    ゲヴェルツのオレンジが美味しかった クライデン ヴァイス リースリングはどうだろう。 白桃の香りがリースリングらしく、 硬質なミネラルもまた産地らしい質感。 バランスという観点では 果実味よりもミネラルが勝ってるか。 あと、豆感が 最後まで抜けなかったなぁ。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2018)
  • 3.0

    2021/02/14

    (2001)

    ビンテージ2001。2000も飲んだが2000より古酒感強し

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2001)
  • 3.0

    2020/12/12

    (2018)

    価格:11,000円(ボトル / ショップ)

    キリッとした酸味しっかりめのリースリング。おいしゅうございました。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2018)
  • 3.5

    2020/10/22

    (2017)

    白はお勧めのリースリングを飲んでみます。 ファーストタッチはお約束のペト香を感じましたが、すぐにバニラやジャスミンなどコク甘の香りを纏って中々美味しいリースリングです。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2017)
  • 2.5

    2020/10/14

    (2017)

    価格:2,270円(ボトル / ショップ)

    マルク クライデンヴァイス ‘17 アンドロー リースリング アルザスのリースリングを飲むのは久しぶり。 ボンタンアメ、金柑、少し石油系の香り。 オイリーな口当たり。 グレープフルーツの果実味と苦味。 まろやかな酸と適度なミネラル。 残糖感なくドライな味わい。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2017)
  • 3.0

    2020/03/31

    (2016)

    表参道レフェルヴェソンスに初訪問。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2016)
  • 2.5

    2019/08/15

    思いがけず届いた本の贈り物♡*゜ 本を通して心の一部を交換したような そんな気恥ずかしさとロマンティック 私が好きなものを知ってくださっている喜び 本をなぞるように新潟県へ ❥手仕事❥の温もりを感じたくて 出掛けてみます。その5。 本には載っていない佐渡島へ寄り道。 ❥❥ワイン醸造家でフランスから移住したジャン・マルク・ブリニョさんと聡美さんが営むビストロへ。 高速艇が満席で乗れなくて(予約してなかったぁ…涙)、カーフェリーで2時間半…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` ) 佐渡では、景色や夕陽を楽しみながらバスで移動のはずが、タクシーに…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` ) 予約の時間に遅れてしまったけど聡美さんは 「大丈夫だったぁ~?ようこそ~♥」ってキッラキラ✨の笑顔で迎えてくれました。 お料理は聡美さん担当。 畑で採れた野菜や地元の魚を使ってくれます。とっても美味しくてワインがすすむ~♥ ブリニョさんがお料理を運んでくれる贅沢♥ ワインは、ブリニョさんが手掛けたものありますか?って聞くと、今はくまコーラしかないの…と寂しそう。 くまコーラは、実は友だちが営むバーでいただいて…その友だちというのがブリニョさんのワインに魅せられて脱サラしたBくんで… と説明すると 「あーーーワオ♥」とピンときてくださり、ブリニョさんに私のことを説明してくださいました。 私は、Bくんがブリニョさんとの約束を守って自分が厳選したナチュールワインだけでバーを切り盛りしていること。 決して妥協せずに経営をしていること。 くまコーラの解禁も約束を守って4月1日の0時まで開けてくれなかったこと。 客層も広がって来ていることなどを話し、彼の店の名刺を渡します。 他のお客さんも話を聞いて下さっていたので、もしよかったら♥と言いながらBくんのお店の名刺を渡して回るという…なぜか営業活動…(爆) お前はBくんの名刺を何枚もっとんや!と主人に突っ込まれる有り様でした(¯∇¯٥) 1杯目のワインは、アルザスのリースリング。めっちゃくちゃ美味しくて(´︶`♡)ポー➰ーー 夢見心地でした♡♡♡ 5枚目は、トキの寝床の森だと旅館の方が教えてくれました(*ฅ́˘ฅ̀*)

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング
  • 2.5

    2019/07/10

    (2000)

    はちみつ、笹や竹のような木っぽい香り終わってはないひんしゅわからない甘い以外はシャブリっぽくもある

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2000)
  • 2.5

    2019/04/13

    (2017)

    アンドロー リースリング2017。 エレガントな辛口。 美味しい! 最近、ドイツワインやリースリングに注目中。 鮮やかなゴールデンイエロー。 白い花、ハチミツ、レモンの香り。 ドライで柑橘的な果実み。 上品な酸味。 リースリング、美味しい!

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2017)
  • 3.0

    2019/04/06

    (2016)

    アルザスの自然派さんです。アンドロー、リースリング。青リンゴの果実味と、しっかりした酸がベースにあります。余韻も長くとても美味しいワインでした(´∀`*)

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2016)
  • 3.5

    2018/12/12

    (2017)

    アルザスのマルク クライデンヴァイスにて2番目に試飲 マルク クライデンヴァイスがある村の名前、アンドローのリースリング2017 アンドローの畑の8割は斜面にあるそう 周囲を丘に囲まれたエリア 2.5億年前のピンクサンドストーン土壌 13.5haの畑から15,000本ほど生産 11ヶ月間フードルにて発酵→MLF フレッシュで、リンゴやグレープフルーツの香り 繊細なワイン 後味にほろ苦み 現地14.5EUR

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2017)
  • 3.5

    2018/12/07

    (2014)

    会社のワイン会でいただいたもの。リースリングにしては、ピノ白系の香りが目立ち意外でしたね。意表突かれましたが、美味しいワインでした。一気に一本はツライかな。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 2.5

    2018/11/08

    (2000)

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング 2000 思いのほか古酒の感じが漂っていました(゚o゚;; ワインを開けていたら呼び出されました。 今夜は足代わりの娘を連れ立って鮮魚が美味しい和食屋さんへ… お酒は日本酒を飲んで来ました。 付き出し~刺身盛り合わせ(鰯、かつお、しめ鯖、生しらす、タイ)~白えびのかき揚げ、白子天ぷら~アジフライ、穴子胡瓜~ヤリイカ刺身、ギンポウ天、マトン唐揚げ~白子の味噌漬け焼き(サ-ビス) といただきました…美味しかった〜(*´︶`*)

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2000)
  • 3.0

    2018/07/14

    (2016)

    マルク クライデンヴァイス アンドロー リースリング/2016 濃いめのイエロー! ライム 青リンゴ ペト香はほんの少し! 林檎 蜂蜜も少し ミネラルがイキイキしていて 爽やか さっぱり 蒸し暑い日には 冷やして ❗ スッキリ美味しく頂きました✨ 粒がしっかりしている 明太子と❤️

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2016)
  • 3.5

    2018/06/30

    (2016)

    家飲み。マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング 2016 東京はとっても暑いので、冷蔵庫で冷え冷えにしたこちら。温度を上げながら楽しみました。 エチケットをずっと見てるとなんか吸い込まれて行きそう(^^) グレープフルーツ、白い花、石灰、ほんのりとリースリングらしいペトロールが香ります。 フレッシュな柑橘の果実味が豊かで、凝縮感があります。 綺麗なキリッと酸味でオイリーな質感。 エレガントなリースリングの印象。 ミネラルもよく感じ、しっかりとした旨味があってとても美味しいです。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2016)
  • 2.5

    2018/05/31

    (2013)

    酸化のせいか、酸味が強い。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2013)
  • 3.5

    2018/02/11

    (2001)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    今夜の家飲みの白は テーマ① 色んな産地のメジャー品種(単一)RIの4 一応??歳の誕生日 アルザスの熟成に決めました。 自然派の造り手 マルク・クライデンヴァイス アンドロー・リースリング2001 以前00を2回アップしています。 予定通りの黄金色 柔らかな柑橘とミネラル感のあるアロマ 口当たりはシルキー、しっかりと感じとれる深い蜜感、とても良いです。 品種特有のキューピードールはバッチリ! 満足度★3.8 おまけ 毎年、エチケットのデザインが変わるようです(^_^*)

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2001)
  • 3.5

    2018/01/13

    (2015)

    価格:2,916円(ボトル / ショップ)

    リースリングだけど後味もスッキリする。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2015)
  • 3.5

    2017/12/10

    (2000)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    今夜の家飲みの白は アルザス マルク・クライディングヴァイス・アンドロー リースリング2000です。 このワインのアップは2度目になります。 さすがに熟成感のある黄金色 品種特有のキューピードールの香りに白い花も。 マッタリ感がとてもリッチ! 1時間後、バター感が良いです(*^_^*)

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2000)
  • 3.5

    2017/12/04

    (2016)

    コロッケに合います。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2016)
  • 3.5

    2017/11/23

    (2015)

    京都の紅葉を観た後、ラ・パールデューでランチ。個性的なリースリング。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2015)
  • 3.5

    2017/09/10

    (2014)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    フランス白。 力強い。 濃いめしっかりめ。 カルパッチョなどよく合う。 飲んだあとキュッと喉がしまる感じ。 うまい。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 4.5

    2017/06/11

    (2014)

    百合とハチミツ

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 3.0

    2017/03/07

    (2014)

    豊かな黄金色。リースリングの甘味よりも酸味と梅干のような旨味を感じる。和食に合う。するりと1本あいちまった。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 3.5

    2017/02/07

    (2014)

    ビオっぽいリースリング

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 3.5

    2017/01/15

    (2009)

    ほどよい深みと切れの良いシャープな飲み口のバランスが良い。シャンパンの後シャルドネの前に挟むのにちょうど良い。引用:バニラ、ドライピーチ、煮詰めたリンゴなどの芳醇な香り。力強い果実味のアタックがあるものの、豊富なミネラルと酸により、後味は綺麗にまとめあげられている。3000-3500円。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2009)
  • 2.5

    2017/01/08

    (2014)

    @Nara

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 3.0

    2016/12/31

    (2014)

    忘年会2本目。ソムリエN氏セレクト。 ラベルまで素敵✨

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 4.0

    2016/11/25

    (2014)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / レストラン)

    ふらりと立ち寄ったフレンチを再訪 黄金色のアルザスリースリング ムートンのように毎年エチケットを変える作り手らしい 美味しい

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)
  • 3.0

    2016/11/13

    (2014)

    京都ラ・パールデューでランチ。料理とワインのマリアージュを楽しんでいます^_^。

    マルク・クライデンヴァイス アンドロー リースリング(2014)