Jacob's Creek Classic Shiraz Cabernet
ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ

2.83

705件

Jacob's Creek Classic Shiraz Cabernet(ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • 木樽
  • ブルーベリー
  • カシス
  • ブラックチェリー
  • ラズベリー
  • 黒コショウ

基本情報

ワイン名Jacob's Creek Classic Shiraz Cabernet
生産地Australia
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Syrah (シラー)
スタイルRed Wine

口コミ705

  • 3.0

    2021/12/04

    (2018)

    トップの香りがフルーティで爽やか。酸味と渋みのバランスも良い。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 2.5

    2021/11/13

    (2019)

    価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

    ジェイコブス·クリークは白が好きですが、赤も香りも良いし美味しい。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 2.5

    2021/11/04

    (2019)

    ハーフボトル。 野外、しかも瓶でガブ飲み(笑) 香りも味わいもあまり分からず(笑) 時間が経つと優しい果実味が増したのは分かったが(笑) でも野外で飲むと美味しく感じる。 今度はわれても良い安いワイングラスを用意しよう。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 2.5

    2021/10/20

    (2019)

    先日ダブルバレル・シラーズを飲んで美味しかったジェイコブス・クリークのワイン。 安価品のシラーズ・カベルネで、約1100円。 外観は澄んだ濃いめのルビー。表面に輝きがあると言うか、表情豊かな色合い。さらさらした液質だが、脚はかなり細かく垂れる。 香りは閉じた印象の、やや鉄っぽさやミネラル、若いグレープフルーツ香。青みのある酸という香り。 アタックは、常温だが僅かに冷涼感を覚える口当たり。渋味と酸味のバランスは良いが、余韻は酸が尖る。 甘味はあまり感じられないが、未熟な赤いベリーのニュアンス。 渋味は穏やかで舌全体をじんわり引き締める。僅かに粉っぽい後味が残るが、細かい渋味と言い換えて良い程度。意外にタンニン感は弱く、渋味に隠れてあまり出てこない。 酸味はやや尖っており、渋味とはバランスが取れているが、渋味の余韻が薄れると酸味に尖りが出る。酸は切れ味はそこそこあるが、余韻は長め。酸に隠れて僅かにエグみが出てくるのは、グレープフルーツ系のアルベドに似る。 全体的にバランスは悪くないが、渋味と酸味の余韻が異なって、酸の嫌な部分が僅かに覗いてしまう。 香りや味わいに今一つコクや複雑味が無いので、思いの外さっぱりした単調な印象。 ライトよりのミディアムボディの辛口。 約1100円としては値段相応。但しダブルバレルが1400円であのクオリティなら、敢えてこちらを選ぶ事は無いかな……。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 3.5

    2021/10/07

    (2019)

    スパイシー&ドライ。好みです。チーズケーキに合わせたい。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 2.5

    2021/08/22

    (2019)

    シラーカベルネ、オーストリア、もう少し複雑な味が好き

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 3.0

    2021/08/07

    (2019)

    ワインの温度の問題に気付かせてくれました。冷蔵庫で冷やして、開けたてはアルコール臭がきつかった。 温度が上がると、フルーティになって…スパイシーかー。このスパイシーさ、私にはアルコール臭の変化にしか感じられないんだけれども。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 2.5

    2021/06/08

    (2019)

    価格:1,100円(ボトル / ショップ)

    ブルーベリーにブラックペッパーの香り、あと樽香も。 アルコール分が強めに感じられます。 甘めのねっとりとした口当たりのあと、渋みも。 ちょっと喧嘩してるようにも感じます。 量を飲むと胸焼けしそうなぐらい。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 3.0

    2021/06/05

    (2018)

    価格:1,090円(ボトル / ショップ)

    ボルドー色。 香りはベリー系をミックスした優しい香りが主で果実の甘さを感じられる。 口当たりはとろっと?までは行かないけどそっち系でアロマは香りよりもう少しハッキリしており、タンニン、酸味、スパイシーが高め。 黒胡椒をイメージさせる?

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 3.5

    2021/05/29

    (2019)

    素直に美味しいと思います。The スッキリ味わい赤ワイン。香りはカシスとかプラムとかベリーとか、クセのない模範的なもの。おそらくそんなにこだわりのない普通の人なら誰でも美味しいと思うワインです。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 2.5

    2021/04/15

    酒やビックでポイント20倍だったので買ってみた 味わい深くはないけど家飲みでご飯と飲むなら全然アリ

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ
  • 3.5

    2021/03/27

    So good blend of Shiraz and Sauvingnon ! Aussie wine after a long absence, Don’t underestimate !!

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ
  • 3.0

    2021/03/01

    (2018)

    卒がなく、良いデイリーです

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 2.0

    2021/02/28

    (2018)

    タンニンは柔らかく、オーク感もほのかに。値段相応といったところでしょうか。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 4.0

    2021/02/14

    (2019)

    価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

    デイリーワイン用。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 3.5

    2021/02/11

    (2019)

    果実、草、少し乳牛 味はしっかりした果実味。最初は渋みや酸味あり。時々梅?や後半少し黒糖?のような甘味も。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 3.0

    2021/02/06

    オーストラリア シラー、家飲みボルドーの気分転換。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ
  • 2.5

    2021/01/12

    (2019)

    ジェイコブスクリーク シラーズCS 2019 家飲みでビーフシチューとともに 強い果実味で押し通す、みたいな

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2019)
  • 3.0

    2020/12/13

    (2016)

    スーパーで800円くらい。 色は濃く、フルーティさとほどよいタンニン。 少し酸がたつのが残念。 ボディは割としっかりしてるけど、後味は酸味と多少のミネラル感にもっていかれる。 ラベルにもある通りどっしりした料理に合いそう。 明日以降酸味が落ち着けば結構好みなんだけれど。 ツマミのスモークチーズと合うかなぁ、、 開けるか迷う笑

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2016)
  • 3.0

    2020/11/11

    マルエツで990円。フルーティーで軽い味だが渋味、香りも有り。もう少し濃いといい

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ
  • 3.5

    2020/10/15

    (2018)

    久々のひとりパン祭りに合わせて気軽に買った赤だけど。 リーズナブルだし美味❤️なんとなくシラーズに苦手意識があったけど、これはフルーティーで飲みやすかった!

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 3.0

    2020/09/27

    次はシラーズを掘ってみようということで、探訪第一弾。 とりあえず近所のカクヤスに置いていたものから。 100%シラーズじゃないと、どこからどこまでがシラーズの個性なのか、見当つかない(*´-`)

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ
  • 2.5

    2020/08/11

    (2018)

    今夜のワインはこちら♡*゜ ジェイコブス・クリーク シラーズ / カベルネ・ソーヴィニヨン オーストラリア 色味は昨日のワインと同様、濃いルビー系なんだけれども、こちらはもっと光を通す透明感があり、粘度も昨日のものと比較するとさらりとしている様子。 香りはベリーが強く、チャーミングなイチゴの感じとブラックベリーも感じられるような。あとカシスっぽさも??このスモーキーな感じは樽香なのかしら…??? 酸とタンニンもそこそこ。しかしこちらのワインは何度か飲んでいるのですが、なんだか今日は (こんな私でも?) アルコールっぽさが少し気になるような…。少し置いたらマシになったような気がするんだけれど、これは体調の問題かしら?? 味わいについては何て表現したら良いんだろう〜…。濃い濃いのパンチのある美味しさではあるのですが…。なんだかまだうまく言語化できません。。。( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )無念… もちろんガッツリお肉と相性良し。私はあまりお腹が空いていなかったので本日はスモークチーズと合わせました。 さてさて、こちらのワインの生産元であるジェイコブス・クリークは南オーストラリアの中でもバロッサ・ヴァレー、アデレード・ヒルズ、クナワラの3ヶ所に畑を所有していて、産地を分けることにより天候などの影響からブドウの生産、ワインの仕上がりが左右されないよう品質を保っているようです。 以下はまたまたまとめメモ…__φ(。_。*) 南オーストラリア州は国内ブドウ生産量の約50%を産出し、フィロキセラ(害虫)フリーの地として有名である。 そしてバロッサ・ヴァレーはシラーズの首都ともいえる主要産地であり、オーストラリア最古のワイン用の古木がある。 クナワラは海洋性気候でフランスのボルドーの気候に似ており、テラロッサ土壌 (石灰岩質の土壌に赤い粘土質土壌がかぶさっており鉄分が酸化して赤くなっている土壌) が特徴。1890年にジョン・リドック氏により最初のブドウが植樹され、カベルネ・ソーヴィニヨンの銘醸地である。 南オーストラリア州、ニューサウスウェールズ州に次いで国内第3位のブドウ生産地であるヴィクトリア州では冷涼地としてのワイン造りが盛んで、中でも重要産地は1838年に州内で最初にワイン用ブドウが植えられたヤラ・ヴァレーで、ここはピノ・ノワールの産地としても有名である。 またラザグレンはマスカットとミュスカデルから造られる酒精強化ワインの産地としても有名である。 オーストラリアのワイン公社はWAC → AGWAとなる。ちなみに機関名としてアメリカではTTB、南アフリカはKWV、チリではS.A.G.だそう。なんじゃこりゃ。。。 今度はフランス ローヌのシラーと飲み比べてみたいな*^ ^♡*゜ …さてさて、今夜も飲みながらピアノの練習をしております。 アニメ 鬼滅の刃の主題歌「紅蓮華」が大体弾けるようになったので、次はしっとりめの曲を…と思っていたところ、連休中に見返していた進撃の巨人に感化され、その主題歌である「紅蓮の弓矢」を攻めることにしました☆*゜ 初心者なのにぷりんと楽譜にて上級verの楽譜を購入したのですが、まず楽譜が読めないので秒で駆逐された。。。笑 しかし、ワインの勉強と共に諦めず頑張りたいと思いま〜す!!!((꜆꜄•௰•)꜆꜄꜆»

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 3.5

    2020/07/21

    ビックカメラで37%引きで購入(リピ) さらに特性アイスバッグ付き(^^)/ バニラ香にカシスの果実味! タンニンは程々ですがスパイシーなので ビーフステーキに合いそうですが、 お供はピリ辛なナスと豚肉炒め!!

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ
  • 3.0

    2020/07/01

    (2018)

    大菩薩嶺山頂で乾杯♫

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 2.0

    2020/06/24

    (2018)

    薄い。香りも渋味も酸味も普通。もっとタンニンを感じられる方が好み。シラーらしいスパイシーさもあまり感じられない。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 3.0

    2020/06/09

    (2015)

    昨日のシャルドネに続き、ジェイコブス・クリークのシラーズ カベルネをビーフシチューと共に! 力強い濃厚な黒果実とスパイシーな香り。 味わいも濃厚・濃密、豊かなタンニン、柔らかな酸味。 変な甘さのないコスパ抜群のテーブルワインだが、ワイン単体だと飽きがくる味わいなので、濃厚な食事と合わせるのがベスト!

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2015)
  • 3.0

    2020/05/31

    (2018)

    オーストラリア産シラーズとカベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされた中辛口ミディアムボディ赤。 開栓直後はエアレーターを通しても酸味が強めに感じられましたが、翌日になるとかなりまろやかになり、甘みも増したように感じました。 ベリー系のフレーバーにオークのニュアンスが加わり、複雑味にはやや欠けるものの、全体的にフルーティーで程よい酸味があり、なめらかなタンニンでバランス良く、さらりと飲みやすい。万人受けしそうなコスパ良しの逸品。 スーパーで税抜980円とリーズナブルながらまずまず楽しめるので、デイリーにオススメ。

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ(2018)
  • 3.0

    2020/05/14

    価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

    酸味は、イチゴのような酸っぱさと甘みもありふんわり樽香、美味しかった

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ
  • 2.5

    2020/04/28

    店頭に並んだ物は2018年物。そのなかに1本だけ2015年が。ずっと売れ残っていたのかどうしたのか?涼しい日の当たらない店内にあったのだからいいかもと購入。 それほどの違いはないけど、こなれた感じがするのは気のせい?

    ジェイコブス・クリーク クラシック シラーズ カベルネ