Gaja Sperss
ガヤ スペルス

3.77

58件

Gaja Sperss(ガヤ スペルス)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 木樽
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • スミレ
  • ブラックチェリー
  • カシス
  • ブルーベリー
  • 紅茶

基本情報

ワイン名Gaja Sperss
生産地Italy > Piemonte
生産者
品種Nebbiolo (ネッビオーロ)
スタイルRed Wine

口コミ58

  • 4.0

    2019/09/30

    美味しいですね(*´艸`*) ブルーベリーに薔薇…リッチな味わいです✨✨✨

    ガヤ スペルス
  • 5.0

    2019/06/12

    GAJA バローロ 93 GAJA93 バルバレスコとの飲み比べ。 圧倒的にバローロの勝利でした。 香りから引き込まれてしまいましたね。 ネッビオーロの熟成香が大変素晴らしく味わいも柔らかさが出ておりました。 若いネッビオーロしか飲んだことがなかったのでまるで違いましたね。 ご提供していただいたクラスメイトに感謝です。

    ガヤ スペルス
  • 4.5

    2018/05/03

    (1993)

    富山で震災の年に買ったGAJA。誕生日なので開けました。 やはり高いワインの最後はこんな感じなんだと確信しました。グラスに鼻を近づけると人として生きていると実感出来る匂い。負けそうになるが嫌にはならない。味は枯葉と梅。飽きそうで飽きない。 最高でした。 後は料理とのマリアージュと更に高いワインを体験したいと思いました。

    ガヤ スペルス(1993)
  • 5.0

    2017/06/21

    (2011)

    初めて飲みましたが…すごい!

    ガヤ スペルス(2011)
  • 4.0

    2017/06/04

    (2009)

    Gaja Spress 2009年。ピエモンテの名品です。❣️

    ガヤ スペルス(2009)
  • 3.0

    2016/11/19

    (1989)

    ほのかに紹興酒の香り… かなりしっかりしたタンニン… とてもおいしーバローロです!! バローロ・スペルス 1989 伊 ピエモンテ州 作 アンジェロ ガヤ 格付 D.O.C 品種 ネッビオーロ 100% ビンテージ 1989年

    ガヤ スペルス(1989)
  • 3.5

    2016/10/10

    (1993)

    飲み頃にデキャンタされていて、美味しさ倍増です☻

    ガヤ スペルス(1993)
  • 3.5

    2016/10/09

    (1993)

    上品でフルーティー、そして、さっぱりした香り&味わい。飲んだらフルーツ感より、さっぱり感が強く、ごくごくいけそうです。色はブランデーに近い、ヨードチンキをうすめたようなうす〜い茶褐色。

    ガヤ スペルス(1993)
  • 3.5

    2016/10/09

    (1993)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(グラス / ショップ)

    イートワイン富山にて! スペシャル二杯はガヤのバローロで(^^ ) 熟成色がでたエッジのトパーズ。 香りはドライフルーツが特徴です。 酸味もキトキトで美味しい~! そして余韻が信じらんない程長い(*'▽'*) いろいろ飲んで訳がわかりません(°°;)

    ガヤ スペルス(1993)
  • 4.0

    2016/03/20

    (2008)

    締めはガヤ スペルス2008 まだまだまだ早いと思う。

    ガヤ スペルス(2008)
  • 4.0

    2016/03/04

    (2009)

    エノテカでのテイスティングイベント4杯目。今回の本命ガヤの単一畑バローロ。ヴィンテージはともに2009年です。セッラルンガ村に位置するスペルスです。1995年を飲んだ時には熟成のピークに達していたところがありましたが、今回はどうでしょう。早速飲んでいきます。 色はこれまでのバローロよりやや濃い目。粘性は抑えめ。ベースはスペルスとコンテイザともにダグロミスを引き継ぎながらより杉の木と薔薇の要素が強く出た香り。芥子のような草の香り。 味はやや閉じてるのかな?味は酸味とタンニンが強く古典派に近い。いろいろな要素が見られる複雑なタイプのワイン。果実味は抑えめで、芯の通ったところはあるけど2009年は長熟タイプなのかな。

    ガヤ スペルス(2009)
  • 2.5

    2016/02/13

    (2005)

    タンニンがすごい!ビンテージは2005年だけど硬くて飲みごろはまだまだ先だなぁ

    ガヤ スペルス(2005)
  • 3.5

    2016/01/12

    (2004)

    ガヤまつり参戦。 スペルス。せっかくなら、コンテイザと飲み比べたかったな。 さすがに、スケールでかい。抜栓5日目だそうだが、全然そんな気がしなかった…。むしろ香りはちょうど開いている感じ。 味は芯があってシッカリとしたバローロ。 早飲み用には作ってないな。 2004だけど、まだまだキャロル時代の矢沢って感じか(´・_・`)。 それよか、土曜日のイベントの残りがまだ残ってるなんて、結構みんな手を出さんかったんやな…。

    ガヤ スペルス(2004)
  • 4.0

    2015/12/27

    (1996)

    価格:15,000円(ボトル / ショップ)

    今年最後の家飲み。ちょっと贅沢して帝王アンジェロ・ガイア。この年からバローロでなくなったスペルス。 1996年なら熟成感が楽しめると思いきや、まだまだ若々しい…タンニンも酸もしっかりしてます。あと20年は軽く行けそう。ガイア、おそるべし(^^; とはいえ、熟成ゆっくり過ぎ?セラーの温度上げようかな…。 でもこれ、いいワインです✨

    ガヤ スペルス(1996)
  • 3.5

    2015/12/27

    (1994)

    高級ワイン会。ガヤ。読めませんでした。イタリアなのでしっかりした味でした。

    ガヤ スペルス(1994)
  • 3.5

    2015/11/29

    (2000)

    カシス系の香りに重厚なタンニン^^; リリースから15年経っているのに、艶やかな液体に、力強さに溢れ、あと10年はかかりそうなポテンシャルの高さ^_^ まだ早かった^^;

    ガヤ スペルス(2000)
  • 4.5

    2015/11/28

    (2008)

    フラッと寄ったワインショップでグラス売りしてたので思わずオーダー

    ガヤ スペルス(2008)
  • 5.0

    2015/08/01

    (1995)

    ガヤの単一畑バローロ!1996年からはバルベーラを6%混ぜて作っているのでこれがガヤの単一畑バローロという括りでは今のところ最後の年だね。独特なラベルデザインも相まってバローロどころかイタリアワイン全体のラスボスみたいなポジション。外観は暗いガーネット。透明度はすでに低くなってるけれども真ん中は赤くなっていて、濁ったところもないので20年経っているようには見えない。ただ縁はもうだいぶ退色してる。粘性は高い。ボルドーの赤の古酒にありがちな泥臭〜いキノコの匂いとは無縁の、ブルーベリー、紅茶や醤油、薔薇やミント、花の蜜のような清澄な香りになっている。鼻から抜けていくバラの香りの華やかなこと!香り立ちは決して強くはないが、息が長く、いつまでも香っていそう。味わいは20年を経てもなおタンニンの渋味が残っていて、喉越しには少し果実味の苦い余韻が残る。甘み、酸味、渋味、苦味が非常に高いレベルで纏まっている。時間が経ってくると味や喉越しにまで華やかな花のイメージが見られるようになる。バローロの「濃くて酸味と苦味が強い」というイメージに反した、恐ろしく静かなワイン。ブリリアント!

    ガヤ スペルス(1995)
  • 4.0

    2015/05/19

    (1997)

    今クラスになるとネビオーロなのかカベルネなのかよくわからん すごい

    ガヤ スペルス(1997)
  • 0.0

    2015/05/12

    (1997)

    レストランに飾ってあった、スーパータスカン達のひとつ。

    ガヤ スペルス(1997)
  • 3.5

    2015/04/21

    (2005)

    昔のワイン備忘録、今はなきイタリアンワインバーにて。やっぱりGAJAはどれも美味しい(*^^*)

    ガヤ スペルス(2005)
  • 3.0

    2015/02/26

    (1989)

    ガヤ-スペルス89 黒糖?紹興酒?みたいなニュアンスがあって何とも(・・;)

    ガヤ スペルス(1989)
  • 4.0

    2015/02/10

    (1998)

    長い余韻 バラや紅茶のような香り、強いものの嫌にならないタンニンと丁度よい熟成感 ネッビオーロの良さが詰まってると思いました 間違いなく最高峰のDOC ガヤは毎度のことコルクが長くて抜栓に手こずる

    ガヤ スペルス(1998)
  • 3.5

    2015/01/18

    (1999)

    軽やかな口当たり 味わいは力強く、タンニンが効いてシャープ

    ガヤ スペルス(1999)
  • 5.0

    2014/11/06

    (1997)

    ブラボー! もうグラスを手放したくない!!果実、土に落ち葉。深みのある味わい。

    ガヤ スペルス(1997)
  • 4.5

    2014/05/05

    (2001)

    価格:25,000円(ボトル / ショップ)

    イタリアワインの帝王と言われるガヤ。 1970年代、4代目のオーナーであるアンジェロ・ガヤ氏が、伝統を守りつつも革新的なワインメイキングを多く取り入れ、バルバレスコはもちろん、イタリアワインの地位向上に大きな貢献を果たしたことから、“イタリア最高峰”と呼ばれるようになりました。 また、イタリアで最も権威あるイタリアワイン評価誌『ガンベロ・ロッソ』にて、数多あるイタリアの優秀なワイナリーのトップに輝くなど、名実ともにイタリアNo.1ワイナリーとなっています。 1995年までガイア バローロとして売り出されておりましたが、1996年からはスペルスという名前で売り出したこのネッビオーロのワイン。 30年は平気で持つという長命で丁寧に作ってあるため、ワイン好きの間では引っ張りだこの作品ですね。 アンジェロさんの娘さんのガイヤ・ガヤさんが日本に来た際に以前イタリアに在住していた知人の手引きで一緒に飲ませていただきました。 今回飲んだのは2001。 まだまだ熟成できますが、2010年の今飲んでもかなり美味しい! ネッビオーロの濃厚な香りと果実実に酔いしれます。 やはりいつも飲めるお手頃なネッビオーロ種のワインとは一線を画しております。 次回買った時はゆっくり眠らせてから飲みたい一品です。 我慢できるかな…

    ガヤ スペルス(2001)
  • 3.5

    2014/04/24

    (1995)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    VT 1995 ヤバい… 至福…

    ガヤ スペルス(1995)
  • 3.5

    2013/11/16

    (1991)

    価格:30,000円 ~(ボトル / ショップ)

    アンジェロガヤのバローロ スペルス 91年。既に20年以上経過しているにも関わらず、大変屈強なタンニン、そして厚い酸味。香りは熟成に由来する香りが中心で、その奥にある果実の香りが取れなかった。まだまだ飲むには早かったのでは?と思わせる。ネッビオーロという品種の力強さとガヤというワインの逞しさを強く感じた。

    ガヤ スペルス(1991)
  • 3.5

    2013/10/20

    (1996)

    ガイア、ランゲ、ネッビオーロ。 特有の淡い色はもはや無し。 ガチガチなタンニンは円やかになり、微かな特徴は残ってるけど、ブラインドで出されたら分からない。

    ガヤ スペルス(1996)
  • 3.5

    2013/08/06

    (2007)

    まだまだ寝かせたいくらいパワフル!!

    ガヤ スペルス(2007)