Dom. de La Romanée Conti Montrachet
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ

4.16

89件

Dom. de La Romanée Conti Montrachet(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 蜂蜜
  • バター
  • オレンジ
  • 白い花
  • アンズ
  • アーモンド
  • バニラ
  • 洋梨

基本情報

ワイン名Dom. de La Romanée Conti Montrachet
生産地France > Bourgogne > Côte de Beaune
生産者
品種Chardonnay (シャルドネ)
スタイルWhite Wine

口コミ89

  • 5.0

    2022/01/18

    (2014)

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ 2014年 この日の主役のDRCモンラッシェ。 やはりやはりスケールが違いますー。 若いこともあり、ぎゅぎゅっと濃縮されたフレッシュでpureな果実の凝縮感と透明感がとてつもなく素晴らしい✨ もちろん酸もミネラルも美しく奥行きもあり、幾重にも旨味が重なりながら広がり、そのバランスも芸術的。とにかく余韻がとても長い〜。赤をいただいたあとの最後の〆のときまでちびちびと味わいながら、たっぷり楽しみました。 11月にいただいた2005年その1もとてもきれいな熟成で最高でしたが、フレッシュ なこちらも最高。 2018年の年末にシノワ さんで初めてDRCモンラッシェ をいただいて衝撃と感銘を受けたのも2014年ヴィンテージ。やはり満点でした。そのときとあまり変わらないフレッシュさを楽しめた気がします。熟成したらさらに進化をするのかと思うと、また巡り会える奇跡が起こることを祈らずにいられません。 シェフがモンラッシェ とのマリアージュを考えてご提供くださった一品は、濃厚なカリフラワーと蟹の身たっぷりのケーキのような美しいお料理☆ DRCモンラッシェ の会

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2014)
  • 5.0

    2022/01/17

    (2014)

    新春早々✨念願叶えました(*˘︶˘*).。.:*♡ マンボウにも怯えながら待ちに待ったこの日♪ 素晴らしいワイン仲間と垂涎ワインストックで有名なレストランでワイン会 ♪ そして今宵の大本命 DRC モンラッシェ 2014 私が語るのも申し訳ないですが、レベルが異次元です ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・ 凝縮した果実味とコク、それに引き締まった酸とミネラルが組み合わさって、ほんのりムスクの香りが顔を出します︎⤴︎ ⤴︎ 繊細かつ大胆な佇まいは、まさにエレガントの極みですねぇ✨✨ 私の中で「コレを飲まずに死ねるか❗️」の筆頭に踊り出ちゃいました♪ ここまで期待していたその上を軽々超えて行ったワインは初めてです ♪ さすが百戦錬磨のシェフがこれに合わせて提供してくれた料理は、カリフラワーのムースの中にズワイガニ︎がたっぷり⤴︎ ⤴︎あまりにも美味しくて感動ものでした(*˘︶˘*).。.:*♡

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2014)
  • 2.5

    2022/01/15

    (2005)

    ドメーヌ ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ 2005年  その2 この日はDRCのモンラッシェ を2種いただきました。こちらは見た目の色もオレンジ色っぽく、紹興酒のような香りで状態がイマイチ。PMOかと思いましたが、わずかにブショネっぽくもある。 もとのワインの美味しさの片鱗はもちろん感じられるのですが、残念でした。 クラスの人数が多くなり2本となり、外れもあったが大当たりも味わえたので、総じて結果オーライということで。 オークラ ワインアカデミー 世界のシャルドネ 平均的を下げるつもりはないものの評価不能の2.5

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2005)
  • 5.0

    2022/01/15

    ドメーヌ ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ 2005年 その1 まさに跪いて飲むべし神の雫✨✨ 甘やかな香りがムンムン、香りの広がりが規格外。 味わいは、口に含むと芳香が広がり、お味も凝縮感があり、とにかく素晴らしすぎる。 至福の時でした。 この日のチーズはブルー・スティルトンとカマンベール・ド・ノルマンディー オークラ ワインアカデミー 世界のシャルドネ

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 5.0

    2021/12/13

    (2015)

    スペシャルテイスティング  リシュブール3種+1 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ 2015 こちらは裏メニューのなんとDRCのモンラッシェ!! 何故裏なのかと言うと、こちらはもともと今年の夏に予定されていたテイスティングだったのですが、コロナの影響で中止、からの延期に次ぐ延期でようやく開催されたテイスティングなのでした。 待ちくたびれてもう一生飲めないかもと半ば忘れていたテイスティングなので感動もひとしおの初DRCモンラッシェです。 甘く柔らかくとんでもないボリュームの香り、栗、モンブランそして膨大なミネラリー思わせる香り。 優しい口当たりからの一面の黄色い花畑。一瞬息を飲むほどのおそろしいまでの凝縮感。うまみの塊に強いミネラルと強く柔らかな酸が長く長く後を引く。 香りから圧倒されました、なんかもう凄すぎて笑ってしまいました。そしてその後軽く放心状態です。。 ざっくりあと30年くらいは余裕で熟成するのではないでしょうか、と言うか凄すぎて予想もつかないと言うのが正直なところです。 もちろん本当の飲み頃と言える時期はまだまだ先でしょうが、素晴らしさの片鱗には触れる事が出来たような気がします。この出会いに感謝!

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2015)
  • 5.0

    2021/09/19

    (2015)

    Burgundy Night vol.7 ドメーヌ ド ラ ロマネ コンティ モンラッシェ 2015 若いヴィンテージとはいえ出会えたことに感謝✨ ソムリエの方もすぐ分かりますと言ってたように 色々と飲んだブランとは全く別物のよう 何か飛び抜けた個性があるわけではなく 感じるフレーバーや酒質などを レーダーチャートにしたら 全てが同じ点で綺麗な形が画けそうです どこまでも澄みきった空と 肥沃な大地との地平線 まるで球体のようなワインでした ワインの神様ありがとう♡♡♡

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2015)
  • 4.5

    2021/09/07

    (1973)

    いや〜素晴らしい白です。年数に負けることなく、しっかりとした味わい。香りから始まり、一生脳裏に残る余韻でした。脱帽。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1973)
  • 4.0

    2021/03/21

    (1982)

    僕の知るモンラッシェの偉大さはなかった。質量も膨張性もあまり感じず畑の実力かビオディナミではないせいかは分からないが感動は少なめ。一つの知識としてとても勉強になったし状態が良ければこんなコメントなどゴミに成り下がるような極上の魔液になっていたかもしれない サイバーエージェントの藤田晋さんがインスタでワイン垢をやっていてDRCのモンラッシェ1974を飲んでいたが状態は完璧で神の雫の作者も今までで1番と仰っていたので結局は状態が1番大事なのかも? だが口に含んだ限りでは確実にポテンシャルはそこまでなかったのでいつになるかは分からないが一生懸命稼いでもう一度最高の状態の物を飲みたいと思う。 ☆4

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1982)
  • -

    2020/11/18

    トアルオミセデアケタモンラッシェ… ブジョッテタ… トオモウ… drc

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 3.5

    2020/11/01

    DRC モンラッシェ1990。こんなワインとの接点は今後絶対ないのでとりあえず試飲。タカムラさんです。 色調はクリアで美しいです。香りは例の歳とった白のそれ。私自身は白はフレッシュを好みますが、好きな人は好きなのかな。 いわゆる白の古酒の味ですが30年でこの感じだと、やっぱりすごいのでしょうね。白早飲み派の私としてはDRC云々以前に評価の基準が欠けてます。 このワインの絶頂期で飲んだらどんなだろうと想像しながら、これもワインの楽しみの一つと納得しています。 それにしても本当に良いワインが高価になりました。地元では入手困難でコスパの良さそうなボトルを2本だけ購入しました。 あと、ザルトのブルゴーニュグラスも一脚入手しました。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 4.5

    2020/10/27

    (1990)

    4.8 熟成した色合い。すぐに香りが沸き立つ。 口に含むと弾けるような味わいの後に、まろやかな旨味。 単純な味わいではなく、瞬く間に七変化する。 飲み終わってもグラスには明確に香りが残っている。 バター、カスタードクリーム、レモン、リンゴ、ハッカ、マロン、白桃、ミント。 滋養味や土っぽさも含まれている。 まだ自分が理解していない香りが多数存在しているのだろう。 試飲ではあるが、このような傑作を口にできて感動。 大阪のタカムラで試飲。 タカムラ様様です。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1990)
  • 5.0

    2020/01/12

    (2006)

    DRC Montrachet 2006 自宅での新年会、2本目はこのワイン。 ついに開ける日が来ました。 このワイン、自宅新築の際、代々木の巨匠にお祝いで頂いたもの。 巨匠と共に昨年還暦を迎え、正に新年に相応しいお祝いのワインです。 05辺りから時々ワイン会で、グラスでは頂いて来ましたが、1本ゆっくりと頂くのは初めてです。 熟成して少し色合いが濃いです。 香りは抜栓直後からキャラメリーゼしたフルーツやナッツ、バターの香りが凄いです。 ほんの少し、口にしても圧倒される強い甘さ、焦がしたキャラメルの香り。。。 酸も余韻も凄いですが、甘さに酸が付いて行かない程。 4時間かけてゆっくりと頂きましたが、香りはどんどん大きく、強くなる一方でした。 偉大な白ワインを頂きました。。。 このワインを頂く前に神戸の白猫大魔王様には、連絡を差し上げました! 更に、1杯半残して置きましたが、お出で頂けませんでした。 出来れば一緒に飲みたかった! ただ、白猫大魔王様のお怒り!怨念が!、、、 次のワインに、、、

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2006)
  • 2.5

    2020/01/12

    (2012)

    つい買ってしまった。 いつ飲もう。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2012)
  • 4.5

    2020/01/02

    (1997)

    excellent vintage

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1997)
  • 5.0

    2019/12/29

    (1989)

    ホームパーティーワイン会 宅配指定時間から2時間過ぎても届かないオードブルを待ちきれずに開けられてしまった本日のとっておきの一本 90年代にニューヨークで600$で購入 穏やかにして濃厚、ほんのりしたコクのある苦みの後からクリーミーな甘みが沸き上がってくる複雑さが楽しい 蜜と果実味が底から広がってまたまだ元気、余韻も長く心地よい

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1989)
  • 5.0

    2019/12/27

    (1997)

    DRC Montrachet 1997 DRCを飲ませていただく機会に恵まれました。 コルクの匂いをかいだだけもう期待値MAXでした。 全身に鳥肌が立つくらい美味しかったです。 時間をおいて開いてくると香りから良質な葡萄の出汁の香りが。 そして複雑性もある。 言葉も出ずただ笑みが溢れるのみでした。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1997)
  • 4.0

    2019/12/22

    日本料理にあるフレーバー。ポップコーンのような醤油のような甘酒のような。シェリー酒の甘いやつのような。ワインという枠組みを広げるワイン

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 5.0

    2019/03/30

    過去の覚え書き。試飲会にて。 極上。おそらくとても美味しい状態。 ハチミツ、ロウ、バターなどの香り。 熟成感はあるのに変なクセや臭みを全く感じない、とてつもなく綺麗で美しい味。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 5.0

    2019/03/03

    (2003)

    試飲。 桃のコンポート、クレームブリュレ。香りの強さ、広がり、密度。風味の強さ、後味の長さ。香りと風味の量質転化とでもいうような印象で、白ワイン、ブルゴーニュ、シャルドネの最高峰というより、別のカテゴリーと考えたほうがよい。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2003)
  • 5.0

    2019/03/03

    (2003)

    初DRC...

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2003)
  • 4.0

    2019/03/02

    (2003)

    100ポスト目! ドメーヌ ド ラ ロマネ・コンティのモンラッシェ2003! ファインズチャリティー試飲会にて。 これが世界最高峰の白ワインなんだなーと。 飲んですぐこのワインの凄さは分かったけど何となくポテンシャル出し切れてない感。 想像してたより色を感じられなかったし。 たぶん実力の4割くらいだったんじゃないかなー。 2003があまり良くないのか、この個体が良くないのかは分かりませんが。 でも貴重な経験になりました✨ ちなみに今回は5ヶ国6銘柄のシャルドネ100%白ワインのブラインドテイスティングが開催されていました。 結果はなんと全問正解! ブラインドテイスティング初挑戦、ヒント無し、飲み直し無しだったので自信になりましたー✨ しかもヒント無しでの全問正解者は自分含めて3人だけ! 正直モンラッシェよりこっちの方が嬉しかった。笑

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2003)
  • 3.5

    2019/03/02

    (2003)

    ファインズのチャリティイベントにて。 このイベントで3度目のDRCのモンラッシェ。 初めは閉じてましたが、時間が経つと蜜と栗の香り。味わいは香りに反して甘くなくキリッと系。 ただ3年前に飲んだ時と比べると全体的に特徴が弱いような。同じ2003ヴィンテージなのに。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2003)
  • 5.0

    2019/03/02

    (2003)

    ファインズのチャリティー試飲会で30ccだけ。とにかく驚異的な余韻。飲み込んでから2-3分は口内に香りと風味が続く感じ。香りはバターやヴァニラ等を中心に複雑で、いずれも弱すぎず強すぎない絶妙なバランス。酸も低くはないのに優しく、やはり別格。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2003)
  • 4.5

    2019/03/02

    人生で一度でいいから飲みたかったDRCモンラッシェ。さすがの一言。香りが凄い。飲み終わった後のグラスですら香りをまいてます。ナッツが熟成して自然のバター感が半端ない。00年でしたが、まだ少し早いかったようですが、幸せすぎました。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 5.0

    2018/12/30

    (2014)

    人生、初モンラッシェ 、しかもDRC 香りからして別格、広がりますー。 柑橘系果実に、はちみつの香り、お味は濃厚で、とにかくゴージャス。パワフルかつエレガント、酸と果実味と、ミネラルの波状効果、そして蜂蜜の甘やかさ。 若くてもこんなに素晴らしいとは。 驚きと感動のワインでした♡ 幸せすぎます。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2014)
  • 5.0

    2018/12/08

    (2004)

    DRCはRichebourg、Grands Echezeaux、cuvee Duvault Blochetを呑んだが、これ1番

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(2004)
  • 5.0

    2018/11/23

    まろやかで完璧なバランス。雑味の無さ、程よい熟成感、文句のつけようが無い。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 5.0

    2018/11/11

    安田 マグナム

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ
  • 5.0

    2018/07/03

    (1973)

    価格:7,500円(グラス / ショップ)

    モンラッシェ1973 ロマネコンティ タカムラ 香りが強く、グラスから離れていても香ります。 熟成香、バニラ、ナッツ、炭のような花火のようなバーベキューのようなニュアンスもあります。 ムルソーやシャブリと飲み比べて果実味はほとんどなく、ほのかな酸味がありました。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1973)
  • 3.5

    2018/06/22

    (1973)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(グラス / ショップ)

    試飲、10ccでover¥4,000、、、味わってみたが、、、わからん。

    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ(1973)