Dom. Ramonet Bâtard Montrachet Grand Cru
ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ

3.96

47件

Dom. Ramonet Bâtard Montrachet Grand Cru(ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 洋梨
  • 蜂蜜
  • バター
  • 青リンゴ
  • 白桃
  • ココナッツミルク
  • 鉄
  • アーモンド

基本情報

ワイン名Dom. Ramonet Bâtard Montrachet Grand Cru
生産地France > Bourgogne > Côte de Beaune
生産者
品種Chardonnay (シャルドネ)
スタイルWhite Wine

口コミ47

  • 5.0

    2022/10/07

    (2005)

    価格:30,000円 ~(ボトル / ショップ)

    某ワイン雑誌によるとブルゴーニュの高騰は今後更に続くと言う。ここ10年間のブルゴーニュワインの平均価格は3倍に跳ね上がっている。有名ドメーヌやグランクリュはそれ以上だ。今でもバイヤーによる中間搾取がひどいことになっている。それに加え投機目的の取り引きが明らかに増えている。ドメーヌは投機対策として防衛上卸値を引き上げざるをえない状況である。 そして大陸系の人たちによる爆買い=買い占めもあって元々生産量の少ない高値のものから品切れが生じる。そこでますます投機筋が買い漁る。今やその対象は有名ドメーヌだけでなく無名生産者にも及んでいる。 結果ブルゴーニュの1er以上は市場から消え今後は一部の富裕層が本当に特別な時に飲む超々高級ワインとなり、一般には村名格か広域がようやく入手できる「高級ワイン」となるーと言う。 要するに庶民は広域でもありがたく飲んでろという時代になるということか。ひどい未来予想図だ気分が暗くなる。 こういう時はこれだ!職場の慰安会に持ち込んで開けるのだ!そうグランクリュを!ラモネだラモネしかない! ラモネ バタール・モンラッシェGC2005 濃いゴールデンイエロー トロリとした濃厚な飲み口 ブワッと広がる白桃ラムネ果実味むせる程 奥にはキノコ・ペッパー複雑なアロマ バター蜂蜜しっかりでも樽はほのか しっかりとしたミネラル味に裏打ちされた見事な熟成味優しい適度なとても適度な酸味おおお! 余韻で鼻にぬける塩苦みの味わいが飲み頃を告げているこれは ジャストナウゥウゥゥーーーーッ! 05年はやはりグレートVt.! いや感動的な味わいこれぞバタール! ヘヴーーーーンッ!(絶叫) 見事だ久しぶりだ口福の極みだすごいすごい ラモネ万歳っ! ヴラヴォーーーーーーーッ!(拍手) 今回のまとめー白猫大全より一 ワインとは単なる嗜好品ではない。 ましてや投機の対象でもない。 ワインは文化であるアートである。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2005)
  • 4.5

    2022/09/04

    (2009)

    白猫ホッサー白汁大魔王様からのブラインド! 分かり易い?と言えば分かり易い! 少し青みがかった、ねっとりとオイリーな風味。 これはラモネ! スケールが巨大で強く、長〜〜〜い余韻が、、、 これはバタール!(ヴィアンニュもあるけれど)。 また、凄いワイン持って来ましたね! いつもの事だけど、、、

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2009)
  • 4.5

    2021/11/05

    (1994)

    白ワインの在庫を見ていましたら、94ラモネのバタールがまだ残っている事を発見。このワイン、購入は97年、今は亡きユキヤさんから3本買った内のこれが最後の1本です。ちなみに購入価格は1本16k程、昔でもやっぱり高価でしたね。 既に2本は飲んでいる筈なんですが、情けなや、もはや記憶にありません。多分、まずかった事は無かったんじゃないかなぁ、と思います。 94と言えば、もう25年以上も前、この後、セラーにおいておいても良い事は無かろうと、本日開けてみました。 色は黄色みが濃くなっていますが、行き過ぎた感じは無く品位有る美しい色目、テイストも全く色に沿っていてとても健全で美しい。04のバタールと言っても、全く違和感ないでしょう。ですから古酒も雰囲気も有りませんね、単に、素性の素晴らしいワインが、上手く熟成したと言う所です。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1994)
  • 4.5

    2021/03/30

    09というビンテージ特性により、かなりボリュームのあるラモネになりました

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ
  • 4.5

    2021/03/04

    (2006)

    本日の一本。 ドメーヌ ラモネ バタール モンラッシェ グランクリュ 2006。 12月29日 三ノ宮江川会。 諸事情で来れなかった通りすがりの主役が ありえない置き土産を。。。 このようなホスピタリティはもはや真似できません(>_<)ギャフン。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2006)
  • 5.0

    2021/02/21

    アン爺様&ノアール様ようこそ神戸へ⑤ ホッサーさんより、帰宅前のパトロールで短時間お店にお越しになりました(^^) 持参されたのがラモネのバタール'06ですか!凄っ(๑˃̵ᴗ˂̵)GCの凄いところはバランスが素晴らしい✨✨貴重な一本ありがとうございます。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ
  • 4.5

    2021/02/12

    (2006)

    価格:30,000円 ~(ボトル / ショップ)

    どーも!シャサーニュはラモネ系ニーロン派の白猫です。ちなみにピュリニーはルフレーヴ系ソゼ派ムルソーはコシュデュリ系ルーロ派下着はブリーフ系トランクス派ですぅ(^o^)てどっちやねんっ!とひとりツッコむ'20年末。今日は2020年12月29日職場で禁止令が出たため忘年会ワイン会に参加できず(T^T)コロナめコロナめコロナめ(>_<)しかし神戸で開かれるVINICA重鎮の方々の参加されるワイン忘年会挨拶だけでも差し入れに通りすがります参加はしません(ΦωΦ) ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェGC2006年 ご挨拶代わりに差し入れます 自宅で試飲後通りすがります 会場は自宅から徒歩5分のフレンチCh まず試飲用60ml結構なみなみと 素晴らしいつやつやのイエロー ぷんと蜂蜜アプリコット 強い果実味にくっきりとしたミネラル塩苦味に腰のすわった酸味 まさにラモネのバタール! 美味しい一っいや美味でぃー! Cを通り過ぎてDです(^_^) ワイン会に差し入れ2時間前に試飲抜栓 これは調度開ききった時に皆さん飲めるのでは(^_^)b 少量でも口中がラモネで一杯になる余韻 蜂蜜ナッツも感じ徐々にヴァニラからの氷砂糖の粒々の味わいと白胡椒スパイスにキノコの熟成ニュアンスも 複雑で果てしない余韻これは美味しい 猫のマスクを着用し会場の店の裏からそっと店員に手渡し去る白猫 とそこにかかる声 待ちなっ!あんた白猫さんだろ? 粋な江戸っ子アン爺さんの方から 飲み残しだ!ほら持ってきなっ! いや私がお土産を持ってきましたのにこんなものは…ええっ! コングスガード シャルドネ・ザ・ジャッジ2004年 CA5大シャルドネの1つ幻のジャッジではございませんか!…いただきます遠慮なくハイ こここれは黒糖にブリオッシュで焦がした蜂蜜感強くやや苦味ある04年熟成の逸品 ー口で鼻にぬける醸した(かもした)紅茶か円く球体な喉ごし、そう…コシュデュリの熟成を思わせるギリなバランスの余韻いや素晴らしいものをいただきました。 CAはピーマイ系マーカッシン派からキスラ一系コングスガード派に寝返ります!下着もはかない系ふんどし派へ(笑) 多人数での夜の会食を禁じられた故1人でゆったりと味わうジャッジ いつものシガーバー 至福です。 私の差し入れたラモネのバタール 喜んでいただけたのでしょうか 今頃楽しんでいるのでしょうか 静かにモンテをくゆらせCAの銘品を味わう 穏やかに静かに流れる時間… 目をつぶりゆっくりとこの1年に思いを馳せる とそこへ ああっ!いたいた!(江川フリンスル) 会長ぉ~お久しぶりでぇすうぅ(hiro7おねえ) ここで歌うわ私(K.Satoko支部長) じゃあ踊るわ私(mamiyumiセクシーポールダンサーさん) と大騒ぎの白猫軍団が突如乱入 甘かった(>_<)私の平和で至福の時間は三次会の会場となりあきらめ系やけくそ派白猫 仕方ない(>_<)店にキープしてあった ドメーヌ・ルフレーヴ ピュリニー・モンラッシェ2011年 上品でやや緩めの酸味と濃い果実味 ミネラル感塩苦味の強さは特筆すべき味わい こっそり隠していたキープワインを強奪され 白猫の20年は幕を閉じるのであった これでようやく昨年分全て投稿(^_^)b リアルタイムまであと1ヶ月強! 頑張れ白猫!圧(pressure)に負けるな Keep my own pace!

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2006)
  • 4.0

    2021/01/19

    (2006)

    「人に裏切られた ことなど ない。 自分が 誤解していた だけだ 」 ー 高倉 健 ー

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2006)
  • 5.0

    2021/01/08

    (2006)

    あん爺さん夫妻をお迎えして命がけのワイン会♡♡ ここは名門ジャンムーラン伝説シェフ美木さんの一番弟子のレストラン ♪ 関西のワインloverも駆けつけてくれました ︎⤴︎ ⤴︎ 次は、通りがかったのでと差し入れて頂いた白猫さん…まさかの雲上ブラン✨ ラモネ バタール モンラッシェ 2006 どひゃー (((o(*゚▽゚*)o))) マジっすか✨✨ 官能的な甘い香りなのに、味わいは、引き締まったミネラルに上品な酸味、花の蜜、僅かな苦味が渾然一体となって迫ってきます ♡♡ ブラボー さすが白猫さん、神戸にお越しになってるのに顔も出せないなんて…と調整して頂き有難うございました<(_ _)>

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2006)
  • 4.0

    2020/12/30

    ラモネ バタール・モンラッシュ グラン・クリュ 2006 アン爺様&ノアール様ようこよ神戸へ⑤ 本日は欠席のホッサー様がわざわざ持ってきて頂きましたのが此方です❣ 淡いイエロー 洋梨 白桃 ナッツスパイス バターがしっかり香ります! 綺麗な酸味と旨味が凄いです!お久しぶりにホッサー様のお味❢って言う感じ(笑) ご馳走さまでした❣

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ
  • 4.5

    2020/12/29

    (2006)

    ラモネのバタールです ホサさんの味わい、久しぶりです 今年はワイン会が減ったせいか シャンガンはおろかソゼも飲んでない(^^;; ジャッジと甲乙つけがたい どっちもおいしい 外観は淡いストローイエロー。 非常にクリスピーかつミネラル感が豊富。 香ばしいナッツの風味。 そして洋梨、赤リンゴの濃密な果実 わずかに胡椒やキノコのニュアンス 果実味は非常に瑞々しい。 酸味、ミネラル、旨味、甘みの 卓越したバランス。 口に含むと奇麗な酸味が広がり、 ミネラルと共に旨味が広がる。 そして静かに旨味が長い余韻を残す。 完璧な展開ですね(^^)

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2006)
  • 4.5

    2020/11/13

    (2009)

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ2009 極上の白ワイン♪ 飲めば解る「はい!私はラモネです!」 と言わしめる快感さえ感じる旨々ミネラル感♪ カリフォルニアかと思わせる樽のコッテリ感がありながらの、嫌みに感じない上質な果実味とミネラルの絶妙なバランスが素晴らしいです♪ もうグラスをかざすと笑っちゃうくらいの硬質の香り♪ そして余韻が長~~~い~~~~♪ 果てしなく続くミネラルの余韻…(°Д°) 幸せです♪

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2009)
  • 4.5

    2020/09/20

    時間と共に進化する。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ
  • 3.0

    2019/11/16

    (2013)

    わいわいワイン会 パリスの審判 カリフォルニアだと思った…果実感が強くて暖かい地域の白かと、、、フランス好きとかどの口が言ってるんだと

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2013)
  • 3.5

    2019/11/15

    パリスの審判、白。絶対カリフォルニアと思ったのに。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ
  • 4.5

    2019/07/30

    @西麻布、その2。これは素晴らしかったです

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ
  • 4.0

    2019/02/11

    (2004)

    とても好きなラモネも、何時もはプルミエクリュで、グランクリュは初めてかとおもいます。 何時ものよりもきっちり上級のワインである事が明確で、ル・モンラッシェかと思うくらいです、とても素晴らしいです。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2004)
  • 4.0

    2018/09/15

    (2013)

    Sさん歓迎会!

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2013)
  • 2.0

    2017/10/29

    (1995)

    1995会。 楽しみにしていたラモネのバタールモンラッシェだけど、、、 シェリー香が強く、好みが別れるかな。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1995)
  • 4.5

    2017/10/28

    (1997)

    会社の元先輩宅で、男の手料理をご馳走になる、その2。晴らしいワインまで開けて頂きました^_^ あ、400ポスト目!

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1997)
  • 4.0

    2017/10/06

    (1998)

    さてここからがこの日のワイン会の本題のラモネのバタールモンラッシェ98年です。 過去の経験から美味しいのは分かってますが、ヴィンテージの違いか同じラモネのバタール2000年のような驚き、99年のような陶酔してしまうほどではなかったかな、と。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1998)
  • 4.5

    2017/06/08

    (1992)

    92年がこんなにいいなんて想像できませんでした! さすかラモネ(^^) 今まででベスト3に入るバタールでした!

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1992)
  • 4.0

    2017/05/15

    (2009)

    価格:30,000円 ~(ボトル / ショップ)

    コート・ド・ボーヌのグランクリュ強化週も終盤戦。バタール・モンラッシェGCは09年のドメーヌ・ラモネものです。 いつものIH仕様鉄板焼屋に魚介と合わせる為に急遽持ち込みです。 ドメーヌ・ラモネはノエル・ラモネとジャン・クロード・ラモネの兄弟が造るシャサーニュの名手。USA市場でその人気に火がついた超有名ドメーヌです。しかし実はモンラッシェを始めとしたグランクリュのドメーヌの畑は全てピュリニー側にあります(このバタールのみピュリニーとシャサーニュの境界にあるようです)。 09年とまさに飲み頃感強いバタール名誉会長の教訓ふまえて焦らずゆっくりと開けます(笑)。 料理はローストビーフの付き出しからタン元のステーキ。絶妙の火入れで美味しい。フグの白子醤油焼に岩ガキの鉄板蒸しポン酢添えとのどぐろのたたき!脂がのってます。白ミル貝の刺身とオイスターソースゴマ油焼と魚介が続きその後にサーロインステーキにハンバーグに焼ポテトサラダ!鉄板です(^o^)ミニすき焼き。余った溶き卵は卵焼に。アメーラトマト焼。デザートにチーズ焼アイスにフォンダンショコラ鉄板でシェフが上手に作ります。いやあ今夜も魚貝が美味しい美味しい! はかなく淡いペールイエロー。粘性はなくファーストアタックでバター蜂蜜ナッツ香強く感じます。しかし本領発揮するのはその後、のどぐろのたたきあたりのところでした。口の中に溢れんばかりの洋梨やグレープフルーツ系の濃い果実実に苦味を感じる程の旨味ミネラル。酸味は適度でバランス良く全体をまとめてくれます(^o^)。飲み疲れないスッキリとした余韻で喉ごし良くスイスイと入ります。これをゆっくりと飲めと言う方が酷ですね(笑)。 コッテリ感あってでもスイスイとスッキリ系でミネラル旨味も尋常でない味わい! このコッテリ感あってもスタイリッシュな感じ何と表現したら良いでしょう。飛ばねえ豚は、ただの豚だ(^o^)そうあの名作アニメの主人公のようなカッコ良い感じ(笑)ラモネのバタール09年私はジブリ作品を想像しました(^o^)どゆこと?

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2009)
  • 4.5

    2017/01/06

    (1995)

    もはや恐ろしいことになっております、この日のワイン会の真打ちその2、ラモネのバタールモンラッシェ95年です。こちら最初はやや大人しい感じでしたが、時間が経ち開いてくると猛烈に追い上げてきました。やはり凄い作り手の凄いワインですね(^^;

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1995)
  • 5.0

    2017/01/06

    (2000)

    この日のワイン会の真打ち、ラモネのバタールモンラッシェ2000年です。開始から猛烈な香りとパワーです。表現が難しく、こりゃ飲むだけで幸せを感じさせるワインですね(^^;

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(2000)
  • 5.0

    2016/07/12

    (1999)

    今日のワイン会の真打ち、ラモネのバタールモンラッシェ1999年です。これはたまげました(笑)。 強烈な乳酸香りに青リンゴ、洋ナシのニュアンス、さらには火打石から鋼のスパイスも加わって香りからKOされました。 ハズレ無いという意味ではラモネはルフレーヴをも上回る安定感があるといわれますが、その通りの気がします。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1999)
  • 3.5

    2016/01/01

    (1994)

    ちょっと時間が経ちすぎた感あるものの、重厚さは感じる。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1994)
  • 4.0

    2015/11/13

    (1986)

    ワイン会にて さすがラモネのバタール‼ 紅茶になる少し前、香しき香り‼

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1986)
  • 5.0

    2015/09/13

    (1993)

    お食事会その③ ラモネのバタールモンラッシェ。 私、大のモンラッシェ好きでして、これは本当に美味しかったです。 ムルソーと並べて飲むと双方の特徴が良く分かって、とても楽しいお食事会でした。 グラス右がバタモンです♬ いい色! 写真載せ忘れましたが、ヴィンテージは93です。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1993)
  • 4.0

    2015/06/14

    (1987)

    濃密な香り。

    ドメーヌ・ラモネ バタール・モンラッシェ グラン・クリュ(1987)