Dagueneau Les Jardins de Babylone Jurançon Sec
ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック

3.17

6件

Dagueneau Les Jardins de Babylone Jurançon Sec(ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • アンズ
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • 白い花
  • カシスの芽
  • タイム
  • カリン

基本情報

ワイン名Dagueneau Les Jardins de Babylone Jurançon Sec
生産地France > Sud Ouest > Jurançon
生産者
品種Petit Manseng (プティ・マンサン)
スタイルWhite Wine

口コミ6

  • 3.5

    2021/06/11

    (2016)

    フランス南西地区ジュランソン 、ディディエ・ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック2016(量り売り)。ブドウはプティ・クルプ、グロ・クルプ、グロ・マンサン、カラマレ、ローゼ。 色味はやや濃いイエロー、粘性も高い。香りは苦みあるグレープフルーツとアプリコット、軽くハーブにミネラル感。 飲み口もやや厚めの口当たりとコクに、苦味渋みのあるユニークな味わい。風味味わいともに、軽いナチュールのオレンジワインのよう、なんとも個性的なワイン。

    ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック(2016)
  • 2.5

    2019/10/03

    (2014)

    今月は南西

    ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック(2014)
  • 4.0

    2019/05/04

    (2012)

    Didier Dagueneau Juranson Sec Cuvee les Jardins de Babylone 2012 5本目のワインはこの日の一番の驚き! ワインには艶があり、果実味が緻密で滑らか。 これもブドウが分からない? ローヌ?としては線が細い。 って、Juranson Sec? 甘口?でしょ? 以外参照。 「バビロンの庭」と題されたこのジュランソンはボルドーの東、南西地区で造られます。ディディエ・ダグノーが畑を購入し所有していたドメーヌから新たな挑戦を試みて生まれた逸品。ワイン現在は盟友ギィ氏がワイン造りを行い、2004年初ヴィンテージから甘口のみをリリースしてきましたが、ルイ・ベンジャミンは新たにセック(辛口)をリリースしました。  2011年が記念すべき初ヴィンテージ。  プティ・クルビュ、グロ・クルビュ、グロ・マンサン、ローゼ、カマラレといったピレネー地区固有の品種で現在はほとんど栽培されていない品種もあります。これらを用いてドライなワインに仕上げています。 甘口だけの生産だったバビロンの新たな道を示した記念碑的ワイン。 2011から辛口に変わった!のなんて知りませんでしたぁ! 2012にしては若いし、とてもエレガント。 これは1本じっくりと飲まねば、、、

    ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック(2012)
  • 3.5

    2017/04/11

    今月は南西

    ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック
  • 4.0

    2017/02/25

    ワイン会

    ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック
  • 3.5

    2014/04/19

    les jardins de babylon、ジュランソンの辛口ははじめて飲んだ...

    ダグノー レ・ジャルダン・ド・バビロン ジュランソン セック