Ch. de l'Aumérade Cuvée Marie Christine Rosé
シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ

2.90

152件

Ch. de l'Aumérade Cuvée Marie Christine Rosé(シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • イチゴ
  • ラズベリー
  • 黄色い花
  • ブラックチェリー
  • オレンジ
  • 赤リンゴ
  • 白い花
  • グレープフルーツ

基本情報

ワイン名Ch. de l'Aumérade Cuvée Marie Christine Rosé
生産地France > Provence-Corse > Provence
生産者
品種Grenache (グルナッシュ), Cinsault (サンソー), Syrah (シラー)
スタイルRose Wine

口コミ152

  • 3.5

    2021/07/04

    (2020)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    撮り方により見た目よりも少しオレンジがかってしまいましたが(^^;) 本来なら桜色の中の桜色という感じの色合いなんです(><)シッパイ 苺とさくらんぼと桃の香りがします。頂いてみると柔らかい酸味と苦味がありながらも、ほんのりとした甘みが心地良いです♪ お食事に合わせるとすごく万能!サラミとルッコラの入ったサラダとか、ロースト野菜とか、とうもろこしとか、野菜との相性が良くて食が進みます(^^) 以前このワインを飲んだことありましたが、今回は昨年のヴィンテージ。若いうちに飲んだ方が良さそうな印象を受けました☆ そんな感じのワイン。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2020)
  • 3.0

    2021/06/24

    Ch. de l'Aumérade Cuvée Marie Christine Rose ロゼです。こちらのほうが白より美味しいです。後味は同じくあと引く苦味とアルコール感でキンキンに冷やすと美味しいです。そのためか気がついたらもうあまり残ってない。 昔、プロヴァンスはアヴィニョンに行った頃の記憶が思い出されます。知らない町の街道を歩くのが好きで懐かしいです。もちろん国内も好きなので、コロナが終わって早く解放されたいですね。 話戻して、かき氷としてシロップと一緒にかけても美味しそうです、さすがに薄くなるかな。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 3.5

    2021/06/20

    飽きずにサクッとなくなるロゼ。もう一回飲んでみたい。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 3.0

    2021/04/18

    安くて美味しい。お気軽ロゼ。 暑くなってきた沖縄の昼には丁度いいのです

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 2.5

    2021/03/28

    (2019)

    この時期になるとやっぱりロゼが飲みたくなるなぁ・・・ミーハーだなぁ〜(笑) 写真は写し方のせいかオレンジが強い印象にみえるが実際はうっすらとした濃さのオレンジがかったピンク。 味はまあ普通かな(笑)だから2.5。 ざっくりだけど中華料理全般と合いそう。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2019)
  • 2.5

    2021/02/28

    (2018)

    プロヴァンスのロゼ初挑戦!神の雫ワインとかで前からスーパーの店頭で目立ってたので気にはなっていました。香りは洋梨 味わいは葡萄の瑞々しさを感じます。酸は弱いです。骨格形成にもっと欲しかったなぁ(^-^; 余韻は特になし。典型的な食中酒でした!単体としてはもっと個性を期待していました。あまりにも無難(笑)プロヴァンスの海を眺めながら地中海料理のお供に飲むなんていいんでしょうが、家飲みにはちと物足りないかな(^-^; プロヴァンスはこれだけじゃないんで、色々飲んでみたいと思います(^^) 2日目 シトラス香を確認 洋梨香はどこへやら(笑) 普通に夕食に合わせて飲みました(^^) 3日目 2日目シトラス香はなくなりました。特徴のない辛口ワインになってしまい単体で飲むのはキツイです(^-^; ジュガスチーズが余ってたのでそれをお供に飲みました。2日目がこのワインのピークでした。 このワインはピクニックワインとして青空の下ガブガブワイワイ楽しく飲むのがいいと思われます。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2018)
  • 2.5

    2021/01/17

    (2019)

    プロヴァンスロゼ 開けたては柑橘類の爽やか系、時間経過で赤果実と華やかなワインへ Netflixストレンジャーシングスを観ながら

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2019)
  • 3.5

    2020/12/25

    (2019)

    辛口のプロヴァンスロゼ。 サンソー40% グルナッシュ33% シラー27% よく冷やすと幅広い料理に合う! リーズナブルな万能選手のワイン!

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2019)
  • 3.0

    2020/12/10

    (2019)

    シャトー・ド・ロムラード マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ 2019 産地 フランス プロヴァンス 品種 グルナッシュ45%,サンソー45%,シラー10% アルコール分 13.5% 外観は輝きと透明感のあるサンセットオレンジで,粘性はやや軽めです.香りは開いており華やか.ラベンダー,すみれ,チェリー,ラズベリーや綿菓子のような甘い香りがします.アタックはやや力強く,ドライな口当たり.酸は爽やかで,赤系の果実味やしっかりと感じられうミネラル感と調和.溌剌としたバランスです.ほんのりとタンニンも感じられます.後味から余韻にかけては,ジャスミンの香りが漂い余韻として残ります.

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2019)
  • 3.0

    2020/11/26

    (2019)

    金沢、HANA、寿司待時間にカウンター飲み。 しっかりロゼ。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2019)
  • 3.0

    2020/11/15

    (2019)

    ロゼって甘いんだと思ってましたが辛口もあるんだと、チョイスしたプロヴァンスのロゼ 冷やすとキリッと辛口、徐々にふくよかさも出てきて食事にも合わせやすく美味しいワインでした ボトルはオサレ、色は黄昏れ

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2019)
  • 3.5

    2020/10/17

    淡いオレンジ色。桃、メロン、バナナなどのフルーツの香り。南仏のイメージがしっかりと広がる。白のさっぱり辛口と赤のしっかり濃厚の上手く間をとっている。甘みもあるのでワインを飲み慣れない人にも良いかも。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 3.0

    2020/09/06

    南仏らしい南仏ロゼ。 優しい、柔らかいワインです。 冷やし方が甘かったせいもあるかも、ちょっと甘く感じた。キリっ!と冷やして飲みたいロゼ。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 2.0

    2020/08/16

    (2018)

    価格:1,480円(ボトル / ショップ)

    思ったよりも甘くてちょっと期待外れ でも色は可愛い?

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2018)
  • 3.0

    2020/06/30

    (2018)

    価格:1,700円(ボトル / ショップ)

    フランス南部のプロヴァンス地方、シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー クリスティーヌ2018。サンソー41%、グルナッシュ34%、シラー25%のロゼ。 色味はサーモンピンク、香りはチャーミングなストロベリーに加え、やや個性的なアプリコットと黄色い花。温度が低い時はバナナ。 飲み口は優しい果実味と控えめな酸味に、ラストの苦味のバランス。 ロゼ全般に言えることではあるけども、初夏のやや暑い季節に、冷やして頂くと一本で幅広い料理に合いそうなロゼワイン。 さすがフランスロゼの一大産地のプロヴァンス、夜よりも昼、昼間の青い地中海のイメージと共に、料理を旨くする良妻賢母なワイン。 ボトルの形は玉ねぎを縦に長くしたような真ん中が膨らんだ特徴的な形、ロゼの綺麗な色味と相まって外観のスペックは高い。「映え」るのでzoom飲みにいいのでは?

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2018)
  • 2.5

    2020/03/10

    (2018)

    ロゼワインとチーズのマリアージュセミナー 3種のロゼワインの中では一番好きでした ロゼだけ3種というのも面白い キレイなサーモンピンクで春に飲みたくなる、のは日本人だけらしいけど^^;

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2018)
  • 2.5

    2019/12/09

    (2018)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    ふつう。料理にも合わない

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2018)
  • 2.5

    2019/12/07

    (2018)

    価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

    控えめながら爽やかな香り 丸く柔らかな味わい、アルコールは弱めで軽やか 薄茶色く炒めた玉ねぎのような風味 瓶の形が特徴的で可愛らしいですが、背が高いのでバキュバンのキャップを付けると我が家のセラーには戻せません ACコート・ド・プロヴァンス, クリュ・クラッセ 2018, 抜栓直後から, セラーで12℃

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2018)
  • 3.0

    2019/06/21

    (2018)

    自宅ワイン会の2本目はマリー クリスティーヌ。 マリアージュに登場したワイン。 華やかな柑橘類のような特徴的な香り。 色淡い系のロゼでかなり好み。 値段考えるとコスパ抜群!

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2018)
  • 2.5

    2019/05/04

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    仕事帰りに発見。見た目の華やかさに惹かれて購入! 花の香り、フルーツの苦味。 休みの日にゆっくり飲みたいワイン。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 4.0

    2019/04/22

    とても淡~いピンク♪ 香りは弱めでほろ苦く 優しい果実味と 控えめの酸味が抜ける スッキリした味わい(^-^)v 飲み口スムースで辛口 料理に合わせやすいかも? (^-^)/ 美味しかったです♪

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 4.0

    2019/03/12

    (2017)

    フルーティーながら重心は低く小粒の酸がきれいで、味の縁にタンニンを感じる。 2016年はダシ感が強かったが、2017年のはブドウの凝縮感がある。ロゼらしい瑞々しさはあるが、舌にグッとくるボディの厚さが心地よい。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2017)
  • 4.0

    2019/02/08

    久しぶり外飲みロゼ♪ボトルもステキ☆美味しかった〜!

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ
  • 2.5

    2019/02/04

    (2017)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    シャトー ド ロムラード キュヴェ マリー クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ ロゼワインといえばプロヴァンス!!!!! 【コート・ダジュールの海辺では冷やしたこのロゼが大人気!!特にランチには必ずといっていいほど多くの人がその美味しさを堪能しています!!】 実に400年以上の歴史をもつプロヴァンス・ロゼワインの造り手としては誰もが知る最も愛飲されるブランドのひとつだそうです。低温で抽出された一番搾り果汁は、淡いピンクに色付き、一番果汁の美味しさと絶妙な色の抽出が伝統プロヴァンス・ロゼの真骨頂となるわけです 確かに言えてますね。いつものリカーショップで物色中、神の雫コーナーで出会いました。ロゼはシャンパンって思ってましたが中々いけてます。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2017)
  • 3.5

    2018/10/07

    (2016)

    良い

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2016)
  • 3.0

    2018/09/29

    (2017)

    モトックス ワインフェスティバル 2018 100種類ワイン飲み比べ♪ (*^^*) 28種類飲んだところで終了時間...^^; 神の雫ワイン10種類 飲み比べ!

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2017)
  • 3.5

    2018/08/26

    (2016)

    南フランスワイン会3、ラズベリーの甘香するも実は白より辛口。ミネラリーで軽く酸あり、少し赤い果実のエグ味を感じるのでブイヤベースとバッチリ スズキとムール貝、海老のブイヤベース、スズキはあっさりだけど、ブイヤベース味がかなり濃い目で、ロゼや白の余韻エグ味&タンニンと合わせてると感じた

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2016)
  • 3.0

    2018/08/23

    (2014)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    久しぶりのロゼ、Cuvee Marie-Christineの2014年ヴィンテージになります。色合いは程よくピンクからオレンジがかった茶色に変化しています。このボトルはスラッとしていてオシャレな作りですね。 綺麗で透き通っているのですが、香りはちょっと弱いですかね。パイナップルや青唐辛子的なニュアンスがあり、そしてキャンディのような丸みも感じられます。 比較的奥行きも少なめですが、ロゼだからか魚系にも合うし、生姜焼きにも悪くなく、オクラ納豆も何のその。食材によって顔色の変化はありますが、そのほとんどに協調性が見られて親しみが持てます。 そんな感じのワインです。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2014)
  • 3.0

    2018/08/16

    (2016)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    Ch ド・ロムラード マリー クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ ハーフ 2016 (グルナッシュ 35% サンソー 35% シラー 30%) 本日のランチです。 キラキラした美しいロゼ✨ アプリコット・スモモ・キャンディ、 ピンクグレープフルーツなどのアロマ。 味わいは、 アルコールのボリュームもありますが、 イチゴキャンディーのような フルーティな酸と同時に、 まさにピングレフルの皮のような 苦味が口いっぱいに広がり、 更に余韻として長く残ります。 これをリセットするかのように、 食事を口に運ぶ→飲む→食べる→飲む→食べる… あーーーーーー止まりません(笑) 鶏むね肉のハム 米ナスとシメジのトマトパスタ などに合わせました。 地中海沿いのレストランのデッキで、 プロヴァンスの夏の風を感じながら、 家族でゆっくりとランチを囲む。 そしてお爺ちゃんやお婆ちゃん、 子供達と一緒に楽しくお喋りをしながら、 遅い日没までの時間をゆっくりと過ごす✨ そんな時のためのワインなんだろうな〜 なんて勝手に想像してみたりして… 幸せ感じるロゼでした(๑´∀︎`๑)

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2016)
  • 3.0

    2018/02/25

    (2016)

    マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ2016 シャトー・ド・ロムラード 久しぶりに家呑み。久しぶりに家ロゼ。プロヴァンス・ロゼはそれと意識して飲むのは初めてかもしれません。 落ち着いた上品なエチケット、優雅なボトルの形に淡いピンクのグラデーション。食卓が華やぎ祝祭感があります。 赤いベリーのごくごく淡い香り。甘たるくなくすっきりと喉を潤します。 モトックスのバイヤーの本間さんが、ワインセミナーの際、ロゼはいろいろキャンペーンを打つけど当たったことがない、とおっしゃってました。 ロゼは近年、昔に比べれば見かける機会も多くなったと思いますが、やはり女性向けの“かわいい”ワインとしてのキャンペーンやお花見ワインなどの特別な時期のワインという打ち出し方では定着するには限界があるのかな、という感じはします。 ロゼの持つ優しさや上品さ、特別感はそのままに、もう少し日常的にスマートに飲めるワインとして広めることはできないものだろうか。近年のロゼブームに女性ながら違和感を感じるのであります。

    シャトー・ド・ロムラード キュヴェ・マリー・クリスティーヌ ロゼ(2016)