Ch. Citran
シャトー・シトラン

3.19

558件

Ch. Citran(シャトー・シトラン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • 木樽
  • プルーン
  • ブルーベリー
  • スミレ
  • レーズン
  • 黒コショウ

基本情報

ワイン名Ch. Citran
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ)
スタイルRed Wine

口コミ558

  • 3.5

    2021/04/26

    (2015)

    シャトーシトラン2015。そこそこボディーがあり、ショコラの後味があって美味い。

    シャトー・シトラン(2015)
  • 3.0

    2021/04/25

    (2011)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    30%オフで売ってたので迷わずゲット。 一本目はブショってたけど、二本目は当たり。

    シャトー・シトラン(2011)
  • 3.5

    2021/04/16

    牛タンステーキ?焼き肉が美味すぎて。料理あってのワイン?ワインあっての料理?いつもは後者ですが、今日は料理が主役なふりして、シトランだからオールOK。

    シャトー・シトラン
  • 3.5

    2021/03/19

    (1999)

    価格:4,400円(ボトル / ショップ)

    オレンジがかったエッジ。 収れん性のあるタンニン、辛口で酸を強めに感じる。 時間がたつと落ち着いて、まろやかに美味しく飲める。 コルクが途中で砕けたけど、ゆっくりやり直してなんとか抜けた。

    シャトー・シトラン(1999)
  • 3.5

    2021/03/12

    グリーンカレーと合わせてみたら…すごい! 未知の世界だった。

    シャトー・シトラン
  • 3.0

    2021/03/05

    ものすごくお久しぶりなので飲んじゃえ、ということで。CF8、メルロ49、CS43、alc13.5。やっばり好み。

    シャトー・シトラン
  • 4.0

    2021/02/27

    (2009)

    ブルジョワ級 シトラン 2009。1999, 2005, 2007, 2010を飲んだことがあるが、このヴィンテージが最も好み。厚みはそこまでは無いが、香りが良くバランスが良い。何よりコスパが良いので再購入したいが、ネットで一定安心感のある店では見つからない。

    シャトー・シトラン(2009)
  • 2.5

    2021/02/26

    (2007)

    価格:3,058円(ボトル / ショップ)

    シャトー シトラン 2007 オーメドック PP87-89 カベルネ・ソーヴィニヨン 50% メルロー 50% 香りはカシス、クローヴ、スミレ。 明らかな熟成感はないものの、タンニンはそれなりに柔らかくなっている様な気がします。 樽感を伴ったビターな感じがやや強く果実味はちょっと押され気味。 オーメドックあるあるですね(^^;) ヴィンテージの影響も有るのか、硬派のボルドーといった赴きです…(´△`)

    シャトー・シトラン(2007)
  • 3.5

    2021/02/13

    安定のシトラン07

    シャトー・シトラン
  • 2.5

    2021/01/03

    シャトーシトラン2007。たまには熟成ボルドーを。 全体的に要素が少なくあまり楽しめず。飲み頃すぎてたか。デキャンタしたのは失敗だったかも。

    シャトー・シトラン
  • 5.0

    2020/12/26

    (2005)

    シャトー・シトランの2005 セラーに寝かしてあったものを開けました。 飲み頃としては15年経過した今が最高領域であると思いました。 口当たりがマイルドで優しい。濃厚で熟した大型ベリーのようなテイストで甘み、旨味が主張。芳醇だが爽やかな香草の香りに樽がアクセントとなっている。 感動をおぼえました。 高級で希少なワインは沢山ありますが、個人的に本当に美味しく満足できるのは、このボリュームゾーン(¥5000前後)を自宅でしっかりと寝かしたものです。

    シャトー・シトラン(2005)
  • 3.5

    2020/12/21

    (2010)

    ブルジョワ級シトランのグレードビンテージ2010。十分美味しく頂けました。香りに違和感は無く、心地良い程度の甘いタンニンがあり、普段飲みには◎

    シャトー・シトラン(2010)
  • 4.0

    2020/11/08

    3.75点でギリギリ4点。シトランのグレードビンテージ2009に挑戦。これは香りが良いし、熟成感もあって、タンニンはシルキーでビターな余韻もあるので、ブルジョワ級ではかなり良いクオリティだと思う。もう少し厚みが有れば文句無しに4点。3〜4Kなので、見つけたら買いやと思う。

    シャトー・シトラン
  • 3.5

    2020/10/21

    (2010)

    ブルジョワ級シトランのグレードビンテージ2010に挑戦。これは直前に飲んだ同じくブルジョワ級のセネジャック2014とは一線を画する美味しさ。3.6点で3.5点評価。決して主張し過ぎない若干の花のようなあ上品な香りがありつつ、甘めの滑らかなタンニンがあり、フルボディとまではいかないものの、満足感のある十分な厚みもあり、2010ならではの質なのかなと思う。値段も考えるとこれは良い。

    シャトー・シトラン(2010)
  • 3.5

    2020/09/28

    (2015)

    オーメドックはシャトーシトラン2015。塩尻のワインと馴染みのあるメルロー&カベソー、ちょっとカベルネフランがアクセント。なんと豊かな果実味。アタックは柔らかめ。なのに奥行き感がある。なんか安心。

    シャトー・シトラン(2015)
  • 3.5

    2020/09/20

    メルロー、カベルネ

    シャトー・シトラン
  • 2.0

    2020/09/13

    ちょっと疲れる 酸味?

    シャトー・シトラン
  • 3.0

    2020/07/24

    (2014)

    価格:3,520円(ボトル / ショップ)

    酸味強め、タンニン弱め、余韻も余りなくコスパ的には少しがっかり。オー・メドックでラム肉に合わせようと思ったが、合わず残念。もう少しカベルネ多めの方がよかったのかも。

    シャトー・シトラン(2014)
  • 2.5

    2020/04/29

    (2011)

    まろやかー

    シャトー・シトラン(2011)
  • 3.0

    2020/04/04

    (2007)

    果実味たっぷり。しっかりめのタンニン。 酸味を強く感じ速やかに消えていくので、杯が重なり飲み過ぎてしまう。 物凄く美味しいという感じでは無いが、気軽に飲めるオーメドック。

    シャトー・シトラン(2007)
  • 3.5

    2020/03/26

    (2009)

    FBでやたらシトランの広告がうっとうしかったのでシトラン開けてみた。 色は濃い紫、ディスクは僅かにオレンジが入る。 香りはハーブや黒い果実にクランベリー、ラズベリーなど酸のある果実、腐葉土やシガー、菩提寺やなめし革、若々しい果実の香りと熟成感も出ていて複雑。 アタックはとても滑らかでジャムのように凝縮感のある果実味と強い引き締まった酸、強い俊敏性、樽もまだまだしっかり、これでブルジョア級!?と思わせる素晴らしい造り、欠点はラストに残る強いアルコール感かな ビンテージからは想像できないフレッシュさと強い酸。 今飲んでも美味しいけど5年後10年後も楽しめそう。 前回飲んだときは大したことない印象だったけど3年経って熟成したからかロット差か今回は大満足でした

    シャトー・シトラン(2009)
  • 2.5

    2020/03/09

    (2003)

    シトラン03 バスクチーズケーキはつくりたてと、1日寝かせたものとは状態が全く違う。 私は1日置いた方が好み。 ワインは果実味も豊かで、意表をつく柑橘系のニュアンスも含んでいたりする。 さらにカカオの香り。 03はこのクラスちょうど飲み頃なものか、すぐに開くし美味しくてグイグイいけてしまう。 バスクチーズケーキにも合うけれど、この香ばしい感じにシトランの、なにが合っているのだろう? 酸味もタンニンもしっかりしている。 熟成によって乳酸がミルキーなニュアンスを生み出していました。

    シャトー・シトラン(2003)
  • 3.5

    2020/02/11

    スミレのような香りがして 普段飲みできる安定した美味しさ。

    シャトー・シトラン
  • 3.5

    2020/02/03

    (2006)

    ラベルは変わったけど毎晩のように飲んだ懐かしの1本。セラーにしばらく入れてたのでラベルは汚れたけど中身は当然ながら健全な状態。フレッシュな黒い果実の香りのみならず凝縮感、スパイス、あとは落葉系の熟成からくる香りもあり時の経過を感じられる。タンニンもしっかり、余韻もそこそこあり、時間とともに少しづつ開いてくれた。

    シャトー・シトラン(2006)
  • 2.5

    2020/01/31

    酸味強い。アルコール度数も強く感じる。 不味くはないけどいまいち

    シャトー・シトラン
  • 2.5

    2019/12/15

    (2003)

    価格:4,050円(ボトル / ショップ)

    シャトー・シトラン03 オー・メドック シトランはセカンドも美味しいが、ファーストはもっと美味しい。 そして困ったことに、ファーストとセカンドの価格差があまりない。 これなら、ファーストを飲んだ方がお得というものだ。 今日はまた、ワインラムしゃぶと。 つい最近やったばかりで、すごいリピート率。 もともと、札幌のケーキ王国に行ったら、水の代わりにワインでやるしゃぶしゃぶっていうのがあって、とても気に入った。 ケーキ王国は豚なんだけど、わが家はそれをさらにアレンジして、ラム肉でやってみたらさらに美味しくて、定番化。 さて今日もワインラムしゃぶ。シトランとのマリアージュは? おおっ!なんということでしょう! 素晴らしい。 シトラン03はすでに古酒感漂い、抜栓時からカシスなどの香り。豊かな果実味。タンニンはバランスよし。酸味の主張も穏やか。 程なくボルドーならではの穏やかな甘み。 これはいい。飲みやすくてスイスイ行っちゃうのが難点だけど、本当はこういうワインはゆっくりと味わいたい。 一般的にはこれをピークアウトというんだろう。だけど私には最高の状態。 シトラン自体のポテンシャルもすごいと思う。 今日はこれにして正解^_^。

    シャトー・シトラン(2003)
  • 3.0

    2019/12/13

    忘年会続きで日本酒からの茶色いお酒がが多くて、やっぱりワインが美味い。この先はフランスの、赤と白でお願いします。

    シャトー・シトラン
  • 3.0

    2019/11/21

    (2005)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    シャトー・シトラン 2005 "ブルジョワ級のシャトーの中でも最上級のひとつ。 濃密で甘やかな果実味と 滑らかなタンニンが楽しめる魅惑的な仕上がり。 外観は濃いガーネット色。カシス、ブラックベリーの凝縮感のある果実のアロマに、甘いタバコ、スパイス、芳ばしいトーストがよく溶け込んだ魅力的な香り。口に含むと滑らかなタンニンが心地良く、熟した果実味に程よい酸が寄り添います。 この価格帯ではなかなかお目にかかれない優良年のバックヴィンテージ。濃密な果実味溢れる1本を、この機会に是非ご堪能ください。" カベルネ・ソーヴィニヨン(50%)、 メルロ(50%) とのこと。 舌触り滑らか。優良ヴィンテージらしく、複雑味があって余韻も長め。

    シャトー・シトラン(2005)
  • 4.0

    2019/11/15

    シトラン2011 少し枯れ始めて、いい感じなってます! シトラン、、、、、 好きだな~\(^^)/

    シャトー・シトラン
  • 4.0

    2019/10/26

    07飲み時

    シャトー・シトラン