Castello di Ama San Lorenzo
カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ

評価

レーティング

3.3

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • 木樽
  • ラズベリー
  • プルーン
  • ブラックチェリー
  • ブルーベリー
  • スミレ

詳細

生産地Italy > Toscana
生産者
スタイルRed wine
品種Sangiovese (サンジョヴェーゼ), Malvasia Nera (マルヴァジーア・ネーラ), Merlot (メルロ)

投稿(口コミ)100posts

  • (2011)

    2017/09/30 21:43

    当然これも大好き。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/09/09 21:02

    池袋東武百貨店のエノテカにて。ゆかり誕生日向け。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/08/27 12:32

    サンジョヴェーゼ80%、マルヴァジア・ネラ+メルロ20% イチゴ、ブラックベリーの熟した果実のアロマ。 タンニンは濃密でありながら滑らか。イキイキとした果実味と上品な熟成感が心地よい余韻…

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/08/11 23:50

    価格:4,000円(ボトル / ショップ)

    サンジョベーゼ感が強く、典型的なキャンティの味わい(たぶん)。濃いけど隙があって干し葡萄のニュアンスもあり。エノテカ軽井沢の3割引きセールで4000円くらいで購入。元値は6000円くらいだっけ。89点。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2010)

    2017/07/18 22:10

    エノテカで買ったハーフ。高いけどそーんなに美味しいとも思わなかった。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2010)
  • (2011)

    2017/05/30 20:48

    サンジョヴェーゼ 80%、マルヴァジア・ネラ+メルロ 20% 完熟したワイルドベリーやイチゴ、チェリー、プラムなど赤・黒系果実のアロマ。 スパイスやアーモンドなどの豊かな香りも。 ジャムを思わせる凝縮した果実味と穏やかな酸、タンニンも上質で程よいヴォリューム感…

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/04/30 20:03

    サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ 2011 サンジョヴェーゼ80パーセント主体のイタリア赤ワイン。 色味は深い赤。 ファーストアタックはボールドで力強い、 フルーティーではあるが、 パワフルなタンニンの主張が高く、 口内が渋み存在で支配されてしまい、 とても苦手な味わい。 酸味があるので、後味はキリッとしているが、 渋みのせいで、余韻がしぼんでしまう様子。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/04/14 18:51

    1日遅れたのかな?今日、一ヶ月ぶりにキャンティーを飲む。 イタリアワインらしい、甘酸っぱさとこの華やかな香り♡ キャンティでも、あんまり美味しくない薄ーい、酸の強いワインもあるけど、これはしっかりしたタンニン力強さもある。 今まで飲んだキャンティクラシコで、一番好き(ˊo̴̶̷̤⌄o̴̶̷̤ˋ)

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/04/09 15:16

    美味しいサンジョベーゼあまり知らなくて、美味しいの飲みたくて購入。もう少し寝かせても良いらしいけど、今でも十分美味しいキャンティ・クラシコでした。万歳。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/04/02 18:34

    今日のワイン。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/03/30 20:08

    ため息さえも愛おしい。2011とはいえ、このグラン・セレツィオーネは、開けてすぐでも美味い。これが魅力全開の状態を知りません。もっとすごいのなら、それは相当美味しいのだろう。 チェリーにイチゴなどのベリー、樽のアロマ、森の中を歩くかのようなシダーの漂う空気。これが、キャンティクラシコなのか。美味しいボルドーの面影を感じつつ、探っていくとそれは違う。つべこべ言わずに今日は飲んでいいですか(笑)そして今晩で、名古屋さようなら。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/03/24 21:40

    カステッロ ディ アマ サンロレンツォ'11 アマのグランセレツォーネクラス 芳醇でグラマラス、それでいてエレガント! これまで飲んだキャンティクラシコ達とは違った美味しさを感じます。 ちょっと良いワインなんで、仕事はそこそこに切り上げて、スネ肉のオッソブーコ風煮込みを。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/03/05 21:39

    エノテカのハッピーワイン、アマのCCGS11 まだ早いと思いつつ、開けてしまいました。 抜栓後9時間、グラスに注ぎました。でもまだ硬め。 そのあと2時間かけてやっと膨らみのあるベリーや少しスモーキーなスミレのブーケが開いてきました。 杉や檜木の様なニュアンスも奥に感じます。 酸とタンニンは元気そのもので、味わいはアマ味とイロイロな果実の要素が濃縮されてます。 解きほぐすにはもう少し寝かせたほうが良いでしょう。 アンナータに10年を加えた位が果実味もまだありの、バランスの取れた味わいになりそうです。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/02/25 19:29

    ちょっとタンニンが強かった気がする

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/02/24 23:20

    三重県のゆるキャラ代表との呼び声高い、職場のN君に熱湯をぶっかけられたおっちょこちょいの犠牲者兼被害者のニックです。 落ち着いて仕事してくれないかしら… そんなくるぶしに効くワイン! 久しぶりのキアンティクラッシコ❗️ 暮らし安心クラシアン♬(言いたくなっただけ) キャラシコの最高峰との呼び声高いの? を味わう‼️ CASTELLO DI AMA SAN LORENZO 2011 CHIANTI CLASSICO GRANSELEZIONE! しっとりとしたええ土の土臭さ、カブトムシ香。 タンニンは滑らかになって来ているけど果実味、酸味の存在感はまだまだしっかりとしていて、なんやろか?じんわりと身体に染みて行く様な旨さ。 今まで飲んできたキャラシコとは一線を画すす雰囲気がある。 熟成キャラシコ、良いじゃない(๑╹ڡ╹๑) もっと熟成させるとどう化けるのかとワクワクする、妖怪変化の摩訶不思議アドベンチャー。 でも熟成仕切ってないこのバランスも好きです♡ ブルネッロとは大阪環状線と山手線ほど違うサンジョベイゼの奥深さを感じられる1本だと思うます!! 実質☆3.8 宿泊客が少なかったのか非常口の灯りしかないある日の廊下…ლ(இ e இ`。ლ)

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/02/24 20:49

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ2011 サンジョヴェーゼ80%、マルヴァジア・ネラ+メルロ20% 上品なタンニン、優しい酸。このサンジョさんは、美味しい。 牛筋煮込みは、丁寧に作られていて、美味しかった。 いつものワイン会 6本目

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/02/20 03:32

    当分投稿が追いつかないので、写真だけアップ(oロo)!!

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/02/18 00:03

    キアンティ・クラシコの最上級、キアンティ・クラシコ・セレツィオーネ。木曜日だしかぼちゃのニョッキ、ゴルゴンゾーラソースと。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/01/16 00:09

    アロマフレスカ

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/01/10 20:24

    2017年最初のワインは厳密に言えばモンラッシェの残りだったわけだが投稿はこれが初めて 間が空いたのには5日6日がお休みだったので京都一人旅を敢行し、もうひとつ社会人としての資質が問われる恥ずべきことだが携帯電話を紛失してしまっていたからだ さておき、キャンティ・クラシコ イタリアワインの代表である 家族にも飲んでもらったがおいしいとの評判 余韻はしっかりしているが必要なほどタニックではない タニックの評点は限りなく三に近い四だと言っていい 目を瞑るとフルーティーな葡萄の旨味を感じる もうひとつ プラムの香りはこんなんなのかな、という推測を建てるに到った次第 2011年ヴィンテージだから若すぎないがまだまだフルーティーさ、爽やかな飲み口である お金を使いすぎた年始だから暫く倹約しようと思うがワインはやはり素晴らしい 重厚さより親しみやすい陽性の笑顔を向けられるようなワインだ

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/01/03 00:44

    実家里帰り6本目。 風呂上がりの延長戦(笑) チーズとポテチで飲み直しの1本は、カステッロ・ディ・アマのキャンティ・クラシコ2011。 タンニンは滑らかで溶け込んでいるようですが、果実味が主張し過ぎる感があり、まだまだ若い感じがします。 アマのキャンティは熟成をする事を考えての造りかと思います。 あと4~5年寝かせてからの本領発揮かと思います。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2017/01/01 17:53

    白ワインのコーナーにあったみたい。…ガッチリ赤だし(笑 ワインが苦手な兄弟が気を遣ってくれました。お正月のご挨拶で。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/12/25 14:38

    メリークリスマス!!おっと、履き順を間違えたらしい、、、。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/12/18 10:09

    キャンティクラシコ。そこそこいい値段。でも、美味しいです。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/12/12 19:52

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    飲み頃までまだ時間が必要か、頑なに閉じていた印象。これが実力ではない…はず。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/12/03 18:00

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    トスカーナのサンジョベーゼ飲み比べ。キャンティクラシコは他のDOCGより酸が一番はっきりしていた。果実味もあわせて「溌剌、パワフル」って印象

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/10/08 22:35

    価格:~ 999円(グラス / ショップ)

    大名古屋ビルヂングのエノテカでのキャンティの飲み比べ。こちらは重めでしっかりした味わい。私の飲み友達の似顔絵付きf^_^;

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/09/03 17:49

    アマの11サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ サンジョベーゼ80、マルヴァジア・ネラ+メルロー20 黒系果実、チョコやコーヒーの香り、スモーキーなニュアンス、タンニンはしっかり、ボリューム感のある味わい、エレガントな酸。 以前10の同じ物のデミを飲んだ時は、抜栓後1時間くらいで飲み切ってしまい、その間全く開く気配はなく、カッチカチのコッチンコッチンのままでした((((;゚Д゚))))))) 今回は抜栓後24時間くらい経っていたようなので程よく開いていました(^^) ただしやはり今飲むのはまだまだ早そうで、あと5年くらいは寝かせた方が良いと思います! ポテンシャルの高さは十分感じられました♫

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/07/25 08:28

    知人が出した新形態の焼肉屋でゆる〜いワイン会。オーナーも一緒にサマートリュフ削り放題、チェイサービール飲み放題^_^。 卵を絡めてすき焼き風、まではわかりますが、サマートリュフ削り過ぎたかも;^_^A、

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)
  • (2011)

    2016/07/20 22:26

    キャンティ・クラシコの名門、アマ。そして近年新たに設定されたキャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネという呼称。アマの手掛けるそれに対峙してみます。 素晴らしいですね。よく熟したチェリーやストロベリー、ラズベリーに、カシスやプラムなど、黒赤混じった複雑で濃密なアロマ。そして時間と共に現れるスパイスやタバコ、オーク樽のニュアンス。味わいは程よくジャミー。それを包む甘やかで上質かつエレガントなタンニンと、しっかりと足元を支えてくれる酸と、余韻を彩るミネラルとバニラ感。実にエレガント。 キャンティ・クラシコでありながら、スーパータスカンや良くできたボルドーを彷彿とさせる味わい。アマのワインへの哲学を感じますね。ちなみに、敢えてブリ・ド・モーに合わせてみたら素敵でした。 惜しむらくは、まだ開けるには早かったかなぁというところ。あと5年経ったら恐ろしいことになりそう。 楽しいなぁ、サンジョベーゼ。

    カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ(2011)