Castello di Ama Chianti Classico
カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ

3.19

274件

Castello di Ama Chianti Classico(カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • ラズベリー
  • ブラックチェリー
  • プルーン
  • スミレ
  • 木樽
  • ブルーベリー
  • バラ

基本情報

ワイン名Castello di Ama Chianti Classico
生産地Italy > Toscana
生産者
品種Sangiovese (サンジョヴェーゼ), Merlot (メルロ)
スタイルRed Wine

口コミ274

  • 4.0

    2021/05/05

    (2018)

    メルローが口当たりの良さとまろやかさに貢献しつつサンジョベーゼのプルーンのようなフルーティーさを堪能!

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2018)
  • 4.0

    2021/01/21

    (2018)

    サンジョベーゼの美味しさでてる。 香りは落ち着いて、タンニン、酸味は適度 開封して時間が経ってもよさそうだがほぼ飲んでしまった

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2018)
  • 2.5

    2021/01/01

    (2017)

    カステロ ディ アマのキャンティクラシコ。 キャンティクラシコとしては若干バランスが 悪い印象。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2017)
  • 3.0

    2020/07/12

    (2016)

    キャンティ クラシコ アマ2016 イタリア トスカーナ カステッロ ディ アマ サンジョヴェーゼ96% メルロ4% 久しぶりに赤ワインをあけました。 今見ている海外ドラマが赤ワインをのんでいるシーンが多く影響されてキャンティクラシコをあけました(^^) ブラックチェリーやカシスなどの黒系果実の豊かな香り。 滑らかなタンニンで苦手な渋みがあんまりなくすごく美味しかったです! 私のイメージするキャンティクラシコとは違っていたので今度は他の生産者のキャンティクラシコものんでみたくなりました。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2016)
  • 3.0

    2020/05/06

    苦味が強い

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ
  • 3.5

    2019/11/24

    (2015)

    検定4本目。キャンティクラシコです。サンジョベーゼ。まろやか渋い。美味しい。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 4.0

    2019/10/20

    定番のキャンクラ! 濃すぎない、やさし~い味わいのキャンクラ! 酸も、イイ感じ! やっぱりアマ最高の一本だな\(^o^)/

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ
  • 3.0

    2019/09/18

    (2016)

    持ち込みワイン会 八本目は王道キャンティクラシコ

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2016)
  • 3.0

    2019/08/09

    (2015)

    カステロ ディ アマ2015です。 久々の赤!キャンティクラシコも久しぶり(╹◡╹) 相変わらず透明感がある綺麗ななかにも力強さもあり、満足感高いですね。 ※今日の一言 いや〜久しぶり!え!君こんなに綺麗やったん?

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 3.0

    2019/07/17

    @PARK MGM

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ
  • 2.5

    2019/07/15

    (2010)

    キャンティ・クラシコ・アマ10 この日は、アマのノルマーレのキャンティ・クラシコを開けました。 抜栓して少し放置、スミレやラズベリー、ほんのりプルーン、紅茶の輪郭、フワッとした酸、また寝ているようで閉じぎみですね。一日目はあんまりかわらない・・・ノルマーレのキャンティ・クラシコなので10でもピークを外したかも。 トマト麻婆茄子を作ってみました。茄子を素揚げにするには油が足りないので、表面にだけ油を塗るという、手抜きです。意外に茄子の色が落ちません。 さて、二日目はやや明るさを取り戻した味わい、でも何か足りないと思いながら、この日のアスパラとパプリカの八宝菜と合わせてました。 トスカーナのグレヴィンですが、ノルマーレのCC は5~6年で飲んだほうが良さそうかなぁ・・・それとも固体差でしょうか。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2010)
  • 3.0

    2019/07/08

    (2016)

    価格:2,500円(ボトル / ショップ)

    昨日のフォントディCCで外したので、今日はフレッシュなヴィンテージのCCにしてみました。 カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラシコ 2016 サンジョヴェーゼ96%,メルロ4% オークバリック熟成(新樽無し) ブラックチェリー、ブラックベリーなど、みずみずしい果実味。 ハーブや草などやや青っぽいニュアンスがあり、タンニンは強く舌にしっかり残ります。 果実の凝縮感はやや低く水分は多めで、樽の香りは馴染んでおらず浮いている印象。 まだ若く樽は派手で、こなれた感じはありませんが、美味しく飲むことができました。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2016)
  • 3.0

    2019/05/06

    (2015)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    2015キャンティ

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 3.0

    2019/04/25

    (2015)

    AMAのキャンクラ。サンジョベの香りが出てる。味は酸味が弱めでシルキーな甘さと柔らかいタンニン。キャンクラっぽくない感じだけどメルロー好きにはこれもあり。セレツィオーネもぜひ飲んでみたくなる。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 3.0

    2019/04/21

    (2015)

    久しぶりのイタリア赤はカステロディアマのキャンティクラシコ2015 エノテカで安くなってたので買っちゃいましたが、安定感あるなーただ2日後にはかなり酸味が強くなってしまいましたが。。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 3.0

    2019/04/03

    (2011)

    アマのキャンティ・クラシコ11を開けました。 サンジョベーゼ96% メルロー4%。 透明なガーネット寄りのルビー、赤黒の果実がまだまだしっかり、後から紅茶、土、ミネラルのニュアンス、ほどほどの酸、全体的にさらっとした優しい印象です。 お供はネギマと餃子、なんだかホッとする味わいでした。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2011)
  • 4.0

    2019/03/16

    ストレートサンジョベーゼ!香りだけで酔える。グラスを満たす香り分子の量感。果実味を越えない樽香の絶妙なポジショニング

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ
  • 3.0

    2019/03/15

    (2015)

    自宅 2回目 安定のキャンティクラシコ

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 4.0

    2019/01/20

    (2015)

    2015キャンティ

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 3.0

    2019/01/19

    (2014)

    平日のキャンティ・クラシコ。アマのこいつは初めてですね。突然抜栓したので、2014でもかたい!またしてもダキャンター二号の登場となりました。酸味が尖っていたのが、少し柔らかめになって、タンニンとバランスがよくなります。美味しいです。 セラーの大掃除しました。全部出して、アルコール除菌で拭いて、ラップ。二人がかりで二時間かかりました(T_T)

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2014)
  • 3.0

    2018/12/13

    間違いない安定の美味しさ。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ
  • 3.5

    2018/12/09

    キャンティ・クラシコ ファンにはお馴染みのアマのスタンダード。サンジョヴェーゼはもちろん、アマ自慢のメルローも使われてるんですよね。 久しぶりに飲みましたけど、安定の美味しさ。 料理の写真は昨日のお招き頂いた取引先の忘年会のもの。毎年なのですが、イタリアンだったので写真をポチリと。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ
  • 3.5

    2018/10/23

    (2015)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    キャンティ クラッシコ 2015 サンジョベーゼ カステッロ ディ アマ スミレの香りが印象的 とても美味しい 良い意味での軽やかさが大好きです 池田 学さんの「誕生」、 壮大な作品に圧倒されました\(^-^)/

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 3.5

    2018/10/17

    (2015)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    すごいぜ,キャンティクラシコ❗ キャンティクラシコだぁい好き❗

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2015)
  • 4.0

    2018/10/14

    (2006)

    キャンティ・クラシコの日♬ 奥様はお江戸にお仕事で僕はお留守番♬♬ なら、作っちゃいましょう。♪ 有るもので ではないヤーツ。 中華が食べた~い。 まずは、スーパーでお買い物♪選んだ食材をカゴに入れてスキップしながらお会計へ。 みんなの味方、クックドゥーのお力添えで、豚と玉ねぎの生姜炒め&四川風麻婆豆腐出来上がりました。麻婆豆腐は追い山椒をたっぷりかけて豆腐は水切りもしたし、よしよしと独り言。 アマのキャンティ・クラシコ06 グラスを二つ用意して飲み比べです。 小ぶりの木村硝子のサヴァ、とヴィノムボルドーを取り出し、アマを注ぎます。 さあ、背筋を伸ばして口元へ。 サヴァはギュッと凝縮して、赤系果実の濃いような芯があるような印象。しっかりした酸味と後から紅茶、カカオ、鞣し革。 さてさて、ヴィノムは、まだ少しボヤけている感じ、美味しいけど物足りない。 でもこんなはずじゃないと、まちましょう。・・・その間サヴァと中華でお食事。 ・・・っと2時間経過、おっ、来そう、来る来る!!いやまだまだ、ためて、ためて直線向いてあと2ハロン・・ キタ━(゚∀゚)━! 大外から~、って優駿じゃないですが、ついにヴィノム噴火しました。次々沸き上がる黒系の果実とエスプレッソ!!  待ってましたぁ――――――――!!! 半日前に抜栓しても、まだエンジン全開までかかりますね。今度はデキャンタしよう。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2006)
  • 4.0

    2018/06/18

    (2014)

    ひさしぶりに家飲み。でも家飲みではあまり飲まないキャンティ。いまだにキャンティの良さが掴みきれずにいる。 でもこれは文句なしに美味しい。 カステッロディアマ2014 深みのあるきれいな紫色。アタックが柔らかくすっと入って来る感じ。イチゴ、イチゴジャム、ダークチェリーの香りと酸。味わい深い柔らかくてなめらかなタンニン。少しシナモンのようなスパイス。 昨日のピエロパンのソアヴェにも感じたものと同じく、良い意味で突出したものがなく、果実味や柔らかさ寄りだけれどもとてもバランスが良い。エレガンテ。 トマトをいっぱいもらったのでつくったトマトソースでスパゲティ。 ある雨の日のアンニュイモカちゃん。 なぜか、瞳孔バーン(笑) そして相変わらずアクロバティックな格好で寝る。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2014)
  • 3.5

    2018/04/13

    (2014)

    キャンティクラシコの一種なのかな? 年度始めで忙しい日々へのご褒美で開ける 強い赤ワインだ 裏に品種の割合が書いてある サンジョヴェーゼ96、メルロー4と 赤い果物のブケはメルローによるものではあるまいか そう思った 四月七日にベトナムコーヒーというものを初めて飲んだが、最後に練乳がガツンと来た このワインも後の方にこそ余韻が力強く響く ブケの華やかさと赤ワインらしい強さ 例えるならかわいくも気象の荒い犬みたいなものかな? 仕事が忙しく常に荒い人もいるが、助けにならねばならない

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2014)
  • 3.5

    2018/04/10

    (2014)

    久しぶりのキャンティ・クラシコ。エレガント系で独特の埃ぽさは無し、さらっと飲み干してしまいました。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2014)
  • 3.0

    2018/03/17

    (2014)

    自宅 バランスが素晴らしい

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2014)
  • 2.5

    2018/01/29

    (2014)

    評価は一定とさせていただきます。 キャンティ・クラシコ最高の醸造者として名高い、トスカーナのカステッロ・ディ・アマが造る、スタンダードワイン、キャンティ・クラシコ・アマを頂きました。 キャンティは早のみ、フレッシュなんてイメージのあるタイプも多い中、熟成させてよりおいしく感じさせるキャンティを造る、という信念のある醸造家だそう。 外観は濃いルビー色 香りは赤系果実のクランベリーなんかを感じました。 味わいは酸が豊かでフレッシュ。タンニンはそこまで感じず、トマトサラダとも合わせられるのでは?と思いました。 実はこちらのワインはカステッロ・ディ・アマの造るサン・ロレンツォの弟分。 真髄はやはりサン・ロレンツォを飲まなければ語れないところもあるのかもしれませんが、カジュアルに楽しみたければこちらで十分かも? 機会があればサン・ロレンツォも頂きたいです。

    カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラッシコ(2014)