こことあるシリーズ ぴのぐり

3.24

143件

こことあるシリーズ ぴのぐり
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 青リンゴ
  • 洋梨
  • 蜂蜜
  • メロン
  • 黄桃
  • 白い花
  • グレープフルーツ
  • 黄色い花

基本情報

ワイン名こことあるシリーズ ぴのぐり
生産地Japan > Hokkaido
生産者
品種Pinot Gris (ピノ・グリ)
スタイルWhite Wine

口コミ143

  • 3.5

    2022/05/19

    2020年もいいかんじ!

    こことあるシリーズ ぴのぐり
  • 3.5

    2022/05/07

    (2019)

    北海道余市 ピノ・グリ 2019年 蝋キャップを抜くと少しの泡が立ち上がり、Diam10の50mmコルクには酒石がびっちり付着してました(驚) 仄かに濁った液体からはグレフルやハッサク、オレンジピール、ミント、ソルティライム、仄かにスモーキーな香りも。 口に含むと、香りの印象よりも厚みがあってふくよかなフルーツの甘さを感じます。 酸もあるので甘すぎないけど、残糖を意識するくらいの甘やかさ。 仄かなビターさを伴った塩っぽさが充実してるエキスでボリューミーなミドル。 甘み旨味が支配的でふくよかな体躯をキープしたまま長い余韻に繋がる。 グリセリンの多さを意識するような粘性があって舌に絡みつくような?甘みを感じます。 人によっては、ちょっとしつこい?クドい?位に感じちゃうかもしれません。 2日目3日目は少しシュッとしたかな? ガッツリ目に冷やすとバランスが整ってイイ感じでした。 ブラインドで飲んだら、ローヌブレンドのブランって答えるかなぁ。 香りは比較的涼し気な要素も出てるんですけど、味わいの方は温暖で華やかなキャラが強めに出てると感じました(^ ^) 北海道のピノ・グリでこんなキャラのワインが生まれるなんて新鮮ですし貴重な体験でした♪ 何か気になるので20vtも試してみたいと思います!

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2019)
  • 3.0

    2022/04/01

    (2020)

    余市の葡萄(中川、木村農園) ピノ・グリ100% 10Rワイナリーの醸造 スッキリとしてしみてくる白でした。 香りは少々インキー お供、ルーローファン 知り合いが釣ってきた ホウボウ お刺身とあら汁で頂きました。 上品でとても美味しい出汁のでる魚です♪

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2020)
  • 3.5

    2022/03/13

    パパイアのような果実と青さ。 ほんのり花のような甘味、皮の苦味、二日目はビールのような、麦芽のような味。結構ドライ

    こことあるシリーズ ぴのぐり
  • 3.0

    2022/02/12

    (2019)

    家族がいない夜は、 草食系男子とイチャイチャしながら、 ひっそりとピノグリでも開けようかな♫ つって、 こことあるシリーズ  ピノグリ2019を開けてみました。 (っ ॑꒳ ॑c)ゎ‹ゎ‹ アロマからグレフルの皮感全開! これは絶対的にきっと、、、 味わいもそのままリンクして、 トラウマになりそうなくらいの苦味が。 苦いよー( ˊ•̥ ̯ •̥`) 蜜も凄いけど、 それを跳ね除ける程の苦味。。。 ピノグリの特徴は苦味だと思うのですが、 ここまで強いの初めてです。 ラディッシュスプラウトの苦味と 良く合いますけど、 やっぱり苦ーーーいw デパ地下で見つけた大麦若葉の生! これは珍しい⤴︎ サラダでもいけるらしいので 生ハムに巻いてみたけど、 これまた痺れるほど苦い(°0°) さぞかしワインと合うかと思いきや答えはNO! 苦味のオンパレードで、 口の中がおかしくなりそうでした。 耐えられなくなって、 甘いの食べちゃう(;´д`) 2日目は、 蜜が更に上がってきたものの、 その蜜を押し退けて苦味が。。。 3日目なんて蜜はトロリンとして来ているのに やっぱりアイツがーしゃしゃり出て来るぅw どーしたものかと頭を抱えて、たまたま購入した ルタオのフロマージュダブルをいただきながら 飲んでみたところ、 ウソみたいに苦味を消して、 蜜だけが残りましたぁ‧˚₊*̥(∗︎*⁰͈꒨⁰͈)‧˚₊*̥ ちょっとビックリ❣️

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2019)
  • 4.0

    2021/10/10

    (2019)

    フルーツみつ豆

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2019)
  • 3.5

    2021/06/09

    (2019)

    熟した白桃やアプリコット。少しグレープフルーツの川を思わせる苦味も。飲みごたえがしっかりでぐいぐい進むタイプではないかも。、、と思いきや2日後に飲んだらまろやかになってものすごくいい感じでした!

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2019)
  • 3.0

    2021/02/27

    (2018)

    久々すぎて、コメント欄に書き込んでしまいました〜>_<

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 4.5

    2020/11/28

    (2018)

    やさしい飲み口。 美味しい。

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 2.5

    2020/11/02

    (2018)

    ひとつ前のコート・ド・ボルドーがあっという間に空いたので、こちらを。 こことある ピノ・グリ18 DIAM10 想像よりも甘い。 こんなに甘くなるのですねー>ピノ・グリ。 出だしに結構なグリップ感がある。 ピノ・グリで感じることがある苦味は皆無。 【追記】 3日目、甘みは消えてトースト香が出たりしていた。

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 2.0

    2020/10/03

    (2018)

    ココファーム こことあるシリーズ ぴのぐり ピノ グリ エチケットはお借り画像 ペアリングで楽しんでいるお客様のグラスに こちらのワインが用意されたのが見えたので せっかくなので少しお願いしました 数週間前の時間を思い出しながら…( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 3.5

    2020/09/15

    (2018)

    ココファーム ぴのぐり もうちょっと冷やせば、よりおいじぃ

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 3.5

    2020/06/06

    (2018)

    こことあーるぴのぐり2018 ピノグリの最高峰❗️リリースからの飲むタイミングで毎回香りや味わいが違い美味しいな~

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 4.0

    2020/04/15

    (2017)

    わずかな発泡性を感じ、酸甘味のバランスが良く、芳醇

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 4.0

    2020/03/16

    (2017)

    ココファームさんの、 こことあーるシリーズ ぴのぐり2017です✨✨ しばらくお休みしてもらっていたワイン。 満を持して?抜栓しました! 洋梨っぽい香り。 遠くで少しの苦味。 美味しい!♪ヽ(´▽`)/ おつまみは、 生ハムと 山形土産の蔵王クリームチーズ・ブラックペッパー ブラックペッパーが、結構辛い! サーモンのお刺身で適当カルパッチョ風 ぴのぐりにバッチリ合いましたー(o^-')b !

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 2.5

    2020/02/03

    (2018)

    ココファームの「2018 ぴのぐり」です。 ややグリーンがかったイエローの色調。 香りには青リンゴとレモンに、少しのスパイス。 味わいの果実にも青リンゴを感じます。 豊かでシャキッとした酸味と少しの苦味に、ヨーグルトの風味。 石を舐めているようなミネラル感もあります。 軽すぎず重すぎず。 爽やかな清涼感に少しのコクを加えたような印象を持ちました。 このワインに何を合わせようかなーと思いながら、スーパーで目があったのが菜の花。 そこで晩御飯は、鶏肉と菜の花の白ワイン煮込みに決定! ぴのぐりを100ml使って煮詰めた風味と菜の花の苦味が合うー♪ ただ魚料理の方がより合ったかも笑(^^)

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 2.5

    2019/12/31

    (2018)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    ピノ・グリージョ(グリ)の旅・その77 2018 ココ・ファーム こことあるシリーズ ぴのぐり 余市→岩見沢 北海道/日本 半月前に長野産の素晴らしいグリ/グリをいただいたばかりですが、次の旅先もやはり日本。 近年、ワイン産地としての進境著しい北海道余市産のぶどうで作られたグリ/グリです。 こことあるのぴのぐりは、2014年から生産が始まり、この2018年産は4回目のヴィンテージだそうです。 バックラベルのQRコードからアクセスしたワインデータから、このワインのさまざまなプロフィールを得ることができます。 例えば、収穫年については、「2018年の北海道は一年を通して雨が少なく乾燥しており、余市は涼しい秋を迎えました。そのため、この年のワインは硬質な果実が味わいの中心にあり、それに強い酸味が伴っています」というような具合です。 これ、なかなか良い仕組みだと思います。 さて、こちらのグリ/グリ、外観は 光沢の強いレモンゴールド。透明度は高いのですが、なぜか不思議な粒子感があり、薄にごりのような見た目(*_*) 香りは、レモンや日向夏のような白っぽい柑橘、花梨、白い花、チョーク。 全体に白い香りのイメージで、ペトロール香のないリースリングみたいな感じです。 口あたりは意外に柔らかく、口に含んだ瞬間は、押し出しが弱く酸が足りない? でも、心配御無用(笑) 豊富な酸が、後から後から湧き出してくるように姿を現し、じわじわと口の中を支配します。 果実感は甘さでなく旨みの方向に振り切れ、かなりドライ。日向夏の房のような苦みも効いていて、全体的に抑制の効いた複雑な味わいです。 正直に申し上げると、グリ/グリらしさは感じるものの、現時点では、少しメリハリを欠き、まとまりのない印象を受けます。 素晴らしいポテンシャルを感じますが、いまはそこそこ美味しいというレベル。 それぞれの要素がバラバラの方向に主張していて、お互いの良さを打ち消し合っている状態で、開けるのが早かったのかなあ? と思われます。 半年〜1年ぐらい経って、ベクトルが揃ったら、ものすごく化けそうな気がするんですが…期待してますよ٩( ᐛ )و ※お料理の写真はワインに合わせたものではなく、お昼に食べたしじみラーメン。身体にしみるしみじみした味わいでした>_<

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 4.0

    2019/11/30

    (2018)

    ココファーム ピノグリ2018 リリースしたて。 香りは複雑で、メロン、栗、グレープフルーツ、ライムとか。熟成後も楽しみ!

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 3.5

    2019/11/24

    (2017)

    ココファーム・ワイナリーの17こことあるシリーズ ぴのぐり 日本、北海道 ピノ・グリ 淡い緑がかった黄色。柑橘や白い花の爽やかな香り、次第に花の蜜や熟した果実の甘い香りがして来た。豊かな果実味とフレッシュな酸味、少し苦味を伴うミネラル感。 今日はココファーム&10Rのピノ・グリを開けました(^^) ワイン単体で飲むと豊かな果実味とフレッシュな酸味でスイスイ飲めますが、料理と合わせるといろいろ表情を変えて面白かったです♫ マッシュルームのポタージュ、柿・リンゴと生ハムのサラダ、サーモンのカルパッチョ、キノコとベーコンのトマトクリームパスタなどと共に(*^^*)

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 3.5

    2019/11/14

    (2018)

    名古屋入りして、今日は軽いミーティングがあって終了。そして、こことあるシリーズのぴのぐり。青林檎、洋梨、桃のニュアンス、アタックは強め、果実味しっかりで酸がしっかりしてます。こんなに厚いんですね。さすが美味い!(^^)

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 3.0

    2019/11/11

    (2018)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    こことあるシリーズ ぴのぐり 2018 ココファームを頂く③ 濃いめのイエロー~ 白桃 洋梨 バナナ 蜂蜜~ 酸味フレッシュ 後味柔らかいです! 美味しく頂きました❗

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2018)
  • 4.0

    2019/10/20

    (2017)

    ココファーム ぴのぐり2017 1年我慢したら、落ち着きが出てきて、味わいに更に旨味 栗の香り‼️

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 3.5

    2019/10/16

    濃い!りんごの蜜みたいに濃厚、かつミネラリー。なので、飲みごたえを楽しみながらスルスルと。最後に心地よい苦味。これは危険。飲みすぎてしまいそう、美味しい。 白ワインはいつも冷蔵庫に保管しているのだが、冷蔵庫が日本酒でパンパンなのでセラー(15度)で保管。セラー保管の方が味を楽しめて良かったのかもしれない。

    こことあるシリーズ ぴのぐり
  • 4.0

    2019/09/09

    (2017)

    アップ忘れ

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 4.0

    2019/05/13

    (2017)

    これもうまいなぁ。

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 4.0

    2019/05/12

    (2015)

    ブルースさんの畑にもピノグリがある。ピノ・ノワールとして植えたのを育てたらどうみてもピノグリが出来てしまった。苗木屋さんが間違ったらしい。

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2015)
  • 4.0

    2019/04/14

    (2017)

    ココファーム ぴのぐり2017 白桃、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ おいしぃな⤴

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 3.0

    2019/04/05

    (2017)

    ヨーグルトのような乳酸発酵系のフレーバーの後に柔らかいぶどうの香りがふわっと。 ピノグリは初めてだったけどこういう香りなのだろうか? ブドウ、バナナ、青いキウイのニュアンスみたいなのも?? 旨味と厚みのある独特の酸味、一見シャルドネのようにも感じてたけど、後から追いかけて引き締めてくれる苦味が新鮮。 (苦味があるのはピノグリの特徴というのは教えてもらったw) これも忘れられない味です。とってもおいしー! (これまたやんちゃ感が落ち着いてきた1週間後のレポw)

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 4.0

    2019/04/04

    (2017)

    飲み過ぎて記憶ないけど美味しかった印象薄うまだったと思う。今度から記録しよ

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2017)
  • 4.0

    2019/03/09

    (2015)

    お店にて。ミネラル、オイリー、酒石酸たっぷり。ピノグリがグリグリ。ドメーヌタカヒコ並に銘酒

    こことあるシリーズ ぴのぐり(2015)