Castello di Neive Montebertotto Langhe Arneis写真(ワイン) by iri2618

Like!:81

LLLLLL

REVIEWS

ワインCastello di Neive Montebertotto Langhe Arneis(2016)
評価

2.5

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
詳細
シチュエーションショップ
飲んだ日2019-05-23
飲んだ場所自宅
買った日
買った場所EATALY グランスタ丸の内店
購入単位ボトル
価格帯3,000円 ~ 4,999円
価格
インポーター日欧商事

COMMENTS

iri2618

アルネイス祭り!: その31 2016 カステッロ・ディ・ネイヴェ ランゲ・アルネイス モンテベルトット ピエモンテ/イタリア 以前、イタリアワインのセミナーでブラインドで供され、アルネイスとは夢にも思わなかったワインです(大汗) その時は北のワイン…アルト・アディジョのピノ・グリージョ?と当てずっぽうでワインを予測しましたが、大ハズレ。 当日のノートには、「明るいペールイエロー。ややプチプチした酸味。ドライでミネラル感強い。硬さあり、斬れ味! 北の方?」というメモが残っています。 そうなんです。ミネラリーで冷涼感があり、ちょっと硬い味わいというのが、このワインのキャラクターです。 ちなみに、以前いただいたのは2017年7月で、2015をテイスティングしています。 さて目の前のアルネイスは、やや淡いストローイエロー。ほどほどの熟成を感じさせる落ち着いた色合いです。 香りはレモンやライムの柑橘系に白い花、干し杏や干し草のちょっとヒネたニュアンス。石灰や白い石?を連想させるミネラル香。 口に含むと、とてもドライでシルキーなテクスチャー、キレイで強い酸、微かな収斂性があり、硬めのミネラル感、斬れ味のあるシャープな果実味を感じます。 酸が引っ張る余韻はとても長くキレイな後口。 普段いただいている柔らかな果実味中心のアルネイスとは、かなり違う風味ですね♪ このアルネイス、名前のモンテベルトットは畑名で、要するに単一畑のワイン。 砂地中心のロエロとはまったく違い、粘土質土壌中心というランゲらしい、この畑ならではの味わいのようです。 いやあ、実に素晴らしいアルネイスです。 余談ながら、このカステッロ・ディ・ネイヴェのアルネイスは、30年ほど前に初めて買って飲んだアルネイスでもあります。 収穫年は1986年。当時はDOCではなくヴィーノ・ダ・ターボラで、まだ畑名は入っていませんねぇ…。でも、これ多分同じワインですよね∑(゚Д゚)

iri2618

L

iri2618様のポストを拝見してバルベーラを何かと思っているのですが、アルネイスも私の好みのタイプのような気がします。 「ミネラリーで冷涼感があり、ちょっと硬い味わい」 どストライクのような気がします。 バルベーラは先ほどファビオ・ジェアのパルマの案内が来まして 生産本数僅か294本のみとか私の珍品好き心をくすぐりますが、少々お高いので見送りました。(笑)

chambertin89@X-BLACK

L

chambertin89@X-BLACKさん バルベーラやアルネイスに興味を持っていただいたようで、とても嬉しく思います。どちらも作り手によってかなり味わいが違いますので、価格と生産者を両睨みしながら、妥当と思われるものをお試しください。 アルネイスに関しては、ランゲとロエロでかなり性格が違うようですが、お好みのタイプはランゲでヒットする確率が高そうですね! ちょっとだけ微発泡しているアルネイスも多いのですが、その辺りはお好みで。 バルベーラは、前世紀末、スローフードの流行に合わせて見直された品種です。カジュアルなつくりのものや自然派の作り手も多いので、ときどき「?」と思うようなものもありますね。まぁ、それも好き好きですが…。オススメするとしたら、珍獣ではありませんが、ブライダの一連のバルベーラです。安いのから高いのまで、すべてがビューティフォーですよ٩( ᐛ )و

iri2618

L

iri2618様 ありがとうございます。 イタリアワインも昔からたまに飲んではいるのですが、体系的な知識が身についていないので、参考にさせていただいています。  アルネイスは他の方のポストで見かけたのですが、ニコレッロのもので、たまたまニコレッロのランゲ・ネッビオーロを飲んだばかりだった為、てっきり赤と勘違いしていました。(笑)  バルベーラもデルテット社のブラーメを5日間で変化を見るというのはiri2618様からの宿題としていますが、平日は飲めない生活なのでお盆休みか年末年始の長期休暇中にと考えています。 それまでにブライダのバルベーラにチャレンジしたいと思います。 他にもネッビオーロの泡物もあると知り、飲んでみたいと思ったり、興味は尽きません。(笑)

chambertin89@X-BLACK

L

chambertin89@X-BLACKさん ネッビオーロの泡といえば、ジョゼッタ・サッフィーリオのネッビオーロ ・ダルバ スプマンテ・ロゼ が秀逸です! 私も1回しかお目にかかっことがありませんが、ネッビオーロ・ダルバが泡でもOKと知り、衝撃を受けたワインです。もちろん美味しいワインです。ぜひお試しください♪

iri2618

L

ヴィーノ・ダ・ターボラのアルネイス!初めて見ました。 そしてカッコいいエチケットですね。素敵な宝物です(*^^*)

mattz

L

mattzさん アルネイスはおそらく1980年代に復活するまで、ほとんど消滅寸前だった品種で、補助品種と生食用として細々と命脈を繋いでいたそうです。ですから当初はVDTでしたが、2004年にロエロ・アルネイスがDOCG認定されました(ランゲ・アルネイスはDOC)。私にとっては、初めて出会った時がVDTでしたので、むしろDOCGという方が違和感があるのですが…笑

iri2618

iri2618
iri2618

OTHER POSTS

  • L
  • L
  • L
  • L
  • L
  • L