Gérard Schueller Pinot Gris Réserve写真(ワイン) by iri2618

Like!:101

LLLLLL

REVIEWS

ワインGérard Schueller Pinot Gris Réserve(2013)
評価

2.5

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
詳細
シチュエーション
飲んだ日2019-03-01
飲んだ場所自宅
買った日
買った場所葡萄酒蔵ゆはら
購入単位
価格帯
価格
インポーター野村ユニソン

COMMENTS

iri2618

ピノ・グリージョ(グリ)の旅・その61 2013 ジェラール・シュレール ピノ・グリ・レゼルヴ アルザス/フランス 新世界からスロヴェニア、フリウリの辺りを行きつ戻りつフラフラ彷徨っていたグリ/グリの旅は、久しぶりにホームグラウンドのアルザスに戻ってきました。 ジェラール・シェレールは久しぶりにいただきます。3年ほど前に可愛い青虫のイラストが描かれたリースリングをいただいていますが、それ以来ですね。ピノ・グリは初めてです。 なぜがエチケットの綴りが間違っている…Schullerとuとlの間の「e」が抜けていますね(*_*) 余談ですが、シュレールのワインは、なぜか自分で選んで買った事がなく、いただいたものすべてがワインセットの中に入っていたものです。 ワインの外観は、最初はとても澄んだ濃いめのレモンイエロー。時間の経過とともに徐々に濃く、照りも強く、そして少しずつ少しずつ濁りが入ってきます。 この時間による変化を3〜4日かけて楽しみたいものですが、この手のワインは、残すには美味しすぎて、たいてい2日目までにはなくなってしまいますね(苦笑) 香りは、微かに洗練されたシェリーのような酸幕酵母や酸化熟成のニュアンス。私は好きですが、このあたりは好みの分かれるところでしょう。 スウィーティや八朔、夏みかんなど、薄黄色い柑橘の香りや、グレープフルーツ・ピールのツイスト、水仙のような白い花のフラーラル香も強く香ります。 蜜蝋や蜂蜜の香りもかなりのものですね⁉︎ 香りの色合いは白から淡い黄色にかけてのモノトーンではありますが、単調さはなく、極めて精緻で複雑に構成されています。 口に含むと、非常にドライで強度の高い味わい。酸は豊富ですが優しいタチで、ボディは厚みはなくスリムでしなやか。 いわゆるスッキリ&アッサリ系とは違いますが、見方によってはそう思えなくもない、軽やかさがあります。グリ/グリ一族に共通する質量を感じさせるテクスチャはありません。 全体の味わいは構造的かつ構築的で、塩味を含むガッチリしたミネラルが骨格をつくり、爽やかな苦みを前面に押し出した分厚い果実味がワインの肉付けを担当しているような感じです。 爽やかな風のような余韻は、軽やかに長く続きます。最後にホロリと残る微かな苦みが、そういえばこのワイン、グリ/グリだったんだ⁉︎ と軽い驚きを残していきます(苦笑) いやあ、全然グリ/グリらしくないですが、最高のグリの姿を教えてくれる素晴らしいジェラールのピノ・グリでした。 合わせて聴いていたのは、Zhu Xiao-Mei(シュ・シャオメイ)の『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』。 偶然がいろいろ重なり、どうしても聴きたくなり、仕事帰りの乗り換え駅のショップでCDを購入して、彼女のピアノを初めて聴きました。 今まで聴いたバッハとは全然違う、何か重大な事件について書かれた歴史書や資料を紐解いているような、独特の趣きのある演奏だと思います。 遠くで聴こえていたピアノの音が、気がつけば目の前で掻き鳴らされているような距離感の喪失と時間感覚の混乱。 上手く言葉にできませんが、感情を揺さぶられ、心をかき乱されるようなバッハですね。 このグリ/グリに、なぜか良く合う音楽だと思います(>_<)

iri2618

L

グリとキムパプとバッハ!今youtubeで探してライブ音源を聴き始めました〜聴きながらブルネッロのレビュー書いてみよう。笑

miho_vino

L

miho_vinoさん もう日付が変わってしまいましたが、3.1という特別な日に対する敬意を込めたフード・セレクションです。ホントは音楽もそうしたかったのですが、心当たりがなく、とりあえず東アジアでまとめてみました(苦笑) ブルネッロに合わせるなら、同じバッハでも、私はヴァイオリンやヴィオラを合わせたくなりますね。最近、聴いたものの中では、キム・カシュカシアンの無伴奏チェロ組曲 全曲(もちろんヴィオラ版)が抜群に素晴らしかったですよ! レビューを楽しみにしていますね\(//∇//)\

iri2618

L

興味深いですね…。そのうち、そのゴールドベルクを聴いてみるかもしれません。

bacchanale

L

bacchanaleさん まったく知らないピアニストだったのですが、突然視界に飛び込んできて心を鷲掴みにされました(笑) こちらは2015年、彼女が66歳のときの、25年ぶり2回目の録音だそうです。なぜ感情を突き動かされるのか? 自分でもよくわかりませんので、もう少し聴き込んでみます\(//∇//)\

iri2618

iri2618
iri2618

OTHER POSTS

  • L
  • L
  • L
  • L
  • L
  • L