Tua Rita Rosso dei Notri
トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ

3.11

362件

Tua Rita Rosso dei Notri(トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • カシス
  • ブルーベリー
  • ブラックチェリー
  • 黒コショウ
  • ラズベリー
  • スミレ

基本情報

ワイン名Tua Rita Rosso dei Notri
生産地Italy > Toscana
生産者
品種Sangiovese (サンジョヴェーゼ), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Syrah (シラー)
スタイルRed Wine

口コミ362

  • 2.5

    2021/03/18

    スパイスも感じるけど、フルーティな赤ワイン。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 3.0

    2021/02/03

    カシスやブラックベリーといった黒い豊かな果実のニュアンスと、サンジョヴェーゼは勉強不足でよくわからないんですが、カベソーと、メルロー、さらには、シラーっぽいかな、スパイシーな感じもします。 普段ピノノワールを好む自分からすると結構濃い目ではあるけど果実の甘さと、ほんのり酸味もあるし、タンニンも感じられるし飲みやすい。 たまにはこういうのもいいですよね。 バランスいい。コスパに優れてて美味しい。まぁでもやっぱり重い

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 3.5

    2021/01/10

    (2017)

    即開け。サンジョベーゼ、カベソー。 淡い赤い果実の酸味と香り、重たくないしかしサンジョベーゼの膨らみのある飲み口。 カベルネフランに似てる?

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.5

    2020/08/20

    爽やかで大人っぽくてカッコ良い、それなのに気さくってイメージの赤ワイン(笑)ブラックチェリーの酸味を感じる果実味と、程よい渋みが残り物をかき集めたお料理をランクアップしてくれました。 合わせたのは、エリンギやニラの豚肉巻き、玉子きんちゃくでした。リピート決定です♪

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 2.5

    2020/07/18

    (2018)

    透き通ったやや濃い紫色 赤黒系果実味、酸味タンニンのバランス良い、エレガントミディアム レディガフィなどトップクリュと同じ畑から収穫されるブドウを使用しているセカンド・ワイン「ロッソ・デイ・ノートリ」 「ノートリ」とはワイナリーが所在している地名に由来します。 ロッソ・デイ・ノートリ用のブドウも年々樹齢が古くなっていきており、それはすなわち品質が年々上がってきているということも意味します。 唯一無二のテロワールが醸しだす圧倒的な余韻こそ「トゥア・リータ」最大の特徴。 トゥア・リータ特有の長い余韻も存分に味わえるお買い得なベース・ワインです。 ベースワインだからこそ、手間をかけます。 カシスやブラックチェリーの果実香。ふくよかな味わい。果実味が豊かでそれに負けないミネラルや酸味などのバランスが取れており、とても上品。 トスカーナ州、スヴェレートの地に設立されたトゥア・リータ。ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であったこの場所の畑を購入したのは1984年のこと。1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから、6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を獲得するという快挙を成し遂げる。その後がまたすごい。2000年のレディガフィにおいては、ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得。しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に左右されず、妥協を許さない果て無きワインへの追求・挑戦を続ける。それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、更なる品質改善を支えている。 スヴェレートは特殊なミクロクリマを持った場所で、同じトスカーナで同じ年だとしてもキアンティやモンタルチーノとは随分条件が変わってきます。その特徴としては、気候がとても安定しているということ。例えば降雨が多かったとされるトスカーナの2002年でも、トゥア・リータの2002年は品質が高く、凝縮したワインができました。別の言い方をすれば、毎年安定した品質のワインが出来、ヴィンテージ差が少ないといえます。 スヴェレートはティレニア海沿岸から10km程内陸に入ったところに位置しています。この海岸から南西には、エルバ島を見ることができるのですが、海上の風がこのエルバ島で複雑に向きが変わり、スヴェレートに常時吹きつけています。トゥア・リータの所有する畑の中には、世界的に見ても類の無い特殊な条件を備えた土壌 が存在します。 これはスヴェレートという地区の中でも、トゥア・リータの所有する畑だけに見られる条件 であり、隣接するワイナリーにもありません。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2018)
  • 3.5

    2020/04/21

    (2018)

    酸味は多くない爽やかなワイン こう言う爽やかなワインは一杯目が良いのかな。 複数飲むと印象がかすれていく印象。 一本勝負が良いかな。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2018)
  • 3.5

    2020/02/02

    (2018)

    かなり淡い色、やや透き通った紫。 カシスの香りを中心にすこしスパイシーなニュアンス、バニラのような香りも。 飲み口もエレガントだが、やや飲んだ感が…もう少し強いボディだとなお良いと。 渋みはだいぶおちつき、酸味もほんのすこし。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2018)
  • 3.5

    2020/01/22

    バランス良い。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 3.0

    2019/12/14

    (2018)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    やっぱり若干酸っぱい

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2018)
  • 1.5

    2019/10/28

    (2017)

    開栓してすぐはまだまだ若く、味わいが軽くて物足りなかった。 果実味というよりアルコールが勝ってしまってた。 4日目でようやく飲めるかな?くらい。 いろいろ試行錯誤してみたけど、それでも感動するほどのものでもなく、、 うーん。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.0

    2019/10/27

    (2014)

    ちょっと土壌臭 トスカーナのサンジュベ+メルロ+CS+シラー! 飲み口はまろやか それ意外覚えていません(..) 海鮮居酒屋にて・・・

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2014)
  • 2.5

    2019/10/21

    藤沢ヒデダイニングにて家族Dinner✨

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 3.0

    2019/10/21

    ヒデダイニングにて家族ディナー

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 2.5

    2019/10/19

    (2017)

    安旨ワインですね。 バランスよく仕上がっています。 濃さ深さは求めません。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.0

    2019/10/12

    (2015)

    価格:2,000円(ボトル / ショップ)

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ 2015 トスカーナ州 サンジョヴェーゼ50%, メルロー20%, カベルネ・ソーヴィニヨン20%, シラー 10% アルコール度数14%、粘性高め。 カシス、チェリー、微かに土っぽい香り。 飲み心地は軽快。 強めのタンニンと微かなアルコール感によるしっかりとした骨格。 粗さはなく滑らか。 美味しいトスカーナワインでした。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2015)
  • 2.5

    2019/07/12

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    スーパーで買ったのが間違いだったか。味が薄い

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 3.0

    2019/07/11

    (2017)

    甘い香り。バランスもコスパもいい感じです。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.0

    2019/07/07

    (2017)

    自宅 この上位キュベはセラーにあるが、これも普段のみに十分

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.0

    2019/06/28

    (2017)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    トゥア・リータ・ロッソ・ディ・ノートリ 2017 イタリアの最高峰と言われるスーパートスカーナのひとつ「レディ・ガガ」を看板にするトゥア・リータのセカンドラベル 美味しいと思います。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 2.5

    2019/06/18

    (2017)

    久しぶりにタンニンがあって少しの酸味、ベリーの香り、軽いながらも食事に合うワインでした。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.5

    2019/05/30

    佐和のコジャレタいたりあんにて。 最後は赤で〆。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 3.0

    2019/05/12

    ロッソディノートリ2017 トゥアリータ 上質なキャンティリゼルバ クラスの味わい。 バランス良し。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 2.5

    2019/05/08

    (2017)

    ブラックベリーやカシスの香り。ふくよかな果実味としなやかな酸が溶け合ってエレガントな味わい。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.0

    2019/05/01

    (2017)

    平成最後のワイン会。 本日は様々な方からお声掛け頂き、どれも参加したいものばかりでございました。 身体一つのため、全てに参加出来ず残念さはございますが、手前のワイン会も精一杯楽しみます。 うきゅ、酔ってきた。 6本目はお馴染み、トゥア・リータのロッソ・ディ・ノートリ 2007 フレッシュなガーネットの外観。 塩気を感じる香り。 外観同様フレッシュで甘辛い果実の香り。 素直で甘くダージリンティーのような果実味で非常に飲みやすい。 構成はシンプルながら、美味しくいただける一本。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.5

    2019/04/08

    価格:700円(グラス / レストラン)

    またもや、赤坂見附で素敵なお店を発見。 札幌時代の仲間たちとの飲み会で、火曜日ということもあり適当にどこでも入れるだろうとネットサーフィンしていて見付けたこちらのお店。 グラスワインのシステムがとても面白いのでご紹介しますと、赤白泡計20種類がグラスでも戴けるのですが、どれを戴いても一杯700円。 ワインのグレードによってサーブされる量が異なり、70/100/130/160ccとなっています。 しかも、それぞれの作品毎にイメージする芸能人の名前と特徴がコメントとして記されていて、そのコメントを見ながら想像を膨らますことができます。 で、飲んでみたくなったイメージの作品を気軽に注文することが出来るというのが、ワインラバーにも初心者の方にも嬉しい配慮だと思います♪ ちなみに、こちらのロッソ・ディ・ノートリは吉瀬美智子風(笑)で、コメントには「匂う程の華やかさとバランス」とのこと。 そして、こちらのお店。 更に嬉しいことに、ワインを選ぶ楽しさも然ることながらお料理がまたなかなかにリーズナブルであり、且つ、とても美味しいのです。 店名からも分かるように、お店の売りは生パスタで勿論そちらも美味しいのですが、肉メニューが全般的に火の通し方といい味付けといい秀逸で、そのなかでも『熟成カイノミの厚切りステーキ』(200g、1,880円)の美味しさは半端なかった!!((゚□゚;))オオサコカ! 本当にかなりの厚切りで、200gの表記ですが、それよりもっとありそうな分量、そして、赤身と脂身の旨味のバランスがとてもよく、口のなかで牛肉のエキス分が「これでもか!!」という位に溢れ出し、口福とは正にこのこと(☆∀☆)!キラーン こんなの出されちゃったら、赤ワイン注文しまくりになりますよ!ヾ(≧∀≦*)ノ〃 いやぁ~、楽しいひとときを満喫しました。 時間を置かずまた訪れてみたいと思った素敵なお店でした。 ご馳走さまでした。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 4.0

    2019/03/20

    (2017)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    最近は日本酒が多かったので、久しぶりのワイン! 濃厚で、若干の渋味あり。 カルディのサラミといただきました。 美味しかったです!

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.0

    2019/03/11

    (2017)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    軽い。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.5

    2019/03/10

    濃い紫色。黒い果実や樽香、コーヒーやチョコレートの香り。フレッシュかつスパイシーで酸とタンニンのバランスも良い。余韻はあっさりと短め。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ
  • 3.5

    2019/03/06

    (2017)

    価格:2,300円(ボトル / ショップ)

    鴨のテリーヌとともに。 物凄く滑らかでジューシーな味わい。 優しく包むような舌触りにクローブなどのスパイスの香りを残し、鼻いっぱいに果実を感じさせてくれます。 まだ若いですが、重さがあるので、飲みごたえは十分。 赤はこういうタイプのが大好きです。

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ(2017)
  • 3.5

    2019/03/03

    キャンティに比べると果実味、タンニン共に厚みがあってしっかりした感じ。国際品種とのブレンドも良いですね(^^)

    トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ