Terre del Barolo Barolo
テッレ・デル・バローロ バローロ

3.09

330件

Terre del Barolo Barolo(テッレ・デル・バローロ バローロ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • スミレ
  • 木樽
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • ブラックチェリー
  • ラズベリー
  • ドライフラワー
  • カシス

基本情報

ワイン名Terre del Barolo Barolo
生産地Italy > Piemonte
生産者
品種Nebbiolo (ネッビオーロ)
スタイルRed Wine

口コミ330

  • 3.5

    2021/04/07

    (2013)

    #ネッビオーロ祭 あぁバローロを飲んでるなぁという感じのバローロですね。素晴らしいと思います。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 2.5

    2021/02/25

    (2013)

    久しぶりのバローロ。 飲み易いが期待した程では無く普通でした。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 2.5

    2021/02/16

    (2011)

    価格:3,650円(ボトル / ショップ)

    古酒独特な茶色がかった濃い紫色をしています。タバコ、土の香り、なめし革、ドライフラワーそしてアルコール臭が混じった枯れた感じの香りがします。まず苦味が口一杯に広がり、酸味も強めで、飲み頃が過ぎてしまったのか、余韻は長めですが、あまり良い感じではありません! 3,650 (イタリア>ピエモンテ/ネッビオーロ100%)

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2011)
  • 4.0

    2021/01/23

    (2013)

    バローロにしてはまだフルーティーさがあって少し閉じた感じだったので、抜栓してからもう少し時間を置いてデキャンタに移した方が香りがもっと開いたのかなと思いました。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 4.0

    2021/01/17

    (2013)

    安く買ったバローロ。 しっかりしたタンニン。 香りはスミレ、ブラックベリーかな。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 4.0

    2020/12/24

    (2013)

    クリスマスディナー #グリルチキン #サーモンカナッペ #生ハムとラフランスのサラダ #ベイクドポテト サワークリームチリソース #エビのビスク お腹いっぱいでケーキにはありつけませんでした?

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 3.0

    2020/12/12

    (2013)

    テッレデルバローロ バローロ2013 外観はオレンジ色がかった綺麗なルビー。脚は細い印象。やっぱり色が綺麗なんですよねバローロって…。この色が好き。 香りはスミレの花がまず来て、そこから黒系果実、マッシュルーム、腐葉土。 お味は…含み香が良い。まずストレートに果実味が来て酸味が広がってそこからの含み香が心地よい。紅茶、ラズベリー、きのこ、黒系果実、樽香等。 このお値段(3000円台)で、バローロって美味しいんだ!ってわからせてくれるのには十分なお味とバランス。 ただバローロとしては少し弱気な気がします。そこが好みの別れどころ。沢山バローロ飲んできた方には物足りないかもしれません。 さてここからが本番 アジアーゴ△ パルミジャーノ△ ゴルゴンゾーラ・ドルチェ○? ゴルゴンゾーラ・ピカンテ○? う〜ん…ゴルゴンゾーラ・ピカンテは美味しいんだけど…やっぱりなんか甘口と合わせたい感じがした。ドルチェも悪くはないんだけどバローロと完全ぴったりかというとそうでもない感じ…? でも合う合わない関係なしにするとゴルゴンゾーラって美味っしいです…ピカンテの塩辛さがたまらない。絶対うちの日本酒に合う。特に純米だな。大吟醸とかよりもピュアな純米が合う。ドルチェならふくよかなタイプの特別純米〜純米大吟醸もありかも。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 3.5

    2020/11/29

    チーズフォンデュとローストビーフと聞いて湯船の中でしばし思案。あ、そうだ、バローロを飲もう。 赤い果実の熟した香りとやや強めの酸、まろやかに溶け込んだタンニンとほのかな甘味。旨い。

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.0

    2020/09/27

    (2013)

    価格:2,926円(ボトル / ショップ)

    心地よい樽香とベリーの香り。 エレガントな酸味と果実味に滑らかなタンニン。 時間が経つと香りと味わいも出てきたが、中盤くらいまではちょっとスケール感の小さいような薄く感じてしまった。 2回目のバローロだが、やはりワインって難しいなぁ。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 4.0

    2020/09/04

    (2013)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    ブラックベリーの熟した香ばしい果実香。タバコ、茶葉、コーヒー等の香ばしさ、複雑さ。ジャムのような濃厚な香り、キノコや枯葉の森の香り。僅かにスミレのチャーミングな香り。 黒ブドウの風味、酸味。葡萄皮の渋み、スパイシーさ。それにしっかりとしたタンニンとミネラルが合わさる。余韻は見事な透明感。 バローロ2本目。 前回飲んだものより、果実香、果実味ともに豊かに感じる。 ただ、やはりこの透明感、ミネラルこそがバローロらしさなんだと思わされる。 旨いし、重厚さも感じるのに、飲み易い。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 4.0

    2020/08/11

    (2013)

    『夏だー!お盆だー!盆ケンだー!』 vol.1 テッテレーーッ✨ テッレ・デル・バローロ バローロ アカんやろ!それ赤やろ! 白寄りの白とかプロフィールに書いてまっせ、盆ケンはん! えっ、ま、成り行きで購入しまして… タンニン苦手の私としては、どうかな?と思ったら…スットコドッコイ!てやんでー!大当たりでえぇぇい!! まずその色合いに釘付け♪ フチにオレンジ味を感じる、深紅の淵♪ そして、夢の世界へいざなう甘美なアロマ♪ プルーン、ブラックベリー、杏…二日目には干し葡萄、蜂蜜…(’-’*)♪ これが長期熟成の生み出す旨みなんですね(多分、笑)!タンニンが苦手だからと、ちょっと赤を避けてた私がポンケンでした(笑) あまりの感動ーに、お宝のバカラのグラスを引っ張り出して、夏だ!お盆だ!盆ケン祭りの始まりでーい!! みなさまご一緒に~っ!! 踊りお~どるな~ら~♪ 盆ケ~ンおど~り~♪ あ、プロフィールに 「時々、赤…」って加えとこ!! あと、この赤にはブルーベリーソースと、ミョウガの甘酢味噌和え、バッチリでしたー(^-^)/

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2013)
  • 3.5

    2020/04/16

    (2009)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    今夜の家飲みの赤は 2000ポスト越え初アップ デッレ・デル・バローロ バローロ2009 09のバローロはネッビオーロの良さが充分出ていて、高いレベルでエレガント。 リッチなフルーツでよりスパイシー。 樽からの風味のバランスの調和が素晴らしいです^_^

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2009)
  • 3.0

    2020/02/23

    お手軽バローロですが、僕には充分

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.0

    2019/11/27

    新鮮なブドウを感じる 若干うすいかも

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.5

    2019/10/11

    (2012)

    喉越しはスッキリ。 王様のワイン。 次は女王様のワイン。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2012)
  • 3.5

    2019/08/18

    バローロ。赤い果実のような香りと心地よい酸味と控え目な甘み。 牛テールのスープ、パン三種、オリーブ、アーティチョーク、ブルーチーズなど。

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 4.0

    2019/06/17

    定番なバローロ! この価格だから、普段飲みにも使えますね\(^o^)/ ありがたい一本です↑

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.0

    2019/04/26

    (2012)

    ネッビオーロの特徴がよく出たワイン。程よいタンニンなので、料理にも合わせやすい

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2012)
  • 3.5

    2019/04/12

    (2012)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    ドライプルーン、スミレのような熟成を感じるエレガントな香り立ち。滑らかな口当たり、香り由来の果実味、漢方のようなニュアンス、梅や干しぶどうのような酸味がキュッと口の中を締め、そのまま程良いタンニンとともにフィニッシュ。 3000千円アンダーながら少し贅沢な気持ちになれる味わい

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2012)
  • 3.0

    2019/04/11

    (2008)

    価格:2,500円(ボトル / ショップ)

    テッレ・デル・バローロ バローロ2008 ほどよく熟成した共同組合のリーズナブルなバローロ。 ハーブ、バラ、スミレ、ブラックベリーなど落ち着きのある果実味に花や草と清涼感のある香り。 枯れた感じはまだまったくありません。 酸味もタンニンも豊富ですが、馴染んでおり滑らかです。 こちらのシリーズではバルバレスコ・リゼルヴァが好みですが、バローロもこのくらい熟成すると飲みやすく整うようです。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2008)
  • 3.0

    2019/03/10

    バローロ、名探偵コナンの新一が「バーロ」と言いそうだが、それは全く関係なく美味しかった。 ネッビオーロはみずみずしく活き活きした感じがして好き。それでいて、重たい。

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 2.5

    2019/03/10

    (2012)

    別のバローロを飲んだ後だったので…。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2012)
  • 3.5

    2019/02/16

    王様のワイン、ワインの王様。 色合いが、ワインレッドにキャラメルイエロー。 お肉に合う。 シラーズ好きな私にはちょっと軽め。 でも美味しいです。

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.5

    2019/02/16

    ジンギスカンの美味しい人気店「なまらむーちょ」で、新年会兼ねてラム会。(*^^*) ジンギスカン焼肉コース+ラムしゃぶしゃぶ。 ラムしゃぶが美味しくて追加注文♪ ラム肩ロース、ランプ、タン... 4時間飲みっぱなし食べっぱなし(笑) 気づいたら閉店でした...(^ ^)

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 4.0

    2019/01/17

    テッレ デル バローロ 2012。イチゴやチェリーのような香りとなめし皮のような香り、その奥に茸のような香りも感じる。力強いタンニンと酸味、甘味は奥まっている。ただしそれぞれ絶妙なバランスを保っており、完結している感じ。 半熟卵の白トリュフオイルかけ、ソーセージ二種、グリーンサラダ、エリンギのコンソメスープ、タラとほうれん草とプチトマトのフリッジ。ほぼ完璧なマリアージュ。

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.0

    2018/12/03

    初バローロ。当然品種はネッビオーロ。 「ワインの王様であり、王様のワインである」と言われるイタリア・ピエモンテの名産地。こちらは協同組合生産のお手頃バローロらしい。 まず驚くのが色。深いガーネット色で、2012年ヴィンテージにもかかわらず20年もののボルドーのような熟成した色をしている。 香りはスミレ、チョコレートに若干のシガーのニュアンスは樽由来か。わずかにインク。 口に含むと、まずふくよかで丸みを帯びたベリーの甘さがフワッと広がる。しかしすぐに豊富なタンニンからくる複雑な酸味が追いかけ、ミネラル感のあるスパイスが長くあとを引く。余韻に残る渋みは嫌みがなく非常にエレガント。 甘味は一瞬、スパイシーな渋みのワイン。お肉とよく合う。

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.0

    2018/11/10

    (2012)

    価格:900円(グラス / レストラン)

    「王のワインにしてワインの王」ことイタリアのネッビオーロから作られるバローロ。 どちらかと言うとモダンバローロに組すると思われ、飲み口の重さ以上に厚みを感じる。 色もややオレンジが差し掛かったところであり、もう少し置くとよりこなれるのではないかと思われる。

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2012)
  • 4.5

    2018/10/26

    どちゃくそおいし

    テッレ・デル・バローロ バローロ
  • 3.5

    2018/10/22

    (2012)

    テッレ・デル・バローロ バローロ 2012 先日、リゼルヴァを飲みましたがこちらも開けたてから十分に美味しく頂けました。 果実味とタンニンのバランスもよく、バルバレスコ・リゼルヴァほどではないですが、バラではなくスミレくらいの華やかさもあります。 数日置いて飲んでみようかとも思いましたが、飲みきってしまいました(^^; 鳥良のラーメンが濃厚で美味しい。最近増えた魚介系より鶏や豚骨のほうが好みです(^^)

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2012)
  • 2.5

    2018/10/20

    (2011)

    セミナーの後、チープロ合格祝い、ありがとうございました(^o^)

    テッレ・デル・バローロ バローロ(2011)