Submission Cabernet Sauvignon
サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン

3.18

7件

Submission Cabernet Sauvignon(サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • プルーン
  • バニラ
  • バター
  • カラメル
  • チョコレート
  • 木樽
  • イチゴ
  • ブルーベリー

基本情報

ワイン名Submission Cabernet Sauvignon
生産地USA > California
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Malbec (マルベック)
スタイルRed Wine

口コミ7

  • 3.5

    2019/04/14

    (2016)

    あの689のセラーが作った、 SUBMISSION 689と遜色ない、 フルーティで、柔らかい口当り、 これはリピあり!

    サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン(2016)
  • 2.5

    2019/03/15

    1900円くらい。アメリカ。ぽい。樽甘い。

    サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン
  • 3.5

    2019/03/12

    カベルネのいい甘さ

    サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン
  • 3.5

    2019/02/02

    (2016)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    旨味たっぷり、コスパ良し、樽系カリ・カベの教科書のような一本。異様に飲みやすい。 まず注いで一気にやってくるのが完熟したプラムやプルーン、カシスの香りとスモーキーさ。新樽そこそこ使ってるな、というのがわかります。 口に含むと、穏やかなタンニンがもたらすまろみと葡萄的甘さ。この甘さが1000円台の奴とは違ってシロップ的じゃなく品がある。そーそーこれこれ!ってなるくらいに黒果実の旨味たっぷり。 それでいてキュッとした引き締まりもないわけじゃない。ほんの少しエスプレッソの香り。 そしてアフターはわかりやすいまでのバニラとキャラメル(シガーって人もいるかも)。この樽由来のバターっぽさは好みを分けるかもしれませんが、やり過ぎてないのでぎりぎりまとまってます。(樽香きつい奴飲むとむせちゃうの、僕だけですかね?) あとほんの少し酸があったらバランス完璧なんだろうなぁ...とは思いながらも、これだけの果実感・まろみを楽しめるならコスパはいいです。濃い旨味という点では下手な安ナパ買うよりも満足度高いかも。(逆に言えば、エレガント系の洗練さを演出してるのはクリーンさと酸の存在とも言える) 食事よりも、単独飲み・甘いソース系・濃い目のデザート合わせがいいかも。自分はチョコレートをツマミにしたのですが、相乗効果で甘みが抑えられバニラの香りとベストマッチでした。

    サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン(2016)
  • 3.0

    2018/10/20

    (2016)

    カリフォルニアのCS。メルロとマルベック が少し入っているようです。 ボディはミディアムで綺麗なガーネット。 689レッドのように甘みが強め。 アタックは強く樽感も強いため、より甘い ニュアンスです。タンニンは穏やかで渋みも 少ないタイプ。 美味しいのですがやや単調。 おおらかな陽性のワインです。

    サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン(2016)
  • 3.5

    2019/04/02

    サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン
  • 3.0

    2019/03/13

    サブミッション カベルネ・ソーヴィニヨン