Petit Enira
プティ・エニーラ

3.09

262件

味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 木樽
  • プルーン
  • レーズン
  • カシス
  • ブラックベリー
  • ラズベリー
  • ブルーベリー
  • イチゴジャム

基本情報

ワイン名Petit Enira
生産地Bulgaria
生産者
品種Merlot (メルロ)
スタイルRed wine

口コミ262

  • 4.5

    2018/07/04

    (2015)

    価格:1,590円(ボトル / ショップ)

    以前飲んだブルガリアワインの2015ビンテージ。しかも空輸品‼︎ 流石のコンディション。飲みやすい!美味い!シルキーな口当たり。 #ワイン #ブルガリア #ACワイン 以下ワインショップの解説文。 ブドウの品質と畑仕事の質の高さが、よく理解できる、完熟した果実の心地よいアロマと口当たり。チェリーリキュール、ラズベリー、薔薇のポプリ、クローヴ、焙煎コーヒー、酵母の香り。 驚くべきことにこの2015の空輸品、土の香りがかなり立ち上がってきます。特に二日目。これは2012ビンテージには感じ取れなかった香りです。空輸によるものなのか、それともビンテージ特性か…。 アタックは豊満でかつフレッシュ。現時点では酸のレベルが高く、甘いボディに緊張感を与えてくれています。ただしやっぱりタンニンの肌理は非常に細やか。美しく、ツヤツヤに磨かれた質感です。豊かな風味と酸が口中に長くとどまります。余韻のブレなさは流石空輸です。

    プティ・エニーラ(2015)
  • 3.5

    2018/06/05

    (2014)

    久々のパパンで楽しんでる。 #湯島 パパン #ワイン

    プティ・エニーラ(2014)
  • 2.5

    2018/04/21

    (2014)

    安さ旨赤の会⑥ ラストそしてこの会の解散ワイン ⑤のワインのヴィンテージ違い ブラックベリーやカシス 樽のフレーバーもあって、チョコやタバコも もちろん1000円台(^^)

    プティ・エニーラ(2014)
  • 2.5

    2018/04/21

    (2012)

    安旨赤の会⑤ ブルガリアのワイン メルロー、シラー主体 ボルドースタイル 1000円台、リーズナブルですけど質感高いです

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.5

    2018/04/08

    (2011)

    以前飲んだブルガリアが美味しくて。伯爵のワイナリーからテーブルワインを購入。 飲んでました。今さら投稿(凄く溜まっている) インクっぽさもあり、当たりはあるけど食事と合わせるならこちらかも。タンニンも強すぎずざらざらしてない。 前回のはワインだけで成立する濃い果実味で甘みが。劣化もあまりなかった。 というか、エニーラレゼルヴァとの差が凄い。 同じエンブレムでもコルクのハニワっぽさがゆるキャラのようで好評価 手近のティッシュ箱の白で色を見ようとするのは無謀

    プティ・エニーラ(2011)
  • 4.0

    2018/03/29

    (2012)

    間違いなく旨いブルガリアメルロー。2000円。肉厚なベリーから密なタンニン。度数も14.5もありこれはチーズや生ハムやら必要。

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.0

    2018/02/25

    (2012)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    祝!マラソン日本記録更新!ま、俺は関係ないけど…(><) 濃い!こゆーいブルガリアワイン。 乳酸ぽいニュアンスがあるような無いような、ミルキーな感じがあるような無いような… いずれにせよコスパ抜群!

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.0

    2018/02/25

    (2012)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    祝!マラソン日本記録更新!ま、俺は関係ないけど…(><) 濃い!こゆーいブルガリアワイン。 乳酸ぽいニュアンスがあるような無いような、ミルキーな感じがあるような無いような… いずれにせよコスパ抜群!

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.5

    2018/02/17

    (2012)

    メルロー。勉強になります。まろやか。美味しい。

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.0

    2018/02/04

    (2012)

    プティ・エニーラ 果実味たっぷり

    プティ・エニーラ(2012)
  • 2.5

    2018/01/16

    (2012)

    初めてのブルガリアワイン

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.0

    2018/01/14

    (2012)

    @bocca

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.5

    2018/01/10

    (2012)

    価格:1,590円(ボトル / ショップ)

    チャレンジ枠から。珍しいブルガリアワイン。 普段より少し濃いめだけど、樽と果実のこなれた味わい。 キッシュやウォッシュチーズと 以下ワインショップの解説文 ボルドー右岸の凄腕オーナーが出資したブルガリアワイン。 品のある質感にボルドーのDNAを感じる、調和に富んだ赤とロゼ。 ベッサ・ヴァレー・ワイナリー ≪ブルガリア≫ ボルドーの銘醸シャトーオーナーが出資したことで話題となったブルガリアのワイナリー。 「ベッサ・ヴァレー・ワイナリー」は、ボルドー・サンテミリオン地区の高級シャトー「ラ・モンドット」「シャトー・ラ・カノン・ガフリエール」を所有するステファン・フォン・ナイペルグ伯爵がブルガリアの地で立ち上げたワイナリーです。 かのハプスブルグ家の末裔という貴族の中の貴族である彼は1985年にボルドー・サンテミリオンに移住。当時無数にあった地味なシャトー達に埋もれていた「ラ・モンドット」と「カノン・ラ・ガフリエール」のもつ潜在能力を看破、両シャトーを買収し、瞬く間に最高品質にまで引き上げるなど、その恐るべき慧眼でもってサンテミリオンの偉大なオーナーのひとりに数えられるまでとなった敏腕経営者です。その彼が目をつけたのが東欧・ブルガリアでした。 ブルガリアは約4000年前から葡萄栽培・ワイン醸造を行ってきた世界最古の地域でしたが、旧体制の下、長い間十分な質のワインが作られていませんでした。ソ連崩壊後、外資が流入する流れにのって、伯爵もブルガリアを何度も視察。2001年、ついに首都ソフィアの南東135kmにあるベッサ・ヴァレーにワイナリーを設立しました。醸造家にはサンテミリオンのラルマンドやベルフォン・ベルシェを手掛けたマーク・ドゥウォーキンを採用。更にラ・モンドット等と同様にナイペルグ家紋章をあしらったエチケットからも、ナイペルグ伯爵のこのワイナリーに対する力の入れようが窺い知れます。 プティ・エニーラ 2012 ここのカジュアルラインとして親しまれているのがこのプティ・エニーラです。 コンクリートタンクにて低温浸漬後、10日間の発酵。その後マロラクティク発酵。フレンチオークの古樽にて10~12ヶ月の熟成。ベッサ・ヴァレーで栽培されているメルローの品質と畑仕事の質の高さがよく理解できる、完熟した果実の心地よいアロマと口当たり。チャーミングなラズベリーやミント、心地よいオークの風味が広がりなめらかなタンニンの舌触り。 低価格のレンジとは言えラベルにはナイペルグ伯爵の品質保証とも言えるナイペルグ伯爵紋章が入っており中途半端なワインではありません。 品種:メルロー78% シラー15% プティ・ヴェルド5% カベルネ・ソーヴィニヨン2%

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.0

    2018/01/09

    (2012)

    ブルガリアワインです。 抜栓してみてビックリ、6㎝近い長いコルク。 長期熟成できますよーってワインが言っているようです(・Д・)しかも、ボトルも重い! どうも調べたところ、セカンドにあたるワイン。 味はまだ落ち着いてない感じで、酸が前に来てる感じです。 香りはなかなかですが、飲みながらどう変化をするかを楽しみます♪

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.5

    2017/12/31

    (2012)

    樽の香り、甘みを感じる。

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.0

    2017/12/22

    (2012)

    以前にいただいた、2011年より、甘い香りが控えめに、 スッキリして綺麗に仕上がっております。 違うワインのようですが、こちらも好きです。 アルザスで修行したフレンチシェフによるトマトソース、甘さ加減が、ときどき食べたくなります。

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.0

    2017/12/12

    (2012)

    濃いワインだった 少し乳酸菌ぽい香りがあるから樽か? 干しぶどう ともあれ バランスいいな うまい

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.0

    2017/12/07

    (2012)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    ブルガリアの至宝(勝手に思っているだけ)なENIRAのプティエニーラ。カジュアルラインとは思えない出来の良さ。 チェリーやカシス、イチゴジャムの様な果実味が押し寄せてくるー(>_<) 奥の方にハーブの清涼感、アルコール度は14.5%でしっかりだけどタンニンは滑らかで飲み疲れしないなぁ(´ω`) 甘さは強めの酸控えめ。 店員さん曰く「2012年はブルガリアのブドウの出来がとても良く、良いワインに仕上がってる」そうで、¥2000以下とは思えないコスパ、ブルガリアのワインにはよく感動させられるなぁ(゚ω゚)

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.0

    2017/11/25

    (2012)

    ホテルでの忘年会② 普段お目にかかれないブルガリア産だが、濃厚でタンニンしっかり アルコール度数14.5%と高め ボジョレーヌーヴォーの次に飲んだせいか飲みごたえたっぷり(^.^)

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.0

    2017/10/22

    (2012)

    渋谷の東急の酒屋。おいしい。ブルガリア。メルロ、シラー。

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.0

    2017/10/18

    (2012)

    ほんのりショコラの香り〜

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.5

    2017/10/11

    (2012)

    備忘録

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.0

    2017/10/03

    (2012)

    非常に良質。イタリアシラー好きなら確実に踏むべきワイン(ブルガリア産は考慮せずに)。アタックから羊歯、松脂を感ずることの出来るレベルでこの金額には驚愕。前面に押されて印象に残りづらいものの、確実に目の細かい酸が通奏低音の様に存在する。ナパ好きも十中八九ツボ。

    プティ・エニーラ(2012)
  • 4.5

    2017/09/04

    普段はあまり飲まないブルガリアワイン。 1000円ちょっとでこの味はかなり良い買い物だと思います。 自信を持ってオススメします。 #petitenira2012 #bulgaria #red #domainebessavalley

    プティ・エニーラ
  • 3.5

    2017/08/16

    (2012)

    濃厚でうまい。ブルガリアワイン。

    プティ・エニーラ(2012)
  • 3.0

    2017/08/15

    (2011)

    価格:1,296円(ボトル / ショップ)

    プティ エニーラ 2011 メルロー50%、シラー40%、プティヴェルド8%、カベルネ・ソーヴィニヨン2% ベッサバレー ワイナリー バザルジク州、ブルガリア エニーラのスタンダート キュベは初めて しかしこれで十分じゃないかと思うくらい美味い! サンテミリオンのCh.ラ モンドットのオーナー、ナイベルグ伯爵がブルガリアで展開するボルドーライクな赤ワイン(とのこと、うん) 特筆すべきはプティ エニーラ~エニーラ~エニーラ レゼルバとほぼ1000円きざみで高くなるヒエラルキーが見事なこと プティのハイコスパとエニーラの充実感は価格に見合う明確な差がある 更にエニーラとレゼルバには高級感に厳然たる格差を感じる 使うお金によってそれぞれに必要十分な満足感が得られる稀有なワインです(^_^)v

    プティ・エニーラ(2011)
  • 3.0

    2017/07/08

    (2011)

    1600円@イオン

    プティ・エニーラ(2011)
  • 2.5

    2017/07/03

    (2011)

    世間では結構人気らしいブルガリアのメルロー。

    プティ・エニーラ(2011)
  • 3.0

    2017/06/25

    (2010)

    干したぶどうのようなねっとり濃圧。 少しジャミーだけどベリーの香りも強く肉に合わせるには最高のワイン!!

    プティ・エニーラ(2010)
  • 3.0

    2017/06/16

    (2011)

    価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

    ブルガリア初体験~♪ あれれこれ何??ねっとりとまとわりつく感じ… 私の飲んだ浅いワイン経験の中で初めて。 14.5%とアルコール高めなので、スルスルとは飲めそうにないかな。 でもコクがあり、果実味が凝縮されてて、味わい深く魅惑的です。 ゆっくりじっくり、変化を楽しみながら味わいたいな~(^^)

    プティ・エニーラ(2011)