Lucien Le Moine Charmes Chambertin Grand Cru
ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ

3.67

12件

Lucien Le Moine Charmes Chambertin Grand Cru(ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • ブラックベリー
  • ブラックチェリー
  • バラ
  • イチゴ
  • 腐葉土
  • 木樽
  • 鉄

基本情報

ワイン名Lucien Le Moine Charmes Chambertin Grand Cru
生産地France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed wine

口コミ12

  • 3.0

    2018/08/26

    (2013)

    ブラインドテイスティング② これぞブルゴーニュらしいワインと思い、除梗のワインと断定。 また独特の陰性の要素を感じられたので、コートドニュイと断定。 さすがにシャルム・シャンベルタンまでは分からなかった。チャーミングさがあったのになー。

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2013)
  • 4.0

    2018/01/22

    (2011)

    週末の夕食は友人宅でワイン。ブルゴーニュの最初のルージュはルシアン・ル・モワンヌ・シャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ2011年を頂きました。言わずと知れた銘醸ネゴシアンのルシアン・ル・モワンヌ。 透明感のある美しいガーネット。凝縮感の有る赤果実、ミントやアイアンが光り、アースな面持ちを感じます。最初は硬い表情で、とてもドライ。開ききらない複雑な要素がそこにあるのですが、少し時間が必要な感じです。アイアンを纏ったタンニンは細かく素晴らしくファインな印象。グラン・クリュらしい凝縮感のあるボディに長い余韻。そののみ飽きることの無い酒質は、口にする度に少しずつ結んだ紐を解いてゆくようでした。さて10年後の再会にでも期待致しましょうか。

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2011)
  • 3.5

    2018/01/02

    (2008)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    明けましておめでとうございます! 年明けのウィーンフィルコンサートを見ながらフレンチのおせちを頂きますが、本日のメインは2008年シャルム・シャンベルタンにしました。一応フレンチなので。 焼きたてのパンのイーストの香り。 味わいは梅酒の梅系なのだがプラムに近く、熟した果実味が少し薄い。その分、酸が強く、複雑な味が広がり最後に渋みと苦味がかなり残る。ブルネッロと似た傾向なのだが、香りや、くすんだ味わいや複雑性が異なる。 ブルネッロと比べると似ているのだが、陰湿な感じがする。 これはこれで良いと思うのだが、高すぎる。 リピート無いな。これが好きな人には申し訳ない。

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2008)
  • 2.5

    2017/09/20

    (2014)

    グラス試飲

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2014)
  • 4.0

    2017/04/01

    (2014)

    ルシアン・ル・モワンヌのテイスティングイベント #1 of2 分かりやすいたとえで情熱的にネゴシアンとしての信念を語るサウマ氏のお話しはとても印象的! この'05のシャルム・シャンベルタンは、氏曰く、「スーパー・パワフル」なヴィンテージとのことで、熟成感もありますが、とても滑らかな味わい!

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2014)
  • 2.5

    2017/01/26

    (2013)

    グラスで。

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2013)
  • 4.0

    2016/12/22

    (2002)

    今年最後のワイン会のブルゴーニュ。ルシアン・ル・モワンヌのシャルム・シャンベルタン 2002。 このヴィンテージを象徴するかの様な厚みのある熟した赤・黒果実の甘みを感じ、細かいアイアンの風味とレザーのニュアンスが相まって、ミネラリーな品格あるロング・フィニッシュへと。今でも十分素敵ですが、今後も楽しみな逸品です。 残念ながらドメーヌ・ニューマンのマジ・シャンベルタン2005はブショネでした。

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2002)
  • 4.0

    2016/07/29

    (2012)

    バンジャマン・ルルーや、オリヴィエ・バーンスタインの陰に隠れているが、このルシアン・ル・モワンヌもなかなかの作り手。 小職も把握仕切れないくらい多くの畑のワインを作っている。 ブドウジュースを買ってワインをつくるムニール・サーマ氏。 亜硫酸は炭酸ガスを残すことで減量している。 できれば、ブドウジュースを買うのではなく、ブドウの状態からワインを作ってみてほしい。 小ぶりだが芯のある味わい。 タンニンは柔らかく、何一つ引っかかるところがない。 スケールが大きければ、パリゾのシャンベルタンにも負けないかもしれない。 シャルム・シャンベルタン 2012 ルシアン・ル・モワンヌ

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2012)
  • 4.0

    2015/07/22

    (2012)

    頂き物シリーズ① まだまだ飲むには早いと分かりつつ…頂き物だし待てないし…と言うことで開けました!タンニン、酸味、バランスが絶妙です!

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2012)
  • 4.0

    2014/08/30

    (2000)

    @home 過去飲みですm(_ _)m

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2000)
  • 5.0

    2014/02/14

    (2008)

    深くて幅の広くゆったりと流れる川に身を任せているような感じにさせてくれます。

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2008)
  • 3.5

    2014/06/07

    (2008)

    ルシアン・ル・モワンヌ シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ(2008)