Lilian et Sophie Bauchet Amor Fati
リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ

3.06

8件

Lilian et Sophie Bauchet Amor Fati(リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • イチゴ
  • ラズベリー
  • 木樽

基本情報

ワイン名Lilian et Sophie Bauchet Amor Fati
生産地France > Bourgogne > Beaujolais
生産者
品種Gamay (ガメイ)
スタイルRed Wine

口コミ8

  • 3.5

    2018/02/18

    以前より良い印象。 もっとクドい記憶が。

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ
  • 3.5

    2017/04/20

    ベリーを感じるフルーティーなガメイ!深みもあって春にぴったりな一本♪

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ
  • 3.0

    2017/03/22

    好きとは言えんな。

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ
  • 4.0

    2016/09/05

    ガメイ単一

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ
  • 2.5

    2016/08/22

    価格:4,000円(ボトル / ショップ)

    リリアンは、クリュ・ボージョレの中心地フルーリーを中心として、ムーラン・ナヴァンやボージョレ・ヴィラージュに7haの畑を所有している。 彼の哲学は当然ながら自然そのもの。合成化学物質を使用しない自然栽培を実践している。 特筆すべきは、樹齢の古さ。 古いもので120歳、平均でも60年以上という樹齢の高さだ。 その樹から収量僅か25hl/haと味わいの詰まったぶどうを収穫。 醸造は主にセメントタンクにてセミ・マセラシオンカルボニック、古い木製の垂直式プレス機で種が潰れないように優しくプレス、古樽で熟成する。 陽気で大らかな性格のリリアンらしいスケールの大きい、力強さを感じさせるワインだ。 砂岩質の新たに手に入れた区画ぶどうを主体に醸造。 Mカルボニック、8日間の醸し、ピジャージュもルモンタージュもせず優しく醸造、5か月タンク熟成、清澄・フィルター掛けず瓶詰め。 ”アモール・ファティ”とはラテン語で”運命の愛”の意味。 「運命のままワインが成るに任せる」というリリアンのワイン造りの信念を表現した言葉。 イチゴの香り。 酸味とタンニンは程々。

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ
  • 2.5

    2017/06/09

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ
  • 3.0

    2017/06/05

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ
  • 2.5

    2016/10/16

    リリアン・エ・ソフィー・ボーシェ アモール・ファティ