La Lecciaia Rosso di Toscana Millennium
ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム

3.17

256件

La Lecciaia Rosso di Toscana Millennium(ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • なめし皮
  • 木樽
  • プルーン
  • ブラックチェリー
  • カシス
  • ラズベリー
  • スミレ

基本情報

ワイン名La Lecciaia Rosso di Toscana Millennium
生産地Italy > Toscana
生産者
品種Sangiovese Grosso (サンジョヴェーゼ・グロッソ), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ)
スタイルRed Wine

口コミ256

  • 3.5

    2021/03/05

    自家消費用でリリースは年一回なのでDOCG申請しておらずIGT格付けワインなのだが、サンジョベーゼグロッソ100%かつ6年熟成ということで申請さえすればブルネッロディモンタルチーノ間違いないワイン。 熟成を感じる薄いガーネット色のリング、口中では濃厚な果実味、コーヒー、カカオ、僅かに心地よい苦味と甘みの長い余韻

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 3.5

    2021/02/14

    (2012)

    2011、2012の垂直飲み。 やはり2012の方が美味しい(*´・ω・`)bよ

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2012)
  • 3.0

    2021/01/24

    (2012)

    レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ 2012 まだまだフレッシュで若々しい。赤い果実に酸味、穏やかな苦味。料理とたいへんにマッチしていました。 with 羊肉と豚の背脂 フレンチ デザート3皿

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2012)
  • 3.0

    2020/12/15

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム 2010年

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 2.5

    2020/11/05

    (2011)

    ラ レッチャイア ロッソ ディ トスカーナ ミレニウム 2011 次はお店にあったものをグラスで… 9年熟成ですが、熟成感は全然なく依然若々しい印象。 ちょっと期待したんですが、1本目のブルネッロに比べ面白味がなく平凡な作品。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2011)
  • 3.5

    2020/10/25

    (2011)

    価格:2,015円(ボトル / ショップ)

    昨夜に続きサンジョベーゼ。ただし、今日はモンタルチーノのサンジョベーゼグロッソ。 10年近い熟成で柔らかくなってきており、よい具合。美味しいサンジョベーゼです♪ ネット情報だと、元々自家消費用でD.O.C.G.の申請をしていないのでI.G.T.なんだとか。まあ、原産地統制呼称なんてどーでもいいのがイタリア❔(笑) うまけりゃ何でもいい✨

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2011)
  • 3.5

    2020/05/21

    コスパがよいのでリピート。 冷やして飲んでも美味しいです。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 3.5

    2020/05/07

    ラ・レッチャイア、ミレニウム ロッソ・ディ・トスカーナ 2010年

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 3.0

    2020/03/22

    (2011)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    前に伺ったショップで気になって買わなくて、やっぱり気になったので試しに購入。梅芝、冷涼感、黒スグリ、心地良い樽の香りです☆ 味わいのコクは少なめ。若い赤果実のような酸味と程良い渋みが、これはこれでありなんじゃないかと思えてきました☆ほんと、まだ熟しきってない、赤くなり始めた果実のような感じです(笑) 何でしょうね?2011年ですが、時間が遡ってる感じがして面白いです(^^)半分はまた後で飲んでみたいと思います。 そんな感じのワイン。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2011)
  • 1.5

    2020/03/07

    (2011)

    開くまで時間が掛かる。初めは少し酸っぱいが、時間が経つと穏やかに

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2011)
  • 3.5

    2020/02/09

    期待値は高かったのでハードルを上げすぎたかな? 期待ほどではなかった(^^;; だけど美味しいです。 ボディは軽めでながら旨味が凝縮。 丸みを帯びて綺麗な酸が程よくエレガントな味わい。 豊富なタンニンがほろ苦く全てのバランスが良いワイン。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 2.5

    2020/02/01

    久しぶりに赤を開けてみる。のは2011年のトスカーナなり。 しっかりとした樽に花の香りがふんわりと、力の有るタンニンはじんわりと舌を刺激、タンニンと樽の一体感、初期にサラリとした甘味、酸味は中々元気でタンニンと良い勝負。 料理は、甘く無いすき焼き、など(^^)

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 3.0

    2020/01/27

    Millennium2006 (*Ü*)£ον℮♡*.

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 3.0

    2019/12/28

    トスカーナの赤ワイン。2010年と飲み頃のわりにお買い得だったので。 最初はタンニン柔らかいわりにバランス今一つと思いましたが、時間がたつとなかなか楽しめる。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 2.5

    2019/12/24

    (2010)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    年末になると何故か飲みたくなるサンジョベーゼ。今年はキアンティではなくこちらを。   レッチャイア ミレニウム2010 サンジョベーゼ・ジュピター主体、 カベルネソーヴィニヨン、メルロのブレンド トスカーナ、ブルネッロの造り手によるハウスワイン。    深紅。レーズンのような熟した果実が香る辛口。複雑さはなく、テーブルワインという印象。クリスマスディナーと一緒に。   今年も我が家に無事サンタが来た模様です。 メリークリスマス、ヴィニカの皆様!

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 2.5

    2019/12/04

    (2010)

    イタリア サンジョヴェーゼグロッソ いろいろと心配な一本を開けました 信濃屋で3000円くらいだったと思います 輝きあり濁りなく 見た目は健全 縁は明るくややレンガ 香りも健全 赤果実にカシス乾燥イチヂク タバコ 枯葉  しっとりとしたアタック しっかりでなくしっとり 枯れた香りとともにふんわりと甘さが湧き上がる イタリアらしい熟成感 湿った空気感といいますか、埃っぽいといいますか、湖畔の匂いといいますか この感じ好きなんですよね 問題の劣化疑惑ですが 自分は全然わかりませんでした 美味しく飲めました。 買った日に劣化疑惑を知りがっかりしていたのですが良かったです。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 3.0

    2019/11/11

    (2010)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    イタリアの赤。レッチャイア ロッソ ディ トスカーナ ミレニウム。ヴィンテージは2010年。品種はサンジョヴェーゼ・グロッソ90%で、後はカベソーとメルロー。グラスからは少し鞣し革の香り。飲んでみると、軽めのブラックベリー、スミレの香り。ほんの少しカシスも感じます。タンニンはやや溶け込んで、飲みやすい印象。熟成は進んでいる感じですが、果実感を伴う優しい甘みがある、落ち着いたワイン。酸はほどほど。きちんとしたワインですが、ブルネッロの雰囲気を期待するとちょっと違うかもしれません。 最後の写真は高円寺にある「座・高円寺」にあった看板。「座・高円寺」は正式名称を「杉並区立杉並芸術会館」というらしいです。劇場、ホールや喫茶店が入っていたはずです。 「みんなアーティスト!」とのことです。皆様に芸術に触れて欲しいというのはわかります。 人生って、何でもかんでも、芸術的センスが問われることがありますし、芸術に触れた方が人生が豊かになります。 …ただ、まあ、この絵でそれを表現できているかは…。…ノーコメントです。 「お金を払ってでも見たいもの」じゃなくて、「特に興味のないもの」で素人の域を超えてないやつはちょっと勘弁して欲しいです…。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 3.0

    2019/08/10

    たぶん今夏ラストの花火ワイン。 今回は暑いのNGメンバーだったので、近くのワインバーで食事してから立見(^^) 突然行ったお店だったけど、お料理おいしくてソムリエチョイスのワインもおいしかった♡

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 3.5

    2019/08/04

    信濃屋で弱三千円。 サンジョベーグロッソを90%使用。匂いは明るく、酸味があるように香りが漂う。呑むと、スルッとしてるがボディタンニンしっかり。綺麗な酸味があり、アフターが落ちついていて酸味が抑えられている。おいしい

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム
  • 3.5

    2019/06/26

    (2010)

    その年ブルネロになれないサンジョベーゼを使ったコスパワインだそうな 土っぽくエレガントでしたけど。。。 なぜか勝手にこちらと次のデザートワインをブラインドで出され当然ながらどちらも大外れ笑 が、サービスでどちらもタダ。。。ラッキー ありがとうございます、ソムリエさん♪ オマール海老の甘酢和えと一緒に〜 プリプリ美味!

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 3.0

    2019/04/19

    (2010)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    自宅 三越イタリア展 普段飲みに十分

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 3.0

    2019/04/18

    (2010)

    サンジョベーゼ、カベルネソーヴィニヨン、メルロかな。良いバランス。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 3.0

    2019/03/27

    (2009)

    トスカーナのLA LECCIAIA 09の一本を手に入れることができたので保管していました。なので抜栓。 ベリーやカシス、レザーや深い森のアロマ タンニンは優しくなりスパイスが程よく効いている 約10年の時を経て熟成した1本 深い森そのものをイメージするワイン でも、ちょっと軽いかな…。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2009)
  • 2.5

    2019/03/17

    (2010)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    ポテンシャルは感じるし、 濃厚で強く香りも良いが… 思ったより伸びなかった。 最優良年のみ、オーナーのために樽ごと 取りおかれた最上のブルネッロから限定生産される贅沢な特別キュヴェとのこと。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 1.5

    2019/03/15

    (2010)

    少しだけ透明感のある赤色の色調。 香りにはチェリーにブルーベリーと、少しのドライトマト。 意外と香りが立ちません。 口当たりは軽くボリュームは控えめ。 味わいの果実は赤系を中心に、少しの青い果実も。 酸味がやや多くタンニンは控えめで、ほんのり青さと苦味を伴います。 果実味に身の詰まりが感じられず、なんだか空疎な印象。 風味を十分に感じられず、余韻の引けも早い。 二日目にはやや向上したものの、それでもまだ残念な感じ。 これはwinecamperさんがプンスカするのもやむを得ません(^^;) 市場価格は3,000円ちょいですが、ブラインドで価格帯を聞かれたら1,000円くらいだもん…

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 1.5

    2019/03/09

    (2010)

    価格:2,700円(ボトル / ショップ)

    下手くそが 一言で済ますならそれ。 アップはしていないが07だかを飲んだことがあり閉口したのを覚えている。 それでもまた買ったのは、POPに書かれている内容は良いし、良いお店には必ずと言っていいほど置かれているから。 もしかしたら前回のは劣化だったのかも もしかしたらブルネロテイストがこの価格で飲めるのかも そんな淡い期待を抱いての再飲。 結果かなりの期待はずれ。 前回感じた焦げ臭さはさほど感じなかったが、如何せん香りにサンジョヴェーゼグロッソのそれが全くない! 全くだ!微塵もない! どうしたらここまでダメな方向に持っていけるのだ。 カベソーとメルローも入っているのだが、それが悪い方に作用しているのだろうか? 言うなれば下手くそなキャンティの匂いだ(香りではない) テイストも然り、キャンティのもどかしさに似ている。 大半の安キャンティに感じるあれだ。 粉っぽさと水気、相反するそれらがぶつかり合う違和感が口いっぱいに広がる。 グロッソを返せ! こんなもんに仕立てるくらいなら混ぜもん作るな! ここのブルネロは飲みたくないな。 点数が2.0なのは辛うじて安キャンティのレベルは保っているから。 話は変わるが、03年に起きたブルネロの不正事件、混ぜ物禁止のブルネロに多品種を混ぜて作っていたあれ、ご存知の方も多いのではないだろうか。 そもそもグロッソにメルローやらを混ぜると早飲みも効く分かりやすい美味しさを感じさせることができ、アメリカ等のそう言った分かりやすいものが美味しいと感じる地域には好まれた。だからこそ不正が起きた。 だがバレて大ごとになりそれも出来なくなった今、こういった作り方でブルネロもどきをリリースしたがるという事は色々と思わせるところがある。 では本題。 本来美味しく造れるはずの混ぜ物入り偽ブルネロを、こうもヘンテコりんなものに作り上げられるのはむしろ凄いことだと思う。 味覚大丈夫か? ワイン造るの向いてないよ。 追記 末永 誠一さま 下げましたぜ!

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 3.5

    2019/02/18

    (2009)

    今日はレッチャイアのロッソディトスカーナ。サンジョヴェーゼグロッソ85%カベルネソーヴニョン&メルロー15%。 ワイン会で頂いて以来ですけどやっぱり美味しいですね。スケール感はそれなりですけど、粗さはなくキチンとまとまりの良いワイン。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2009)
  • 3.5

    2019/02/16

    (2010)

    見かけると購入するラ・レッチャイアのトスカーナロッソ ミレニウム。3kでブルネッロのような味わいはいいですね。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 3.5

    2019/02/12

    (2010)

    レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ・ミレニウム2010 サンジョベーゼグロッソ90%、CS&Me10% スロヴェニアオーク大樽72ヶ月熟成。 硬さはなく、滑らか。 カベルネ&メルロが絶妙に効いていてバランスよく美味しい。 コストパフォーマンスに優れたワイン。

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2010)
  • 2.5

    2019/02/09

    (2009)

    飲みやすくて美味しいですね✨

    ラ・レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ ミレニウム(2009)