Jean Claude Lapalu Brouilly Cuvée des Fous
ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー

3.06

10件

Jean Claude Lapalu Brouilly Cuvée des Fous(ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り

    基本情報

    ワイン名Jean Claude Lapalu Brouilly Cuvée des Fous
    生産地France > Bourgogne > Beaujolais > Brouilly
    生産者
    品種Gamay (ガメイ)
    スタイルRed Wine

    口コミ10

    • 3.5

      2019/06/09

      (2015)

      【月例ワイン会】6月③ 【ポスト9件目】 私持ち込みのボジョレーなのにボルドーボトルのネタワイン。 いつものショップのご主人からも「これ、ホントにブルイィ?」と疑惑の眼差し。 ある意味その時点で成功でしょうか。(笑) たまたまなのか、意図を汲み取っていただいたのかボルドータイプのグラスでいただきました。 ガメイとは思えない色の濃さ。 香りにもブルゴーニュで感じることはないインク、杉も感じます。 ここまでは本当にボルドーみたいです。 AOCワインは官能試験的なものもあるのでよく通ったなという感じ。 ポムロールやラッパリータのように感じるとの評価も見受けますが、味わいにはタンニンを感じないのでブラインドだとボルドーとはならないでしょうが、ご主人もブラインドだったらどう思うかと色々悩まれているのを拝見して愉快でした。(笑) リピートして寝かせてみたいワインですが、自然派ということもあり、現時点で飲みやすいので、足は早いかも知れません。 【その他】 ジャン・クロードは1996年、父から引き継いだ畑に他の畑を加え、ドメーヌを設立。 当初は自然派ではなかったそうですが、彼はたくさんのワインを試飲し、多くの人と語り合い、試行錯誤の末、現在のスタイルにたどり着いたとの事。 一般の消費者がボージョレやガメイという品種に対して良いイメージを持っていないことがとても残念に思い、ボージョレやガメイの素晴らしさを知っていた彼は自分がガメイという品種から最高のボージョレを造ってやろうと執念を燃やし、常にいろいろなことにチャレンジしてきたとの事。 キュベ・デ・フー(愚か者)という名前はそんなラパリュの愚直な挑戦を表しているのでしょうか。

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2015)
    • -

      2019/05/28

      (2015)

      【ポスト9件目】 ※先日到着したばかりでまだ飲んでおりません。 A「なあ、今樽熟成中のワイン、名前どうするよ?」 B「何だよ、藪から棒にww。名前なんてブルイィに決まってるじゃん。それともデクラッセでもするつもりかよ?テスタールさんみたいに『ブルイィより愛をこめて』とかパロっちゃう?w」 A「そうじゃないんだけどさ」 B「じゃあ、何だよ?」 A「こいつは確かにブルイィなんだけどさ」 B「なんだけど何だよ?w」 A「ブルイィなんだけど、樹齢100年近い葡萄で仕込んだ特別キュベじゃん?」 B「ああ」 A「だからさ、ブルイィはブルイィでも特別な名前をつけたい気がして」 B「VV(ヴィエイユ・ヴィーニュ)」 A「月並みwだいたい20年やそこらでVV名乗ってるのも多いじゃん。そんなのと一緒にされたくねぇし」 B「じゃあ、トレVV」 A「それ、ロティーさんやポンソさんのパクリww」 B「じゃあ、よくあるけどCuvee(キュベ)何とかって」 A「例えば?」 B「Cuvee VV」 A「同じじゃねえかよ!www」 B「ww、思いつかねえww」 A「ちょっと、名前から離れてみよう。 お前、これ試飲してどう思う?ガメイっぽくないと思わね?」 B「そいうや、そうだな」 A「ガメイっていうよりメルローやカベ・フラ主体のポムロールみたいな」 B「うん」 A「だから、ボトルはなで肩のブルゴーニュタイプじゃなくて、いかり肩のボルドータイプにしてみたらどうかな?」 B「ブルイィをボルドーボトルに?ww」 A「そうそう、『ガメイと思って買うなよ』って警告にもなるし」 B「面白いけど、馬鹿すwww」 A「馬鹿ww確かに・・・ おう!それいただき!」 B「?」 A「ブルイィ・キュベ・デ・フー(愚か者)」 B「マジで?www」 A「反対か?」 B「反対の反対は賛成なのだw」 A「バカボンかよ!www」 等というやり取りがあったかどうかは存じ上げませんが、来月のワイン会、私の持ち込みはジャン・クロード・ラパリュの2015ブルイィ・キュベ・デ・フー。 その昔、漫画「ソムリエール」で知り、いつか飲まなきゃと思っていた宿題をようやく片付ける事が出来ます。(^_^)v いつものショップのご主人やaiaisarusaru様の反応も伺いたいと思っています。 【追記】 尚、年産1900本との事ですが、かなり前のショップ情報です。

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2015)
    • 2.5

      2018/07/18

      (2014)

      美味しくいただいています。

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2014)
    • 3.5

      2019/04/28

      (2003)

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2003)
    • 2.5

      2017/10/10

      (2011)

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2011)
    • 2.5

      2017/09/12

      (2011)

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2011)
    • 3.5

      2017/08/05

      (2012)

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2012)
    • 3.0

      2017/03/30

      (2012)

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2012)
    • 3.5

      2017/02/04

      (2012)

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2012)
    • 3.0

      2015/04/26

      (2010)

      ジャン・クロード・ラパリュ ブルイィ キュヴェ・デ・フー(2010)