Georges Descombes Beaujolais Villages Nouveau
ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー

2.99

96件

Georges Descombes Beaujolais Villages Nouveau(ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • イチゴ
  • ブルーベリー
  • ラズベリー
  • イチゴジャム
  • スミレ
  • ブラックチェリー
  • カシス
  • ドライフラワー

基本情報

ワイン名Georges Descombes Beaujolais Villages Nouveau
生産地France > Bourgogne > Beaujolais
生産者
品種Gamay (ガメイ)
スタイルRed Wine

口コミ96

  • 1.5

    2019/06/23

    (2018)

    頂き物のヌーボー。 飲んだのはちゃんとヌーボー期て、アップが今頃...f(^_^;

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2018)
  • 3.0

    2019/02/17

    (2018)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    最初のアタックから緑系の香りがします。GMのフレッシュな茎香がそれを作り出してる印象です。 約3ヶ月経ったボジョレー、少し落ち着き始めた感じです。口に含んで空気を吸い込むと梅柴の香りがして、なかなか味わい深いです。 開けるのが早かったかなー。でも傾向が分かりました。セパージュがGMって事もあるかもしれませんが、ワインってこういう風に変化熟成していくんだなぁ、っていう途中経過が垣間見れた気がします。 フレッシュだけど、酸の勢いが減って落ち着き始めてる。この途中段階の固まってない感じが面白いです。梅からチェリーや苺に変化してる途中な感じ。 ビターな生チョコに合いました(^^) そんな感じのワイン。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2018)
  • 4.0

    2019/01/11

    (2018)

    『No.436 落ち着くといい感じ』   ようやくの金曜日。それにしても今週は長かったような、でもやることいっぱいだったのであっという間だったような...まぁそれにしても疲労感がハンパない...そんな感じ。 本来なら僕が夕飯作ることになってたのだけど、流石に疲れ果てたので、職場近くのトンカツ屋で持ち帰りを買って帰った次第。すまない、妻よ! そんな今夜の夕飯は ・ミックスフライ(ヒレカツとチキンカツとメンチ) ・ご飯と和風スープ(根菜満載) スープは家内の手作り。無添加の野菜出汁を使ってるので、子供にも安心...ってやつ。そして今夜は、ジョルジュ・デコンブのボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018年をお供に。昨年のヌーヴォを少しだけ寝かせたやつを。 そんなこんなで香りの方から...はぁ、解禁すぐの頃より少し落ち着いた感じかなぁ。まぁ解禁すぐ飲んだのはジョルジュ・デコンブではなく、カリーム・ヴィオネだったんだけど。ジャミーな感じに少しだけだ黒果実系やちょっとだけ烏龍茶っぽさ。そしてこれまたうっすらとバナナ。そして一口...香り通りのちょっとした落ち着き加減。前面に果実味が来るけど、酸味と渋味が少し暴れ気味に顔を出す感じ。 開けたてだからかな...ちょっと味わいに落ち着きのなさが見える感じ。悪くはないけど、少し落ち着きのなさが気になるかな。 時間が経過すると、少しだけ味わいに落ち着きが見えてくるような。スルスルーっとのどに気持ち良く入ってくあたりはさすがヌーヴォ。そして時間がある程度経って落ち着いてきたあたりから、味わいにも少し奥行きの様なものを感じられる様になった気がする。まぁあくまでヌーヴォなので、奥行きといっても限度はあるんだけど。 トンカツ系とも相性良し。個人的にはソースをつけずに食べたメンチと相性よかったかな。ヒレもグッド! ジョルジュ・デコンブのヌーヴォは僕やっぱ好きだなぁ。また次回も買うと思う。ごちそうさまでした!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2018)
  • 3.0

    2018/11/28

    確かに力強い!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー
  • 3.0

    2018/11/18

    (2018)

    18 2.4 ボージョレ gm 果実と樽のバランス良い

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2018)
  • 2.5

    2018/11/16

    美味しい

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー
  • 3.5

    2018/05/27

    (2017)

    George Decombes Beaujolais Village 2017 Nouveau 2017年のボジョレーヌーボー。 若干熟成し、まろやかに。 酸も十分あり、脂の乗った肉料理をスッと流してくれる。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 3.0

    2018/02/15

    (2017)

    ボジョレヌーボーも3カ月経つとバナナ香が消えるね

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 3.0

    2017/12/13

    (2017)

    ラストスパートです あと3本 ドミニクローランに勝るとも劣らぬ濃厚感 力強い果実で始まり綺麗な酸と優しい甘みが口中に広がりました。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 4.5

    2017/12/12

    (2017)

    濃いのにスルスル心地:4.5 今年のヌーヴォーを表したような1本。 香りの黒ベリー感がナチュラルにたっぷりしてて、キャンディ的なニュアンスは無し。 エアリーなのに丸々とした詰まった感じ、水風船のよう。 タンニンがちょっぴり気になるから、もう少し置いたら摩擦ゼロで最高になるかも!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 3.0

    2017/11/30

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    肩書きないワイン評論 vol.118 Georges Descombes Beaujolais Villages Nouveau 2017 ちょうど一年前、2016年11月第三週のボジョレー ヌーボーの解禁日かその翌日、去年のボジョレーを投稿したのが私のVinicaの始まりでした。 ワインを飲んだ後、綺麗に貼られたエチケットが捨てがたくなり、これ以上部屋が瓶だらけになるのを避ける為、このアプリの存在を知ったのが切っ掛けです。 自分の記憶に残す目的で活用し始めたんですが、今では多くの皆さんと情報共有が出来る上、ワインに関する知識の幅も広がり、日々楽しく様々な投稿を見せてもらっています。 今年もあと一ヶ月で2017年を終えますが、今年飲もうと思っているワインは今年の内に..(笑)。悔いのない様ワインと共にカウントダウンしていきたいと思っていますので、今後もよろしくお付き合いお願いします。 さて、今年は自然派のボジョレーを選びました。ボジョレー地区モルゴン村の標高の高い所に畑を所有している造り手ジョルジュ デコンブのボジョレー ヴィラージュ ヌーボー。 光を通すとライトピンクな輪郭からマゼンダに変色しているところは、ピンク色の虹を描いている様があります。 ストロベリージャムやブルーベリーの甘い香りは女性的。空気を含むとピリピリ感を伴うハーブテイスト。茎?or 葉?。濃厚なスパイシーとは違ったニュアンスで、この辺のテイストも女性的です。 きめ細かいタンニンは果実味や酸っぱ味の邪魔をしていないところが優れている点かと思います。 もはや今は単なる今年の葡萄の出来を知る味見ではなく、完成されてますよね.. これはこれで。いつまでも口の中に残る果実感が美味しいボジョレーでした。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 3.0

    2017/11/22

    (2017)

    香りはコケモモのような清涼感と熟成した果実味…なんだけど…味は全体的に物足りない

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 4.0

    2017/11/20

    (2017)

    自宅にて。 今まではバイト先や外食で頂いていたヌーボー。 初めて自宅用に購入してみました。 パカレと非常に迷いましたが、、、直感を信じこちらを購入。 お店の人も言ってたのですが、コルクを空けてから1時間程で香りが開き、味が華やかに変化して行くのには驚きました! ボジョレーヌーボー、侮りがたし。 面白いな〜!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 3.5

    2017/11/18

    (2017)

    スミレの香りが強い。青い幹、ブルーベリー、透き通った果実の若々しい香りと奥に少し感じる赤いベリー。開けたてはいちご感はそんなに無い。 次第にラズベリーが顔を出し始め、香りに濃厚さが。少し杉のような清涼感。 落ち着いた少し冷涼さを感じる果実味の液体がすーっと入ってくる。甘みも大分落ち着きを払っていて弱めのタンニンとほんの少しアクセントとして感じる程度。ニュートラルながら果実のしっとりさがなんとも心地よい。 次第に甘みが強くなりボジョレーヌーボー・ガメイらしさも出てきます。でも他のボジョレーヌーボーに比べて少し冷涼な落ち着いた味わい。後味に感じるタンニンがポテンシャルを感じさせてくれます。 赤ちゃんギャン泣きで二日目。 甘いラズベリー、ブルーベリーの香りが前面に。ミントの清涼感も。 軽めの爽やかな果実味、一貫して感じる程よいタンニン、若々しい甘み、から続くだしの様なじゃわっとした深い果実の旨味…これが堪らない。昔はボジョレーもガメイ嫌いでしたが、このレベルの旨味を感じるガメイのワインは本当に美味しい〜(^^) たまりませんねっ!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 2.5

    2017/11/18

    (2017)

    会社の懇親会 その1

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 3.0

    2017/11/16

    (2017)

    しっかりした味わいのボジョレーヌーボー。果実味もしっかり。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 4.0

    2017/11/16

    (2017)

    『No.253 解禁でございます!』 そんなこんなで2017年11月16日、ボージョレ・ヌーヴォの解禁でございます…とのことで、本日ヌーヴォが我が家にも届きました。昔のように大フィーバーということもなく、いたって落ち着いた感じの解禁日で僕は嬉しいのです。楽しめる人だけでおごそかにお祝いしましょうよ…といった具合で。ちなみに今年はマルセル・ラピエールさんとカリーム・ヴィオネさんとジョルジュ・デコンブさんの3本を買いました。以前ならもう少し買っていたと思うのですが、だんだんとこの3本に落ち着いてきたように感じます。 軽さの中に力強さを感じるジョルジュ・デコンブ。気持ちよい軽快さとフードフレンドリー感全開なカリーム・ヴィオネ。そして、旨さのポテンシャルが半端ないマルセル・ラピエール。今後もこの3本でしょう…あくまで僕の主観でしかないのですが。 カリームさんは来月に、マチューさんはもう少し寝かせてから飲むといたしまして、今夜はジョルジュさんのヌーヴォをいただくといたしましょう。 そんなヌーヴォに合わせる今夜の夕飯は… ・ポトフ ・きのこと牛肉のバルサミコソテー ・ジャーマンポテト ・野菜サラダ ・ご飯と味噌汁 でございます。思えばジョルジュさんのヌーヴォは一昨年飲んだので2年ぶりでございます。以前いただいた際には、ジュワッとした果実味と旨味が絶妙だった…なぁとおぼろげに憶えておりますが、はたして今年の出来はいかに… ってことで、まずは香りの方なんかを…あぁ、実に気持ち良い果実の香りが漂います。ベリー系のような、黒すぐり的な。そして一口...はいっ、美味しいです。ボディはライト級ですが、風味が抜群です。果実由来の美味しさと出汁っぽい旨味。そしてほのかな塩気が口の中で渾然一体となって...はぁこりゃたまらんですな。 家内が作ってくれたポトフに抜群の相性です。きのこと牛肉のソテーにも合いますね。ジョルジュさんの手腕に今更ながら感動しているのです。 次は一月寝かせてのカリームさんのヌーヴォを楽しみにしようと思います。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 2.5

    2017/11/16

    (2017)

    昨年美味しかったので。酸がキュンキュン、ちょっと酸っぱすぎた。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2017)
  • 3.0

    2017/02/27

    (2016)

    おうちワイン デッドストックから救出して60%オフ!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.0

    2017/02/22

    (2016)

    マルセル・ラピエールの一番弟子、そしてジュール・ショヴェにも師事と聞けば飲まずにいられません。ナチュールで、飲み疲れた胃を癒してあげることにします。 グラスに顔を近づけた瞬間、あっ、好きな香り(笑)ガメイですが、比較的しっかりした果実の凝縮感は、さすがモルゴン。ミネラルも感じられる。 ワインを積んだバイクのエチケットもナイス!お手頃になったこの時期に幸運の出会いです(^^)

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.0

    2016/12/20

    (2016)

    あれからひと月。 早くも3割引きにて販売してたから即購入。 フレッシュで華やかな香り。 フルーティだけじゃなくスパイシーさも感じる。 すごくおいしいヌーヴォー。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 2.5

    2016/11/24

    (2016)

    社員さんが法人会の集まりでもらってきてくれた、ヌーボー。いつもなら、いらねーって言うのに何故か自然派ワインの集まりでデコンプさんって聞いたことのある造り手のワインをもらってきてた。ありがたく頂戴する。いちごとかそうゆう匂い、甘い感じ。味もちょっと甘い気がする。ガメイってこんな味だっけ?濃厚なブドウの味って書いてあるけど、そんな濃くも感じないけどな。確かにしゃばしゃばのヌーボーとは違う感じ。美味しいと思う。同じブドウでも違いがあるね。面白い、本当に。昔、ウサギの絵が書いてあるフレデリックコサールと誰かのコラボのボジョレーが激旨くて、ワインを好きになるきっかけやった。ヌーボーマーケティング、バカにする人いるけど、ワイン人口を増やすきっかけにはなってると思うな。確かに日本人だけあたかも世界的ブームのように思い込んで高そうなグラスでヌーボー飲んでるのはアホっぽいのは分かる。たまに欧米ではー、って言う人いるな。気持ちは分かる!今年なんかフランス天候悪かったってニュースあった気がするのに、なんか最良な気候だったとかこの期に及んで言ってるのを見るとツッコミ待ちに見えるよな。だから憤る方の気持ちも分かる。つまみは洒落乙な砂肝のアヒージョになるかと思ったら、ニンニクもねーし、鷹の爪とかもねーし、そもそもオリーブオイルがちょっとしかねーから只の砂肝炒めやんけ、これ。でも、美味いよ?

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 4.0

    2016/11/24

    (2016)

    遅ればせながらヌーボー。美味しかった!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.0

    2016/11/23

    (2016)

    ボジョレー解禁♪

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.5

    2016/11/20

    (2016)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    今年のボジョレー、東急でおすすめのジョルジュ デコンブ しっかりした果実味ながらチャーミングで美味しいです!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.5

    2016/11/18

    (2016)

    2本めのボジョレー・ヌーボー。豚バラ白菜。フレッシュ&フルーティー。 今年は良いです‼

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 2.5

    2016/11/18

    (2016)

    ハッピーボジョレー(^^)

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.0

    2016/11/17

    (2016)

    メニューでは、ヌーボーとしては異質な濃厚で力強くジューシー、らしい。確かに荒々しさはあるし、甘みも残ってないけど、ジューシーというよりはスパイシーだし、力強いかなあ…

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.5

    2016/11/17

    (2016)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / レストラン)

    ボジョレー!

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2016)
  • 3.0

    2015/12/10

    (2015)

    ヌーヴォーの会、7本目。これはなかなかしっかり力強くてお肉に負けてませんでした。

    ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー(2015)