Gaja Rossj Bass
ガヤ ロッシィ・バス

3.37

116件

Gaja Rossj Bass(ガヤ ロッシィ・バス)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • グレープフルーツ
  • 白い花
  • 洋梨
  • 青リンゴ
  • マスカット
  • 木樽
  • アンズ
  • 白桃

基本情報

ワイン名Gaja Rossj Bass
生産地Italy > Piemonte
生産者
品種Chardonnay (シャルドネ)
スタイルWhite Wine

口コミ116

  • 3.5

    2019/06/01

    (2017)

    ガヤの17ロッシィ・バス イタリア、ピエモンテ シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン やや緑がかった黄色。柑橘、青リンゴ、白い花の清涼感のある香り、次第に蜂蜜や樽の甘い香りや石灰の香り、ほんのりセメダインのニュアンス。フレッシュな果実味と酸味、ボリュームのあるミネラルとアルコールの味わい、温度が上がると乳酸感が増した。 今夜はガヤのシャルドネ、ロッシィ・バスを開けました(^^) 今回飲むまでロッシィ・バスにSBが入っているのを知りませんでした(^^; これはやっぱり美味しいですね♫ 特に何かすごい特徴がある訳ではないと思いますが、このバランスは好きだなぁと思いました(^^) 後半の写真はネタ投稿(笑) モンデ酒造のジ・オクタンス・カベルネ・ソーヴィニヨン 数日前にコンビニで中本の焼きそばを発見(笑) 程よい辛さで普通に食べられました(^^) ワインはコンビニで買ったジ・オクタンス♫ 麺の辛さに負けない果実味でした!

    ガヤ ロッシィ・バス(2017)
  • 3.5

    2018/12/22

    (2017)

    大好きなガヤのシャルドネ♡ロッシィバス ランゲ 2017年。 コクがありながらもキレがよく、クリーム系のソースにぴったり。

    ガヤ ロッシィ・バス(2017)
  • 3.5

    2018/11/11

    (2014)

    シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン。 グレープフルーツ、白桃から温度が上がるにつれてトロピカルフルーツ、ハーブ、ヴァニラの華やかなアロマ。味わいはアロマから想像するよりも爽やかでスッキリとしている。余韻に心地良い酸とミネラル感が長く持続。

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 2.5

    2018/04/24

    (2016)

    ロッシィ・バス2016(ガヤ) ピエモンテ(D.O.C.ランゲ) 第2回 上本町でワインを飲む会

    ガヤ ロッシィ・バス(2016)
  • 2.0

    2018/04/13

    (2016)

    ROSSJ-BASS 2016(GAJA)

    ガヤ ロッシィ・バス(2016)
  • 4.0

    2017/12/31

    (2015)

    料理も絶品。しっかりしたワインなのになぜ和食とあう?不思議である。

    ガヤ ロッシィ・バス(2015)
  • 4.0

    2017/11/16

    (2016)

    リッチ、かなりふくよか!

    ガヤ ロッシィ・バス(2016)
  • 3.5

    2017/10/19

    (2011)

    洋梨のコンポート、熟したフルーツやほのかなバター。フレッシュさがだんだんしっかりとした熟成に変わる節目、ちょうど良い頃合い。やや重めで飲むのに時間かかる。味わいは濃くて、柑橘類のピールの後味でほろ苦さの余韻がかなり長い。

    ガヤ ロッシィ・バス(2011)
  • 3.0

    2017/09/28

    (2014)

    ロッシィ・バス ボタン海老のカルパッチョと 良く合います✨

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 4.5

    2017/09/17

    (2012)

    自宅にてレモンみぞれ鍋に合わせて。期待通り綺麗な酸とうっとりするような甘み。ずっと飲んでいたい。

    ガヤ ロッシィ・バス(2012)
  • 3.0

    2017/07/06

    (2014)

    価格:4,000円(ボトル / ショップ)

    Gajaのシャルドネ。昔Gaia&Reyを飲んで感動したことがあり期待してましたが普通…^^; 思いの外スッキリ系でした。まともに買うと8,000円近くするようですがチト高過ぎないかい? 今週の名古屋めし ① 好陽軒の大寿 numeroさんに教えて貰った滝子の好来系のお店。竹を頼む勇気なく大寿。好来系の中では暫定1位!まだ3軒しか行ってませんが…^^; numeroさん、あざーす!他にもいい店伝授して下さい! ②イチビキの特上丼 納屋橋にある割烹と言いながら実質鰻屋のイチビキ。超人気店で2時間並んだ…(>_<) 鰻がデカくて大迫力!おまけにご飯の中にも入っておりこれで3,500円は安い! 表面を香ばしくパリッと焼いた名古屋風もいいけど、この鰻を関東風で食べてみたいとつい思ってしまうのはやはり関東人の為せるわざ…。 ③風来坊の手羽先唐揚 初の風来坊。私の周りには山ちゃんより風来坊派という人が多い。私は山ちゃんかなあ…。

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 3.5

    2017/04/22

    (2015)

    柑橘類や白い花、トロピカルフルーツのアロマ。トーストしたナッツ、微かに蜂蜜の上品なニュアンスも感じられ、フローラルで深みのある香り。。しっかりとしたボディ、品のある酸、ふくよかな果実味のバランスが良い仕上がり…

    ガヤ ロッシィ・バス(2015)
  • 3.5

    2017/04/19

    (2012)

    ピエモンテ州を中心にイタリア・ワインのトップの生産者の一人、アンジェロ・ガヤ氏のシャルドネ・ポートフォリから、久しぶりに頂くガヤ・ロッシイ・バスの2012。 綺麗な黄金色からのアロマティックな雰囲気が、そうパイナップルやネクタリン、メロン等の甘い芳香。一瞬ピノ・ブランかとも思わせるアロマと、甘みの感じる口当たりですが、酸味は穏やかでトロピカルな酒質に溶け込んでいます。ナッティなミネラル感に果実の重厚感ある余韻。少々重いので半分は翌日に。 二日目は角が少し取れて、まとまり感も増しますが、大きなボディはそれを支える一皿が必要な感じでした。 この頃の孔雀のエチケットは現代的なのか少々簡素になりましたが、前のエチケットの孔雀の方が躍動感と言いますか、ライブ感があった様に思います。

    ガヤ ロッシィ・バス(2012)
  • 1.0

    2017/01/28

    (2015)

    ガヤの白。 ガヤって評判いいけど、赤も白も美味しかったことがない。今回もアタックしてみたけど…(;´д`)(;´д`)(;´д`) フラットなお味

    ガヤ ロッシィ・バス(2015)
  • 4.0

    2017/01/01

    (2013)

    あけましておめでとうございます。 幸せの青い鳥で一年の幸福を祈願して( ^ω^ )スッキリなのにたるパンチ効いてます

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 3.5

    2016/12/17

    (2013)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    少し寝かしておいたこともあり、酸は落ち着き、エレガントでミネラル感強め。一見、シャルドネというよりカタラットやアルバリーニョ辺りを疑いそう。よい意味で「水の如し」。 造りを間違えると葡萄の良さが良さが生きなそうですが、そこはさすがGAJA。絶妙なバランスで上品に仕立てられています。

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 4.5

    2016/11/24

    (2014)

    美味しい ハーフで5000円程 フルで8000円程

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 3.5

    2016/10/22

    (2013)

    日赤ワイン会@ミズオチ GAYAの白

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 3.0

    2016/09/17

    (2014)

    昼飲み。グラスで、ガヤの白。果実やバニラが出てこないほど、スッゴイミネラル。

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 3.0

    2016/07/08

    (2014)

    3本目。 シャルドネ100らしいのですが。 SBとしか思えない‼️ イタリアは難しい。

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 4.0

    2016/06/30

    (2014)

    ランゲ、シャルドネ。グレープフルーツ、洋梨、白い花、炒ったナッツ、ミネラル。果実味はしっかりと凝縮していて、かつ濃厚なコクのある苦味が特徴。カリフォルニアやブルゴーニュのシャルドネとも違う。

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 3.5

    2016/06/20

    (1997)

    珍しい白ワインでした。洗練されたエレガントな感じです。

    ガヤ ロッシィ・バス(1997)
  • 3.5

    2016/06/01

    (2013)

    ハマ会④ ロッシィバス! 畑の名前くっつけただけ、ってすごく思い切りがよくて、それこそがそのワインのアイデンティティ! と思いました。 横浜町田インター、みたいな? …違うな( ̄▽ ̄) やべっ、失敗です、隊長! ワインもインターもほとんどそうじゃん。 ガハハ( ̄▽ ̄) もうっ!もうっ! いい香りィ! 柑橘、フローラル、シロップ、ミネラル。 骨格が細くもしっかりしてます。 エレガント、余韻長い〜〜 100人乗っても大丈夫! セリのピザうめ〜

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 3.5

    2016/06/01

    (2013)

    筋の通ったガヤ様

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 3.5

    2016/05/29

    (2013)

    価格:8,100円(ボトル / ショップ)

    イタリアワインの帝王、ガヤ。 ガヤは、イタリアワインの生産者として、トップクラスの地位を不動ものとしており、 世界中の生産者の中でもトップクラスであることは疑いようがありません。 オーナーであるアンジェロ・ガヤ氏は、イタリアワインの地位の向上に最も貢献した人物の一人。 伝統を守りつつも、常に革新的な新技術を取り入れる柔軟さも持ち合わせ、一切の妥協を許さないワイン造りが、常に最高の評価を得ている秘訣です。 イタリアワイン専門のガイドブック、ヴィニ・ディタリア(通称ガンベロ・ロッソ)にて、イタリアの数多あるワイナリーを差しおいて、一番多く最高評価(トレ・ビッキエリ)を獲得するなど、数えきれないほどの高評価を獲得しています。 こちらのロッシィ・バスは、「ロッシィ」と「バス」という2つの畑のブドウがブレンドされたシャルドネ主体の白ワイン。 約2haからなる 「ロッシィ畑」は、バルバレスコ村にあるブリッコ地区、海抜305mに位置します。 粘土の厚い層を持つ石灰粘土質土壌の畑で、 ガヤの下の娘「ロザンナ」にちなんで名付けられていることからも、畑の質が非常に良いことがわかります。 もう一方の「バス畑」は、バルバレスコ村のポッゾ地区にある小さな畑。 "バス"という名は、この地域の昔からの名前からきており、土壌はロッシィ畑より豊かで堅く締まっています。 これら2つの畑から採れるミネラル分たっぷりのシャルドネを絶妙にブレンドしたのが「ロッシィ・バス」です。 シャルドネメインですがそうとも思えない。 柑橘系の香りとミネラル感。

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 3.0

    2016/05/29

    (2013)

    ハマ会(北イタリア限定編)With潤子さん ガヤ ロッシー・バス 2013 ロッシィ・バスは、「ロッシィ」と「バス」という2つの畑のブドウがブレンドされたシャルドネ主体の白ワイン。 私の持ち込みの白、北イタリア限定とのことで、悩みに悩んだがやはりピエモンテのガヤに行き着いてしまった!( ̄▽ ̄;) 単に知らないだけですが❗(*≧∀≦*) フローラルな香りとバランスの良い味わいは、さすがにガヤですね♪(^_^ゞ あっという間に終わってしまったハマ会!やっぱり楽しいハマ会!(*≧∀≦*)潤子さんを迎えて更に加速したハマ会の素敵なメンバーに感謝です♪(^_^ゞ

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 3.5

    2016/03/13

    (2014)

    自宅

    ガヤ ロッシィ・バス(2014)
  • 4.0

    2016/01/02

    (2013)

    お正月なのでGAJAを開けました。明けましておめでとうございます。本年1本目は、GAJAのシャルドネ、ロッシィ・バス。 シャルドネは今までどちらかと言うと敬遠気味。あの辛口で酸味がちょっと苦手σ(≧ω≦*) しかし、GAJAのシャルドネは、エレガンテでまろやかな酸味。色はちょっと濃いめの黄金色。ミネラルで果実味が豊富。魚介類との相性ばっちりですね。牡蠣にシャブリ納得です。今年もイタリア・トスカーナ軸足で北や南にも足を伸ばしたいと思います。宜しくお願いしますm(._.)m

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)
  • 3.5

    2015/12/17

    (1993)

    生産年1993年とは思えないポテンシャル! アーモンドや蜂蜜のようなまろやかさの中にも、フルーティーさがまだ感じられる。丁寧に作られた長期熟成シャルドネの素晴らしさが伝わってくる。

    ガヤ ロッシィ・バス(1993)
  • 2.5

    2015/12/07

    (2013)

    2013

    ガヤ ロッシィ・バス(2013)