Dom. René Leclerc Gevrey Chambertin 1er Cru Combe Aux Moines
ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ

3.47

42件

Dom. René Leclerc Gevrey Chambertin 1er Cru Combe Aux Moines(ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • 腐葉土
  • スミレ
  • プルーン
  • マッシュルーム
  • シナモン
  • 黒コショウ

基本情報

ワイン名Dom. René Leclerc Gevrey Chambertin 1er Cru Combe Aux Moines
生産地France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ42

  • 3.0

    2020/07/10

    (1994)

    Dom.ルネ ルクレール ジュブレシャンベルタン 1cr Combe aux Moines 1994 プラム 梅 プラム 梅… だけれど何故か飲める。 きっと若い頃は良いワイン、美味しい赤だったんだろうな❗ プラムになったワインに合うかもと思い お料理を梅肉で和えると合いますね―。 ピークアウトであってもブショネではない事が幸いで ピークを過ぎても、こんなにスルスル飲めるワインがあるんだ❗と 新しい発見になりました。 次回はもう少し若いVt.をいただいてみたいと思いました^^ ピークアウトでも いとおしいルネ ルクレール❗ コルクに敬意を表します✨ ごちそうさま‼️

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1994)
  • 3.5

    2020/06/27

    (2011)

    Dom. René Leclerc Gevrey Chambertin 1er Cru Combe Aux Moines 2011 ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ これは、Nワインさんからの一本 美味しいです。 ジュブレらしいワイン。 赤くてちょい黒、鉄と獣。 熟成もいい感じで来ていて飲み頃です。 猪のヒレ肉? 柔らかいけど、力強いけど、上品、上質の味と香り。 美味しいです。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2011)
  • 2.5

    2020/06/23

    (2011)

    R.2.6月長岡ワイン会 ⑤ ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・コンブ・オー・モワンヌ2011 赤の3本目はジュヴレ・シャンベルタン✨ さっきの赤ワインと比べると 獣や鉄の印象が強いです。 これが猪のソテーとバッチリ! ランプ肉っておっしゃってたけど しっかりとした赤みの美味しさプラス 肝のソースとマリアージュ♡

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2011)
  • 4.0

    2020/06/22

    (2011)

    【今夜は月例ワイン会】6月⑤ 赤の3本目。 久しぶりのルネ・ルクレール、2011ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・コンブ・オー・モワンヌ。 【追記】 これは多分いつものショップご主人から。 何故なら先程、案内のメールが来たから。(笑) 一万円切ってますから、安いですね。 ルクレール兄弟のワインは20年以上前、ワインにはまった頃、いつものショップによく入荷しており、何度も飲んでいましたのでとても懐かしいです。 プルミエ・クリュのしかもコンブ・オー・モワンヌということで、開会前から目をつけていました。 次はこれだなということでグラスの準備も万全。(^_^) 2011のジュヴレのプルミエ・クリュということで熟成もそれなりですが、スケールの大きさ・強さは前のオート・コートより大幅に上回ります。 ジュヴレらしく、ベリーに鉄や上品な獣肉のニュアンスが混じる大柄なピノ・ノワール。 まだまだ熟成が楽しみですが、美味しくいただきました。(^_^) メインは猪。 もも肉だったかな?(自信なし。笑) 【その他】 私が飲んだルクレール兄弟は1980年代前半から1990年代前半がほとんどですが、当時は兄弟ながら、それぞれ個性の違うワインを作っていました。 フィリップは完熟して抽出強めの果汁に新樽も強め。 フィリップ自身のワイルドな風貌そのままの強いワイン。 ルネは古樽しか使わず、エレガントなイメージ。 (近年、フィリップもエレガントな方向性に変わったようですが。) 2人とも時流には合っていないのか、高騰著しいブルゴーニュにあって当時とあまり変わらない価格設定のようです。 因みに兄弟ということでどっちが兄、弟なのかですが、文献により反対のことが書いてあったりして、長年の疑問です。(笑) それと兄弟仲は悪いというショップ情報も見た気がします。(笑) 仲が悪いと話題に出せないので、個別に会って「何年生まれですか?」って訊かないとわかりませんね。(笑)

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2011)
  • 4.0

    2020/03/20

    (1997)

    飲み頃真っ只中。畑のポテンシャルを見事に発揮。 抜栓直後からどん開き。ちょっとボワゼで、熟成感たっぷりの香り。1997年産のワイン素人な娘が、一言「皮」とつぶやく。煮込んだ赤果実の甘やかさが口に広がり、まろやかな旨味が充実。良年とは言えない年ながら、アペラシオンの魅力を伝える努力作。 バカ高くなったブルゴーニュの中では、まだ割と手が届きやすいルクレール兄弟。ルネの方が無理がない味わいのような気がする。エチケットはボロだが、中身の状態は良好。安かった頃に良く飲んだが、久方ぶりに再評価。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1997)
  • 3.5

    2019/09/11

    (2014)

    うまーい。複雑な香りとエレガントな味わいはさすがフランスだね。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2014)
  • 4.5

    2019/01/10

    (2001)

    Bœuf de Bazasなるものを初めて食す。 パイ包みは鳩と鮑が入っている、極めてクラシカルなものらしい。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2001)
  • 4.0

    2018/12/25

    (2007)

    クリスマスイヴ〜フレンチディナー♪ ルネ・ルクレールのジュヴレシャンベルタン 2007。 メインのシャラン鴨トリュフソースとの相性最高^ ^

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2007)
  • 2.5

    2018/11/18

    (2011)

    価格:6,000円(ボトル / ショップ)

    ブルゴーニュのドメーヌ巡り。先程とは別の一級畑。こちらのワインは、全体的に、バランスのとれた柔らかな味わい。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2011)
  • 3.5

    2018/09/16

    (2007)

    鉄板焼き屋さん貸し切りお誕生日会(*´∀`*) ルネ・ルクレールのジュヴレ・シャンベルタンを持ち込み。 2007年、ほど良く熟していて美味しい〜 凝縮された果実味が広がり、繊細で余韻長い♪ お肉との相性もGOOD♡

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2007)
  • 4.0

    2018/01/13

    (2007)

    お誕生日のお祝いにジュヴレ・シャンベルタン♡ ジュヴレのイメージよりももっと線が細くてエレガント。だけど力強さもあり2007年で程よく熟成、飲み頃かなと^ ^ 余韻なが〜く好みの一本。 これはリピしよーっと! 今日はお料理も頑張った甲斐あって美味しかった〜〜!

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2007)
  • 4.0

    2017/04/27

    お友だちの押入れで熟成したピノ。 これが大当たり! テンションが上がりました。 友だちの節目誕生日でサプライズの花。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ
  • 3.0

    2017/01/08

    (2007)

    新年会でお寿司。異動した3人で抱負を語り合う。2007美味しかった。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2007)
  • 4.0

    2016/07/18

    (2007)

    2本目は、ルネ ルクレール ジュヴレシャンベルタン 1er cru コンブ オー モワンヌ 2007。 実は先日エレスティンの07、しかもモワンヌの隣のクリマ、グーロがまだまだ固く、驚いた次第で...でもそれまでのイメージは、末永さんのコメント然り、もう飲み頃の物も多く存在しているかと...そんな事で逆に温存ではなく、検証してみたくなり、敢えて抜栓です!でもこれが開けてビックリ!素晴らしい熟成感!酸とタンニンが良く落ち着いて溶け込み、出汁系、紅茶系のニュアンスも感じられました!本当に面白いですね〜!美味しい〜! あ、そうそう〆には、魚介の白ワイン蒸しのスープでパスタ!と思いましたが、なんと切らしてました...で、急遽うどんで代用(笑)もちもちうどんのアルデンテが実に美味しかったです!癖になりそう(笑)

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2007)
  • 3.0

    2016/03/05

    ブルゴーニュの熟成系、意外にスパイシー。 果実味が強く、美味しい。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ
  • 3.0

    2015/05/20

    カリピノと予想。まさかジュブレシャンベルタンとは。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ
  • 4.0

    2015/05/06

    (1992)

    素晴らしく美味しかった。美しく熟成して、まさに飲み頃。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1992)
  • 3.5

    2014/12/06

    (2009)

    こいつもワイン会 ポテンシャルかなりあって次の日もよりおいしくなりました

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2009)
  • 2.5

    2014/11/30

    (2001)

    熟成感、香り、余韻、楽しめました!

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2001)
  • 3.5

    2014/11/19

    (1994)

    20年前は何していた?って話で盛り上がりました(≧∇≦) 枯れたニュアンスが良かったです。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1994)
  • 4.5

    2014/11/16

    (1985)

    コーイン白トリュフの会 凄まじいベリー香!

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1985)
  • 4.0

    2014/11/10

    これ飲んだ?ボトル写真だけ?

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ
  • 2.5

    2014/09/22

    (2011)

    今度は11の一級 コンブ オー モワンヌ。 香りは豊かになりましたが、思ってたより軽めでした。洗練されたからかな。

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2011)
  • 3.5

    2014/06/25

    (2007)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    美味しいワインを小出しにしてくる友人忍者からいただいたのがこちらのワイン。 この作り手は初めてです。 ルネ・ルクレールはジュヴレ・シャンベルタン村に約4ヘクタールを所有するドメーヌです。近代的な機械を嫌い、クラシックな醸造設備で、極めて『手づくり』の印象の強いワイン造りを行っています。 ブドウは古い木製の除梗機で9割ほど除梗し14℃で4~5日漬け込んだ後に、3週間から1ヶ月かけてゆっくりと発酵。 この間、長靴で踏んで充分に果皮成分を抽出します。 新樽はあまり使用せず18ヶ月間貯蔵。 清澄も濾過もせずに瓶詰めします。 ワインは凝縮味に富み、長寿を誇ります。 まだ新しいので綺麗なルビー色。 香りはカシス、フランボワーズ。 新しいのでちょっと苦みを感じますが、これはこれでフレッシュさを感じていいですね。 若いころからタンニンは少なめで飲みやすい。 値段がもう少しこなれていたら。 About 7,000yen Ul 2012 in Osaka at Umeda

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2007)
  • 4.0

    2014/03/14

    (1998)

    1998年

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1998)
  • 3.0

    2019/06/22

    (1986)

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1986)
  • 3.0

    2019/05/15

    (1994)

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(1994)
  • 3.0

    2019/05/15

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ
  • 3.0

    2019/03/14

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ
  • 4.0

    2018/04/30

    (2008)

    ドメーヌ・ルネ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ(2008)