Ch. Saint Benazit
シャトー・サン・ベナジ

3.05

10件

Ch. Saint Benazit(シャトー・サン・ベナジ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • プルーン
  • レーズン
  • ドライフラワー
  • ブルーベリー
  • ブラックベリー
  • バナナ
  • バラ

基本情報

ワイン名Ch. Saint Benazit
生産地France > Sud Ouest > Madiran
生産者
品種Tannat (タナ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
スタイルRed Wine

口コミ10

  • 3.5

    2019/11/08

    (2001)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    マディランの古酒 ヴィンテージは2001年 タナ主体のワインです。タナ種は、これまでアラン・ブリュモンさんのワイン飲んでました。造り手が違うとはいえ、あのタナ種を使った渋重ワインが18年も寝かされるとどう変わるものなのか興味をそそられながら抜栓しました。黒ワイン的な色が長期熟成を経て!?液面の縁が若干オレンジがかっていて、香りは、ドライフルーツ香にシナモンのニュアンス とても上品で香りの余韻が長いです!渋みは穏やかにはなってはいますが、若い頃の!?面影は残ってる感じです。

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 3.5

    2017/08/29

    (2001)

    フランスマディラン2001。革、ブルーベリー、コーヒー。他サイトでカカオやマッシュルームと書かれている。それも感じられる。 熟成ワインの経験があまりないが、これはまったりと枯れ葉が落ちて舞うような世界感の中にあるワイン。 深い。好きだと思う。熟成美味いのかなぁ

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 3.0

    2017/07/07

    (2001)

    モトックスさんの熟成安ウマフランスワインの一つ。 同じ範疇の シャトー メイネイ フロンサック 2002 と比較してどちらがいいかと問われれば、フロンサックが断然いい。 品種の好みと重さが柔らかいかどうかが左右。 勿論、人の好みはさまざま。 そんなわけで、本日後付けでシャトー メイネイ フロンサックの方に⭐半分加点☺

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 3.0

    2017/06/20

    (2001)

    タンニンの語源と言われるタナ種がメインの赤ですが、2001年物としての熟成感と、ボルドー等でもめったにないタンニンの強さが同居する評価が難しいワインでした。少なくとも赤ワイン初心者の方にはキツイワインだと思います。

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 2.5

    2017/02/14

    (2001)

    シャトー サンペナジ マディラン 2001 AOCマディランの主要品種 タナは タンニンの語源(諸説アリ)と なるほど強いタンニンを持ち 熟成能力にも長けています。 バランスを取るため カベソーやフランと混ぜる事も多く、南米ウルグアイでも盛んに栽培されてる様です... 香りは開いていて 黒系果実や黒胡椒、コーヒー、鉄... 熟成により 酸とタンニンは柔らいだ印象ですが 全体的にはやや固い感じで 余韻は長いです。 飲んだ時 なんとなく歌手の松崎しげるさんが 頭に浮かんだワインでした(^^;)

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 3.5

    2017/01/10

    (2001)

    価格:~ 999円(グラス / レストラン)

    爽やかで純粋な酸味。初日はやや固さがあったが、三日目は上々。

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 3.0

    2016/12/05

    (2001)

    日立ナイト 2本目はマディラン 2001 ちょうどいい感じかな?

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 4.0

    2017/08/05

    (2001)

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 2.5

    2016/12/08

    (2001)

    シャトー・サン・ベナジ(2001)
  • 2.5

    2016/11/19

    (2001)

    シャトー・サン・ベナジ(2001)